こんにちは!豊永よしこです。
速いパッセージやタンギング練習など
メトロノームを使ってやる練習、結構ありますね。

でも、ずうっとメトロノームに頼り切って油断していると
なにより大事なものがすっぽり抜け落ちてしまうんです。

それは「音楽」です。

メトロノームで正確に、粒を揃えて・・・を目指して練習するのは素晴らしいですが
気を付けないと、こうなってしまいがちです。
例えると・・・

「ワ レ ワ レ ハ ウ チ ュ ウ ジ ン ダ」(笑)

一応意味は通じますが、ただ音が並んでいるだけです。
これでは、練習したのは分かるけど、何が言いたいの?となってしまいます。
私たちが目指したいのは

「我々は、宇宙人だ。」ですよね(^^)

まず自然に意味が通じる、そして
宇宙人の人柄?も伝わる表現です。

メトロノーム練習は、ある独特の快感、達成感を味わえるものですが
それだけに本来の目的から離れてしまいやすいのです。
「そもそも何でこの練習してるのかな?」と時々思い返して
メトロノームと付き合ってほしいなと思います(^^)





★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村