アレクサンダーテクニーク&クラリネット~藤崎クラリネット教室 豊永よしこのブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

教室ではアレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

スランプ

796aac2c099e8da9ea9f672901d7fa4e_s

こんにちは!豊永よしこです。

本番での思いがけない失敗。失敗して嬉しい人はいないし、一時的に落ち込んでしまうのは普通の事です。でもしばらく立ち直れないぐらい深く落ち込んでしまったり、生活に影響が出るぐらいになると、何か奥底に原因がありそうですね。

思い当たる方は、こんな思考回路になっていませんか?

「自分の価値」と「失敗」をダイレクトに結びつけている。

失敗する自分は何の価値もないと思っている。


でも、自分の価値って、本番での失敗で一瞬で無くなるもの?根底から揺るがされるものなんでしょうか?

最近思うのは、自分の価値は何かによって上がり下がりするものではないのでは?ということ。

例えば、生まれて間もない赤ちゃん。歩けるようになるまでには何度も何度も失敗しますが、赤ちゃんの価値が下がることはありません。何度転んでもと尊い存在です。

「失敗しても自分の価値は変わらない」

「何をしても自分の価値は変わらない」


これが根底にあると、心が安定して本来の力を出す大きな助けになるのではないかな?と思います。

音楽が大好きで大事に思っていればいるほど、失敗は自分の価値を揺るがすものに感じてしまいがち。コンクールやオーディションではよりそう感じてしまうのではないでしょうか?

でも本当は、どんな演奏をしても自分の価値は揺るがないはず。自分の価値を上げ下げしているのは、失敗を自分の価値と直結させている自分自身かもしれません。

考え方や捉え方は演奏にも大きな影響を与えます。健康的に楽器や音楽と付き合うために、時には深く考えておきたいことの1つです(^^)





満席になりました。キャンセル待ちは受付中です。
9月18日(月・敬老の日)
『クラリネット奏者のためのアレクサンダーテクニーク入門ワークショップ』
詳細&お申込み


クラリネット個人レッスン、アレクサンダーテクニーク個人レッスン
お申し込みはこちら
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村   
   
   
   
  



a7376aee75ae52a592ececf9266dfa77_s

こんにちは!豊永よしこです。
楽器大好きなのに最近楽しくない(>_<)前は楽しかったのにどうしてかな・・・そんな時、チェックしたいのは次の3つ。

1.楽器、リード、マウスピース等、自分に合っていますか?

よく「演奏を楽しもう!」と言いますが楽しさって、起こそうとして起きるものでなく、結果として湧いてくるものだと思います。

吹いているのが心地よければ、自然に楽しくなってくるもの。逆に、自分に合わない苦しいリードや、力まないと音が出ない楽器ではなかなか楽しさは湧いてこないのでは?

もし吹きづらいものを使っていたら、吹きやすいものに変えてみましょう。

みんな使ってるから、とか何年生だからこれ、という他人の基準や、いつもこれだから、と同じものにこだわりすぎるのをちょっとやめて、今の自分に合うもの、吹きやすいものは何かな?という基準で見直してみましょう。上達して来たり、気候が変わるとこれまでのものが合わなくなることも結構あります。


2.楽器は調整に出していますか?
毎日吹いていると、吹きづらくなっている事に気づかないものです。半年以上放置していたら、調整に出してみましょう。調整に出したらあっけなく楽しさが戻ってきた!という事も結構あります。


3.身体の構造に反した無理な吹き方や考え方をしていませんか?
無理な吹き方や考え方は疲れて長続きしないし、楽しさも湧いてきません。頑張って吹き続けていると、力むのが普通になり、楽しさから遠ざかってしまいます。時間はかかりますが、姿勢等の基礎の基礎から吹き方を一から見直すと、楽しさが戻ってくる事が多いです。


吹いていても楽しくない時は、無理に楽しもうとせず、道具と吹き方を見直してみる。
この3つ、客観的に判断するのはなかなか難しいかもしれません。一人で分からない時は、専門家の指導を受けましょう。

7月30日のグループレッスンでもアドバイスしますので、気になる方はぜひご参加ください(^^)



7月30日(日)
『少人数でじっくり!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





↑このページのトップヘ