こんにちは!豊永よしこです。

プロの方、アマチュアの方、それぞれの演奏を聴くと
ある違いに気付きます。
これこそプロとアマチュアの差だな~と感じます。

違いは沢山あるのですが、その中でも顕著なのは
音量のバリエーション。
プロの方は「ppp・・・」から「fff・・・」まで、色々な音量で表現しています。
静かに美しく鳴っている「ppp」や
インパクトのある「fff」など、音量だけでも楽しむことが出来るくらいです。

一方、アマチュアの方は、
「mp」や「mf」でうろうろ演奏している方が多く
人にもよりますが、ほとんど音量が変わらなく聴こえる場合もあります。


音量のバリエーションをを増やすには
まずは自然な響きを取り戻す事。

リードを抑えつけて音を制御するのではなく
息でリードを振動させる練習をしましょう。


響きの少ない音から、息でリードが振動している響きのある音に移行する時には
これまで出す事を恐れていた
いわゆる「荒れた」「汚い」「雑音だらけ」の音も出るので
「下手になった?」と感じる事があるかもしれません。
でも、私はその音を聴くと
「やっとリードが振動してきた!スタート地点に立った!」と思います。
この過程を経る事が大事なんです。

この辺りを個人の判断で練習していく時
ジャングルを一人で歩くような気持ちになるかもしれません。
「こんな音出したら下手になっちゃうんじゃないか?」
という恐怖と隣り合わせですから。

でも、ジャングルにはガイドがいます。
レッスンでは長い目で指導しています。
響いた音を出したい方、レッスンで一緒に練習しましょう(^^)



毎月1日発行・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村