クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

ボディマッピング

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

アレクサンダーテクニーク教師でもある豊永よしこと一緒に練習しましょう。
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

「重心を下げて」と言われたら気をつけたいこと

724957

演奏の時には「重心を下げる」「重心を下に」「丹田に重心を」などとよく言われるし、気を付けている方も多いと思います。

これで音が響いて自由に楽しく吹ければいいのですが、どうもそうでない場合の方が多いようです。本人は下げたつもりで満足でも、窮屈そうだったり音が響かなくなっている状態をよく見かけます。

重心の感覚は下げようとしたから下がるというより、身体の使いかたや考えかたを変えた結果起こることです。重心を下げようとするよりも、重心のバランスを整える身体の使いかたや考えかたを実行し続けることが必要なんです。


重心のバランスを整えるには、こんなことがヒントになります。


・身体の一番上には頭が乗っていて、頭が動けることを思い出す。

・身体にはウエストから下があり、そこにも関節や筋肉が沢山あり動けることを思い出す。

・自分の外には空間が広がっていて、空間の中で動けることを思い出す。

・脚の重さや胴体の重さを知る。


重心が上に上がっていると感じるときは、胸から上にしか意識が無かったり、動ける空間があること自体を忘れて固まっていることがとても多いです。

また、身体の下半分には重心を下げる必要がないほど重さがあるのに、自分で何とか重さを作ろうと力んで変な頑張りをしていることもあります。

まずはこの4つをヒントに探求してみてください。他にも色んな方法があるのですが、詳しくはレッスンで。一緒にやってみましょう(^^)/




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



「A管はトーンホールの間隔が広くて構えるのが大変」という方へ

「A管は重いしトーンホールの間隔が広くて構えるのが大変!」というお話、これも結構聞きます。特に慣れていないうちは大変かもしれません。


でも、よくよく見てください。すごく間隔が広いようで、意外とそうでもないのでは?(B♭管と並べてみました)
FullSizeRender
思い込みが覆されるだけで構えやすくなることもあります。


また、指って自分が思うより広がるんですよね。広げるときは指の付け根からより…
FullSizeRender


手首から広がると思って構えてみましょう。小指キーが楽に届くようになるかもしれません。
FullSizeRender



指って手首からと考えるとすごーく長いんですよね。この骨が全部繊細に動けると思って構えます。
bone_hand



そして手の平は平らにもアーチにもなります。
FullSizeRender


手の甲から見てもアーチです。
FullSizeRender

そして、ヒジの回転や手首の動きを利用すると、こんなに動けます。





かなり自由自在!これらを総動員すると「なんかできそう!」と思いませんか?

私も手は小さい方でピアノもオクターブやっと届くぐらいですが、なんとかなっています。身体の機能を引き出していけばできることが増えていきます。ぜひ色々試してみてください(^^)/



このブログについて

★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




「タンギングすると指と舌が合わない」というお悩み~舌編

速いパッセージでタンギングすると、指と舌が合わなくてぐちゃぐちゃになってしまうというお悩みです。これはかなり沢山聞きます。

指と舌の動きを揃えるための練習はいくつもありますが、今日は身体の使いかたの観点から。

舌がうまく動かなくて合わないときは、ここと舌が繋がってることを意識に入れてみましょう。舌骨です。探してみてください。
1530703


首の付け根の奥にある馬蹄型の骨、舌骨。舌骨と舌が繋がっているだけでなく、色々な筋肉が舌骨と繋がっています。

身体の使いかたの鍵を握る、呼吸にかかわる胸骨、アンブシュアの要の下アゴ、そしてなんと呼吸にかかわり腕ともつながる肩甲骨にも!…舌の動きは舌以外ともつながっているんです。タンギングも身体全体です!


指についてはまた次の記事で書きたいと思います。私もこの事実を知ったときはびっくりしました。まずは舌以外…身体全体に意識を広げることから始めてみてください(^^)/



このブログについて

★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。







【ボディマッピング】知るだけで疲れにくくなり、音に輪郭や芯が生まれる身体の知識

突然ですが、息は首のどの辺を通るでしょうか?
首の真ん中?前側?後?声楽の先生の中には首の後ろを通ってうんぬん…とおっしゃる方もいるらしいですが…

空気の通り道である気管は首の骨の前側にあるので、息は首の骨の前側を通ります。
FullSizeRender

ちなみに気管は人差し指くらいの太さだそうです。食道は気管の後ろにあり、食べ物が通っていないと膨らます前のジェット風船のようにペッタンコらしいです。

身体の構造通り「息が首の骨の前側を通る」と思うだけで息のロスが減り、息の速さが自然と増すことが多いのです。

何人かの生徒さんに試してもらいましたが、息の通る場所がわかっただけで疲れにくくなったり、音の輪郭がはっきりしたり、音に芯が生まれました。

身体の仕組みを知らなくても楽器は吹けますが、イメージと実際の仕組みがズレていると、無駄なパワーを使ってしまうこともあります。

楽器や奏法も大事ですが、豊かな音のおおもとは息、それを作り出すのは身体です。身体にも興味を持って演奏してみると色々面白いことが起きますよ(^^)/


単発個人レッスンでも演奏に必要な身体の作りや使いかたを学びましょう。学生さんは期間限定でお得に受講できますよ。詳細&お申込みはHPからどうぞ。
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  

楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/








大阪出張レッスンでお伝えしたこと…背骨について




先日の大阪出張レッスンでは、身体の構造や動きについてお伝えすることが多かったです。その中でもほとんどの方にお伝えしたのがこちら↓
1177093



背骨のカーブについてです。「背筋はまっすぐ!」とよくいいますが、実際はそんな構造ではありません。人間の背骨は垂直に積み重なっているわけじゃないんです。

首、背中、腰、お尻にはそれぞれ緩やかなカーブがあります。このカーブのお陰で、重たい頭を支えることができたり、ブレスがしやすくなったり、繊細かつ大胆な動きができるんです。

演奏の時「良い姿勢で、背筋はまっすぐ、胸を張って…!」が行き過ぎると、首や背中のカーブが消えたり、腰のカーブが強く出すぎてしまいます。

こうなると動きづらくなるだけでなく、無理な姿勢をキープするために沢山のエネルギーを消費することになります。楽器はその残りのエネルギーで吹くわけですから、結果は…大体わかりますよね。

頑張っている感はあるのに思い通り吹けず、首肩腰がガチガチ…練習後は湿布とお友達…なんてとっても残念です。

今回大阪レッスンに来てくださった方々にも、この背骨カーブを思い出してもらった後に音を出してもらいました。すると座るのが楽になったり、音の厚みが増したり、音の力みが取れるなどの変化が起こりました。

練習するのも大切ですが、ただ思い出す、知らなかった知識を入れるだけで変わることも沢山あるんです。

そんなことを普段のレッスンでもお伝えしています。他にも秘伝(笑)は沢山ありますが、知りたい方はぜひレッスンへどうぞ(^^)


9月29日のグループ講座でも色々お伝えしたいと思っています。

クラリネットだけでなく、管楽器(木管金管)の方も受講できます。今回はトランペットのトクヤ先生もいらっしゃるので、金管の先生ならではのレッスンも受けられると思います。興味のある方はぜひお申し込みください(^^)/


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場