クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

タグ:グループレッスン



こんにちは!豊永よしこです。

7月30日のグループレッスン、先日募集を開始しましたが、13:00~の回が残りあと1名となりました。15:30~の回はまだ3名入って頂けます。

これまで5回グループレッスンを開催してきましたが、レッスンを受けたり見学した方から、よく言っていただく言葉は

「先生の少しのアドバイスでガラッと変わるんですね!」

レッスンでアドバイスする時は、生徒さんを観察する事から始まります。いったい何を観察しているかというと、色々あるのですが、その中でも一番注目しているのは

「頭と身体全体の協調性」です。(頭と脊椎とも言いますが、ここでは分かりやすく)アレクサンダーテクニーク独自の視点です。

楽器のレッスンというと、まずどんな音が出ているか?やアンブシュアや指の形などを観察しますが、私はそれだけでなく、それが生まれる大本、頭と身体全体がどう使われているか?を観察しています。

頭と身体全体が協調し、バランスして上手く働いていれば、自分の持っている力が自然と出てくるのです。

その結果「音の響き」「指の動かしやすさ」「身体の楽さ」「ブレスのしやすさ」「音楽性」などが「ガラッと変わる」になります。

「頭と身体全体の協調性」に注目して指導する事が、生徒さんの隠れた力を引き出せると実感しているので、私はこの視点を中心にアドバイスをすることにしています。

そのアドバイスは、すぐ理解できるものもあれば「それ演奏に関係あるの?」みたいな一見突拍子もない言葉もあります。

でも、それは口から出まかせではなく、生徒さん全体を観察して、より協調作用が働いてバランスが良くなるような言葉を選抜しています(^^)

また、アレクサンダーテクニークでは、生徒さんに手を触れて身体の方向性を示したり、自分の身体の使い方に気付いてもらったり、協調作用を引き出したりetc…という事もします。

私も実習中ですが、アレクサンダーテクニーク教師であるので、必要に応じて手による指導も行います。

レッスンで生徒さんの変化に立ち会うと、アレクサンダーテクニークってすごいな!と思いますが、それ以上に

「やっぱりみんな、もともと出来る力を持っている!」と強く感じます。

ただほんのちょっと身体の使い方や動かし方、考え方の方向が違うだけ、それがやりたい事を邪魔しているだけなんだと感じます。

もともと持っているから、私は邪魔を取り除くお手伝い、本来の流れに向かうお手伝いをするだけです。

レッスンでは何が起こるか分かりませんが(アレクサンダーテクニークはそういうものなんです)グループレッスンではご自分の可能性をもっと感じてもらえればとても嬉しいと思います。

もちろん心身の使い方だけでなく、奏法の誤解で上手くいっていなかったり、リードや楽器等に問題がある事も沢山あるので、クラリネット教師としての視点でもみるようにしています。

興味のある方はぜひグループレッスンにお越しくださいね(^^)

7月30日(日)
『少人数でじっくり!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村








771938

こんにちは!豊永よしこです。
次回グループレッスン日程、決まりました!

7月30日(日)です。場所は千葉県船橋市。船橋駅(JR、京成、東武)が最寄りです。

今回も趣向を少し変えてみたいと思います。教室の生徒さん、メルマガ読者の方には先行お知らせ&受講料を割引させていただきますので、ご興味のある方は下のリンクからメルマガご登録ください。

前回までのグループレッスンの様子&ご感想はこちら。ご参考までに♪

よろしくお願いいたします(^^)



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






こんにちは!豊永よしこです。
昨日無事グループレッスンが終了しました。

今回も熱心な方が6名集まってくださいました。
グループレッスンの様子を
一部ですが写真&解説でご紹介します。

まず最初は、恒例の自己紹介です。
会場の様子を把握したり、参加者の方とお話する事で緊張を和らげる事が出来ます(^^)
P3200011


次にアレクサンダーテクニークの説明。
大事な頭と脊椎の接点の位置を説明しています。
P3200030

背中に触れて首~骨盤までの長さを体感してもらっています。
P3200034



そしてメインのお一人ずつのレッスンの時間です。
故障もおありとの事で、身体の使い方についてレッスンさせていただきました。
構える時や、音を出す時に背中の広さを思い出し吹いてもらうと
徐々に音が柔らかく響くようになっていました。
P3200047
P3200050


オーケストラのソロの一部を演奏しました。
空間を意識することと、身体全体が動ける事を思い出して頂くことで
徐々に音が無理なく響くようになり、自然な歌い方が引き出されました。
P3200057
P3200060


コンチェルトを演奏しました。
頭の事や背中の広さを思い出す事、吹いている時も腕が自由であることを
意識してもらうと、音が安定して音色も改善されました。
P3200069
P3200075


スケールを演奏しました。
吹きながら反省する事をやめ
自分がやりたい演奏をする為に必要な事をした結果
スムーズな流れや安定感が生まれ、意志のある音になりました。
P3200078
P3200082


スケールを演奏しました。
緊張している時の対策を少しアドバイス
息の事をメインに考え、予備練習の後吹いてもらったところ
楽に吹いているのに音量が別人のように増大しました。
P3200087
P3200086


スケールを演奏しました。
吹いている最中も身体が動けるように考える事と
吹きはじめや低音域等で身体を縮めるのをやめてもらったところ
音の質や全体の流れがとても良くなりました。
P3200096
P3200110


最後に倍音の練習をしました。A管をより鳴らす為に
とても役立つ練習です。
P3200113


最後に全員で。参加者全員の方に良い変化が表れて私も嬉しかったです!
P3200116


どんな方でも不必要な事をやめ、必要な事をしていく事で
本来の力が戻ってきます。
そして何より大事なのは、変化する勇気です。
改善して上手になる事は、未知の世界へ進むことです。
ある意味怖いですが、勇気を持ってトライしていけば必ず変化が訪れます。

今回も沢山お伝えしたつもりが、まだ伝えきれない事も色々ありました。
また参加して頂ける事を願って・・・(^^)
参加してくださった皆さま、ありがとうございました!



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





↑このページのトップヘ