クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

アレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

さっきまで良かったリードがダメリードに豹変するのはなぜ?

FullSizeRender
家では良かったのに合奏になったらリードが変わった!レッスンでは使えなかった!本番で豹変した!という経験、ありませんか?

リード豹変話は色んな方からよく聞きますし、私自身も悔しい思いをしたことは1度や2度ではありません。

以前は「リードって自然のものだから変わるのは仕方ない」と半ばギャンブルのような気持ちで使っていましたが、実はこれ、100%リードのせいじゃないんじゃないかと思ってきました。

もちろんリードは気候や使用頻度、保存環境など、外的要因で変化していくものです。私のイメージする変化のグラフなこんな感じです。(超アナログですみません(笑)
FullSizeRender

自然のもので変化しやすいとはいえ、伐採され安定させるために乾燥させたりと加工してあるので、実はそれほど激しく変化しないのではと思います。


それに対し、リードを使う私たち人間。生き物です。気候や体調、環境、気持ちの持ち方で恐ろしいくらい変化します。変化のグラフはこんな感じ。
FullSizeRender

個人差はありますが、リードのように穏やかな人はほとんどないのではないでしょうか?

合奏で「一人ずつ吹いて!」と言われるだけで息が吸えなくなるし、「うまく吹かなきゃ」と思っただけでアンブシュアが固まるし、どんよりした気持ちになるだけでも息の流れが変化するんです。吹きやすいリードが1枚見つかっただけでも気分が変わりますよね。リードと比べものにならないくらい繊細で変化しやすいのが私たちだと思います。

これが合っているならセルフコントロールのスキルを磨いていけば、リードの豹変も少なくかもしれません。

色んなセルフコントロール術がありますが、アレクサンダーテクニークもセルフコントロール力を磨くのにおススメです。私もリードや自分に振り回されて困ってた派でしたが、だいぶマシになりました。興味のある方はぜひレッスンへ(^^)/


オンラインレッスン無料体験はおかげさまで満席となりました!本格始動の際はブログでお知らせします。

オンラインメニューはこちらもあります。



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





考えて吹くとうまくいかないのはなぜ?

1058479

望み通りの演奏をするには、考えて吹くことがとっても大事です。

でも「何も考えない方がうまく吹ける。色々考えるとうまく行かない」というお話も時々聞きます。なぜ考えるとうまくいかないのでしょうか?

うまくいかないときはこれらのパターンにはまっているのかもしれません。

・必要なことより必要ないことを多く考えている

・考える量が多すぎる、少なすぎる

・考える速度が速すぎる、遅すぎる

・考えるタイミングがずれている

・否定形の言葉で考えている

・考えたことが出来たかの確認をしている

・考えて吹くこと自体に慣れていない

・考えて吹いた結果が新しすぎて受け入れられない(変な感じがするので却下してしまう)

・理想が高すぎて、ちょっとの変化をスルーしている


考える習慣がない方にとっては考えて吹くのは慣れない体験です。慣れていないからすぐうまくできないし、新しいことだから色々なことが起こります。

何にも考えないで無意識にできちゃえばいいのに…と思うかもしれませんが、それは考えて吹く練習の先にあるもの。

教室では、楽器の吹き方だけでなく「何をいつどれくらい考えるか」も練習します。ある意味脳内改革。沢山練習してるのに結果が付いてこない方には特に必要なスキルかもしれません。レッスンで身に付けてみてください(^^)/




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



「いつでも足が動かせる状態」ってヒザを曲げておくこと?よくある勘違い

651894

立って演奏するとき、身体全体で吹く助けとして生徒さんに「いつでも足が動かせるような状態にしておきましょう」と言うことがあります。(正しくは「脚」ですが、ここでは一般的に使われている漢字「足」を使います。上の絵の部分を言っています)

これを伝えると、多くの方は突っ張っているヒザを緩めてその位置でキープさせます。でもそれは緩んでいる形に固定しているだけ。形は違えどヒザが突っ張っているのと同じなんです。

いつでも動ける状態とは?

頭と身体全体が微細に動き絶妙にバランスを取り続けている状態。瞬時に場所移動、体重移動できる状態、足だけでなく上体(頭、脊椎、腕~指先)も動ける状態です。

実際動けるのと、動けそうな形に固定するのとは全く違うんですよね。多くの方が結構この落とし穴にはまっている気がするので書いてみました。私も以前はまった一人です(苦笑)

レッスンでは「いつでも動ける」身体の使い方を練習していきます。ご希望なら座奏バージョンもやります。音の響きが変わってきますよ(^^)/


このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





明日はアンブシュアグループレッスン、最終回です!ATグループレッスンも受付中です。

1245190

明日は3回目のアンブシュアグループレッスンです。今回でアンブシュアに特化したグループレッスンはいったんお休み、次回は別のテーマでやる予定です。

やはりずっとやってきて思うのは、アンブシュアは「結果」。こういう形にすればいい音が出るようになる、楽に吹けるようになる、と言うよりは必要な事をやった結果、音が響いて楽に吹けるアンブシュアになるんです。レッスンではその「必要な事」をお一人ずつに合わせてやっていきたいと思っています。

立ち方座り方、構え方、空間のとらえ方、息の出し方、ボディマッピング、思考など色々絡んでいて、なかなか根深いテーマなので1回で解決!といかないかもしれませんが、他の方のレッスンも自分のヒントにして沢山持ち帰っていただきたいなと思います。

そもそも同じテーマで他の方のレッスンを、しかも間近で沢山見るっておそらく日本ではほとんどないのでは?それだけでも参加される意義があると思います。

私もコンディションを整え全力でやっていきますのでよろしくお願いします。明日のお菓子は今から探しに行きます~!季節柄チョコ系でしょうか(^^)/


2月23日13時~のアレクサンダーグループレッスンも受付中です。アンブシュアのこともご希望でしたらやりますよ!他の楽器の方も大歓迎です。

お申込みはこちらからどうぞ!



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



「重心を下げて」と言われたら気をつけたいこと

724957

演奏の時には「重心を下げる」「重心を下に」「丹田に重心を」などとよく言われるし、気を付けている方も多いと思います。

これで音が響いて自由に楽しく吹ければいいのですが、どうもそうでない場合の方が多いようです。本人は下げたつもりで満足でも、窮屈そうだったり音が響かなくなっている状態をよく見かけます。

重心の感覚は下げようとしたから下がるというより、身体の使いかたや考えかたを変えた結果起こることです。重心を下げようとするよりも、重心のバランスを整える身体の使いかたや考えかたを実行し続けることが必要なんです。


重心のバランスを整えるには、こんなことがヒントになります。


・身体の一番上には頭が乗っていて、頭が動けることを思い出す。

・身体にはウエストから下があり、そこにも関節や筋肉が沢山あり動けることを思い出す。

・自分の外には空間が広がっていて、空間の中で動けることを思い出す。

・脚の重さや胴体の重さを知る。


重心が上に上がっていると感じるときは、胸から上にしか意識が無かったり、動ける空間があること自体を忘れて固まっていることがとても多いです。

また、身体の下半分には重心を下げる必要がないほど重さがあるのに、自分で何とか重さを作ろうと力んで変な頑張りをしていることもあります。

まずはこの4つをヒントに探求してみてください。他にも色んな方法があるのですが、詳しくはレッスンで。一緒にやってみましょう(^^)/




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場