アレクサンダーテクニーク&クラリネット~藤崎クラリネット教室 豊永よしこのブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

教室ではアレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

タンギング


こんにちは!豊永よしこです。

タンギングは人類の悩み…少なくとも日本人の多くの方の悩みではないでしょうか?
・雑音が出て汚い
・リードミスが出てしまう
・舌が速く動かない
・指と舌がバラバラ
・音色が変わってしまう


などなど…思い当たるところはありませんか?

タンギングがうまくできない原因はたくさんありますが、多くの方に共通しているのは「舌のことで頭がいっぱいになっている」こと。気持ちはとってもわかりますが、こっちに頭を切り替えてみてください。

『タンギングでは息のことを考え続ける』

なぜなら、タンギングはリードが充分振動して初めてできることだからです。舌で一瞬リードの振動を邪魔するのがタンギング。なのでリードが充分振動していないと、いくら舌が速く動いても完璧なタイミングで動いても位置や面積が完璧でも、あまり役に立ちません。

タンギングがうまくいかないときは、息以外のこと…特に舌に意識が持っていかれている場合が多いものです。舌のことで頭がいっぱいになると、こんなことが起きやすくなります。
息の流れが止まりがちになる⇒その影響でアンブシュアが強く固くなる⇒リードの振動が止まってしまう⇒舌が必要以上に力んでしまう

こうなってしまうと、残念なタンギングになります。

良い音で吹くには息を第一に考えますが、タンギングも例外ではないのです。もし舌のことで頭がいっぱいでうまくいかないなら、ぜひ頭の中を『息のこと』でいっぱいにしてみてくださいね(^^)/




具体的なアドバイスが欲しい方はレッスンを受けてみて下さい(^^)/
レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla  

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村

9e1ba08a10d68dcea789e601b89954dd_s

こんにちは!豊永よしこです。
ロングトーン、スケール、タンギングetc・・・基礎練習は何の為にあるんでしょうか?

それは「私はこう演奏したい!」を実現するためです。

ともすると基礎練はこなすものになったり、やらなきゃいけないものになっていたりと本来の目的を見失いやすいもの。

でも、ただのウォーミングアップでもなく、ルーティンのつまらない練習でもなく、自分のやりたい事を実現する為に練習するものなんです。


「私はこう演奏したい!」をかなえる為には色々な技術が必要ですが、その技術を一番シンプルな形にしたのが基礎練です。

例えば、「p」のソロを静かにかつ響いた音で吹きたい時、いきなり曲の中で吹くと「p」で吹く以外にも沢山の事をしなくてはならず、とても難しくなってしまいます。なのでロングトーンで「p」の練習をして「p」の吹き方を身につけるわけです。

先日の「音をまっすぐに揺れないように吹く」練習も「まっすぐに揺れない」がゴールではありません。いつでも安定していて、かつ方向性のある音を出せるようにする、活きた音を吹けるようにするための準備練習。音楽表現の為の練習なんです。

最初は「私はこう演奏したい!」が分からないかもしれませんが、色々な音楽に接して感動の貯金を殖やしてもらいたいと思います。貯金が殖えてくると、自然と「こう演奏したい!」がやってきます。

楽器の上達は時間がかかるもの。自分の「こう演奏したい!」も時間をかけて育ててみてください。基礎練がより意味のあるものに感じられてくると思います(^^)



グループレッスンでも、必要な基礎練を個別にお教えします(^^)/
お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







756832

こんにちは!豊永よしこです。
速いパッセージやタンギングが苦手な方も多いと思います。私も速いタンギングはあまり得意ではないですが
これをやると、意外と出来てしまう事が多いんです。

それは『我に返ってテンポを確認する』

苦手な所って、テンポ感が消えてしまいがち。それまではテンポに乗っているのに苦手な個所に差し掛かると、指や舌の事に夢中になってテンポが消えていませんか?難しければ難しいほど、テンポが消えて実際より速いテンポで吹こうとしてしまう人が多いように感じます。

レッスンで生徒さんに出来ないという箇所を吹いてもらうとテンポ通り吹けば出来るのに、あわてて指や舌が固まっていたり、次の音符に気を取られて前のめりになっている事が多いです。

また、苦手な所の後のテンポが不安定になったりもよくあります。これは苦手な所でテンポ感が消えているからです。

出来ない時は、一旦楽器を置いて、冷静にメトロノームを聴きながら歌ってみましょう。また、指揮をしながら歌うのもおススメです。思っているよりもゆとりがあると気づけるかもしれません。

出来ない!と思ったら我に返ってテンポを確認。がむしゃらに練習しても前に進まない時に試してみてください(^^)



9月18日(月・敬老の日)
『クラリネット奏者のためのアレクサンダーテクニーク入門ワークショップ』
詳細&お申込み


クラリネット個人レッスン、アレクサンダーテクニーク個人レッスン
お申し込みはこちら
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村   
   
   
   
  



↑このページのトップヘ