クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

アレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

「いつでも足が動かせる状態」ってヒザを曲げておくこと?よくある勘違い

651894

立って演奏するとき、身体全体で吹く助けとして生徒さんに「いつでも足が動かせるような状態にしておきましょう」と言うことがあります。(正しくは「脚」ですが、ここでは一般的に使われている漢字「足」を使います。上の絵の部分を言っています)

これを伝えると、多くの方は突っ張っているヒザを緩めてその位置でキープさせます。でもそれは緩んでいる形に固定しているだけ。形は違えどヒザが突っ張っているのと同じなんです。

いつでも動ける状態とは?

頭と身体全体が微細に動き絶妙にバランスを取り続けている状態。瞬時に場所移動、体重移動できる状態、足だけでなく上体(頭、脊椎、腕~指先)も動ける状態です。

実際動けるのと、動けそうな形に固定するのとは全く違うんですよね。多くの方が結構この落とし穴にはまっている気がするので書いてみました。私も以前はまった一人です(苦笑)

レッスンでは「いつでも動ける」身体の使い方を練習していきます。ご希望なら座奏バージョンもやります。音の響きが変わってきますよ(^^)/


このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





明日はアンブシュアグループレッスン、最終回です!ATグループレッスンも受付中です。

1245190

明日は3回目のアンブシュアグループレッスンです。今回でアンブシュアに特化したグループレッスンはいったんお休み、次回は別のテーマでやる予定です。

やはりずっとやってきて思うのは、アンブシュアは「結果」。こういう形にすればいい音が出るようになる、楽に吹けるようになる、と言うよりは必要な事をやった結果、音が響いて楽に吹けるアンブシュアになるんです。レッスンではその「必要な事」をお一人ずつに合わせてやっていきたいと思っています。

立ち方座り方、構え方、空間のとらえ方、息の出し方、ボディマッピング、思考など色々絡んでいて、なかなか根深いテーマなので1回で解決!といかないかもしれませんが、他の方のレッスンも自分のヒントにして沢山持ち帰っていただきたいなと思います。

そもそも同じテーマで他の方のレッスンを、しかも間近で沢山見るっておそらく日本ではほとんどないのでは?それだけでも参加される意義があると思います。

私もコンディションを整え全力でやっていきますのでよろしくお願いします。明日のお菓子は今から探しに行きます~!季節柄チョコ系でしょうか(^^)/


2月23日13時~のアレクサンダーグループレッスンも受付中です。アンブシュアのこともご希望でしたらやりますよ!他の楽器の方も大歓迎です。

お申込みはこちらからどうぞ!



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



「重心を下げて」と言われたら気をつけたいこと

724957

演奏の時には「重心を下げる」「重心を下に」「丹田に重心を」などとよく言われるし、気を付けている方も多いと思います。

これで音が響いて自由に楽しく吹ければいいのですが、どうもそうでない場合の方が多いようです。本人は下げたつもりで満足でも、窮屈そうだったり音が響かなくなっている状態をよく見かけます。

重心の感覚は下げようとしたから下がるというより、身体の使いかたや考えかたを変えた結果起こることです。重心を下げようとするよりも、重心のバランスを整える身体の使いかたや考えかたを実行し続けることが必要なんです。


重心のバランスを整えるには、こんなことがヒントになります。


・身体の一番上には頭が乗っていて、頭が動けることを思い出す。

・身体にはウエストから下があり、そこにも関節や筋肉が沢山あり動けることを思い出す。

・自分の外には空間が広がっていて、空間の中で動けることを思い出す。

・脚の重さや胴体の重さを知る。


重心が上に上がっていると感じるときは、胸から上にしか意識が無かったり、動ける空間があること自体を忘れて固まっていることがとても多いです。

また、身体の下半分には重心を下げる必要がないほど重さがあるのに、自分で何とか重さを作ろうと力んで変な頑張りをしていることもあります。

まずはこの4つをヒントに探求してみてください。他にも色んな方法があるのですが、詳しくはレッスンで。一緒にやってみましょう(^^)/




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



上達する方が持っている2つの特徴とは・・?

1399989

今年も沢山の方のレッスンをさせていただきました。新しい方との出会いも多く、生徒さんに恵まれ、こちらが学ばせていただいた1年だったなと思います。

そんな中、上達する方には特徴が2つあるように感じました。これは楽器に限らず、これらを心の柱にしていると生きていくのも楽になるかもしれません。私が感じた2つの特徴とは


「素直さ」

「自分軸がある」


素直さだけでなく自分軸があること、自分軸がしっかりありながら素直さも持ち合わせていること。これが最強なのではと思います。

プロの方の素直さ
楽器歴数十年の方の素直さ
シニアの方の素直さ

小中高生の自分軸
初心者の方の自分軸


一見相反するものなだけに、2つ持ち合わせてるって本当にすごいなと思います。自分はどうだろうかと振り返る日々…(笑)生徒さんを見習って私も少しずつ進化していきたいなと思います(^^)/




2月11日分、お席残り1名!




このブログについて

★豊永よしこ プロフィール

★無料メルマガ登録

https://mail.os7.biz/add/mpDt

★メルマガの過去記事が読めるようになりました

https://note.mu/fujisaki_cla

クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



追加募集!アンブシュアのグループレッスン

IMG_0781

「アンブシュアの基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン」の追加開催の日程が決まりました。


2月11日(火祝)13:00~16:00です!



会場は同じ、教室のレッスン室です、(千葉県習志野市 JR津田沼駅下車、2台無料駐車場有)
IMG_0330

募集は6名ですが、すでに2名お申込みがありますのでお席残り4名となります。先着順で受け付け、定員に達しましたら締め切ります。

詳細、お申込みはHPからどうぞ。アンブシュアの基礎の基礎、一緒に学びましょう!



★豊永よしこ プロフィール



★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla




クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。












楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場