こんにちは!豊永よしこです。
時々「立って吹く時、足の裏の重心はどこにすればいいですか?」と聞かれます。

bjoint_foot

これは膝から下の骨格図です。
構造から考えると、
体重は主に足のすねの太い方の骨(脛骨)に乗るので、
重心はその骨の真下です。
自分の足で確認してみましょう。

でも、身体は常にバランスを取り続けているので
重心は足の裏の前方、真ん中、後方、足指、横など、微妙に変化します。
重心がずうっと一緒だと、すぐ倒れてしまいますし
倒れなくても、倒れないようにと足が固まってしまいます。

大事なのはどこに重心を置き続けるかより
動きに合わせて重心も微妙に動き続ける事です。
股関節、膝、足首も動かせることを思い出して、バランスを取りながら吹いてみてください(^^)






3月20日「A管をもっと響かせてみよう!グループレッスン」
お席残り1名です。
詳細、お申込みは
こちら


レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村