クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

上達する練習法

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

アイヒラーは○○してからがスタート!

FullSizeRender
(歴代のアイヒラーです。一番左は高校生の時に使っていたもの。レッスンで使うのでボロボロになったら買い替えています)

前回の○○に続きまして、今日の○○とは…


「暗譜」です。

「アイヒラーは暗譜してからがスタート!」


スケールは覚えて自分のものにすることで、はじめて曲にも応用できるようになります。

「楽譜を読みながら音符を並べて終了」では身に付くものがとっても少ないんです。一応吹いたけれど「自分のものにした」実感は薄いのではと思います。


また、楽譜を見ないで吹くことで初めて気づくことが沢山あります。

音色や音量音程、音の出だし終わり、テンポと息の関係、音高と息の関係、拍子感や調性感、リズムの正確さ、アンブシュアや指の動き、ブレスの仕方、身体の状態などなど…

気づくことが多いということは、改善点が沢山発見できているということ。気づいた改善点に取り組んでいくことで全体の質を高めることができます。

先日も生徒さんが、頑張って覚えてみましたと報告してくださいました。覚えるのは大変だったそうですが、楽譜を読んでいた時とは違う気付きがあったそうです。

いっぺんに沢山じゃなくていいんです。まずは1小節から。自分のできる範囲+α、ちょっとだけ頑張って暗譜してみましょう。

覚えるコツは色々ありますが、まずはこの2つ。

「スケールを曲のように捉えて吹くこと」
「無意識ではなく意識的に練習すること」

財産を増やすつもりでぜひやってみてください(^^)/


☆アイヒラーは日本では音大受験の課題にもなっているバイブル的存在。
[クラリネット教本] 「アイヒラー クラリネットのためのスケール」
[クラリネット教本] 「アイヒラー クラリネットのためのスケール」



☆アイヒラーはまだ手が届かない…という方はこちら。
【輸入楽譜】アルバート, J. B.: 24のスケールと練習曲 [ アルバート, J. B. ]
【輸入楽譜】アルバート, J. B.: 24のスケールと練習曲 [ アルバート, J. B. ]


☆いや、もっともっと基礎から見直したいという方はこちら。これも音階練習です。
ランスロ/クラリネットの初歩 / プリマ楽器
ランスロ/クラリネットの初歩 / プリマ楽器




無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



【全楽器共通】ややこしいパッセージが続く長いフレーズ、途中で止まってしまうときの練習法

今日は生徒さんとのレッスンで、うまくいった練習方法をシェアしたいと思います。

ややこしいパッセージが続く長いフレーズ。規則性もあるようでないフレーズだったのでちょっと大変そうでした。最初は良いのですが、だんだん混乱して止まったり何度も吹きなおしてしまいます。

こういう時は楽譜を歌う作業に戻ったり、ドレミを歌いながら指を動かしたり、長いフレーズを短く分けて練習してもらうことが多いのですが、だいぶ完成に近づいていたので別の方法を試してみました。


「1拍目の最初の音は、何があっても必ず吹いてみよう」

FullSizeRender
(譜例 クローゼ:クラリネット教則本より)

他は間違えてもいいけれど、決めた音だけは必ず吹くようにしてもらいました。すると1拍目が吹けたことで次の音もつなげて吹ける回数が増えてきました。目指す音が出来たので吹きやすくなり、1拍目を意識するので拍子感も出てきました。


レッスンではこの練習だけでうまく行きましたが、バリエーションとして、必ず吹く音を他の音に移してみるのも効果的だと思います。

FullSizeRender

これは規則的な流れの中で変化する音を必ず吹くような形です。必ず吹く音はテヌートをかけてより意識してもいいと思います。このほかにも間違えがちな音だけは吹く、臨時記号の音だけは吹く、裏拍だけは吹くなど、効果的なやり方が沢山ありそうです。

全部まんべんなく吹くだけでなく、1つポイントを決めて吹けるところを増やしていくのも練習の一つ。この練習ももちろん楽勝テンポから始めましょう。もしよかったら試してみてくださいね(^^)/




無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。







【全楽器共通】次のレッスンまでにどう練習していけばいいの?最初に取り組みたい2つのステップ

856534

レッスンの重要性が広まってきて、以前より通う方も増えてきたと思います。でもレッスンまでどう練習をしたらいいのかな?と悩んでいる方もいるかもしれません。

今日は、レッスンで新しい課題をもらったら、まずどう取り組んでいけば良いのか?2つのステップを書いてみたいと思います。

たとえば「次までにこのスケールをやってきてください」と言われたら、どう練習しますか?
FullSizeRender

「難しそう!高い音も出そうにない…早くやらなきゃ!」と楽譜に飛びついて、つっかえながら音を出しまくる…だと練習した感は得られますが、効率が悪いしあまり身に付くものがありません。

まず1つ目のステップ。音を出さないで楽譜をざっと見ましょう。

何調?
何拍子?(この楽譜は書いていないので何拍子と捉える?)
わからない指使いはない?
集中して練習するところはどこ?

そして自分が確実に読める速さで、頭の中に書いてある音を並べたり声に出してみます。音程が取れない場合はリズムは正確に、音程は棒読みでOK。これをレッスンの帰り道や、通勤通学時間などにやっておきましょう。

楽器を吹くのが練習と思っている方も多いですが、音を出さない練習が半分ぐらいあってもいいのです。むしろその方が、ある程度設計図ができてから練習を始められるので、時間も有効に使えます。

音を出す時は、いきなり指定のテンポではなく、必ず脳と身体が歩調を合わせられる速さで。間違えながらの練習は、脳に間違った情報がインプットされてしまいます。

本当にゆっくり「楽勝だな~」と思えるテンポから始め、そのテンポで慣れたら少しずつ指定のテンポに近づける練習を繰り返してみましょう。

慣れてきたら音符がなんとか確認できる程度に楽譜から離れます。何回も練習していくうちに覚えてくると思うので、その流れで暗譜を目指しましょう。

これらの練習は、課題に慣れ、頭と身体に覚えてもらうためにするものです。

・楽譜に書かれたとおりの音を読む、吹く
・正確な指使いを覚える
・脳と身体を同期させる
・楽譜から離れる


そして2つ目のステップです。前回のレッスンで習ったことを今回の課題でも取り入れてみましょう。たとえば息の方向を習ったなと思い出したら、

・1音目から息の方向を考える
・高音のときも息の方向を考える
・苦手な指使いの時も息の方向を考える

などなど…あらゆる場面で習ったことを取り入れるのです。

一度に沢山取り入れずに1つずつ。取り入れてミスが増えるなら、1つ前の段階に戻って(楽譜を読む、ゆっくり練習など)復習してから習ったことをプラスしてみましょう。

この先にも沢山の段階があるのですが、まずはこの2つのステップを試してほしいなと思います。

1つ1つの練習をゲームのように楽しんでいくと、少しずつ力が付いてきますよ。思い通り練習できなかったときも、自分なりにやったこと、できたことを認めていけるといいですね。気長に続けていきましょう(^^)/



教室HP
http://fujisaki-clarinet.com




無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。







  



【全楽器共通】練習してもなかなかうまくできない時、試してほしい練習法

868929

楽器演奏は人間の活動の中でも最高レベル、超超超超難易度の高いものだと思います。なぜならいくつもの動きを同時に、その場に応じて瞬時に変化させ、全体のバランスを取りながらやり続けるものだから。クラリネットなら

・頭の中でやりたい演奏を考えながら…
・立つor座りながら…
・楽器を構えながら…
・息を調整しながら…
・指を動かしながら…
・舌を動かしながら…
・口周りを調整しながら…
・楽譜を読みながら…
・周りの音を聴きながら…
・自分の音を聴く などなど…

パッと思いつくだけでもこれだけ。息を出すこと1つ取っても、やることは沢山ありますよね。これらを同時に、しかもずうっとやり続けるって本当にすごいことなんです。なのですぐ出来ないのも当たり前。人間にとって最高難度のことをしているんですから(^^)


練習してもなかなかうまくできないときは、最初から全部同時にやろうとしていないかな?振り返ってみましょう。

キャパオーバーかもと思ったら、これらを分解、バラバラにして一つずつ練習してみましょう。息だけ、指だけ、頭の中で考えるだけ、リズムを読むだけ、座るだけ…などなど、1つだけ練習します。

たとえば、こんな感じです。やり方は数億通りあります(^^)

指:
原曲がわからないくらいゆっくりで、
音を出さずに自分の指の動かし方だけを観察

舌:
音は出さずに息を出しながら舌の動きだけを観察

頭の中:
楽器を置いて、音を出している時何を考えているかを思い返す。


レッスンでも、こんなことを繰り返します。

できないところは分解して1つずつ練習

できるようになったらやることを1つずつ増やす

キャパオーバーになってきたらまた減らす

1つずつの質が上がってきたら増やす


1つのことをさらに細かく分解することもあります。さらに回り道に感じますが、実はこれが一番の早道なんです。

練習を繰り返していくと、少しずつ頭や身体が同時に複数のことをやるのに慣れてきて、難しかったことが無理なくできるようになっていきます。

楽器の上達に時間がかかるのも、この分解&再構築が欠かせないからなんです。すぐできないから才能がない、不器用とあきらめるのはちょっと違うかも。練習のやり方がズレているだけかもしれません。自分の可能性を信じて丁寧に分解&再構築、してほしいなと思います(^^)/


♪単発個人レッスン♪
♪期間限定・学生さん単発個人レッスン受付中♪


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/




高音域を練習するときに気を付けたいこと

499197

高音域の練習の時に気を付けたいこと…それは

「長時間練習しないこと」

「今日中に高音を完全制覇するぞ!」と何時間も高音を出し続けるなんてことはやめましょう。色々な練習をする中で、高音を出す練習を短時間組み込むことをおススメします。

高音を出すための準備練習(沢山あります)を長めにして、高音自体を連続して出すのは5分~どんなに長くても2~30分くらいで切り上げた方が良いと思います。

30分練習してもうまく出ないときは、基礎的な奏法に問題がある場合がとても多いからです。また、高音域が出しにくいリードなどが原因のこともあります。

うまく出ないときは、ムキになって高音を練習するよりも基礎の基礎や、リードなどを見直す方が早道です。

長時間高音を練習していると、何がいいのか悪いのかわからなくなってしまったり、疲れてヘトヘトになって耳やあごや唇に負担を感じること、ありませんか?

必要なことがすべてそろえば、難しいと思っている高音域も結構あっけなく出るものです。ムキになってきたら小休止。静かな環境で耳やアゴ、身体全体を休ませたり軽く動いて休み、他の音域の練習を進めましょう。

楽器の練習は一生、身体も一生使うもの。数年で身体を破壊してしまうような取り組みをしている方も結構いると思いますが、残念ながら数年がむしゃらに練習しても完璧に吹けるようにはならないんです。かなり無理してるかも…と思い当たったらぜひ見直してみてください(^^)/




クラリネットレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場