クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

タグ:アイヒラー

こんにちは!豊永よしこです。
アイヒラー、おそらく日本で一番有名なスケールの本ですが・・・

[クラリネット教本] 「アイヒラー クラリネットのためのスケール」 【ネコポス不可】
[クラリネット教本] 「アイヒラー クラリネットのためのスケール」 【ネコポス不可】

これをやるの忘れてませんか?31ページの右下。(各自ご覧ください(^^)

全調制覇なんて無理!!という方も、これだけなら出来ると思います。これを真剣にやるだけでも指の動きが変わってきます。

ぜひお持ちのアイヒラーで、押し入れに眠っている方も!練習してみてください(^^)





レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






71aa5264-s
こんにちは!豊永よしこです。
このおなじみのスケール、最初から最後までキレイに吹くには、どうしたらいいでしょうか?

もちろん技術的な練習は必須です。でも技術的にはOKなのに「あれ?」とうまく行かない時もありますよね。

吹けるのにおかしいな~という時は準備が足りていないのかも。
何となく始めないで、吹く前に何をするか思い出してみましょう。
息の出しかたは?
吹く前にアンブシュアをつくる?つくらない?
最初から最後息の出し方は同じ?変える?
指の動きは?
高音の指使いは?
アンブシュアを変化させるタイミングは?など
どうするかを考えて、楽譜を見通してから吹いてみましょう。


準備は本当に大事!アレクサンダーテクニークを学ぶ中でも痛感している事です。

吹くのに慣れてくると、音を出すのも無意識になり、結果いつも同じところで引っかかったり、何度もやらないと出来なかったりと、パッとしない結果になりがちです。

無意識に何度も練習するのではなく、何をするかを思い出してから吹いてみましょう。ちょっとの準備で演奏がグレードアップする事も多いんですよ(^^)ぜひ試してみて下さい♪





 
レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





↑このページのトップヘ