クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

アレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

体験レッスンの受付&出張レッスンについて

818845

いつもブログをお読みいただきありがとうございます(^^)

現在、夏の教室リニューアル前でレッスン環境が不安定なため、新規受付は単発レッスンのみとさせていただいていますが、ありがたいことに継続的なレッスンを受けたいという方からもお問い合わせをいただいています。

体験レッスンだけでも夏前に受けたいというご希望もありますが、レッスンとレッスンの間隔が長く空かない方が体験レッスンでの学びが薄れないと思いますので、体験レッスンを含めて夏以降の受講をお勧めしています。

教室リニューアル後は、劇的にレッスン環境が良くなる予定ですので、楽しみにお待ちいただければと思います。


また、出張個人レッスンは受け付けていますので、ご希望の方は一度お問い合わせください。(レッスン料に出張料がプラスされます)

出張グループレッスンも承っています。内容は依頼された方と相談して決めさせていただきますが、例えばこんな内容ができます。

・アレクサンダーテクニーク入門講座(クラリネット以外の楽器もOK、楽器でなくてもOK)
・演奏の基礎の基礎(のそのまた基礎)講座
・練習のコツ講座
・本番対策講座(クラリネット以外の楽器もOK)
・苦手克服講座
・アレクサンダーテクニークを使ったアンサンブル講座(クラリネット以外の楽器もOK)

などなど…みんなで学んでみませんか?講座といっても実践を沢山入れますので、身につくレベルが違います。お友達同士、学校、楽団のパート単位でレベルアップさせたい時におススメです。ご近所でしたら3名から、遠方は5名から承ります。ご希望の方は一度お問い合わせください(^^)/


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



【全楽器共通】ひとりでできる、誰でもできる!奏法改善

860464

奏法を見直して無理なく演奏したいけどレッスンまではちょっと…一人でできることってないのかな?という方へ。

今日はレッスンでもよくやってもらっている、誰にでもできる奏法改善の方法を1つ書いてみたいと思います。やる気さえあれば誰にでもできます。子供から大人までできます。


「楽器を手に取り、音を出すまでの動きを実況中継する」


楽器を手に取り構えて音を出すまでの動きを1つ1つ実況中継、言葉にしてみるんです。(古館さんにならなくていいです(笑)

たとえばこんな感じです。クラリネットなら…

スタンドに立っている楽器を視界に入れながら
右手の人差し指が楽器に向かって動いて
人差し指が楽器に触ったら
すべての指を楽器の形に沿わせて
楽器の重さを感じながらヒジを曲げて
太ももの上に楽器を乗せる
 
右手左手、腕、指で楽器を支えながら
肩とヒジと手首を少しずつ動かし
マウスピースと楽器を視界に入れながら
マウスピースを口に近づけ
唇にマウスピースが触れたら
口を開けて吹きやすい位置にセットして
出したい音の指にして
出したい音をイメージして
息を肺から上方向に出す

こんな感じで、やっていることを全部言語化するんです。ただただ実況中継するだけです。

動きを言葉にすることで動きが意識的になり、全体の動きが変わり、奏法が変化し、結果演奏が変わるのです。心の中でやると端折りがちになるので、口に出して言ってみましょう。

たったこれだけですが、丁寧にやると変化を体験できると思います。まずは個人練習で。ぜひやってみてください(^^)/


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

大都会のど真ん中、日比谷公園にこんなお花畑がありました。
IMG_2072



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








【全楽器共通】32分音符のパッセージを吹くときに気を付けたいこと

Allegroのテンポでの32分音符のパッセージ、音がキレイに並ばず困っていませんか?

(クロンマー:コンチェルトより)
FullSizeRender

(ローズ:20のエチュードより)
FullSizeRender

こういうパッセージでは、こんなことが起こりがち。

・動かなくていい指まで一緒に動いてしまう
・同時に動かしたい指がバラバラに動いてしまう
・順番に動かしたい右手左手が一緒に動いてしまう
・同時に動かしたい右手左手がバラバラに動いてしまう

こうなると音が転んだり走ったり、抜けたり余計な音が入ったりでキレイに揃いません。これを直すためにメトロノームでコツコツ練習をする方も多いと思いますが、ここで見直したいのは動きの質です。

指を確実に正確に動かそうと、トーンホールやキーから勢いよく離したり、しっかり塞いだり、カチカチのロボットのような動きになっていませんか?

こうすると「しっかりコントロールして動かした感」はありますが、動きの質が重すぎ固すぎて32分音符の速さに付いていけません。

32分音符の速いパッセージを吹くには、指が素早く軽くなめらかに動けることが必須です。そのためには動きの質を変えること、そしてそれができる身体の使いかたをすることがキーになってきます。

「転んでない?走ってない?」を気を付けるだけでなく、身体の使いかた、動きの質も注意してみましょう。そうすることで自然と乱れていたパッセージが揃うことも結構あります。

身体の使いかたや動きの質はレッスンで細かく見てアドバイスしています。気になる方はぜひレッスンにお越しください(^^)/





無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





頭の重さってどれくらい?

突然ですが、身体の一番上に乗っている頭、どれくらいの重さか知っていますか?

これくらいでしょうか?(たまには食べたいですね…)
7f084162aeba5c7d1ed6477777e1610d_s


実際のところ、これくらいです。
b9c1940711898f3c9df3ec5f3f7577ef_s

大きなスイカぐらい、約5キロあります。私たちは常に大きなスイカを身体の上に乗せながら、歩いたり、スマホを見たり、楽器を演奏しているんです。

スイカが身体の上でうまくバランスできていると身体はパワーを発揮できますが、バランスがうまく取れず、このスイカがダイレクトに身体にプレッシャーを与えていたら…

スイカが息を吸えなくしたり、指を回らなくしたり、リズム感を消したり、タンギングを遅くしたり、色んなところに痛みを起こしたり…


アレクサンダーテクニークではこのスイカとの付き合い方を練習していきます。スイカに押しつぶされるのはもう嫌!スイカと仲良くする方法を知りたい方、スイカ攻略法をぜひ習いに来てください(^^)/






無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



【全楽器共通】演奏する直前に何を準備していますか?準備の仕方で演奏が変わります。

1403752

演奏する直前の準備、何をしていますか?ルーティンを決めている方もいるかもしれません。

演奏は何をどれくらい準備するかでガラッと変わってきます。でも何をどれくらい準備したらいいのか?この加減が絶妙で、準備不足か準備のし過ぎになってしまうことが多いんです。

【準備不足の例】
・調性やテンポなどを考えずただ楽譜をみて音を出し始める
・どういう演奏をしたいかを考えずに音を出し始める
・出したい音の音程が頭の中にないまま音を出し始める
・音を出すのに必要なことを身体にお願いしないまま音を出し始める


準備不足だと、最初の数拍~数小節はリハーサル⇒その後本番のような、楽屋裏がバレてしまうような演奏になってしまいます。でもお客様は音が出る瞬間から演奏を聴いていますよね。音を出した瞬間からステージで吹いているような演奏にするには、もう少し準備が必要だと思います。

レッスンで習った新しいことを身に付けるにも、何も考えずに吹き始めてしまうと新しい習慣が身に付きません。習慣の書き換えのためには、演奏前に新しく習ったことを一瞬思い出したり、新しい手順を踏んでから演奏を始めることが必要です。


かといって「これ以上できないくらい完璧に準備だ!」だと準備のし過ぎになりやすく、逆効果になってしまうんです。こんな風になっていませんか?

【準備し過ぎの例】
・正しいと思っている姿勢を固め、出来たことを確認してから吹き始めてしまう
・必要な手順を踏んだ後「できたかな?」と確認してしまう
・出したい音、したい演奏を思い浮かべてから
「これで合ってる?正しい?」と心配してしまう。

必要なことをした後に確認&心配をすると、身体も意識も一瞬フリーズしてしまうのです。音楽は常に動き変化し続けるもの。そんな音楽を演奏するには、自分も動き変化し続けられる状態でいることが必要です。

そのためには必要なことをし続けるだけ、身体にお願いし続けるだけで十分です。確認や心配をエイっと手放し、起きることについていきます。

コントロールできない不安が出てくるかもしれませんが、コントロールしているということは、想定内のいつもどおりの演奏に収まっているということ。

想定内の安全な演奏ができるのも1つの技術ですが、もっと自分の可能性をみてみたい方も多いのでは?!

予想を超える演奏のためには、確認する代わりに、必要なことを身体にお願いし続け「こう演奏したい」を思い続けること、試してみてください。

まずは一人で「準備の練習」してみましょう。ちょうどいい準備ができるまでには練習が必要です。私もいまだに時々練習しています。本当に演奏を大きく左右するものなのでぜひ取り組んでみてほしいなと思います(^^)/



どんな準備をしたらいいの?ちょうどいい準備がわからない方は単発個人レッスンで一緒に練習してみましょう♪

藤崎クラリネット教室
http://fujisaki-clarinet.com
  

★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/




楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  




楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場