クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

アゴ

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

演奏中の疲れやクセをリセット!音も良くなるアゴの力を抜く練習

今日はアゴの力を抜く練習です。これが練習中や曲中でできるようになると疲れにくく故障予防にもなり、しかも噛みグセもリセット、ブレスもしやすく音の響きも良くなる!いい事しかないのでぜひマスターしてもらいたいと思います。


アゴの力を抜くというのは下アゴを動かす筋肉の力を抜くことを指しています。下アゴは頭蓋骨にぶら下がるように付いていて、筋肉によって動くことができます。
IMG_1200


アゴの筋肉は楽器を安定させたり、歯を微妙に動かして音程を変えたり、リードを押さえる圧やポイントの位置を変えたりと、重要な動きを超微細にしてくれています。音を出している間中しているのですから、本当に働きものです。




まずは下準備。下アゴを動かす筋肉はどのあたりに付いているかな?主な筋肉は大体このあたりです。(もっと詳しく知りたい方は解剖学の本を参照してください)
FullSizeRender


位置がわかったら、この筋肉群がある頭&顔の側面に手を当て、噛むと動く部分を探します。噛むと動くところがアゴの筋肉です。


では始めましょう!頭と身体全体が動けて、動ける空間があることを思い出しながら…(ガムを2~3個かんで両奥歯に置いておくとわかりやすいかも。無くても大丈夫です)



1.上下奥歯を一瞬でカチッと合わせます。アゴを動かす筋肉が縮み、少し膨らみます。

2.力をフワッと抜きます。縮んでいた筋肉が元に戻って平らになり、下アゴがゆっくり下がるように動いていきます。自分の意志で動かすのではなく、勝手に起こる動きに任せます。

1.2を繰り返します。



1は音を出す瞬間&音を出している間、2は音を出していないときの動きです。(演奏時はここまで力は入りません)この練習をすると、普段いかに力が抜けていないかがわかるかもしれません。

大事なのは力が抜けるのを待つこと。筋肉は力が抜け、元の長さに戻るのに10倍の時間がかかると言われています。0.2秒で力を入れたら、抜くのは2秒かかるんです。力が抜けない場合は、時間をたっぷりとってみてください。


しばらく練習したら楽器を構えて同じ動きをやってみましょう。最初は音を出さずに息だけでやるのをおススメします。よくわからなくなったら楽器なしでの練習に戻ります。慣れてくると演奏中にできるようになります。

これは演奏の基礎の基礎となる超重要な練習です。実際の演奏では完全に抜くだけでなく、半分くらい抜く、ほとんど抜かないなど無数のバリエーションがありますが、まずこの練習から。楽器無しでもできるので、ぜひやってみてください(^^)/


このブログについて


★豊永よしこ プロフィール



空っぽの棚にポツンとあった奇跡的の消毒ジェルです。使うとご利益があるかも(笑)
IMG_1194



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








クラリネットの高音域を練習するときに気を付けたいこと

499197

高音域の練習の時に気を付けたいこと…それは

「長時間練習しないこと」

「今日中に高音を完全制覇するぞ!」と何時間も高音を出し続けるなんてことはやめましょう。色々な練習をする中で、高音を出す練習を短時間組み込むことをおススメします。

高音を出すための準備練習(沢山あります)を長めにして、高音自体を連続して出すのは5分~どんなに長くても2~30分くらいで切り上げた方が良いと思います。

30分練習してもうまく出ないときは、基礎的な奏法に問題がある場合がとても多いからです。また、高音域が出しにくいリードなどが原因のこともあります。
うまく出ないときは、ムキになって高音を練習するよりも基礎の基礎や、リードなどを見直す方が早道です。

長時間高音を練習していると、何がいいのか悪いのかわからなくなってしまったり、疲れてヘトヘトになって耳やあごや唇に負担を感じること、ありませんか?

必要なことがすべてそろえば、難しいと思っている高音域も結構あっけなく出るものです。ムキになってきたら小休止。静かな環境で耳やアゴ、身体全体を休ませたり軽く動いて休み、他の音域の練習を進めましょう。

楽器の練習は一生、身体も一生使うもの。数年で身体を破壊してしまうような取り組みをしている方も結構いると思いますが、残念ながら数年がむしゃらに練習しても完璧に吹けるようにはならないんです。かなり無理してるかも…と思い当たったらぜひ見直してみてください(^^)/




クラリネットレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






タンギングやスタッカートの時にアゴが動いてしまう原因と対策

1132358

タンギングやスタッカートの時にアゴが動いてしまい、直そうとしてもどうしても動いてしまう、なぜ動いてしまうのかわからない…と困っている方、多いのではないでしょうか?(正確にはアゴ自体動くことは少なく、多くはアゴ周りの筋肉が動いています)

アゴが動くとアンブシュアが不安定になり、リードミスや音程が悪くなる原因になるので注意されるのですが、それ以上に基礎中の基礎「息で音を出す」の邪魔をするのでNG奏法とされるのです。(逆に言うとアゴが動いていても、豊かな響きで安定感があれば問題ではありません)

私もこれまでアゴが動く方を観察していても、なぜ動くのかがはっきりわかりませんでしたが、やっと原因や改善方法がわかってきたので、今日はアゴが動いてしまう原因と対策をざっくりと書いてみたいと思います。

タンギングでアゴが動いてしまう方は、こういう特徴があります。
 

「口やアゴ周りの筋肉で音を止めようとしている」


音の響きを止めるのは主に舌。リードを舌で触れば振動は止まるのに、さらに口やアゴ周りの筋肉で振動を止めようとするとアゴが動いてしまいます。

また、音は息でリードを振動させて出すもの。必要な息が使えていないと、息ではなく口やアゴ周りの筋肉でリードを一瞬押さえてから音をだす習慣が付きます。

また、もともと息でリードを振動させる意識が薄いとアゴが動いてしまう傾向にあります。音を出す瞬間から止める瞬間まで息のことを考えつづけるのが大事です。

アゴが動いて見えるときは、身体はこんな動きをしています。

1.舌でリードの振動を止めると同時に、口やアゴ周りの筋肉でもリードを押し付け振動を止める。
(アゴでリードを押し付けると同時に息も減らしすぎてしまう)

2.音を出す瞬間、舌の動きと共に押し付けが解除されアゴが下方向に動く。
(音を出すのに必要な息が用意されていない)

悪い意味で舌と口とアゴの動きが連動していますが、これを無意識にしているので直しづらいのです。また、こうすると息が足りなくても音が出て、発音がはっきりする気がするのでやめられないのかもしれません。

初心者の時、息が足らないけど頑張って音を出した習慣が残っているのかもしれません。リードを口やアゴで押し付ける動きがごくわずかなことも多く、自覚することが難しいのも関係していると思います。

また、タンギングやスタッカートでアゴが動いているときは発音でも同じことをしているので、音の出だしでもアゴが動く傾向があります。タンギングやスタッカートでアゴが動いてしまうときは、タンギングやスタッカートからではなく、音の出だしから取り組んでみましょう。まずは

「音を出す瞬間から、口やアゴでなく息で音を出す」

タンギングより音の出だしを練習する方がシンプルだし根本的な改善につながります。息で音を出す習慣が身につけば、口やアゴを動かす必要がなくなるため、発音のときだけでなくタンギングやスタッカートの時も自然とアゴが動かなくなります。

アプローチするのは口やアゴではなく「息」です。

音を出す瞬間から止める瞬間まで、息でリードを振動させる吹き方を練習していきましょう。

嬉しいのは、息で音を出せるようになると、音自体がガラッと変わってくるのです。アゴが動かなくなるだけでなく、音量、音色、響き、発音などが別人のように変わり、楽器を吹くのが楽しくなります。

簡単に書きましたが、息で音を出す習慣が身に付き、アゴが動かなくなるまでにはいくつもの段階があり、時間がかかります。レッスンでも色んな種類の練習をして改善していきます。詳しくはレッスンで取り組んでいきましょう。

基礎の基礎から見直す必要があるので、初心者に戻ったような感覚になるかもしれません。でもそれをやるだけの価値はあると思います(^^)/




クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場