クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

上達を助ける考えかた

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

考えて吹くとうまくいかないのはなぜ?

1058479

望み通りの演奏をするには、考えて吹くことがとっても大事です。

でも「何も考えない方がうまく吹ける。色々考えるとうまく行かない」というお話も時々聞きます。なぜ考えるとうまくいかないのでしょうか?

うまくいかないときはこれらのパターンにはまっているのかもしれません。

・必要なことより必要ないことを多く考えている

・考える量が多すぎる、少なすぎる

・考える速度が速すぎる、遅すぎる

・考えるタイミングがずれている

・否定形の言葉で考えている

・考えたことが出来たかの確認をしている

・考えて吹くこと自体に慣れていない

・考えて吹いた結果が新しすぎて受け入れられない(変な感じがするので却下してしまう)

・理想が高すぎて、ちょっとの変化をスルーしている


考える習慣がない方にとっては考えて吹くのは慣れない体験です。慣れていないからすぐうまくできないし、新しいことだから色々なことが起こります。

何にも考えないで無意識にできちゃえばいいのに…と思うかもしれませんが、それは考えて吹く練習の先にあるもの。

教室では、楽器の吹き方だけでなく「何をいつどれくらい考えるか」も練習します。ある意味脳内改革。沢山練習してるのに結果が付いてこない方には特に必要なスキルかもしれません。レッスンで身に付けてみてください(^^)/




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



「せっかく教えてもらってるのに出来なくてすみません」…と思っていませんか?

683537

せっかく意を決してレッスンを受け始めたのに、習ったことがすぐできない、忘れてしまう、できてもすぐ戻る…これが続くと先生に申し訳なく思ったり、自分を責めたりがっかりしてしまうかもしれません。

でも思い出してください。人間は忘れる生き物、一度で覚えられない生き物、繰り返し練習しないとできない生き物なんです。私自身もこの3点、完全網羅してます(笑)

生徒さんがすぐできない、忘れてしまう、元に戻ってしまうは完全に想定内。そうなった時はどうやったら身に付けてもらえるかな?と他のやり方を考えるだけです。

せっかく教えてもらってるのに申し訳ない、恥ずかしい…なんて1ミリも思わなくて大丈夫。何度もやりましょう。忘れたら思い出しましょう。思い出せなかったら繰り返し教えます。

日々の歩みは見えなくても、そうしてるうちに1年後には別人になっていると思います(^^)/



2月23日アレクサンダーテクニークグループレッスンはこちら!
興味のある方はご参加ください。AT楽しいですよ♪




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室
http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





一日どれくらい練習したらいいですか?

f677451b587a076d49e07d25aa4dadef_s

上達したい方が一番知りたいことの一つではないかなと思います。色んな方を教えてきたので大体の目安は言えますが、一番誠実な答えは「個人差が大きいです。どれくらい練習したらいいかはあなた自身が一番よく知っているのでは?」ですが、もう少しヒントを。




「練習したいことを、練習したい時に、練習したいだけ練習する」




雑誌で読んだある世界的ソリストの言葉です。理想論だといったらそれまでですが、これが真実なのではと思います。ご参考までに(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。






「高音を出すぞ」と思うと逆に力んでうまく行かない方へ

1463547

前回の記事で、高音を出すには技術だけでなく「出す」と決めることが大事と書きました。

でもこれでは逆に力んで出せなくなる方もいるかもしれません。うまく行かないな~と思ったら、自分に合わせて変えてみましょう。たとえば


「高音を決めるぞ」と意気込むと出なくなる
「高音が出たらいいな」とゆるめに

プレッシャーに負けて出ない
「自分と楽器が協力して高音を出す」
「周りの仲間や観客のパワーも借りて高音を出す」

「高音出さないと迷惑かかる」で頭がいっぱい
「自分のために高音をだす」と自分軸に変える

できることは全部しているのにどうしても不安
「もう高音が出ることは決まっている」と考えてみる


などなど…バリエーションは無限にあります。自分の性格ならどんな言葉がいいかな?色々試していくうちにきっと力になる言葉を見つけられると思います(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








夢を叶えるヒント

100917

新しい年が始まり、今年はこんなことをしたい、こんなことを叶えたいと考える時期ですよね。

でも大きな夢ほど周りの人から「そんなの無理」「どこに根拠が?」「身の程を知りなさい」などと言われてしまうかも。人の夢を潰していく人を「ドリームキラー」と言うそうです。

でも、本当の敵、本当のドリームキラーを知っていますか?それは24時間365日一緒にいる自分自身なんです。

例えばこんな夢がわいてきた時。
「今年は楽団で超絶難しいソロ吹いてみたい!」「絶対コンクールメンバーに選ばれたい!」

こんな声が自分から聞こえませんか?
「上手な○○さんがいるからムリ」「失敗したら迷惑かかるよ」「難しいからできるわけない」「今の実力じゃムリ」

ドリームキラーの声です。この言葉を聞いていればチャレンジも努力もしなくていいのである意味楽なんです。

また、こんな言葉は安全に生きるための人間の機能「ホメオスタシス」から来ているのかもしれません。でも安全だけでは成長もないし退屈なのも人間ですよね。

今の自分に不相応な夢が出てきたとしても、練習を積んだら、状況が変わったらどうなるかわかりません。夢を思い描くのは完全に自由です。頭の中でどんな夢を描いても誰の迷惑にもなりません。

ワクワクドキドキの夢が見つかったら、人に言わずにノートに書いてみましょう。もう一人の自分の声は「ハイハイ心配してくれてありがと~」とスルー。そして今できる行動を楽しくやっていきましょう。

ノートに書くだけでなく行動するのがお約束ですが、私も予想外のルートで望みが叶う体験を何度もしました。他の方もそうではないでしょうか?

皆さんの夢をかなえるお手伝いは得意です。今年も沢山の方の夢のお手伝いをしていきたいなと思っています(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場