クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

グループレッスン

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

アレクサンダーテクニーク教師でもある豊永よしこと一緒に練習しましょう。
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

参加者の声『1月13日アンブシュアの基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン』

FullSizeRender

参加者の方から頂いたアンケートの声をご紹介します。


★2回目の参加ですが、今回もいつも教えていただいている事を他の方のレッスンを見ることで、分かったつもりのことが実は良くわかっていなかったのを実感したり、自分が難しいと感じている事が実は他の方も同じように感じていると知ることができました。
あと、人に見られてレッスンすることで、人前に出る練習にもなっていると思います。他の方との交流も楽しみです。またグループレッスンに参加したいと思います。今日はありがとうございました。(Uさん クラリネット愛好家)


★他の人が演奏している姿や音を参考にできるのがよい。経験年数が違っても抱えている悩みやこの原因は共通していると感じた。(Tさん クラリネット愛好家)


★久しぶりにグループレッスンに参加しましたが、色々な悩みを解消する方法がわかって大変勉強になりました。重複しているテーマもありましたが、自分が教わったことを含めて客観的に聞けたのでとても分かりやすかったです。
新しいレッスン室での開催も、あらかじめどんな会場かわかっているので安心できました。ありがとうございました。(Iさん クラリネット愛好家)


★息の使い方→出だし0.1秒で出す、そして1秒(力を入れる10倍)で脱力しリセットする という事が実際の演奏でも役に立つと思いました。
私も高校生にクラリネットを教えているので、伝えたいと思いました。(Fさん 高校教師)


★ひとつひとつの動きを手順を追ってやること+やったことがどうだったか観察すること 地道な作業だが、面倒くさがらず吹くときはこの手順を踏むこと→自分の吹きたいようになるために必要な事と今日の時点で少し決意できました。
リードを線で押さえられると、リードの振動する面積が広がるので響きが広がるという事を知ったのが収穫でした。線で押さえる時のイメージも広がります。(Kさん クラリネット愛好家)


貴重なご感想ありがとうございました!

次回は2月11日です。お楽しみに!


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



すぐ口が疲れるときは、ここを使っていない!?

吹いていると口周りがすぐ疲れて息もれしてしまう、形が崩れてしまう、梅干しアゴになってしまう…というときは、ここをあまり使っていない可能性があります。


それは「歯」です。


歯を使わず「噛んじゃいけない、噛みすぎないように、口周りで柔らかくくわえて…」としていると、こんなことが起きやすくなります。

「出だしが遅れる」
「高音が出ない」
「音が開く」
「音に芯がない」
「音に輪郭がない」
「音程がぶら下がる」
「音程が不安定になる」

必要なだけ歯が使えているとこれらは解消されていくのですが、噛むのがいけないと思っているとなかなか抜け出せないのです。

上下の歯は楽器を安定させるだけでなく、音を出すのにかなり重要な役目をしています。

また歯を使えていないと、口周りの筋肉が歯の代わりをするのでとっても疲れます。口周りの筋肉の役目(息が漏れないように密閉する、音に合わせて微妙なコントロールをするなど)をしているだけならそれほどでもないのですが、それ以上のことをしているんですから疲れるのも不思議ではありません。

上下の歯、イメージは例えるとこんな感じです。かなりざっくりしてますが…
FullSizeRender
洗濯ばさみです。

上下の歯でマウスピースを挟みます。(「噛む」より「はさむ」ほうがイメージ的によいので私は「はさむ」といっています)

歯は頭蓋骨と下あごに付いていて、演奏中超精密に0.1ミリレベルで動きの調整をしています(洗濯ばさみの動きとは比べ物にならない(笑)。その調整にはアゴを動かす筋肉やその周辺の筋肉、そして身体全体が関わっています。しかしアゴや首、身体が固まっていると、この超精密な動きができなくなり、思い通りに演奏しづらくなってしまうんです。

だったらどうしたらいいの~?と疑問に感じた方はぜひ2月11日のグループレッスンへ!グループレッスンに来れない方は個人レッスンや単発レッスンで練習しましょう。見直すのはいつからでも遅くないです。基礎の基礎から少しずつ練習していきましょう(^^)/

2月11日追加開催!お席残り4名です。




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。









追加募集!アンブシュアのグループレッスン

IMG_0781

「アンブシュアの基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン」の追加開催の日程が決まりました。


2月11日(火祝)13:00~16:00です!



会場は同じ、教室のレッスン室です、(千葉県習志野市 JR津田沼駅下車、2台無料駐車場有)
IMG_0330

募集は6名ですが、すでに2名お申込みがありますのでお席残り4名となります。先着順で受け付け、定員に達しましたら締め切ります。

詳細、お申込みはHPからどうぞ。アンブシュアの基礎の基礎、一緒に学びましょう!



★豊永よしこ プロフィール



★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla




クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。












参加者の声『アンブシュアを基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン』

アンブシュアのグループレッスンのアンケートでいただいたご感想をご紹介したいと思います。
IMG_0817


・アゴの動きと口の動きは別、という事が改めて印象に残りました。音を出す時、口を締めがちですが、息で口が閉じるというくらいでいいのだとわかりました。
楽器を構えるまでの動きも重要ですね。吹く前から音を出す準備が始まっているのだと思いました。
あわてずゆっくりとした動作で大丈夫なのですね。空間を感じながらゆっくりとした動きを取り入れていきたいです。(Sさん クラリネット愛好家 女性)



・いつもレッスンで教えていただいてることとと、プラスで詳しく学ぶことが出来ました。仕事で介護で働いていて骨格は勉強したのですが、舌骨など「そうなんだ!」と言う気づきが多く、クラリネットは学生の頃憧れていたのですが奥が深い!と感じたレッスンでした。あと、他の生徒さんのも見られてよかったです。ありがとうございました。(Aさん クラリネット愛好家 女性)



・筋肉や神経、骨などが色々連動していることを目や身体で体験することができ、音や息が楽に使えることも実際に体験出来てよかった。
・色々なアプローチの仕方があり、自分にとってより理解しやすい方法が学べてよかった。
・他の生徒さんのレッスン時に、一緒に動いて練習できたことが個人レッスンとはまた違ったグループレッスンの良さだと改めて思った。また、同じ悩みの方へのアプローチの仕方も見られてよかった。(Kさん クラリネット愛好家 女性)



・先生から普段教えていただいてることを他のレッスンを見学しながらまた学べて、実際に目で見る音でさらに理解が深まった気がします。
・アンブシュアの悩みは多くの方が持っていることだと実感できました。自分もまだまだ先が長いと思いますが、これを機会に改善していこうと思いました。2回目が楽しみです。(Uさん クラリネット愛好家 女性)


・意識できていない事(楽器を口に当てると口が意図せず動く、アゴを動かすと口が締まるなど)を意識できたのが良かった。説明が合理的でわかりやすかった。(Tさん クラリネット愛好家 男性)


・自分の普段やり方は無意識で行っていることばかりで、他の生徒さんの様子を見せていただくことで客観的になれたのですごく勉強になりました!自分のレッスンにもすごく活かせる内容でした。
今回はアンブシュアに特化したレッスンでしたが、その周辺にまで及ぶのでやはり全て繋がっているなと思いました。アンブシュアの回は、クラリネット初心者に勧めたい事柄でした。(Yさん クラリネット指導者 女性)


貴重なご感想ありがとうございます!グループレッスンの良さを感じている方が多くいらっしゃってホッとしています。何度開催してもやっぱりグループレッスンならではの、グループでしか学べない事って沢山あるなと思います。これからはもっと力を入れていきたいと思います(^^)/


実はアンブシュアのグループレッスンの次のテーマももう決まりました。みんなが困っているアレにしようかと思います。発表をお楽しみに!





クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。






写真&解説『12月15日・アンブシュアの基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン』

12月15日の教室初のアンブシュアのグループレッスン、写真&解説でレポートしてみたいと思います。

自己紹介の後、資料を使ってアンブシュアに関する筋肉や骨などを説明しています。
IMG_0717


自分の顔でアゴの筋肉や動きを体験…
IMG_0736


唇回りの筋肉を説明しています。皆さん沢山メモを取っておられました。熱心!
IMG_0739


楽器を手に取って自分のところに持ってくるまでの動きを練習しています。手に取るところ、いやその前から準備は始まっています。
IMG_0744


マウスピースを口に持ってくるまで。まだ音は出しません。無意識になりがちな動きを手順を踏んで…地道ですがとっても重要なんです。
IMG_0745


座り方の練習。頭と身体全体の関節を使って立ったり座ったり…
IMG_0749


ひとしきりみんなで練習した後は個人レッスンです。
基礎の基礎の音の出し方、息の出し方などを色々な音域でやりました。
IMG_0752


吹いているとどんどんアンブシュアが浅くなってしまうというお悩み。腕の使い方がキーでした。これも身体の使い方の基礎の基礎から。
IMG_0763


アンブシュアの形のお悩み。マウスピースを口にセットする動きを分解、手順を踏んで練習しました。
IMG_0775


身体を使って息を出す練習。腕の使い方を変えると音が安定してきました。(この腕の角度が正解というわけではないのでコピー厳禁です)
IMG_0788


タンギングの時のアンブシュアを探求しました。舌に意識が行き過ぎていましたが、アレクサンダー的裏技で身体全体で吹けるようになりました。
IMG_0800


座り方、アンブシュアについて。足の裏をどこに置くかで座り方が変わってきます。新しい身体の使い方のお手伝いをしています。マウスピースの位置の意識を変えるとアンブシュアも変わってきました。
IMG_0812


ざっくりと内容の板書です。こんなことを3時間たっぷりやりました。
IMG_0815



終了後はお茶タイム。音楽周りのお話や、近所の強豪校のお話、これから受けたい講座などなどおしゃべりしました。同じ目的で集まったせいか、初対面でもお話がはずみましたね(^^)
IMG_0823


参加してくださった皆様、長丁場なのにとても熱心に受講してくださり、こちらもやりやすかったです。今回は色々なキャリアの方がいらっしゃいましたが、共通するお悩みや身体の使い方は同じなんだなと再確認しました。私も新しい発見があり、とても勉強になりました。また良かったらぜひご参加ください(^^)/

次回は1月13日です。そして3回目も追加開催します。追加開催の日程等は教室生の方には19時、メルマガ読者の方には20時にメールでご案内する予定です。ご希望の方はぜひお申込みください!


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com



★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



★豊永よしこ プロフィール



★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla




クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場