こんにちは!豊永よしこです。
今回は凸凹のない滑らかなレガートにする為のヒントです。
今日の課題曲↓何の曲かわかりますか?
シューマン


シューマンのファンタジーシュトゥックの一部です。
ゆったりと繊細にアルペジオを聴かせたい部分ですが
「⇓」の音から次の音に移行する時にやりがちな事があります。

次の音に移行する時に、勢いよく指を上げていませんか?

勢いよく指を離してしまうと、レガートが切れてしまったり
間に別の音が入ってしまったり
小指と薬指の動きがバラバラになる事もあります。

指をキーから離す時は、
「キーの上がる動きに指が添うように」丁寧に指を動かします。
バレリーナの指先の動きをイメージするといいかもしれません。
その時は、もちろん息も忘れずに!
息が十分でないと、音が出づらくなったり、リードミスや雑音が出やすくなります。


先日の記事の
指の「バシッ!と閉じるのをやめる」も合わせて練習してみてください。
メロディーの美しさがランクアップすると思います(^^)




個人的にアドバイスを受けたいな~という方は
ぜひ体験レッスンへ(^^)
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村