今日は、大好きな曲で耳のトレーニングをしよう!というお話です。トレーニングというか、遊びですね(^^)

モラゲス木管五重奏団の饗宴
モラゲス木管五重奏団
キング・インターナショナル
2001-05-23


今回はパリ管のスーパーソリスト、パスカル・モラゲス氏と兄弟が中心になった、とっても楽しい木管五重奏です。このCDは大分前に買いましたが、今も時々取り出しては聴いています。もちろんこのCDでなくてOKですが、音の違いが分かりやすい木管五重奏はお勧めです。


では、耳トレしましょう!どう聴いたらいいかな?

・和音進行を聴く
⇒(難しい理屈は知らなくても良いので、雰囲気の違いを細かく体感し、雰囲気が変わる前後の吹き方、音楽の動きを良く聴きます)
・楽器ごとに音を追っていく
⇒(木管五重奏はそれぞれの音が違うので、声部を聴く練習にとてもいいですよ。1回目はフルート、2回目はホルンなどと、その都度聴く楽器を変えます)
・音色の違いを聴く
⇒(雰囲気や和音進行によって、どんな音色を使っているのかを聴きます)
・音の出だし、終わりを聴く
⇒(曲によって出だしの音質をどう変化させているかや、音の終わりの処理の仕方を聴きます。)
・音の方向性の付け方を聴く
⇒(どこに向かっていく?どこへ収束していくか?息の使い方を聴きます)
・何拍子かを予想して聴く。後で楽譜で答え合わせ
⇒(4分の4と2分の2等もごっちゃにせず正確に予想。意外とハズレます(笑)
・特徴的なリズムの形を書き出す。後で楽譜で答え合わせ
⇒(3連符と符点四分など、紛らわしい音価の違いも正確に。意外とハズレます(笑)


他にも色々ありますが、とりあえずはこれでお腹いっぱいでしょうか?

無限に聴き方はあります。慣れてきたら、1度に2つの楽器を聴く練習をしたりとレベルアップしてみてください。CDはインテンポで音楽的に演奏されているので、細かい音取りをするというよりも、声部を追ったり、音楽の流れを追いながら聴いたり、吹き方でどう音楽を動かしているか等を聴くのに向いています。大好きな曲でトレーニングするのは最高に楽しいですよ!ぜひお勧めします(^^)




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村