クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

タグ:スケール

こんにちは!豊永よしこです。
ロングトーン、スケール、タンギングetc・・・
テクニックを付けるための
基礎練習は何の為にあるんでしょうか?

それは「私はこう演奏したい!」を実現するためです。

ともすると基礎練はこなすものになったり
やらなきゃいけないものになっていたりと
本来の目的を見失いやすいもの。

でも、ただのウォーミングアップでもなく
ルーティンのつまらない練習でもなく
自分のやりたい事を実現する為に練習するものなんです。


「私はこう演奏したい!」をかなえる為には
色々な技術が必要です。
その技術を一番シンプルな形にしたのが基礎練です。

例えば、「p」のソロを静かにかつ響いた音で吹きたい時
いきなり曲の中で吹くと、「p」で吹く以外にも沢山の事をしなくてはならず
とても難しくなってしまいます。
なのでロングトーンで「p」の練習をして
「p」の吹き方を身につけるわけです。

先日の「音をまっすぐに揺れないように吹く」練習
「まっすぐに揺れない」がゴールではありません。
いつでも安定していて、かつ方向性のある音を出せるようにする
活きた音を吹けるようにするための練習。
音楽表現の為の練習なんです。

最初は言われるがままに基礎練をしているかもしれません。
「私はこう演奏したい!」が分からないかもしれませんが
色々な音楽に接して
感動の貯金を殖やしてもらいたいと思います。
貯金が殖えてくると、自然と「こう演奏したい!」がやってきます。

楽器の上達は時間がかかるもの。
自分の「こう演奏したい!」も時間をかけて育ててみてください。
基礎練がより意味のあるものに感じられてくると思います(^^)



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





こんにちは!豊永よしこです。

今日は小学生のレッスンがありました。
課題はこの1~2段目のスケール。まずは自分の出来る速さで練習します。
61001894.jpg

吹いてもらうと一通り出来るのですが、
ところどころ指がもつれたり、楽譜をじーっと見て確認しながら吹いています。
もっと上手に吹けるなと思ったので
「じゃあこれを3分で覚えてみよう!自分の好きなように練習して覚えてね」
3分間自主練してもらいました。
生徒さんは楽譜を確認しながら音を出し、集中して練習していました。

そして3分経過、「じゃあ吹いてみよう」と吹いてもらいました。
すると、音の勢いが増し、何より自信を持って吹けるようになっていました(^^)
覚えてここまで出来るようになると、
さらにレベルの高い事が出来るようになります。
この後、息の出し方や指のもつれ、リズムの揺れを改善する練習をして
完成度を高めていく事ができました。

「スケール、覚えるのが良いと言ってもなかなか・・・」という方
試しに時間を区切って集中して練習してみてください。
小学生の生徒さんが出来たように、きっと覚えられると思います(^^)
楽譜を凝視しながら吹く段階では
曲への応用は難しいのですが、覚えると応用できるようになります。
少しずつ、ぜひトライしてみてほしいなと思います(^^)



今回の楽譜は、グループレッスンでも使う
アルベール(アルバート)のスケールです。
8月11日開催・見学受付中。
『基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン』






★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村


71aa5264-s
こんにちは!豊永よしこです。
このおなじみのスケール、最初から最後までキレイに吹くには、どうしたらいいでしょうか?

もちろん技術的な練習は必須です。でも技術的にはOKなのに「あれ?」とうまく行かない時もありますよね。

吹けるのにおかしいな~という時は準備が足りていないのかも。
何となく始めないで、吹く前に何をするか思い出してみましょう。
息の出しかたは?
吹く前にアンブシュアをつくる?つくらない?
最初から最後息の出し方は同じ?変える?
指の動きは?
高音の指使いは?
アンブシュアを変化させるタイミングは?など
どうするかを考えて、楽譜を見通してから吹いてみましょう。


準備は本当に大事!アレクサンダーテクニークを学ぶ中でも痛感している事です。

吹くのに慣れてくると、音を出すのも無意識になり、結果いつも同じところで引っかかったり、何度もやらないと出来なかったりと、パッとしない結果になりがちです。

無意識に何度も練習するのではなく、何をするかを思い出してから吹いてみましょう。ちょっとの準備で演奏がグレードアップする事も多いんですよ(^^)ぜひ試してみて下さい♪





 
レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





↑このページのトップヘ