クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

タンギング

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

発音の時の雑音が気になる方へ…効果てきめんなノータンギング練習

1306284

発音の時に雑音が出てしまう…舌の動きやアンブシュアを研究してみたけど良くならない…という方へ、今日はノータンギングのすすめです。

本来音は息でリードを振動させて出すもの。もちろん発音の時もそうですが、タンギングすると舌や口で音を出すような錯覚に陥りやすく、息がお留守になって雑音が出ることが多くなるんです。

雑音を無くすには「音はリードを振動させて出す」を思い出す練習から始めます。それがノータンギングでの練習です。

発音の時「トゥー」とタンギングしないで、息だけでクリアな発音を目指します。タンギングなしで雑音や破裂音がなく、またぼやけることもなく、自分の決めたタイミングでクリアに音を出すことができて初めてタンギングした時にも雑音がなく音も響くようになります。

タンギングして発音するのは、あまり知られていませんが結構高度なテクニックなんです。高度なテクニックを習得するには段階を踏むの大事です。いきなり練習する前にノータンギングで音を出す練習をおすすめしたいと思います。

ノータンギングでクリアな発音をするには、3つの動きがあります。1で準備、2,3を同時に行います。


1.音を出す前に上下前歯(頭)と右手親指でバランスを取って構える
まず音を出す前の準備です。唇でマウスピースを支えるのをやめて、上下前歯(頭)と右手親指でバランスを取って構えます。いわゆるアンブシュアは準備しなくてOK。音がクリアに出るだけの息が出れば、口の周りの筋肉は自動的に反応するのでご心配なく。


2.息はロケットスタート
音が発生する瞬間からクリアに音を出すには、息の初速がどうしても必要です。「ふぁ~」という電車の発車のような息ではクリアに音は出ません。

息の初速のイメージは「ロケット花火」「逆バンジー」「勢いのいい噴水」など。リードに付いているごみを吹き飛ばすようなイメージでもOK。瞬間的にリードに息が当たるイメージが持てるといいですね。

アゴや口でこの息の邪魔をしなければ、瞬間的にリードが振動しタンギング無しでクリアな発音ができるようになります。アゴや口が必要以上に力むと、出だしが遅れたりリードミスが出やすくなります。

また「楽器に息を入れる」意識では必要な勢いが出づらいので「身体の中にある空気を瞬間的に上にあげる」「瞬間的に上にあげた息をリードに当て続ける」「上あごの天井に息を当て続ける」などの方向をおすすめします。


3.息を出す瞬間にアゴと口を反応させる
せっかくロケットスタートができても、息の勢いをアゴや口で止めてしまうと努力が水の泡です。息の勢いとリードの振動を止めないために「息のスタート・アゴ・口の動きのタイミングは同時」です。


これらを踏まえてノータンギングでクリアに音を出せるようにしてから、タンギングを付けていきます。リードに舌を付けるタイミングは「息のスタート・アゴ・口の動き」と同時です。

けっこう遠回りに見えますが、実はこの方が近道で結果もいいんです。ピンときたらぜひ試してみてください(^^)/



この練習はかなり地道ですが、レッスンではさらに段階を踏んで練習していきます。
8月14日・大阪出張レッスン受付中!詳細、お申込みはこちらからどうぞ!
https://www.fujisaki-clarinet.com/2019年8月14日-大阪出張レッスン/



このブログについて



豊永よしこ プロフィール



メルマガの過去記事が読めるようになりました。詳しくはこちらから。
http://clarinet.blog.jp/archives/32347858.html


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




タンギング、スタッカートのリードミスを減らす構え方

このあたりの音域、タンギングやスタッカートが連続するとリードミスが出やすくなる方も多いと思います。
FullSizeRender
(クローゼ:クラリネット教則本より)

他の音域では大丈夫なのに、このあたりの音域が不安定になるときは構え方を見直してみましょう。
FullSizeRender
上下の前歯(頭)と右手親指でバランスを取って構えます。このバランスがうまく行くと、リードを押さえるポイントや圧力が決まり、リードミスが出にくくなります。

リードミスが出てしまう時は、このバランスではなく楽器を握って支えていたり、左手親指と上の前歯で支えていたり、唇の筋肉が力んでいることが多いんです。

だったら指の力を抜こう、唇を緩めるでいいじゃない?と思うかもしれませんが、このバランスで楽器を構えることができてはじめて指やアンブシュアの力みをやめることできます。まずはこのバランスで楽器を構える練習をしてみましょう。

この構えをしたうえで、出したい音と息の方向を考えて音を出してみましょう。うまく行っていればリードミスが出ないだけでなく、音の立ち上がり、音抜けや音量もガラッと変わってくるはずです。

この構えは演奏の基礎ですが、意外と知られていないことの1つです。また、この構えを「固定しよう」と思うとうまく行かなくなります。音楽と同じ、姿勢も構えも全て微妙な揺らぎの元にあります。この辺りはなかなか難しいのでレッスンでお伝えできればと思いますが、まずはこの構えを試してみてほしいと思います(^^)/


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



雑音のないキレイなタンギングをするには?

先日、私の発信を読んで共感してくださった顧問の先生からご連絡いただき、中学校のクラリネットパートのレッスンに行ってきました。

生徒さんが習いたいことを中心にレッスンをしましたが、一番希望が多かったのはタンギングのことでした。

タンギングは初心者のうちから練習しますが、コツを得るのに時間がかかるテクニックだと思います。私もいまだに色々研究しています。

タンギングはザッ、ペッという雑音が出て音が汚くなってしまうのが多くの方のお悩みだと思います。

これらの原因は色々ありますが、舌をどうこうするよりも先に改善したいことがあります。


それは何かというと…「息」です。(…これもですか?と言う声が聞こえる(笑)


タンギングはどうしても舌に意識が集まってしまうのですが、舌はリードの振動を一瞬邪魔するだけの役割。

舌も大事ですが、いかに息でリードが振動させるかがタンギングの土台の質を決めます。

タンギングの時、息の存在を忘れて意識が「舌100%」になっていませんか?

もしそうなら意識を「舌20%、息80%」ぐらいにしてみましょう。舌の動きはしゃべる時と同じかそれ以下でいいので、少し考えるだけで十分なんです。

そして、音が出ている間中ずっと息のことを考えます。特に「タンギングの直前、タンギングの瞬間、タンギングの直後」

雑音が出るときはタンギングの直前に息が減っていたり、タンギングの瞬間に舌に集中しすぎていたり、タンギング直後に息が復活していないときが多いんです。


舌に気を取られて息のことを考えるのが難しい場合は、こんな練習をしてみましょう。
FullSizeRender
(ローズ:32のエチュードより)

1.タンギング(ミファミドララララララララ)を全部繋げて二分音符にし、息に意識を持ってクレッシェンド気味に吹きます。(ミファミドラーーーーーーー)

2.1の時と同じ息とアンブシュアで、息に意識を持って楽譜通りタンギングします。(1に舌の動きを足すだけという意識で)

1.2を繰り返します。


タンギングを全部繋げたりスラーにして、息のことを意識してからタンギングに進む練習です。手元にある基礎練や曲でやってみて下さい。

この吹き方ができるようになると、タンギングがキレイになるだけでなく、音の響きや音量も出て音の印象自体がキレイになります。

一石五鳥ぐらいのメリットがあるのでぜひ練習してほしいと思います😊




今日の楽譜はこちら。音大受験にも使われる、おなじみのエチュードです。
ローズ/32のエチュード (ISE Collection International S) [ シリル・ローズ ]
ローズ/32のエチュード (ISE Collection International S) [ シリル・ローズ ]


出張レッスンも承っています。教室のお休み(月・火)が中心になりますが、ご希望の方はまずはお問い合わせください。

無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。







タンギングの時、舌はリードのどの辺に付けていますか?

232859

タンギングの時に舌はリードのどの辺に付けていますか?リードの下の方?真ん中?上の方?先端?

結論から言うと、正解は人の数だけ&曲の場面の数だけあります。曲のどんな場面でも雑音なくクリアに音が出ていて、機敏に舌が動けていればどこに付けてもいいと思います。同じく舌のどこをリードに付けるかも人それぞれです。

マウスピースをくわえる深さや角度、舌の長さ、骨格、動きの機敏さは人によって違うので、先輩や先生と違って当たり前。上手な人がこうだから、正しい位置はここと言われたからと自分をそれに当てはめようとすると、無理な吹き方になってしまうこともあります。

ただ傾向としてリードの下の方に付けるよりも先端に近い方がクリアに音が出ることはあります。でも舌が機敏に動けていないと、あまりその効果は期待できないかなと思います。

舌の動きを機敏にするには、身体全体が動ける状態でいること…特に首、アゴが固まっていると動きが悪くなります。無理に音を出すような吹き方でも身体が固まりやすくなるので動きが悪くなります。アレクサンダーテクニークを使って練習するとタンギングは徐々にやりやすくなってきます。

あと、舌以上に大事なのは「息」!!

ブログでも何度も何度も息の大切さは書いていますが、タンギングでも息なんです。

舌を動かすので、どうしても舌にフォーカスがいってしまいますが、そもそもタンギングはリードの振動を舌で一瞬止める動作ですよね。まずはリードが充分振動していないと何も始まりません。

うまく行かないときは「舌」から少し遠ざかって「息」。息を出す意識で頭の中をいっぱいにしてリードを振動させ、タンギングしてみましょう。息を出すのも身体全体です。舌=身体全体の意識で練習をしていくと少しずつ変わってくると思います(^^)


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




タンギングやスタッカートの時にアゴが動いてしまう原因と対策

1132358

タンギングやスタッカートの時にアゴが動いてしまい、直そうとしてもどうしても動いてしまう、なぜ動いてしまうのかわからない…と困っている方、多いのではないでしょうか?(正確にはアゴ自体動くことは少なく、多くはアゴ周りの筋肉が動いています)

アゴが動くとアンブシュアが不安定になり、リードミスや音程が悪くなる原因になるので注意されるのですが、それ以上に基礎中の基礎「息で音を出す」の邪魔をするのでNG奏法とされるのです。(逆に言うとアゴが動いていても、豊かな響きで安定感があれば問題ではありません)

私もこれまでアゴが動く方を観察していても、なぜ動くのかがはっきりわかりませんでしたが、やっと原因や改善方法がわかってきたので、今日はアゴが動いてしまう原因と対策をざっくりと書いてみたいと思います。

タンギングでアゴが動いてしまう方は、こういう特徴があります。
 

「口やアゴ周りの筋肉で音を止めようとしている」


音の響きを止めるのは主に舌。リードを舌で触れば振動は止まるのに、さらに口やアゴ周りの筋肉で振動を止めようとするとアゴが動いてしまいます。

また、音は息でリードを振動させて出すもの。必要な息が使えていないと、息ではなく口やアゴ周りの筋肉でリードを一瞬押さえてから音をだす習慣が付きます。

また、もともと息でリードを振動させる意識が薄いとアゴが動いてしまう傾向にあります。音を出す瞬間から止める瞬間まで息のことを考えつづけるのが大事です。

アゴが動いて見えるときは、身体はこんな動きをしています。

1.舌でリードの振動を止めると同時に、口やアゴ周りの筋肉でもリードを押し付け振動を止める。
(アゴでリードを押し付けると同時に息も減らしすぎてしまう)

2.音を出す瞬間、舌の動きと共に押し付けが解除されアゴが下方向に動く。
(音を出すのに必要な息が用意されていない)

悪い意味で舌と口とアゴの動きが連動していますが、これを無意識にしているので直しづらいのです。また、こうすると息が足りなくても音が出て、発音がはっきりする気がするのでやめられないのかもしれません。

初心者の時、息が足らないけど頑張って音を出した習慣が残っているのかもしれません。リードを口やアゴで押し付ける動きがごくわずかなことも多く、自覚することが難しいのも関係していると思います。

また、タンギングやスタッカートでアゴが動いているときは発音でも同じことをしているので、音の出だしでもアゴが動く傾向があります。タンギングやスタッカートでアゴが動いてしまうときは、タンギングやスタッカートからではなく、音の出だしから取り組んでみましょう。まずは

「音を出す瞬間から、口やアゴでなく息で音を出す」

タンギングより音の出だしを練習する方がシンプルだし根本的な改善につながります。息で音を出す習慣が身につけば、口やアゴを動かす必要がなくなるため、発音のときだけでなくタンギングやスタッカートの時も自然とアゴが動かなくなります。

アプローチするのは口やアゴではなく「息」です。

音を出す瞬間から止める瞬間まで、息でリードを振動させる吹き方を練習していきましょう。

嬉しいのは、息で音を出せるようになると、音自体がガラッと変わってくるのです。アゴが動かなくなるだけでなく、音量、音色、響き、発音などが別人のように変わり、楽器を吹くのが楽しくなります。

簡単に書きましたが、息で音を出す習慣が身に付き、アゴが動かなくなるまでにはいくつもの段階があり、時間がかかります。レッスンでも色んな種類の練習をして改善していきます。詳しくはレッスンで取り組んでいきましょう。

基礎の基礎から見直す必要があるので、初心者に戻ったような感覚になるかもしれません。でもそれをやるだけの価値はあると思います(^^)/




クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場