こんにちは!豊永よしこです。
練習では出来るのに、
いざという時にネガティブな雑念が出てきて上手く吹けない…という方に
おススメの練習方法をご紹介します。
とっても簡単にできます。それは


「演奏している所を録画する」


通常、録画や録音をするのは、
演奏を客観的に知り改善するのが目的ですが、
ここでは

「演奏中のネガティブな雑念を無くす」
のが目的です。

本番や合奏の中でのソロ、苦手箇所
合奏中に一人ずつ当てられる時など、こんな気持ちが湧いてきませんか?
「間違えないで吹かなきゃ!」
「上手く吹かなきゃ!」
「出来てるかな?」
「高音こわい!」
「跳躍こわい!」
「pこわい!」
など

これは全部演奏を邪魔する雑念なんです。
この雑念が湧いてきている間は、
成功するために必要な事を考え実行するモードから離れてしまうので
その結果、失敗しやすくなってしまいます。


でも、この雑念、無くそうと思ってもなかなか難しいですよね。
なのでその代わりにこんな事をします。
録画中は本番と似たような精神状態になるので
いい練習になるんです(^^)

録画中、雑念が出て上手く吹けなかったら

一旦止める

どんな雑念が湧いて上手く吹けなかったのかな?を確認する

本当はどう吹きたかったのかな?と考える

思い通りに吹くために必要な考え、アクションを考える

再録画。
雑念が出てきそうになったら切り替えて
必要な考え、必要なアクションを実行し続ける。


これを繰り返していくと、
少しずつ雑念の代わりに、必要な事を考える習慣が身に付いてきます。
録音でもいいですが、「見られている緊張感」があった方が良いので
録画の方がお勧めです。
最近はスマホで簡単に出来ますよね。
誰かに見てもらう前提でやるとより効果的。
ピンときたらぜひやってみてください(^^)





 
レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村