クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

クラリネット・上手くなる練習法

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

「ゆ〜っくりで練習」ってどれくらいのテンポでやればいいの?

FullSizeRender

いくつかの記事で「ゆ~っくり練習」をおススメしましたが、いったいどれくらいのテンポでやればいいのでしょうか?私の考えるざっくりとした目安は

・身体と脳が同調出来るテンポ(身体が先走らず、脳の指令に付いていけるテンポ)

・気付かなかった指の動きや力加減、音の変化に気付けるテンポ(これまで練習したことのないテンポ)

・指の動きだけでなく、息やアンブシュアなど、変化させる要素も観察できるテンポ

・座り方や息の使いかたなどを気を付けられるテンポ

・身体が固まらないテンポ(あまりにゆっくりだと固まることも)


これを全部クリアするにはどれくらいがいいか、調べてみました。

たとえば上のフレーズを練習するとき、私の場合はメトロノームで「16分音符=35~40」でした。これくらいだとかなりシビアに観察でき、かつ動きのある状態で吹くことが出来ました。

何をどう練習するかや個人差はあると思いますが、あまり練習したことのないゆっくりとしたテンポからやりやすいテンポを探していくと良いのではと思います。

生徒さんにこのゆ~っくり練習をレッスンでやってもらうと、かなり多くの方が愕然とされます…出来てないところがはっきりとあぶりだされてしまうからです。

でもできないのはさして問題ではありません。気づくこと、そして練習して理想に近づけていくことが大事なんです。

ここからインテンポまで持っていくにはまた色々な方法があるのですが、それは別の機会に。

「こんなゆっくり、何の役に立つの?」「これが出来てもインテンポでできなきゃ意味ない」と思ってしまうかもしれませんが、インテンポまで持っていくための重要な基礎の基礎なんです。ぜひこのゆ~っくり練習、楽しんでトライしてみてください(^^)/





♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






自分だけのノウハウが身につく、難しいパッセージの練習方法



練習してもイマイチうまくできない難しいパッセージ、どう練習していますか?長いフレーズのままメトロノームを1目盛りずつ上げて練習する方も多いと思いますが、うまくいかないときは練習方法を変えてみましょう。

ここで思い出したいのは、どんなに難しいパッセージでも、2つの音の連続であるということ。まずは2つの音をどうやって吹けばキレイにできるのかを考えながら丁寧に練習することが大事です。

たとえばこのパッセージ。
FullSizeRender
リードミスが出たり、音と音の間に別の音が入ったり、音がブツブツ切れたり、指がスラスラ動きづらい、音量や音質もバラバラになりがちなパッセージです。(ローズ:32のエチュードの1)

まずは2つの音で指の操作や息やアンブシュアのコントロールがどうなっているのか、どうすればうまく繋がるのかを考えます。
FullSizeRender
この赤丸でくくった2つの音のつながりでは、主にこの3つを考えます。

【指の操作】
「ラ♭」のキーを離した瞬間に「シ」のトーンホールが全部塞がれていることが必要です。ゆ~っくり吹いて、自分がどんな動きをしているのか観察。空間に響く音や指の感覚だけでなく、鏡で確認して自分の動きを客観的にみてみましょう。

【息のコントロール】
「ラ♭」と「シ」は、息の量やスピードが少し変わります。音量や音質にギャップがある場合は、息を微妙に増やしたり減らしたり、息の方向を考えたり、色々試してベストなコントロール方法を探します。また、跳躍するタイミングで息が減ったり喉で調整しがちなので、息がスムーズに出せているかどうかも観察しましょう。

【アンブシュアのコントロール】
息が変わるのでアンブシュアも微妙に変わります。また「ラ♭」でキーを強く押さえていたり、「シ」でホールを勢いよく塞いていると、アンブシュアにも影響が出ます。指の操作ももう一度観察してみましょう。


練習の時はメトロノームはかけず、十分に観察できるテンポでとにかくゆっくり、退屈なくらいゆっくりです。そして出来てきたらその隣の音を足して3つ、さらに足して4つ…とだんだん広げていって1つのパッセージを完成させていきます。

メトロノームはパッセージが長くなってきて、もっとテンポを速くしたい時に使います。メトロノームを使う目的は、リズムが正確に吹けているかどうかを確認するためです。録音して確認するのもよいでしょう。

ちなみに私はテンポを速くしたいときは、吹きたいテンポをメトロノームで確認してから、音を消して自分の中でカウントしながら練習しています。

また、テンポを速くするときは「頭の回転」「息」「指、アンブシュアなどの身体の動き」をテンポに合わせることが必要です。指だけ動きを速くしてもすぐ限界がやってきてしまいます。

難しいパッセージも機械的に練習するのではなく「うまくいかないときは何が起こってるのかな?どうしたらできるようになるかな?」と考えながら練習します。

すると「こういう時はこうするんだ」という自分だけのノウハウが蓄積されるので、次に似たようなパッセージが出てきたときに早く楽にできるようになります。

ノウハウが蓄積されるまでには時間がかかりますが、かかった時間以上の価値があるので、コツコツと貯めていってほしいなと思います。よかったら試してみてください(^^)/


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/




高音をキレイに吹く為に必要な3つの段階




FullSizeRender


スケールなどの高音について、レッスンで時々お話していることですが、こちらでもシェアしたいと思います。高音を吹くときにこんなお悩みがある方、いらっしゃいませんか?

・音が汚い、うるさい
・出したい音が出ない(当たらない、リードミスなど)
・音程が悪い
・出しづらい
・口やアゴが痛くなる

高音をキレイに出すには段階があるのです。その段階をすっ飛ばしてしまうと、上のようなお悩みが絶えなくなります。

その段階をざっくりいうと…

1.手探りでとにかく音を出す時期
2.息でリードを振動させ音を出すコツをつかむ時期
3.キレイな音を目指す時期

高音でお悩みの多くの方は2をすっ飛ばして1⇒3にいっていることが多いです。なんとか音が出せたその先の練習方法がわからなかったり、2を練習する暇もなく周りからキレイな高音を要求されるからではないかと思います。

でも息でリードを振動させ音を出すコツがわかっていないと、とりあえず口やアゴを力ませて音を出す方向に走ってしまいます。その結果音が出しづらく、音質も音程も悪く、音が当たるかもわからない…色んな場面で困ることになり、高音が嫌い、高音恐怖症に陥ってしまいます。

逆に2の時期でコツをつかんでいると、高音が当たりやすくなり響いた音を出すことができるので、怖さがかなり軽減されます。また、音量を抑えた時も音が痩せたり音程が悪くなることが少なくなります。

2の息でリードを振動させる練習では、その過程で音がうるさく感じたり、他の音域とのアンバランスさが目立ってくることもあります。また、大きな音を出す恐怖感や嫌悪感も出てくるかもしれません。

しかしこの過程ではある程度仕方ないのです。でもしばらく練習していくと、息で高音を出すコツがつかめるようになるので、3のキレイな音を目指す段階に行けるのです。

高音だけに限らず、みんなが悩んでいるような難しいことに取り組むときは、段階を踏み時間をかけて練習することがとっても大事です。今のスピード時代にそぐわないのですが、人間は機械ではないので仕方ありません。楽しみながら、時には休みながらじっくり取り組んでいきましょう(^^)




お席残り4名!金管木管全員大歓迎です(^^)
【管楽器の方募集!9/29・知るだけで演奏が楽しくなる!変わる!心と身体の使いかた講座】

929ワークショップチラシ


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/







効率的に時間を使って練習したい方へ



kangaeruhito

時間を取って練習しているのに進歩がない、練習のたびにふり出しに戻ってしまう、やりたいことが多すぎていつも時間切れ…という方はもしかしたら練習時間を効率よく使えていないのかもしれません。

練習時間を効率的に使うには、いくつかコツがあります。

・吹きながら譜読みしない、楽器を吹かない時に仕込みをしっかりする

(楽器を吹かないで譜読み、音源で流れをつかむ、エアー指練、エアータンギング練など)

・リズム、指の動き、アーティキュレーション、強弱、タンギングなどを分解して練習する
  (一気に仕上げようとしない)

・できないところの共通点を見つけ、根本から改善する練習を長期的にする
(基礎練強化)

・休けいを適度に入れる

・身体の使いかたを学んで実践する


特に社会人の方は時間が限られているので、どう練習するかがとても大事になってきます。

内容の濃い練習ができれば充実感や進歩も感じられますが、練習方法がズレていると、進歩が感じられないだけでなく、長時間練習で身体が痛くなったりと故障を呼ぶことにもなってしまいます。

レッスンの時間が「練習の仕方」の練習や、練習方法のお話で終わってしまうこともありますが、それだけ大事なことだからなんですね。

こちらのカテゴリーに色々な練習方法やコツを書いています。70記事以上あります(^^)

上手くなる練習法

ただ闇雲に練習するのとやり方を工夫して練習するのでは、結果に雲泥の差が出てきます。ぜひ試してみてください(^^)/





♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/





アクセントがうまく付けられないときの練習法


FullSizeRender



アクセントを付けてるつもりなのに付けてるように聴こえない、雑音が入る、リードミスが出る、音程が悪くなる…意外と難しいのがアクセントです。

一言でアクセントといっても、一概にこういうものとは言えませんが、ここでは「他の音より強調する音」という意味で書いていきたいと思います。


アクセントも順を追って練習していきます。

1.どんなアクセントを付けたいかを決める
2.アクセントに必要な基礎テクニックを分解して練習

3.すべての基礎テクニックを組み合わせて練習

1~3の順で練習したり、必要なら1~3を行き来します。

1.どんなアクセントを付けたいかを決める
一番重要ですが忘れがちなところです。
「この場面ではどういうアクセントを付けたいか?」
「どんなアクセントがふさわしいか?」
「どんなアクセントを求められているのか?」考えてみましょう。

2.アクセントに必要な基礎テクニックを分解して練習
アクセントは、主に3つの基礎的なテクニックが組み合わさっています。
「息の使いかた」
「指の動かしかた」
「舌、アンブシュアの力の入れかた」
これを1つずつ分解して練習します。

《息の使いかたの練習》
アクセントは、アクセントのタイミングに必要な息が出ていないと付きません。まずはマウスピースをゆるくくわえ、音を出さずに出したいアクセントに必要な息を出してみましょう(タンギングはしません。フッ、フッという風の音を出します)

アクセントを付けたいタイミング、出したい音量を考えて息を出します。この時には息の方向を考え、胴体の筋肉を使って息を出すようにします。

うまく息が出せるようになったら、同じ要領で音を出してみます。(タンギングはしません)音を出すことによって息の勢いやタイミングが丁度いいかがわかります。

息だけでアクセントが付かないときは、瞬間風速や息を出すタイミングが遅い場合が多いです。自分の出したいアクセントに合った息を研究してみましょう。

《指の動かしかたの練習》
アクセントでは指も力んでバタバタしがち。指でアクセントを付けるような動きをしてしまう人も多いのでは?指が力みは全身の力みにもつながるので、指ははっきり動かす程度、動かすのに必要なエネルギーだけを使うようにしましょう。

まずはアクセントを付けずにスラーで吹き、指の動きを観察します。

必要な動きは「トーンホールから指を離す、トーンホールを指で塞ぐ」だけです。そのあとアクセントの時の息を「フッ、フッ」と出しながら動きを観察します。息に影響されず必要な動きだけができたらOK。

《舌、アンブシュア(タンギング)の練習》
アクセントのとき、一番力むのは舌とアンブシュアです。まずはアクセントを付けずにスラーで吹き、次にスラーの息で軽くタンギングします。次にアクセントの息にして軽くタンギングします。

タンギングをした時に「ぺッ」「ザッ」という雑音がでたり、音程が極端に悪くなったり、リードミスが出たり、音が痩せているときは舌やアンブシュアが必要以上に力んでいる可能性があります。

息に見合ったアンブシュアの力や、舌の力や動きを研究してみましょう。雑音はリードや楽器などが原因のこともあるので、練習しても全く改善されないときは他の原因を探してみましょう。


3.すべての要素を組み合わせて練習する。
最後にこの3つを統合して練習します。3つが難しい時は2つ、または1つにフォーカスするのに戻ってみたり、行ったり来たりして練習してみてください。



共通して気を付けたいのはこの2つ。

・常に「息」のことを考える。(アクセントも息主導)
・脳と身体がシンクロして動ける速さで練習する

超低速での練習もお勧めします。超低速で吹くことによって、なぜできないのかがはっきりしたり、ごまかしていたことが見えてきます。

アクセントは基礎テクニックの集合体です。アクセントを練習することは基礎力を付ける練習にもなりますね。気長に練習してみてください(^^)/


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/














楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場