クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

アイヒラー

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

アイヒラースケールは○○してからがスタート!

FullSizeRender
(歴代のアイヒラーです。一番左は高校生の時に使っていたもの。レッスンで使うのでボロボロになったら買い替えています)

前回の○○に続きまして、今日の○○とは…


「暗譜」です。

「アイヒラーは暗譜してからがスタート!」


スケールは覚えて自分のものにすることで、はじめて曲にも応用できるようになります。

「楽譜を読みながら音符を並べて終了」では身に付くものがとっても少ないんです。一応吹いたけれど「自分のものにした」実感は薄いのではと思います。


また、楽譜を見ないで吹くことで初めて気づくことが沢山あります。

音色や音量音程、音の出だし終わり、テンポと息の関係、音高と息の関係、拍子感や調性感、リズムの正確さ、アンブシュアや指の動き、ブレスの仕方、身体の状態などなど…

気づくことが多いということは、改善点が沢山発見できているということ。気づいた改善点に取り組んでいくことで全体の質を高めることができます。

先日も生徒さんが、頑張って覚えてみましたと報告してくださいました。覚えるのは大変だったそうですが、楽譜を読んでいた時とは違う気付きがあったそうです。

いっぺんに沢山じゃなくていいんです。まずは1小節から。自分のできる範囲+α、ちょっとだけ頑張って暗譜してみましょう。

覚えるコツは色々ありますが、まずはこの2つ。

「スケールを曲のように捉えて吹くこと」
「無意識ではなく意識的に練習すること」

財産を増やすつもりでぜひやってみてください(^^)/


☆アイヒラーは日本では音大受験の課題にもなっているバイブル的存在。
[クラリネット教本] 「アイヒラー クラリネットのためのスケール」
[クラリネット教本] 「アイヒラー クラリネットのためのスケール」



☆アイヒラーはまだ手が届かない…という方はこちら。
【輸入楽譜】アルバート, J. B.: 24のスケールと練習曲 [ アルバート, J. B. ]
【輸入楽譜】アルバート, J. B.: 24のスケールと練習曲 [ アルバート, J. B. ]


☆いや、もっともっと基礎から見直したいという方はこちら。これも音階練習です。
ランスロ/クラリネットの初歩 / プリマ楽器
ランスロ/クラリネットの初歩 / プリマ楽器




無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



【管楽器共通】息のことを考えるってどれくらい考えるの?スケールの場合。

管楽器の演奏にとって息は本当に大事なので、レッスンでも何度も言いますが、ではどれくらい息のことを考えたらいいんでしょうか?時と場合と人によっても違いますが、まずはこれくらい考えてみましょう。

たとえば、このスケール。
FullSizeRender
「息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息‥‥」

音符の数だけ息のことを考えます。このスケールだと45回。
息のことは音の出だしだけという方も多いですが、全然足りません。他に考えることがあっても音を出す瞬間から音を消す瞬間まで、息のことはずう~~~~っと考え続けるんです。

特にこんなことで悩んでいるときはぜひ試してみてください。

・出だしが汚い
・出だしがはっきり出ない、遅れる
・高音が苦手
・音が不安定
・音の終わりの処理が苦手
・音に響きがない
・音量が出ない
・高音が苦手
・強弱が苦手
・棒吹き、抑揚がない
・滑らかに音がつながらない
・タンギングやスタッカートが苦手
・速いパッセージが苦手 などなど

これらは息が十分使えるようになると一気に解消されることがあります。息が原因のことが多いからです。(もちろん他にも原因はあります)

ちょっと極端かもしれませんが、最初はこれくらいで丁度いいと思います。ただただ考え続け実行するのみ!それだけでうまく行くことが沢山あります。息の方向はいつも書いている通り、身体の中を通る方向です。道具も何もいりません。ぜひやってみてほしいなと思います(^^)/




【ただ今受講者募集中です】
『単発個人レッスン』

詳細・お申込みはこちらから
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/










スケールってどう吹くの?

1248988

このブログの前はアメブロで書いていたのですが、アカウントはそのまま残しているので「過去にこんな記事書いてますよ~」というお知らせが時々来ます。今日はその過去記事をご紹介したいと思います。

スケールをやっているものの、どう吹くのかイマイチわからないという方、ぜひ読んでみてください(^^)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


(2016年1月20日)
先日のグループレッスン(基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン)の感想で
「スケール(音階)の吹き方が参考になった」と仰っていた方がいらっしゃいましたが「スケールってどう吹くんだろう?」「どう吹いたらわからない・・・」という方結構いるのではないでしょうか?


たまに、スケール本の音源があればいいのに、と聞く事もあります。でも、そんな音源が無くてもスケールのお手本はいくらでもあるんです。そもそも、スケールを練習する目的の1つは、曲を吹く技術を磨く為なのですからお手本は曲の中にありますグッド!


クラリネットの曲で言うと


・モーツァルト:クラリネット協奏曲、五重奏曲ほか、すべての作品

・ウェーバー:協奏曲第1番2番ほか、すべての作品


まだまだ沢山ありますが、これらを聴きこむだけでも十分スケールのイメージが膨らませられると思います。

アイヒラーやアルバート(アルベール)、ランスロや3Dの音階練習をやっている方も多いと思いますが、機械的に音を並べるだけの無味乾燥なスケール練習はあまり役に立ちません。


どう吹いていいか分からない時は、曲の中にお手本を探してどう吹いているか研究してみます。


自分で吹く時は練習する調の雰囲気を感じながらどんな音でどう吹きたいかを先にイメージし曲中の一節を吹くつもりで練習してみてくださいねニコニコ


元記事はこちら

https://ameblo.jp/fujisaki-clarinet/entry-12117658416.html








クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






全音域を響いた音で鳴らすには?

FullSizeRender
今年はレッスンで提案したことや、やってもらってうまくいったこと等を積極的に書いていきたいと思います。

最近音も太くなってきて、上達を感じる生徒さん。アイヒラーのスケールを吹いてもらいました。

低音域から解放の「ソ」手前あたりまではよく鳴っていましたが、そこから上の音域の響きが少し弱いように聴こえました。低音域のように全部の音が鳴るともっと良くなるなと思い、

「低音域はよく鳴っているので、それと同じくらいその上の音域も出してみましょう」

と提案してみました。吹いてもらったところ、全ての音が太く鳴る音に変化し全体の音の存在感が増しました。

今回は「鳴る音に鳴りの弱い音を合わせてもらうやり方」をやってもらいました。こうすると音量や響きが十分あるまま、全部の音が鳴らせるようになるんです。

「飛び出ている音や鳴りすぎている音を抑える」やり方もあります。一見全部キレイに揃いそうですが、どの音も小さく細く固くなり、響きが消える可能性が高いのです。もともと音がよく鳴っている方にはそうしてもらうこともありますが、少ないケースです。

うるさい、痛い、開いた音を避けるあまり、このやり方で音の響きが消えているケースを沢山見ます。合奏で浮かないようにと練習した結果そうなるのかもしれませんが、それだと合奏全体の響きも貧弱になってしまうのではないでしょうか?(かといってうるさい、痛い、開いた音を薦めているわけではありませんので念のため)

全音域を鳴らすには、他にも色々な方法があります。今回は直接的な提案でしたが「ちょっと何言ってるんだかわからない」提案(アレクサンダーテクニーク的提案)をすることもあります。生徒さんの状況によって変わってくるので、興味のある方はぜひレッスンを受けてみてください(^^)/ 


試してみた方はお気軽にコメントで教えてください♪
ちなみにアイヒラーのスケールはこちらです。
[クラリネット教本] 「アイヒラー クラリネットのためのスケール」
[クラリネット教本] 「アイヒラー クラリネットのためのスケール」


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






スケールの下行形が走って転んでしまうときの練習法

色々なスケール、前半の上行形はテンポも安定して調子がいいのに、下行形が走って転んでしまい、まるで坂道を転がり落ちるようになってしまう事、ありませんか?
FullSizeRender


教室でも色々スケールをやってもらいますが、下行形が転んでしまう方は結構いらっしゃいます。色々な対処法を教えていますが、今日はいくつかをシェアしたいと思います。


1.身体の使い方を変えてみる。
スケールの下りは、トーンホールを閉じていく動きが多くなりますが、普段から楽器を指で握るような支え方をしていると、楽器を安定させるために早くトーンホールを閉じたくなってしまうのです。その結果、指がどんどん早く動いてしまい転んでしまうことがあります。

以前も書きましたが、楽器は指で握って支えるのではなく、頭を含む上下の歯と右手親指でバランスを取ります。
FullSizeRender

このバランスで支えられると、指が離れていても閉じていてもグラグラしないので、落ち着いて指を動かすことができます。


2.拍子を意識してみる
走ったり転んでしまうときは、指に夢中で拍子の意識が飛んでしまっている場合も多いのです。そんな時は楽器を置いて「指揮をしながら歌う」。これが自信を持ってできるようになってから楽器を吹いてみましょう。

実際吹いたときにまた拍子が飛んでしまったら、もう一度歌う練習をするか、拍子を感じながら吹けるテンポまで落として練習してみましょう。


3.リズムを思い浮かべながら吹く
走ったり転んでしまうときは、たいていここが暴走しています。(拍の裏)
FullSizeRender

拍を取る感覚が平面的だったり、裏拍の意識が薄いと歯止めが効きづらくなります。これが何度も起こると、坂道を転がるような状態に。そんなときは、リズムを思い浮かべながら吹くのもお勧めです。
FullSizeRender
転んでしまう時は【A】や【I】を思い浮かべると、暴走が食い止められます。実際合奏やアンサンブルでもこのような音型と一緒に吹くことがありますよね。その練習にもなります。


4.指の動きが不安定なところをピックアップして練習

1~3までやっても転んでしまう場合は、指の動きに原因があると思います。スロートトーン周辺や、小指を使うあたり、高音は不安定になりやすいところです。自覚のあるところをゆっくりから練習してみましょう。わからなさい場合は録音してみるとよくわかると思います。


なんでもそうですが「走る」「転ぶ」にも原因があるんですよね。ただメトロノームに合わせて機械のように練習するより、原因を考えてそこから練習してみることをお勧めします(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場