クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

グループレッスン

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

体験レッスンの受付&出張レッスンについて

818845

いつもブログをお読みいただきありがとうございます(^^)

現在、夏の教室リニューアル前でレッスン環境が不安定なため、新規受付は単発レッスンのみとさせていただいていますが、ありがたいことに継続的なレッスンを受けたいという方からもお問い合わせをいただいています。

体験レッスンだけでも夏前に受けたいというご希望もありますが、レッスンとレッスンの間隔が長く空かない方が体験レッスンでの学びが薄れないと思いますので、体験レッスンを含めて夏以降の受講をお勧めしています。

教室リニューアル後は、劇的にレッスン環境が良くなる予定ですので、楽しみにお待ちいただければと思います。


また、出張個人レッスンは受け付けていますので、ご希望の方は一度お問い合わせください。(レッスン料に出張料がプラスされます)

出張グループレッスンも承っています。内容は依頼された方と相談して決めさせていただきますが、例えばこんな内容ができます。

・アレクサンダーテクニーク入門講座(クラリネット以外の楽器もOK、楽器でなくてもOK)
・演奏の基礎の基礎(のそのまた基礎)講座
・練習のコツ講座
・本番対策講座(クラリネット以外の楽器もOK)
・苦手克服講座
・アレクサンダーテクニークを使ったアンサンブル講座(クラリネット以外の楽器もOK)

などなど…みんなで学んでみませんか?講座といっても実践を沢山入れますので、身につくレベルが違います。お友達同士、学校、楽団のパート単位でレベルアップさせたい時におススメです。ご近所でしたら3名から、遠方は5名から承ります。ご希望の方は一度お問い合わせください(^^)/


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



頭の重さってどれくらい?

突然ですが、身体の一番上に乗っている頭、どれくらいの重さか知っていますか?

これくらいでしょうか?(たまには食べたいですね…)
7f084162aeba5c7d1ed6477777e1610d_s


実際のところ、これくらいです。
b9c1940711898f3c9df3ec5f3f7577ef_s

大きなスイカぐらい、約5キロあります。私たちは常に大きなスイカを身体の上に乗せながら、歩いたり、スマホを見たり、楽器を演奏しているんです。

スイカが身体の上でうまくバランスできていると身体はパワーを発揮できますが、バランスがうまく取れず、このスイカがダイレクトに身体にプレッシャーを与えていたら…

スイカが息を吸えなくしたり、指を回らなくしたり、リズム感を消したり、タンギングを遅くしたり、色んなところに痛みを起こしたり…


アレクサンダーテクニークではこのスイカとの付き合い方を練習していきます。スイカに押しつぶされるのはもう嫌!スイカと仲良くする方法を知りたい方、スイカ攻略法をぜひ習いに来てください(^^)/






無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



9月29日のグループ講座・当日レポート&ご感想


929ワークショップチラシ
かねてからお知らせしていました「知るだけで演奏が楽しくなる!変わる!心と身体の使いかた講座」、昨日無事に終了しました。

当日は、クラリネット(6名)とトランペット(1名)の方が参加してくださいました。今回はトランペットのサトウトクヤ先生http://tokuya-tp.hatenablog.com/とのコラボ企画!

当日はこんな流れで進めていきました。まず受講生の方にやってもらったのはこちら。
FullSizeRender

吹奏楽あるあるクイズです。
そして問題の解説をしながら演奏に役立つ身体の使いかた、考えかたをお伝えしたり、アレクサンダーテクニークの基礎知識をお伝えしていきました。メインはトクヤ先生。

FullSizeRender

FullSizeRender

後半はミニレッスン!お一人5~10分、アレクサンダーテクニークの視点からのレッスンをさせていただきました。クラリネットの方は私、トランペットの方はトクヤ先生がレッスンしました。
FullSizeRender

FullSizeRender

最後は質疑応答の後、記念撮影!
FullSizeRender

真剣に取り組んでくださり、ありがとうございました!受講生の方の変化に沢山立ち会えてうれしかったです(^^)

ご感想もいただきました。
FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

ありがとうございます!嬉しいご感想が多く、こちらも励みになりました。また受けたいという方も多かったので、また機会を設けて開催したいと思います(^^)



♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/











【管楽器の方募集!】知るだけで演奏が楽しくなる!変わる!心と身体の使いかた講座

929ワークショップチラシ



上達のためには練習も必要ですが、演奏に役立つ知識を取り入れるだけで変わることが沢山あります。

今回の講座は、呼吸や姿勢、構え方、吹き方、メンタルなどに関して、部活や楽団で常識のように言われているけれど、演奏の邪魔をしてしまう知識を見直し、演奏をもっと楽しく変えていこう!という趣向で行おうと思います。

希望者の方にはアレクサンダーテクニークのミニレッスンも行います。時間の許す限り質問、疑問にもお答えしていきたいと思います。

いつもと違うのは、コラボ企画だという事!アレクサンダーテクニーク教師でトランペットを演奏するサトウトクヤ先生と一緒に行います。木管・金管全員により役立つ企画にしていきたいと考えています。


こんなお悩み&希望を持った方におススメです。
・音量&響きをもっと出したい
・スタミナをつけたい
・楽に吹きたい
・沢山吸いたい
・いざという時に緊張してしまう
・すぐ疲れてしまう
・練習が楽しくない
・なかなか上達しない、行き詰まりを感じている
・高音が出ない
・指が回らない etc


ピンときた方はぜひ!楽しく一緒に学んでいきましょう。
詳細&お申込みはこちらからお願いします(^^)/




8月12日大阪出張レッスン募集中!詳細&お申込みはこちら!


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/







音が細く貧弱、不安定になってしまう…というとき考えたいこと

741258


先日のグループレッスンでは、参加者の方がたくさんお悩みを話してくださいました。今日はその中でも多くの方に共通するのではないかというお悩みについて、私の考えを書いてみたいと思います。

今回は「音が細く貧弱で不安定になってしまう」というお悩み。

これは多くの方が悩んでらっしゃると思います。音を安定させて響かせる身体の使い方、リードの振動を生かす吹き方のノウハウは沢山ありますが(過去記事にも沢山書いてます)今日は意識の持ち方について。

意識の持ち方で、息の出方がかなり変わるのです。息が変わると音も変わります。特にクラ歴が長い方には効果が高いように感じます。

練習しているのにいつもイマイチ、練習ではいいのに合奏や本番で力が出せないとき、こんなことを考えていないでしょうか?

・リードミスや不発音が怖い!
・音が飛び出しそうで怖い!
・周りにどう思われるか怖い!
・先輩や先生に怒られそうで怖い!

一言でいうと「恐怖」。豊かに響く音を出すには息が絶対必要ですが、恐怖心があると身体が縮んで固まり息が出せなくなってしまうんです。

息が出せないと、音はフラフラ不安定、出だしもモヤモヤ、リードが振動しないので音も細く固くなります。

本当は出来るのに、恐怖心のせいで力が出せないなんてもったいないですよね。


もし恐怖心が出てきたら一歩立ち止まって、代わりにこの2つのことをやってみてください。


1.息を出すために必要なことを思いだす

2.怖いまま思い切って息を出す!周りにどう思われても出す!と思って吹く


1で実際に必要なことを思い出すと、リードミスや不発音、飛び出す確率が下がります。

2で恐怖心はそのままに勇気をもってバンジージャンプです!


幸いなことに思い切って息を出しても、命の危険にさらされることはありません。上手くいかなかったら微調整して再トライするだけ。めげずに繰り返しているうちに、怖さに慣れてコツもつかめるようになってきます。

失敗したからと言って楽団を追われたり、周り全員から罵倒されることはまずありませんよね。(もしそんな環境なら即その場を去っていいと思います

自分の心が満足する演奏はある意味、勇気の連続で作られているといえるかもしれません。

出したい音を出すために、自分の力を生かすために
自分を大切にするために、勇気をもって息を出していきましょう(^^)/




アレクサンダーテクニークレッスン
クラリネットレッスン
お申込みはこちらから

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場