クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

上達する考え方

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

『自分では出来ているつもりなのに、先生や先輩に注意されてしまう…どうしたらいいの?』

1100642

自分では出来ているつもりなのに、よく先生や先輩に出来てないと注意されてしまう。どうしたら出来ているのかがわかるようになるのでしょうか。今日はわかるようになる為にしていきたい事を3つ書いてみました。


1.自分の音を聴きながら楽器を吹くことに慣れる
出来ているのかわからないときは、楽器を吹くのに夢中で自分の音を聴く余裕がない時かもしれません。

吹きながら自分の音を聴くのは、慣れている人にとっても難しいもの。楽器を吹くことにまだ慣れていない初心者や初級者の方にはさらにハードルが高くなります。

耳の使いかたも日常生活とは違い、何が起こっているかをかなり繊細にち密に聴き続けます。それを吹きながらやるのですから、慣れるまでには結構な時間が必要になります。

自分の音を聴きながら楽器が吹けるようになるには、まずは楽器に慣れるために練習を続けること。そして簡単にできるところから(得意な音域のロングトーンや簡単なメロディなど)、吹きながら自分の音を聴く練習をしてみましょう。出来るだけ静かな場所で練習することをおススメします。

録音をして聴くとわかりやすいですが、録音に頼りっきりになるのはNG。録音された音は100%信頼できるほど正確ではありませんし、録音してばかりだと吹きながら聴く習慣が付きません。

録音では音色や音量、音質はわかりづらいので、音の出だしや終わりのタイミングや雑音、リズム、レガートがつながっているか、タンギング、スタッカートの音が出るタイミングや雑音などをチェックする目的で使いましょう。


2.自分の中にお手本を蓄積させる
自分の中に「音が滑らかに繋がっている状態はこう」「キレイなタンギングはこんな風」「音の粒がそろっているというのはこんな風」というお手本があると、お手本と自分の演奏が比較できるので、自分がどういう状態かがわかってきます。

周りの上手な先輩や仲間、先生の演奏を観察したり、コンサートや音源を聴いて「いいな~こういう風に吹きたい」と思うお手本を自分の中に蓄積してみましょう。同じ楽器だけでなく、違う楽器、歌もお手本になります。自分のやっている楽器以外の演奏も聴いてみましょう。

それらのお手本と、自分のやりたい表現を融合させ、理想の演奏を少しずつ自分の中に創り上げていきましょう。


3.自分より経験がある人の指導を受ける
自分より経験がある、信頼できる先生や先輩に指導をお願いするのもお勧めです。指摘されたけれどよくわからないときは、その時の自分の状態を詳しく教えてもらいましょう。指導してくれる方の指摘と自分の感覚や聴いた演奏との照らし合わせを続けていくと、だんだん自分の演奏を客観的に聴けるようになってくると思います。

また、指導できるくらい経験のある方は、自分の範疇を超えた視点で演奏を聴いているものです。そこからの指摘は、自分の理解を超えていることも多く、ピンとこなかったり、いまいち納得できないこともあるかもしれません。でもその指摘を受けて実践しているうちに、言われていることが少しずつ分かってきて、自分の枠を超えた演奏ができるようになるのではと思います。

何も考えずに鵜呑みもどうかと思いますが、素直に受け入れ実践してみることも上達していくには必要なことだと思います。

これらはインスタントに身につくことではありませんが、時間をかけるだけの価値はあると思います。ぜひ地道に取り組んでみてください(^^)



♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






ルーティンやジンクスに対する私の考え

433281

練習や本番前のルーティンを決めている方、ジンクスを守っている方、いらっしゃるでしょうか?私は昔は色々とやっていましたが、ある時ルーティンやジンクスって窮屈だな~と思うようになりました。

今は決まったルーティンやジンクスにこだわることはなくなりましたが、この2つの条件をクリアするものは取り入れています。



1.自分の力を発揮する助けになるもの
「家を出るときは必ず右足から」「音出しの音は必ず開放のソから」「本番前には必ず○○を食べる」などは私にとって特に役立たないのですることはありません。

でも自分にとって本当に必要なもの…睡眠や食べ物、服装、練習、アレクサンダーテクニークを使って動くなど、自分の力を発揮する助けになると感じるものはかなり積極的に取り入れています。

何となくやっていて、しかもそれに縛られてしまうようなことを見直して、自分の助けになる行動を取り入れると力を発揮できるだけでなく、自信にもつながっていくのではと思います。


2.不安から発したものではない、やって楽しく気分がいいもの
「不安だからロングトーンを一通りする」「お守りを持っていないと不安だから持つ」など、不安から発生する行動はしないようにしています。

生活しているとアクシデントが起こることもしばしば。渋滞や電車の遅れで大遅刻、ロングトーンの時間が取れずに本番を迎えることや、絶対カバンに入れたはずのお守りが見当たらないこともあり得ます。

そんな時にジンクスやルーティンにこだわりすぎていると、抑え込まれていた不安や恐怖のフタが開いて本来の自分を見失ってしまうかもしれません。

「ロングトーンはしたいけど、しなくても大丈夫」

「お守りがあったら安心するけどなくても大丈夫」

これくらい緩い感じで取り入れてみたらどうかなと思います。



私がおススメしたいのは「これをすると楽しい」「これをすると気分がいい」行動をすることです。

本番前に共演者と握手をしたり、楽しい話をしたり、気分が上がる食べ物を食べたり、会場の周りを散歩して新鮮な空気を吸うなど、その時の自分が楽しさや気持ちよさを感じられることをしてみましょう。

自分の体調、周りの人の機嫌、天気‥なんでも毎日同じものはありませんよね。決まったルーティンやジンクスで安定を狙うのも1つの方法ですが、イマイチ効果を感じられない場合は、その時に必要なものやピンときたものを取り入れてみると良いと思います。

その時に必要なことをすることでその時の流れに乗ることができ、結果その時のベストが生まれていくのではないかなと思っています。

洗練されたルーティンはパフォーマンスを上げる効果がありますが、これも自分の心の声を無視してやっていると効果薄です。

ルーティンをしない方がいいタイプなのに、しなきゃダメだと思ってしていたり、前より進化しているのに昔のルーティンやジンクスにこだわっていると、だんだん窮屈になっていくのではと思います。(五郎丸さんもあのルーティンポーズはもうしていないとか(^^)

当たり前のようにしているルーティンやジンクス、改めてチェックすると色々な発見があると思います。時間のある時にぜひ見直してみてください(^^)/



♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






みんなに好かれる演奏をしたい!と思っている方へ

191916

みんなに好かれる演奏をしたい!先生や先輩、友達に好かれたい、褒めてもらいたい、観客にいいと思ってもらいたい…この思いは多かれ少なかれ皆さん持っているのではないでしょうか。

好かれようと思うがあまり緊張してしまったり、何を吹いたかわからなくなってしまったり…という事もあるかもしれません。私も先生や先輩によく思われようと演奏していたときは、緊張して撃沈したことも沢山…


先日こんな話を聞きました。

「人に好かれる原因と、嫌われる原因は同じ」

あの人の音は明るいから好き
あの人の音は明るすぎて嫌い

この演奏は思いがこもっていて好き
この演奏は思いがこもりすぎてて嫌い

同じことについて言っていますが、評価が真逆です。

ほかにも色々思い浮かべてみてください。全てこんな調子ですよね。どんなに人気で良いとされといるものにも必ず反対意見があります。世界的なソリストの動画でさえ「No」が付いています。

他人に好かれたい、評価を得たいと思っても人の好みや見方はそれぞれ、どんなに頑張ってもみんなに好かれるというのはムリなんです。


だったら他人によく思われようとするエネルギーを、自分が大好きと思う演奏をするために注いでみませんか?

人前で演奏するとき「皆に気に入ってもらえるように…」と思って演奏するのをやめて

「私と私が大好きとおもう音楽を一緒に楽しみませんか?気に入らなかったら寝ててOKです(^^)」

こう思って演奏します。これを真剣にやると変わってきます。こうすることで外の評価を気にして分散されていたエネルギーが自分に戻ってきます。

他人の評価を気にして起こる緊張もおさまってきて、集中した演奏ができ、結果共感する人が増えるのではないかなと思います。


「来てくれたお客様に喜んでもらおう!」「先生や先輩の指摘を取り入れよう!」はレベルを上げるためには必要で素敵な考えです。

でもそれが知らないうちに「好かれたいから」がスタートになっていませんか?自分の好みをないがしろにして他人に好かれようと頑張っていませんか?そんな方が多い気がしたので書いてみました。

私も長い間人の目地獄にはまっていましたが(笑)今はだいぶやめられたのでかなり快適です。演奏するのが大好きで楽しかったはずなのに最近苦しい…と思ったらちょっと振り返ってみてください(^^)/





楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  






出来ないとイライラしたりテンションが下がってしまう時、試したいこと

146970



アレクサンダーテクニークでは、色々な方法で頭と脊椎のバランスを生き生きとした状態に導いていきます。その中にこんな方法もあります。

「楽しいことを思い浮かべる」

これまで体験した楽しかった出来事、好きな食べ物やペットのこと、楽しみにしてる予定など…楽しい
気持ちになることで、身体が緩んで身体のバランスや使い方が変わってくるのです。

これで思い出すのは、間違えるたびに爆笑していた生徒さん。間違えたりリードミスが出たり、失敗してしまうと

「あ!間違えちゃった(ゲラゲラ)変な音出ちゃった(ゲラゲラ)」

笑いながら何度も練習しているうちに少しずつ変化して、最後は「あれ?出来ちゃった(ゲラゲラ)」という感じでした。

今思うと、笑うことで身体が緩んだ状態で練習を進められたので、上手く練習がすすんでいっていたのではないかと思います。

出来ないとイライラしてムキになったり、どんどんテンションが下がったり、口がへの字になって自分を責めて自己嫌悪…これではどんどん身体が固まって動きが悪くなってしまいます。練習も楽しくなくなって、やる気もしぼんでしまいがち。

どうも自分はそんな傾向があるな~と思ったら

「失敗したら笑ってみる」

皆がいるところでいきなり笑いだすと怪しまれるかもしれないので、最初は一人の時に(笑)苦笑からでもいいと思います。ぜひ試してみてください(^^)/




クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com    
    
    


毎月1日配信 無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

メルマガバックナンバー

https://note.mu/clarinet
  



にほんブログ村








経験豊富な方がさらに上手くなる為には?

教室にはプロの方やプロ顔負けのアマチュアの方もレッスンにいらっしゃいます。そんな上手な方々が、何を習いに来るのでしょうか?すでに上手なのに、さらにレベルアップしたい、という時何を改善したらいいのでしょうか?

個人差はありますが、多くの場合、何か新しいスキルを「プラス」するのではなく、やりすぎている事を「マイナス」するアドバイスをします。

上手な方は、理想も高く、自分にも厳しいので「出来ている」事に満足しない傾向にあります。その結果、出来ているのにやりすぎてしまう。十分伝わる表現をしているのに、さらに何かしようと力んでしまう十分音は響いてるのに、さらに響かせようと無理をしてしまう・・・・結果、出来ている事ができなくなったり、心身に無理が来てしまうのです。

美人なのに自分の顔に満足できず、メイクを厚塗りしてしまうような感じです。せっかくの美貌が、やりすぎでもったいない事になってしまうのです。

良かれと思ってしている努力が自分を潰す方向に行っていないかな?ちょっと立ち止まって観察してみましょう。レッスンでも「マイナス作業」のお手伝いをしています。ぜひ一緒に探究していきましょう(^^)





★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村
楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場