こんにちは!豊永よしこです。

教室に体験レッスンに来た方に
どういう音出したいですか?と聞くと
かなりの確率でこんな答えがやってきます。

「まっすぐで揺れない音」


部活や楽団でよく言われる事ですよね。
皆さん不安定で揺れてしまうのに悩んでいるようです。

でもこれ、やり方を間違えると
方向性も響きも無い、音が硬くて周りとも合いづらい
「死んだ音」になりかねないんです。
そんな音では演奏したくないですよね。

では「まっすぐ」で「揺れない」音に聴こえるには、どう吹いたらいいのでしょうか?

それは、

「自分にしか分からない位のクレッシェンドで吹く」
です。
自分が出したい音量で
息を意識して自分にしか分からない位のクレッシェンドをジワジワとかけていきます。
息を意識してこのように吹くと、音に前に進む方向性が出ます。
息の勢いもあるので、音に張りが出て揺れにくく減衰しません。
結果生き生きとした「まっすぐ」で「揺れない」音に聴こえます。
重要ポイントは「息」。アンブシュアでもお腹でもありません。
(この辺りは長くなるので別の機会に)
息の方向はもちろんいつも書いている
身体の中を通る方向です。肺から上方向。
楽器に息を吹き込もうと思わなくてOK。

色々やっても揺れてしまう、不安定になってしまう方に
ぜひ試してもらいたいと思います(^^)



 
レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村