クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

身体の使い方

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

いつでもできる噛みすぎ対策

091388

こんにちは!豊永よしこです。
楽器を吹いていると噛みすぎて口が痛くなったり、音が固くなり悩んでいる方も多いと思います。(あ、適度には必要ですよ)今日はいつでもできる噛みすぎ対策について書いてみたいと思います。

やり方はとっても簡単。

日常生活で、歯を食いしばってると感じたら上下の奥歯を離します。

食いしばっている感がなくても、上下の奥歯が触れているだけで噛みしめているそうなので、奥歯が触れていたら奥歯を離します。


意識的に奥歯を離すというよりは、ふわっとアゴの力を抜くイメージ。これを気が付いた時に一日何回もやります。

特に今年は寒いので、歯を食いしばりがちです。私も気づいたら噛みしめていることがあるのでやっています。

噛みすぎている方にお話をきくと、普段も歯を食いしばっていたり、歯ぎしりのクセがあることが多いです。

演奏の時、アゴはとても繊細な動きをしています。繊細な動きをするためにはアゴの筋肉が柔軟であることが必要です。

レッスンでお伝えしている、吹く前や休符で「アゴの力を抜く」練習にもなりますので、ぜひ試してみてください(^^)/







いつまでも指の力みが取れないとお悩みの方へ

こんにちは!豊永よしこです。

指の力みの原因は沢山あり、だからこそ改善しづらいのですが、ちょっと意識を変えることが力み軽減の助けになります。

もしこんな風に人差し指と親指で楽器を握るようにしていたら…
image



人差し指と親指はトーンホールを塞ぐだけ!右手親指と頭(上下の歯)で楽器をバランスさせ、小指の方にも重心を分散させてみましょう。
image


以前、小指側に重心を移しましょうという記事を書きましたが、人差し指と親指で楽器を握っていると、小指側に重心を分散させづらいんです。小指側に重心を分散したいのに、人差し指と親指で邪魔をしている=ブレーキとアクセルを同時に踏んでいる状態になります。

小指側に重心を移すと、小指と薬指が長くなり動きやすくなるだけでなく、楽器の重さも軽く感じるようになり、腕の疲れが軽減されますよ。

クセになっている方はすぐ戻ってしまうと思いますが、新しい構え方が定着するまで根気強く練習!もちろんこれだけが原因ではありませんが、ピンときたらぜひ試してみてください(^^)/




レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





身体が固まるのはダメな事!固まりたくない!と思っている方へ


こんにちは!豊永よしこです。
演奏の時に身体が固まると、指が動かなくなったり、息が吸えなくなったり、ミスしたりと、色々なトラブルが起こりやすくなります。できれば固まらずに自由に演奏したいものですよね。

そもそも「身体が固まる」って、なんで起きるのでしょうか?
主に考えられるのはこの3つです。

・筋肉の頑張りすぎ、頑張り方のズレ    

・気持ちの頑張りすぎ、
頑張り方のズレ    

・恐怖、不安から身を守るため


これらを見て気づく事があります。
固まるって実は
演奏レベルを上げようと頑張ったり
恐怖、不安から身を守ろうとして起きる事
なんです。       

固まるのはイヤですが、必死に頑張った証でもあるんですね。固まってしまったら、まずはその頑張りをねぎらってみませんか?                              

「固まる⇒ダメ!」から「固まる⇒よく頑張ってる!」に、とらえ方を変えてみます。

その上で、じゃあどうやったら心や身体がうまく使えるようになるかな?とアレクサンダーテクニーク等で探究を始めてみましょう。
       
とらえ方を変えるだけでも心身の様子が変わり、結果が変わってきます。些細な事ですが変わるんです♪興味があったらぜひ「とらえ方の変換」やってみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村         
        
        
        
        
       

苦手なところで決まって起こる、身体のある動き


128280
こんにちは!豊永よしこです。
先日暗譜で曲を練習していて、苦手なところである身体の動きをしている事に気付きました。

それは「目線が下に向かい、目が伏し目がちになる」です。
伏し目がちが起こるのは「ちゃんと出来るかな?」の心の反映
また、目線が下がったり、伏し目がちになると
身体が縮んだり固まったりしやすくなります。(私の場合)

「これだけ毎日気を付けてるのに、習慣って根強いな~(^_^;)」と思いつつ
苦手箇所に差し掛かっても、目線はそのまま、目を開け続けて吹いてみました。


・・・できました(笑)あっけなく。


この「苦手箇所でも目を開け続ける」は何人もの生徒さんにやってもらった時も
効果があったのですが、今回改めて効果を感じる事ができました(^^)

目には身体の状態や何を考えているかが
はっきり出るので、どう使っているかを観察すると面白いですよ♪
興味のある方は色々研究してみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





演奏に大きな影響を与える3点バランス

こんにちは!豊永よしこです。
今日は演奏全体に大きな影響を与える、構えの時の力のバランスについてです。

楽器を構える時、この力のバランスがとっても大事なのです。
まずはこの2点のバランス
image
アンブシュア(頭、口、アゴ、歯)と、右手親指です。
この2点でバランスが取れていると発音しやすく、音も安定して指も回りやすくなります。

そして、忘れてはならないのは、ここ!
image
左手親指です。
ここも演奏を左右する重要ポイントです。2点で良いバランスが取れていても、人差し指でスロートトーンのキーをぎゅっと押さえていたり、左手親指で楽器を前に押し出すようにキーやトーンホールを押さえつけていると、簡単にバランスが崩れてしまいます。

その結果リードミスが出たり、高音が出なくなったり、発音自体が難しくなってしまいます。

もちろん、指の動きにも大きな影響を与えます。※右手親指だけでなく、指全体が力んでいても同じ事が起こります。


この3点バランスを良好にするには常に、3点バランスを意識して演奏したり、指全体の力の入れ方を改善する事も有効ですが、身体全体の使い方が関わってくるので、部分的な改善では限界があります。

根本的な改善には、姿勢、構え方、身体の使い方を見直すのがおススメです。根本を見直していくと、3点の力のバランスだけでなく全体が改善されるので、思いがけず出来なかった事が出来てしまうことも多々あります。

不具合を小技で乗り切るのも1つのやり方ですが、根本から改善していくと、予想外の飛躍が出来るもの。

レッスンでは、じっくり3点バランスを根本的に改善指導しています。興味のある方はぜひいらっしゃってください(^^)



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村









楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場