クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

タグ:アンブシュア

こんにちは!豊永よしこです。
今日は演奏全体に大きな影響を与える、構えの時の力のバランスについてです。

楽器を構える時、この力のバランスがとっても大事なのです。
まずはこの2点のバランス
image
アンブシュア(頭、口、アゴ、歯)と、右手親指です。
この2点でバランスが取れていると発音しやすく、音も安定して指も回りやすくなります。

そして、忘れてはならないのは、ここ!
image
左手親指です。
ここも演奏を左右する重要ポイントです。2点で良いバランスが取れていても、左手親指で楽器を前に押し出すようにキーやトーンホールを押さえつけていると、簡単にバランスが崩れてしまいます。

その結果リードミスが出たり、高音が出なくなったり、発音自体が難しくなってしまいます。

もちろん、指の動きにも大きな影響を与えます。※右手親指だけでなく、指全体が力んでいても同じ事が起こります。


この3点バランスを良好にするには常に、3点バランスを意識して演奏したり、指全体の力の入れ方を改善する事も有効ですが、身体全体の使い方が関わってくるので、部分的な改善では限界があります。

根本的な改善には、姿勢、構え方、身体の使い方を見直すのがおススメです。根本を見直していくと、3点の力のバランスだけでなく全体が改善されるので、思いがけず出来なかった事が出来てしまうことも多々あります。

不具合を小技で乗り切るのも1つのやり方ですが、根本から改善していくと、予想外の飛躍が出来るもの。

レッスンでは、じっくり3点バランスを根本的に改善指導しています。興味のある方はぜひいらっしゃってください(^^)



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村









050b4e229c4b4c1f7cf100a204f2c35d_s

こんにちは!豊永よしこです。

フレーズの最後や、ロングトーンの最後、リードミスが出てしまう事、ありませんか?特に高音ではよくある事ですよね。原因はいくつかありますが、その中でもかなりの人がやってしまっている事があります。それは・・・


音の最後で意識が消えてしまう(>_<)


音を出す時は、この2つを意識します。
こういう音を出したい、と思い続ける
それに合った息を出し続ける

でも、リードミスに出る時は、音の最後でこの意識が消えてしまっているんです。また「リードミス出ちゃうかも(>_<)」「こわい!」の意識が入ると、息や音に対する意識が消えてしまいます。

すると、必要な息が出なくなってしまい、それに伴いアンブシュアが不安定になり、必要以上にリードに圧がかかってしまったり、押さえるポイントがずれてリードミスが出てしまうんです。

「だったらアンブシュアを固めればいいんじゃない?」と思いがちですが、アンブシュアが不安定になるのは、音と息に対する意識が消えた事で起こった「結果」。

原因をスルーして、アンブシュアを動かさないように固めようとすると、リードの振動も必要以上に押さえられて、音が響かなくなってしまいます。

また、口が固まり噛んでしまう事で音程が上ずったり、次の出だしが遅れたり、さらにリードミスが出たりという二次災害も起こりやすくなってしまいます。

音の最後のリードミスに困ったら
基本中の基本!

音の最後の最後まで
出したい音と
息を出し続ける意識を持つ。


ぜひ思い出してくださいね(^^)


リードミスで困っている方もグループレッスンへ!
興味のある方はぜひいらっしゃって下さい。

7月30日(日)
『少人数でじっくり!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





こんにちは!豊永よしこです。
音が鳴らなかったり、小さい時、
よくこう言われませんか?

「もっといっぱい吸って!」
「もっと息を吹き込んで!」
「もっとお腹から息を出して!」

でも、私が思うのは、
ある程度練習を積んでいる人なら
もうすでに必要な息を出せているのでは?
という事。

ではなぜ必要な息が出せているのに、
息が足りない、もっと吹き込んで!と言われるのでしょうか?

おそらく、リードを振動させるだけの息は出ているのに
リードの振動を口やアゴ等の力みで消してしまっているから。

リードが振動していない⇒音が鳴らない⇒もっと息を要求される

ブレーキ(口やアゴの力み)が効きすぎているので
さらにアクセル(息)を踏むように言われてしまうのです。
でも、ブレーキがしっかり効いていたら、いくらアクセルを踏んでも
リードは振動しませんよね。続けているうちに身体も故障してしまいます。

もう十分頑張っている、頑張っているのに音が鳴らない方は
息(アクセル)と、口やアゴの力(ブレーキ)のバランスを見直してみましょう。
アンブシュアにこだわりすぎていたら、一度忘れてみましょう。
アンブシュアは息が作ります。
息の勢いに反応して自動的に力が入る事を信頼し、吹いてみてください。
(↑ここ超重要です)

この辺りを改善するには、色々な思い込み、全身の使い方が関わるので
塗り替えるには時間がかかります。
でも、コツがつかめれば、別人のように音が響きだしますよ!

頑張っている割には音が鳴らない
吹くのが苦しい、すぐ疲れてしまう方は
もうそれ以上吹き込んだり、息をいっぱい吸うのをやめて
息とアンブシュアの力バランス、ぜひ見直してみてください(^^)









レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





こんにちは!豊永よしこです。
初心者の時は「アンブシュアは動かさないで」とか「固定させて」と
よく言われますが、
取り組む曲が難しくなってくると、
それに限界を感じる方も多いと思います。

跳躍の時、メロディーを滑らかにつなげたい時
音色、音量、音程を変化させたい時などは
リードを押さえる圧力や、位置など
アンブシュアを微妙に変化させることが必要です。

アンブシュアを微妙に変化させるには
口の周りだけモゴモゴ動かしたり、くわえる角度を変えても
上手くいかない事もあります。
そんな時は、アゴの事を思い出してみてください。

アゴはオレンジ色の骨。下顎骨です。
bone_skull_side

口を開くとアゴの骨(下顎骨)が下前に下がります。
耳の前やアゴの骨全体に手を当てて、
アゴがどのように動くか観察してみましょう。
下前に下がるだけではなく
前後、左右にも少しずつ動く事もできます。
(疾患のある方は無理をしないでください)

アゴが微妙に微細に動く事によって、リードにかかる圧力や位置を変え
色々な変化に対応する事ができます。

もちろん口の周りの筋肉も微妙に動かしますが、
アゴも同時に微妙に動くと
よりスムーズにやりたい事ができるようになります。

演奏の時にアゴを動かせるようにするには
普段から噛みしめに気付いたらやめる事
長めの休符や吹きはじめの時に
アゴの力をOFFにしておく事が大事です。

吹く時はアゴの力は自動的にONです。
アゴや口の周りの筋肉が動かせる・・・と思いながら吹いてみます。
(アゴを動かそう!というよりは、あくまでも微妙に繊細に動く事を許す感じ)
アレクサンダーテクニークでよく使う声掛け
「頭が動いて自分の全部が付いてきて、〇〇が出来る」
「首を楽に」「頭が身体の一番上にのっかてバランス」等の
声掛けも同じ効果があります。

身体の使い方が改善されて
アゴが微妙に動かせるようになると
うまく行かなかった跳躍や、高音、音程に変化を付ける事などが
スムーズに出来るようになるかもしれません(^^)
ぜひ試してみてください。




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

こんにちは!豊永よしこです。
楽器演奏は普段の身体の使い方の集大成。
普段力んでいるのに、演奏の時だけ力みが抜けるなんて
都合の良い事はない
と思っているので
日常生活でも、身体の使い方を気にしたり
力んでいたらその都度力むのをやめたりしています。

その中でも、歯の食いしばり
かなり無意識なので、気づかない人も多いと思います。
私も食いしばってないと思っていたのですが
気を付けてみると、集中していたり、考え事をしている時に
結構しているんですね。

歯の食いしばりは全身の力み…特にアンブシュアにものすごく影響を与えます。
アンブシュアを必要以上に噛んでしまうのは、
普段の食いしばりが影響しているかもしれません。

食いしばりをやめる為に私がしているのは
気付いたらアゴをふわ~っと緩めたり
上下の奥歯を意識的に離したり(浮かす程度でOK)、という事です。

また、どこの筋肉で食いしばっているのか、知るのも良いと思います。
解剖図を見ると詳しく分かりますが
大まかには、こめかみ~奥歯の後ろまで手のひらで覆って
噛む動きをした時に動く筋肉を確認してみてください。

ツイッターでこんなBotもあるようです。
「歯をはなす」と定期的にツイートしてくれます。
こういうものを利用しても良いですね。 本当に楽器が上手くなりたい!楽に吹きたい!と思っている方は
日常生活でも身体の使い方に注目してみてください。
日常生活で何をしているか?とっても大事ですよ(^^)


★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

↑このページのトップヘ