クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

カテゴリ:上達のヒント > 上手くなる考え方

こんにちは!豊永よしこです。
先日レッスンで生徒さんが
「本番で曲を吹いている時にブレスがうまく出来ない」
と話してくれました。

「ブレスする前、こうなっていた」
「ブレスしようとした時、こうなっていた」
「ブレスした後、こうなっていた」

生徒さんは本番で、自分がどういう状態だったかを教えてくれました。
その方はレッスンを始めて日が浅かったのですが
きっと上達が早いんじゃないかな?と思いました。
気付くことが上達の第一歩だからです。

生徒さんの気付き自体に、改善のヒントがいくつかありました。
お話を聞いた後、気付いた事が起こる理由と
それを改善するにはどうしたらいいか?
何を練習していけばいいか?をお話しました。


出来ないと、反射的に自分にダメ出しをしがちですが
出来なかった事は上達への大事なきっかけです。
「出来なかった」を「出来た」にするには
出来なかった時、何をしていたかに気付く事がとても大事なのです。
反射的なダメ出しを一時停止して
何をしていたかを思い出してみましょう。

何も気付けない、分からない、思い出せない…とガッカリしている方は
小さな気付きをスルーしていたり
自分の気付きを信用できないだけかもしれません。

気付く力は鍛えられます。
まずは基礎練で出来ない所が出てきたら
自分が何をしているかを観察してみる。
ささいな気付きでOKです。
正しいか正しくないかも考えなくてOKです。
よかったらトライしてみてください(^^)





レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村



こんにちは!豊永よしこです。
何かを習得する時

短所から克服していくのではなく
長所から伸ばしていく

という考え方があります。
長所を伸ばしていくと、短所がカバーされたり
長所を伸ばす事で短所に取り組む気持ちも起きて、
結果短所もカバーされる、という話です。

とても理想的でいいな~と思うのですが
これまでそういう教育を全く受けていなかったので
正直完全には納得できない部分もありました。

でも、ある体操選手のお話をTVで見て
やはりこういうやり方もアリなんだな~思いました。
ひねり王子・・・白井健三君です。

彼は今ひねり技では世界レベルですが
回転技を武器にするには、筋力が足りなかったそうなんです。
なので自分の筋力でできるひねり技に重点を置いて練習していった所
あのような結果を出せるようになったとの事。

そして最近は、ひねり以外の他の技や競技にも力を入れて
さらにトータルの技術でさらに高みを目指していると聞きました。


これは楽器にも共通するのではと思います。例えば…
早いパッセージは苦手だけど、ゆったりした曲は得意
⇒ゆったりした曲を練習する
⇒練習していると楽しい、周りからも褒められる
⇒気分が良くなる
⇒やる気が出る
⇒どんどん練習する
⇒早いパッセージに取り組む気持ちも湧いてくる
⇒どんどん練習する
⇒早いパッセージも少しずつ出来るようになる
⇒気分が良くなる、周りからも褒められる
・・・以下無限ループ(^^)


短所、苦手に集中して厳しくノルマを課すのは
どちらかというとこれまでのやり方。
これからは長所に注目する事がメインになるのでは?と思います。

楽しく練習して調子に乗って、気持ちを上げながら練習する。
厳しく練習してきた人には、
そんな甘い気持ちでいいの?と思うかもしれません。
でも試してみる価値はすごく感じます。
新しいやり方は勇気がいるし不安もありますが、
私もどんどん試していきたいなと思っています(^^)



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet







にほんブログ村



こんにちは!豊永よしこです。
教室にはプロの方や
プロ顔負けのアマチュアの方もレッスンにいらっしゃいます。

そんな上手な方々が、何を習いに来るのでしょうか?
すでに上手なのに、さらにレベルアップしたい、という時
何を改善したらいいのでしょうか?

もちろん個人差はありますが、多くの場合
何か新しいスキルを「プラス」するのではなく
やりすぎている事を「マイナス」するアドバイスをします。

上手な方は、理想も高く、自分にも厳しいので
「出来ている」事に満足しない傾向にあります。

その結果、出来ているのにやりすぎてしまう。
十分伝わる表現をしているのに、さらに何かしようと力んでしまう
十分音は響いてるのに、さらに響かせようと無理をしてしまう
・・・・結果、出来ている事ができなくなったり、心身に無理が来てしまうのです。

美人なのに自分の顔に満足できず、
メイクを厚塗りしてしまうような感じです。
せっかくの美貌が、やりすぎでもったいない事になってしまうのです。

良かれと思ってしている努力が
自分を潰す方向に行っていないかな?
ちょっと立ち止まって観察してみましょう。
レッスンでも「マイナス作業」のお手伝いをしています。
ぜひ一緒に探究していきましょう(^^)





★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

こんにちは!豊永よしこです。
朝にボーっとテレビを見ていたら
ある球団の強打者の方が質問に答えていました。


Q「自信を付けるにはどうしたらいいですか?」

A(選手)「僕も自信なんかないけど、準備をしっかりして、試合に臨みます。
それでうまく行ったら自信が少しずつ付いてきます(^^)」


Q「じゃあ失敗したら?」

A「準備の仕方を改めて、試合に臨みます。」

「上手くいかなかったら、気持ちを切り替えて
次に備えます」

・・・こんな事を仰っていました。
これは演奏にも繋がりますよね。とってもシンプルです。

・必要な準備をして本番をやってみる。
・うまく行ったら自信につなげる
・うまく行かなかったら準備の仕方を見直す
・失敗したらすぐ切り替えて再トライ

こんなの当たり前!と思いがちですが
多くの方はうまく行かなかった時に自己否定が入り
余計なエネルギーを使ってしまい、成果が半減しています。
自己否定する代わりに
冷静に準備の仕方を見直す、すぐ切り替えてやり続ける、
というのが大事だと思います。

スポーツ選手のお話は、演奏と共通するところが沢山あるので
いつも興味深く見ています。
どこにでも上達のヒントはありますね(^^)




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

こんにちは!豊永よしこです。
年を重ねると増えるもの・・・シミシワ?まあそれもありますが
私はうるさい外野が1人増えたのを感じました。
外野と言っても、自分の中の外野です。

10代20代の頃は、自分の中に誰よりも厳しい先生がいて
良くも悪くも大変でした。
今はその先生は居ませんが、
新しい指使いを覚えようとか、新しい吹き方を練習している時
すぐ出来ないと、外野からこんな声が聞こえてきます。

「年取ると遅いね」
「前はすぐできたんじゃないの?」
「やっぱり覚えが悪いね」


あまり年齢の事を考えない方で、
しかもそういうのが何の役にも立たないと分かっているにも関わらずです(苦笑)
我ながらちょっと驚きました。

でも、そんな声に影響されるのは本当に嫌なので
私は無視して練習を続けます。
そして、出来ない時はどう練習したらいいんだっけ?と
冷静に考え、それを冷静に実行します。

仲間や友達の言葉でやる気の腰を折られたり
気に病んだりする事、あると思いますが
それよりも容赦なく強烈で24時間一緒なのが
自分の中の外野です。

外野の言葉が自分の役に立たない時は耳栓!
そして自分のやりたい事を再確認して練習を続けましょう。
それを続けているうちに、うるさい外野も静かになっていくと思います(^^)




8月11日開催・見学もできます!
『基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン』






★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村




↑このページのトップヘ