クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

アレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

身体の故障を防ぐために身に着けたいスキル

そこそこ歳を重ねてくると、関節に謎の痛みを感じることがあります。祖母と母がリウマチだったので、関節の痛みは恐怖です。

今日は先日感じた痛みについてシェアしたいと思います。なぜか数日、左の人差し指、中指、薬指の関節が痛くなったことがありました。観察していると、動かさないと痛みはなく、曲げ伸ばしすると軽い痛みがありました。

こういう時、病院に直行するという選択肢もありますが、私はしばらく自分について観察&実験をします。


【頭と脊椎の協調作用】
頭の重さは約5キロ。たとえると常に5キロのお米が身体の一番上に乗っかっているのですから、相当の負担です。この頭と身体全体をどうバランスさせていくかが指に大きな影響を与えます。

頭と脊椎、どんなバランスで動けているのかな?と観察しつつ、まずはアレクサンダーテクニークを使って、頭と脊椎の協調作用を身体にお願いしていきます。

これで改善されることも多いですが、今回は指の痛みは変わりませんでした。なので、次の観察&実験に移ります


【指を動かす時に何をしているか】

指の動きを観察していると、動かし方によって痛みが強くなったり無くなったりすることに気づきました。

●痛みが強い時
FullSizeRender

●痛みがない時
FullSizeRender

痛みが強い時は、指の付け根の関節を使わずに、指全体を縮めるように動かし、痛みがない時は、指の付け根の関節も使って指が長いまま、手首も微妙に動きながら関節を曲げて動かしています。

痛みの原因の1つは、全部の指の関節を使わずに、手首を固め指を縮めるように動かしていたことだと推測しました。この動きを無意識に何度もしていたのかもしれません。

それに気づいたので、日常生活で何かを手に取る時、握る時など、アレクサンダーテクニークで身体全体の協調作用をお願いしながら、指の動かし方にも気を付けてみました。

幸いにも数日で痛みは完全になくなりました。アレクサンダーテクニークは身体を直す、痛みを取るというものではないのですが、身体の使い方を見直す事で結果的に痛みが無くなるという事はとてもよくあることです。

緊急を要する症状でなければ、このように観察して動きかたを選んでいくのも1つの方法です。

これは楽器にも当てはまります。無意識に何度もしている動きが、故障を生んでいることが結構あります。自分の動きを観察&実験することは、身に着けておきたい重要なスキルです。

無意識すぎて自分では全く気づけない動きもあります。それはアレクサンダーテクニークのレッスンで先生と一緒に探求していくことをお勧めします。

手っ取り早く結果を出したい方には向かないかもしれませんが、根本から自分を見直したい方、興味のある方はぜひレッスンに来ていただきたいなと思います。観察&実験のスキルを一緒に学んでいきましょう(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
 

  
アレクサンダーテクニークレッスン
(クラリネット以外の楽器もOK)
http://fujisaki-alexander.com


  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  




全音域の音がきれいに響いている人は何をしているのか?

126331

低音域からスロートトーン、高音域までどの音域もきれいに音が響いている人は一体何をしているのでしょうか?

どの音も安定して聴こえ、しかも生き生きした音。なぜそう聴こえるのかというと、音域によって息を変えているからです。息の太さ、息の勢い(風速)などを微妙に変えています。

それだけでなく、アンブシュアや身体の使い方、考え方など、あらゆることを微細に変えています。それは職人芸の域です(^^)

均一に聴こえるからといって、息の勢いを均一にはしていません。まっすぐ安定して聴こえるからといって、息をまっすぐ勢いを固定させる感じでは吹いていないんですね。クラリネットは音域ごとに息を微細に変化させる楽器なんです。

「いい音だな~私もあんな音出したい!」と思ったら、その音を真似する前にその人が何をやっているかを観察して考えてみましょう。必ず微細な動きがあるはずです。そして自分でもやってみる。結果である音はその後についてきますよ。

レッスンでは演奏の時の動きもみていきます。固まっている身体が緩んできたり、動きの質が変わってくると音はおのずと変わってきます。

身体の動きと音、あまり関係がないようですが、切っても切れないほどつながりがあるのです。音を根本から見直したい方、ぜひレッスンに来ていただきたいと思います。





楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  





新しい仲間?が入りました(^^)/

IMG_1197

このボール、知っていますか?筋トレに使うものですが、このボール(5キロ)と頭の重さはほぼ同じなんです。実際にこのボールを持つと、重さに驚きます。

ためしに頭の上に乗せてみました。乗せているとき、バランスが取れていると大丈夫なのですが、バランスが取れない状態だと重さが支えられなくなったり、身体が固まって動けなくなってしまいました。

演奏の時にはこの重さを頭の上に乗せながら何時間も吹いているなんて…そりゃ扱い方を知らないと上手くいかないし故障も出るよね~と思いました。

アレクサンダーテクニークでは、この頭の重さとどう付き合っていくかを色々な方法で探求していきます。色々な動き…もちろん演奏の時にどうバランスを取っていくかも練習していきます。


6月から本格的にアレクサンダーテクニークの生徒さんを募集する予定です。興味のある方はぜひブログ等をチェックしてもらえたらなと思います(^^)/



ちなみにこちらで買えます。夫は今はまっている筋トレにちょうどいいと大喜びしています(^^)/






楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  



こちらのブログも読んでみてください(^^)/

FullSizeRender

2016年初めぐらいまでは、こちらのアメブロで記事を書いていました。アメブロは突然削除されてしまうとか、アクセス数が大幅に盛られているとか色々デメリットを聞いたので、今のブログに落ち着いています。

幸いにもまだ削除されていないので、読んだことのない方はぜひ読んでみてください。

https://ameblo.jp/fujisaki-clarinet

アレクサンダーテクニークのレッスンに行き始めたころからの自分の学びレポートや、過去の発表会、勉強会の様子、上手になるヒント等沢山書いています。

今のブログも必要なところはリライトする予定ですが、その勢いでアメブロの記事も移動させて一本化…が理想です。気力体力が持つかどうかですね(^^)/



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  






どうやったら相手を褒めることができますか?

dca4b4fa910cc73f65820ed42306c138_s

褒めて伸ばそう、といわれるけれど欠点ばかり気になって褒めることができない、教えるときも自分自身に対しても、結構あると思います。

私もアレクサンダーテクニークの学校で教え方を勉強するまでは、出来ないところを見つけて潰していくことが上達させる方法だと思っていました。それは自分に対してもそうだったと思います。

でも、今では長所や出来たところを認めることが上達するパワーを生むと知ったので、出来るだけそんなレッスンをしていきたいなと思っています。

私がレッスンの時に心がけているのは、フラットな目線で全体に目を配ること。

ダメ出し目線で観察すると、出来ているところや長所が見えません。そして全体ではなく部分に注目が行くんですよね。ですがフラットな視点で観察すると、ダメ出し目線のときには見えなかった出来ていることや良いところ、努力の跡が見えてきます。

私は見えたこと、聴こえたことをただお伝えしているだけです。お世辞とか誇張なんかしなくても、自分が認識したことを伝えればいいだけなんじゃないかなと思います。

もちろんこれは練習が必要だな、というところも伝えます。その時は練習方法や身体の使い方などを伝えています。

ダメ出し目線のメガネから、フラットな目線のメガネにかけ替えるような感じです。最初は違和感満載かもしれませんが、これも練習、慣れです。私もだいぶ練習しましたし、今も練習中です(^^)

ダメ出し目線のレッスンは、生徒さんも教える方も疲れるんですよね。疲れるレッスンって何か違うんじゃないかなと私は思います。

まじめに生徒さんも自分も疲れないレッスンを追求したら、今のところこんな形になっています(^^)3月27日は、こんな感じのこともお話ししようかと思っています。

3月27日お話会、参加者募集中です。あと1名入れます。
教える立場にある方、ぜひご参加ください(^^)/





クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com    
    
    


毎月1日配信 無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

メルマガバックナンバー

https://note.mu/clarinet
  



にほんブログ村










楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場