クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

考えかた

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

アレクサンダーテクニーク教師でもある豊永よしこと一緒に練習しましょう。
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

不器用は作れる!

711014

変な題名ですが、なぜかこのワードがグルグル来たもので…こんにちは、豊永よしこ(とよながよしこ)です。


「不器用だから指が動かない」
「不器用だからなかなか上手にならなくて…」


生徒さんから時々聞く言葉です。でも、楽器がある程度操れている時点でそんなことないんじゃないかなと思ってしまいます。

不器用は生まれつきというよりは、習慣や思い込みによって作られるものじゃないかなと思っています。たとえばこんな習慣持っていませんか?


「本当は時間を取って準備していいのに、周りを気にして無意識に焦ってしまう」


たとえば楽団や部活や仲間との合わせ、レッスンで「待たせちゃいけない」「すぐ吹かないと」と焦ってしまう。ソロ演奏でも急いでお辞儀、吹き終わったら逃げるように袖に引っ込んでしまう。

そんな焦り他人主体モードでは必要な準備もできないし、習ったことも思い出せないし、緊張しやすくなるしで自分の力は思うように出せません。結果はあまり思わしくなくなってしまいます。

緊張対策の講座でも実際やってもらうのですが、ほんの数秒我に返って準備する時間を取るだけで結果がとても良くなるんです。

周りからも「落ち着いてていいね」「丁寧に取り組んでる」と好評価をされることが多いです。せめて5秒でも準備をする時間を取れると、出来がガラッと変わるはずです。


また、いつも焦りモードだと、練習もただ回数や時間をこなす薄い内容になりがちです。内容が薄いと成果も出にくく「やっぱり練習してもできない」とあきらめがちに。
回数や時間至上主義から一度離れて、考えながら練習する習慣を付けると、内容が濃くなり出来も変わってきます。



もう1つやっかいなのは思い込み。親や先生や周りから「不器用」って言われてきませんでしたか?

もし今まで、何度も何度も親や先生や周りに「不器用だね」と言われ続けていたら…本当の実力を知る前にそう思い込んでしまうかも。

でも、周りからの「不器用だね」の評価も本当か怪しいものです。だいたいその人の都合やペースに合わないだけで「不器用」などと言われてしまうものです。

そんな不確実な他人からの評価を無意識に信じ続けている方もいるのでは?何を言われてもそれを採用するのは自分です。「ホントは違う、そんな自分じゃない!」と完全否定していいんです。完全否定する自由があることを思い出してみてください。


習慣や思い込みを変えるのも結構な時間がかかります。でもちょっとずつ上書きしていけば半年後、1年後には沢山希望が見えてくるかもしれません。大人になっても手遅れではありません。作られた「不器用」を間接的に変えていくアプローチはATからもできます。変わりたい方のお手伝いができれば嬉しいです(^^)/



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com

★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


入道雲のふちに彩雲が!
IMG_1700



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。
















他人にどう思われるかが気になると、失敗率が上がる

1200216

「自分の演奏、どう思われるかな…」と気になってしまう方、沢山いると思います。私もかなり人の目が気になる人間でしたが、少しずつ変化できました。そのからくりが分かり、頭の中と行動を変えたからです。

そもそもなぜ他人の目が気になると失敗率が上がってしまうんでしょうか?それは



「他人の目を気にするのにエネルギーを取られ、必要なことをやるためのエネルギーが激減するから」




結構練習したつもりだけど「どう思われるかな」にエネルギーの大部分を持っていかれてうわの空、そうしているうちに難しいパッセージや絶対決めたい高音がやってきます。どうなるでしょう?

ギャンブルのように一か八かで吹いてしまったり、恐怖で腰が引けてしまったり、準備ができていないのに吹いてしまったり…

それで失敗すると「みんなに下手って思われる…厳しいあの人、どう思ってるかな」とさらにうわの空、失敗の連鎖がやってきてしまうかも。

心当たりないでしょうか?(私は全部あります)では代わりに何をやったらいいのでしょうか?


それは「演奏に必要なことのみを考え実行すること」です。


「音を出す前の心と身体の準備」
「身体への指示はいつどれくらいする?」
「どう音楽を運んでいきたいか」
「誰と一緒にハーモニーを作るか」
「お客様とのコンタクトは?」
「音程はどう取るか」
「空間をどこまで捉えるか」
「音を出す瞬間の息はどうするか」
「音の処理はどうするか」
「難しいパッセージの手前の準備」
「息の配分」
「リセットはここでしよう」
「身体が固まってきたらこうしよう」
「スタッカートの息はこうする」などなど…100個以上書けるかも。

演奏前、演奏中には沢山沢山やることがあります。これらを考え実行していると、人の目を気にする余地が無くなってきます。エネルギーの全てを演奏に使うので、結果成功率が上がります。万が一失敗しても、やることはすべてやったという思いと経験値は確実に残っていくでしょう。



「必要なことを必要な時にやり続ける」



以上。シンプルですね!他人軸にブレたら自分軸にすぐ戻し、必要なことをやり続ける。頭の中と行動を変えるだけです。ぜひやってみてください(^^)/




このブログについて

★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


自粛が緩んだらまたピアノもやりたくなってきました。季節に合わせて「雨だれ」(^^)
FullSizeRender


クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。










完璧にできない自分が許せない方へ

「納得した演奏ができるまで人前に出せない」「完璧にできない自分が許せない」こういう思いが消えない方へ
3244131_s
サグラダファミリア。今もなお制作中だという…(2026年に完成とも言われていますが本当かな)

このサグラダファミリア、作ってる途中なのに
・世界に公開しちゃってる
・世界中の人が見て喜んでる
・世界遺産に指定されてる

完璧至上主義からみるとありえない状態ですが、世界中から認められています。喜ばれています。
もちろん限度はありますが、完璧じゃないと世の中に出せないなら、サグラダファミリアって何?という話になります。

完璧を目指す志の高さは演奏を磨く原動力にもなります。でもそれが行きすぎて心と身体を苦しめていたら…サグラダファミリアを思い出してみましょう。外の世界は思っているより優しいかもしれません(^^)/








このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


夫の誕生日だったので混ぜるだけチーズケーキを作りました。全く完璧じゃない(^^)
FullSizeRender


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





音源と自分とのギャップに凹んでしまう方へ

957563

※オンラインレッスン無料体験にお申込みいただいた方で、ご連絡のない方が複数いらっしゃいます。お手数ですが迷惑メールボックス等をご確認の上、ご返信いただきますようお願いいたします。


今の時期練習も思い通りできず、音源を聴く時間も増えてきているかもしれません。こんなこと思っていませんか?

「音源のブレス、自分と回数が全然違う!なんで私息が持たないんだろう…」とか「めちゃ指が回ってるけど、こんなに私動かない」とか…気が付いたら自分と音源を比べて落ち込んでいるなど…

まず言いたいのは、その結果にはそれまでの過程があるということ。

音源では息が長持ちしている人も、何度もブレスを取るところから、身体の使い方を工夫して今の長さになっているかもしれないんです。(ブレスが持つ=うまいという事ではないので念のため&編集で云々…はここでは話題にしてません)

指が軽々と回っている人も、指の動かし方やブレスコントロールなどから地道に積み上げていたり、思い切った奏法改善をしてそこに至っている人もいます。(指が回っているからと言って…以下同文)

音源は自分を凹ませる材料ではなく、将来の自分を見せてくれている材料と思うと聴き方が変わってくるかも。素晴らしい演奏を聴いて「ここに至るまでにどんな練習してきたのかな?」とイメージを膨らますと、今できることがどんどん湧いてくると思います(^^)/



このブログについて


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



考えて吹くとうまくいかないのはなぜ?

1058479

望み通りの演奏をするには、考えて吹くことがとっても大事です。

でも「何も考えない方がうまく吹ける。色々考えるとうまく行かない」というお話も時々聞きます。なぜ考えるとうまくいかないのでしょうか?

うまくいかないときはこれらのパターンにはまっているのかもしれません。

・必要なことより必要ないことを多く考えている

・考える量が多すぎる、少なすぎる

・考える速度が速すぎる、遅すぎる

・考えるタイミングがずれている

・否定形の言葉で考えている

・考えたことが出来たかの確認をしている

・考えて吹くこと自体に慣れていない

・考えて吹いた結果が新しすぎて受け入れられない(変な感じがするので却下してしまう)

・理想が高すぎて、ちょっとの変化をスルーしている


考える習慣がない方にとっては考えて吹くのは慣れない体験です。慣れていないからすぐうまくできないし、新しいことだから色々なことが起こります。

何にも考えないで無意識にできちゃえばいいのに…と思うかもしれませんが、それは考えて吹く練習の先にあるもの。

教室では、楽器の吹き方だけでなく「何をいつどれくらい考えるか」も練習します。ある意味脳内改革。沢山練習してるのに結果が付いてこない方には特に必要なスキルかもしれません。レッスンで身に付けてみてください(^^)/




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場