クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

上達を助ける考えかた

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

「高音を出すぞ」と思うと逆に力んでうまく行かない方へ

1463547

前回の記事で、高音を出すには技術だけでなく「出す」と決めることが大事と書きました。

でもこれでは逆に力んで出せなくなる方もいるかもしれません。うまく行かないな~と思ったら、自分に合わせて変えてみましょう。たとえば


「高音を決めるぞ」と意気込むと出なくなる
「高音が出たらいいな」とゆるめに

プレッシャーに負けて出ない
「自分と楽器が協力して高音を出す」
「周りの仲間や観客のパワーも借りて高音を出す」

「高音出さないと迷惑かかる」で頭がいっぱい
「自分のために高音をだす」と自分軸に変える

できることは全部しているのにどうしても不安
「もう高音が出ることは決まっている」と考えてみる


などなど…バリエーションは無限にあります。自分の性格ならどんな言葉がいいかな?色々試していくうちにきっと力になる言葉を見つけられると思います(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








夢を叶えるヒント

100917

新しい年が始まり、今年はこんなことをしたい、こんなことを叶えたいと考える時期ですよね。

でも大きな夢ほど周りの人から「そんなの無理」「どこに根拠が?」「身の程を知りなさい」などと言われてしまうかも。人の夢を潰していく人を「ドリームキラー」と言うそうです。

でも、本当の敵、本当のドリームキラーを知っていますか?それは24時間365日一緒にいる自分自身なんです。

例えばこんな夢がわいてきた時。
「今年は楽団で超絶難しいソロ吹いてみたい!」「絶対コンクールメンバーに選ばれたい!」

こんな声が自分から聞こえませんか?
「上手な○○さんがいるからムリ」「失敗したら迷惑かかるよ」「難しいからできるわけない」「今の実力じゃムリ」

ドリームキラーの声です。この言葉を聞いていればチャレンジも努力もしなくていいのである意味楽なんです。

また、こんな言葉は安全に生きるための人間の機能「ホメオスタシス」から来ているのかもしれません。でも安全だけでは成長もないし退屈なのも人間ですよね。

今の自分に不相応な夢が出てきたとしても、練習を積んだら、状況が変わったらどうなるかわかりません。夢を思い描くのは完全に自由です。頭の中でどんな夢を描いても誰の迷惑にもなりません。

ワクワクドキドキの夢が見つかったら、人に言わずにノートに書いてみましょう。もう一人の自分の声は「ハイハイ心配してくれてありがと~」とスルー。そして今できる行動を楽しくやっていきましょう。

ノートに書くだけでなく行動するのがお約束ですが、私も予想外のルートで望みが叶う体験を何度もしました。他の方もそうではないでしょうか?

皆さんの夢をかなえるお手伝いは得意です。今年も沢山の方の夢のお手伝いをしていきたいなと思っています(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








上達する方が持っている2つの特徴とは・・?

1399989

今年も沢山の方のレッスンをさせていただきました。新しい方との出会いも多く、生徒さんに恵まれ、こちらが学ばせていただいた1年だったなと思います。

そんな中、上達する方には特徴が2つあるように感じました。これは楽器に限らず、これらを心の柱にしていると生きていくのも楽になるかもしれません。私が感じた2つの特徴とは


「素直さ」

「自分軸がある」


素直さだけでなく自分軸があること、自分軸がしっかりありながら素直さも持ち合わせていること。これが最強なのではと思います。

プロの方の素直さ
楽器歴数十年の方の素直さ
シニアの方の素直さ

小中高生の自分軸
初心者の方の自分軸


一見相反するものなだけに、2つ持ち合わせてるって本当にすごいなと思います。自分はどうだろうかと振り返る日々…(笑)生徒さんを見習って私も少しずつ進化していきたいなと思います(^^)/




2月11日分、お席残り1名!




このブログについて

★豊永よしこ プロフィール

★無料メルマガ登録

https://mail.os7.biz/add/mpDt

★メルマガの過去記事が読めるようになりました

https://note.mu/fujisaki_cla

クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



最近衝撃を受けたある数字

a58dc96e5eaa0bad4f6c84a6640e29e3_s
今日はある記事に書かれていた数字に衝撃を受けたので紹介したいと思います。これは何の数字だと思いますか?



「14万8,000回」



人間が成人するまでに言われている否定的な言葉の数だそうです。

はっきりした出自がわからないので100%は信用しないまでも、結構本当なのではと思います。少なくとも同じ数の肯定的な言葉は言われてない気がします。特に音楽をやっていたらもっと回数は増えて、30万回ぐらいは他人からも自分からも浴びているのでは?

これを読んだら、これから死ぬまで肯定的な言葉を浴び続けてもトントンなんじゃないか?自分だけでも自分には肯定的な言葉を浴びせ続けよう(笑)と思ってしまいました。

よかったら読んでみてください(^^)/




クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



思い通りに演奏できない理由は3種類ある

595c23dd3609289df95c2dd32842dc74_s

「思い通り演奏したいな~思い通り演奏できたらどんなに楽しいだろう」…こんな言葉、よく聞きます。

私も年中思っていますが、最近思い通りに演奏できない理由って3種類あるんじゃないかと思うようになりました。


1つ目は技術が足りていない場合。

当たり前ですが演奏したいことに対してテクニックが足りていないと、思い通りの演奏はできません。

これは練習&経験を積むこと。これが積み重なっていくと思い通り演奏できる瞬間がどんどん増えていきます。


2つ目は、そもそもどう演奏したいかがはっきりない場合。

思い通り…と思っていても、じゃあどんな音でどんな風に演奏したいの?と聞かれると具体的なプランが無かったり、何も考えずに演奏を始め、出した音を聴きながら修正を重ねる「後出しじゃんけん奏法」になっていたり…

これだと思い通り以前の段階ですよね。充足感イマイチでも仕方ありません。

思い通り演奏したいと思ったら「じゃあどんな風に?」と自問自答を繰り返してみましょう。具体的になるまでイメージを膨らませたり考えてみましょう。

わからないときは音楽を沢山聴きましょう。楽譜を見ながら聴くのをお勧めします。色んな演奏に刺激を受けて自分のやりたい演奏をはっきりさせていくのも一つの方法です。

やりたい演奏がはっきりしてくれば練習のモチベーションも上がるし、付いたテクニックも生かせるようになります。


3つ目は、思い通りの演奏を身体が邪魔している場合。

もっと豊かな音を出したいのに力んで響きの邪魔をしていたり、滑らかにフレーズを繋げたいのに必要な動きができなかったり、集中したいのに緊張や身体の痛みに邪魔されたり…

演奏と身体の使い方は直結しています。こう演奏したいと思っても身体の使い方が邪魔して伝達がうまくいかなかったり、機能に反した使い方をしていると「思い通り」を邪魔してしまいます。

他の記事でも書いていますが、演奏中だけでなく日常から動きを見直したり、必要ない思い込みを洗い出して邪魔を少しずつ取り除いていきます。


「どんな演奏をしたいか?」

「そのためにはどんな技術を付ければいいのか?」

「どう身体を使っていけばいいのか?」


「心・技・体」全部バランスが取れて初めて思い通りの演奏に近づけるのだと思います。これも結構時間がかかります。変化していく過程も楽しんで、少しずつ「思い通りの演奏」に近づいていきましょう(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。















楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場