クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

アガリ症

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

アレクサンダーテクニーク教師でもある豊永よしこと一緒に練習しましょう。
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

note更新『○○が起きたらどうしよう…の不安を無くすための2つの備え』

1077963

note更新!本番対策の記事です。



これ、本当に大事!でも結構すっ飛ばしてただただアワアワしている方も多いと思います。(過去の私)コントロール不能なこともありますが、コントロール可能なこともあるんです。それもかなり強力に。よかったら読んでみてください(^^)/


受講生2名入れます。見学も歓迎!





クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


定期購読マガジンはこちら!


クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。


他人にどう思われるかが気になると、失敗率が上がる

1200216

「自分の演奏、どう思われるかな…」と気になってしまう方、沢山いると思います。私もかなり人の目が気になる人間でしたが、少しずつ変化できました。そのからくりが分かり、頭の中と行動を変えたからです。

そもそもなぜ他人の目が気になると失敗率が上がってしまうんでしょうか?それは



「他人の目を気にするのにエネルギーを取られ、必要なことをやるためのエネルギーが激減するから」




結構練習したつもりだけど「どう思われるかな」にエネルギーの大部分を持っていかれてうわの空、そうしているうちに難しいパッセージや絶対決めたい高音がやってきます。どうなるでしょう?

ギャンブルのように一か八かで吹いてしまったり、恐怖で腰が引けてしまったり、準備ができていないのに吹いてしまったり…

それで失敗すると「みんなに下手って思われる…厳しいあの人、どう思ってるかな」とさらにうわの空、失敗の連鎖がやってきてしまうかも。

心当たりないでしょうか?(私は全部あります)では代わりに何をやったらいいのでしょうか?


それは「演奏に必要なことのみを考え実行すること」です。


「音を出す前の心と身体の準備」
「身体への指示はいつどれくらいする?」
「どう音楽を運んでいきたいか」
「誰と一緒にハーモニーを作るか」
「お客様とのコンタクトは?」
「音程はどう取るか」
「空間をどこまで捉えるか」
「音を出す瞬間の息はどうするか」
「音の処理はどうするか」
「難しいパッセージの手前の準備」
「息の配分」
「リセットはここでしよう」
「身体が固まってきたらこうしよう」
「スタッカートの息はこうする」などなど…100個以上書けるかも。

演奏前、演奏中には沢山沢山やることがあります。これらを考え実行していると、人の目を気にする余地が無くなってきます。エネルギーの全てを演奏に使うので、結果成功率が上がります。万が一失敗しても、やることはすべてやったという思いと経験値は確実に残っていくでしょう。



「必要なことを必要な時にやり続ける」



以上。シンプルですね!他人軸にブレたら自分軸にすぐ戻し、必要なことをやり続ける。頭の中と行動を変えるだけです。ぜひやってみてください(^^)/




このブログについて

★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


自粛が緩んだらまたピアノもやりたくなってきました。季節に合わせて「雨だれ」(^^)
FullSizeRender


クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。










緊張しやすい人の特徴

FullSizeRender

緊張対策のグループレッスンをやったり、実際発表会で本番の機会があったので、ここのところ緊張について考えています。

緊張で起こる諸々の変化は身体が緊急事態に対して頑張っている証拠。決して悪いことではないのですが、度を超えたりコントロールできないと自分を邪魔する悪者になってしまいます。

さて、緊張しやすい人の特徴です。これはかなり当たっているのではないかと思います。緊張しやすい人は…



「他の人にとても気遣いがある」



自分本位で傍若無人、超マイペースで緊張しやすいという方にはあまり会ったことがありません。(そういう仮面をかぶった方は時々います)

思いやりがあり、他の人が気持ちよく過ごせるように気配りし、時には自分を後回しにしてしまう。そんな方がいると場が整って皆が過ごしやすくなると思います。

でも、それと同じくらい、それ以上に「自分に優しく」してみませんか?他人に優しい方はなぜか自分に厳しい方が多いように思います。

他の人にしていることや、かけている言葉を自分にも。


「私全然優しくないし、それって自分に対する甘やかしでは?」と思うかもしれませんが、そう思っている時点で自分にかなり厳しいのです(笑)

具体的な対策ではありませんが、そこが根っこのように思います。よかったら試してみてください(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





10月22日のグループレッスンではこんなことをやります!

1550311

台風で10月22日に変更しました『本番で力を発揮したい人のための実践的!グループレッスン』ですが、レッスン枠は満席となりました。聴講枠は日程変更で来られない方が出てしまったのでまだ4名入れます。

さて、今回のグループレッスンではこんなことをお伝えしていこうと思っています。

1.本番前にしておきたい色々な準備

2.本番直前、本番中に気を付けること

3.本番体験を次につなげる方法

これらをお伝えした後みんなの前で演奏して実践、そして個人レッスンでさらに実践してより使えるものに、個別アドバイスでさらにやることをクリアにしていきます。

一言でいうと盛りだくさんです!終わった後はお茶タイムもありますのでお時間のある方はそこで質問や感想をお話ししていただけると嬉しいです。

聴講は前日まで受け付けていますので、興味のある方はぜひお申込みください(^^)/
こちらからどうぞ↓
クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★豊永よしこ プロフィール


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。







本番で緊張してしまう方へ…緊張対策のおススメ本

FullSizeRender

インスタグラムでも前に写真をUPしましたが、今日は緊張対策のおススメ本をご紹介します。緊張する現場で出来ることだけでなく、その前の準備についても詳しく書いてあります。

「対症療法」ではなく「根治療法」を目指しているとのこと。精神科医の先生が書かれた本ですが、そこまで書いた本はなかなかないのではと思います。

「緊張するかどうかは前日までに9割決まる!」とありました。特に生活習慣からの改善は目からうろこです。




24日は勉強会です。生活改善の効果がどこまで出るかは「?」ですが、前の日や当日にできる準備も沢山書いてありました。それらを合わせ技で行うと結構効果があると思います。

夏にはコンクールでソロを吹く方も多いと思います。生活習慣の改善を始める丁度良いタイミングなのでは?参考になれば嬉しいです(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  



楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場