クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

クラリネット・上達のヒント

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

楽器を吹くと頬が膨らんでしまうことについて

528423

楽器を吹くと頬が膨らんでしまうということについて、レッスンで質問を頂いたのでこちらでも書いてみたいと思います。

「頬が膨らむのがいいのか悪いのか?そもそもどっちなの?」私は基本的には膨らまない方がよいと思っています。

頬が膨らんでしまうことで、口周りの筋肉や舌、アゴ、息の微細なコントロールがしづらくなるように感じるからです。

プロでも時々膨らんでるんだけど?!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これは音色を変えたり、循環呼吸の時など、テクニックとして意識的に使っていることがほとんどです。

また、膨らんで見えるけど空気が入っている感覚がない方も気にしないで良いと思います。骨格やお顔がほっそりしている方はそう見えることもあります。


頬が膨らんでしまう原因は、主に2つあると考えています。

1.唇の締めすぎ、アゴの噛みすぎ、リードやマウスピースが自分に合っていない
吹き方や道具によって息の流れが渋滞していると、口内の空気圧が高くなり、頬の筋肉が圧力に負けて頬が膨らんでしまいます。

道具や吹き方、身体の使いかたを見直した上で、息を滞りなく流す練習「音を出さずに息の方向を考え、口やアゴを緩めて息だけ出す練習⇔音を出す」を繰り返すと改善されることが多いです。


2.頬の筋肉を使って吹く習慣がない
これらは独学の方によくみられるのですが、頬を引き締める筋肉(主に頬筋)を使って吹く習慣がないと、頬が膨らんでしまいます。また、唇回りの筋肉(主に口輪筋)の力が強すぎると、頬筋が使われなくなる場合が多いようです。

これらの場合も、道具や吹き方、身体の使いかたを見直した上で「息を全てリードに向かわせる(息の方向を考える)」と思うことで頬のふくらみは改善されることが多いです。

この2つを気を付けることでほとんどの方が改善されますが、どうしても頬が膨らんでしまう方も(両頬、片頬)も少数ですがいらっしゃいます。どうしても膨らんでしまう、膨らまなくなってもすぐ戻ってしまう場合は、筋肉が記憶するまでしばらく練習を続けてみてください。

それでも改善されない場合は、頬が膨らんでいる上での吹き方を練習をします。また、ごくごくまれに疾患が隠れている場合もありますので、気になる方は医師の診察を受けてみてください。




2019年7月まで体験レッスンの募集をストップしています。

クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






「譜読みが苦手だから音源や周りに頼ってやり過ごす」から脱却する方法

457413c4a5a3254925d67543650923a6_s
楽団や部活で次から次へと配られる新しい楽譜、難しい楽譜…譜読み力に自信がないと練習する前にげんなりしてしまいます。すぐ読読みができれば、楽譜を読む負担がかなり減りますね。(今回はアナリーゼ的なものではなく、リズムや音の高さを正確に読む譜読みの入り口のことを書いています)


譜読み力を付けるには…最初から音源を聴きこまないこと。


・耳で曲を覚える前に正確なリズムを理解する
・吹きながらに譜読みせずに、拍子をカウントしながら読む、歌う


面倒でもこれらを繰り返すと譜読み力は付いてきます。

耳で覚えて何となく皆に合わせて吹くでは、とりあえずその場は何とかなるかもしれませんが、楽譜を読む力は付かないまま。

自信が持てないので、微妙に遅れがちになったり、音量が小さく音程も悪くなり、吹いていても楽しくないばかりか、周りにも迷惑をかけてしまいます。

音源に頼っている方は、1日3小節でもいいので、簡単なところから自力で読む練習をしてみましょう。テンポはゆっくりでOKです。

音源が無いとどうしても無理、わからないところを聞ける人もいないという場合は、音源を聴くときに必ず楽譜を読みながら聴くようにしましょう。

音源の音の長さと楽譜の音の長さが微妙に違う場合もありますが、練習しているうちにその違いも分かってくると思います。

わからないリズムは何度もリピートして、可能ならゆっくりモードで聴き、自分でもカウントしながら音源と楽譜を頭の中できちんとリンクさせます。

読むのに苦労したリズムは五線ノートに書き写しストックしておくと、譜読みでつまづいたときに見られます。

譜読みは文章を読むのと同じ。文章を読めるまでにも少しずつ練習が必要でしたよね。私も専門的な勉強を始めるまでは耳で覚える派でしたが、練習して今は脱却できています。

ソルフェージュのレッスンまで受けられない方、今目の前の楽譜を読まなくてはいけない方のために、すぐできる練習方法を書いてみました。少しずつ時間をかけて積み重ねていってほしいと思います(^^)/




♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






私の考える「響く音」とは

cae30b3f153c4d404e02b324b7a1b9e4_s

そもそも響く音ってどんな音でしょう?考えてみました。私の考える「響く音」は、必要な息を出した結果、リードや楽器、身体、空間が十分振動している音です。

息によって生まれる振動を邪魔しない結果、響く音が出る。響く音は聴いていて心地よく、遠くまで伝わり周りとも溶け合いやすい音です。

何か特別なことをしなくても、自分に合った道具で、リードを十分振動させられるだけの息を出し、楽器の振動の邪魔をしない身体の使いかたをし、空間全体を含んで演奏する意識を持っていれば、おのずと響く音になるのではと思います。

「邪魔をしていることをやめ、必要なことをする」

とってもシンプルですが、実際はなかなか複雑。響きのある音はすべての土台です。土台作り、時間がかかりますがじっくりお手伝いしたいと思います(^^)/


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/







ブランク明けに改善できる意外なこと

df37c3d363b4f40a3703874c4c2989ea_s

年末年始のお休み明けに、久しぶりに楽器を吹いた方も多いと思います。私も今年はかなりのんびり休みました。ブランクを積極的に利用することは以前書きましたが、ブランク明けには吹き方の改善ができるだけでなく、こんなこともできるんです。


「思考のクセの更新」


ブランク前のように音が出なかったとき、すぐバテてしまったとき、何を思いましたか?どう感じたでしょうか?頭に浮かんだこと、それが普段の考えグセです。

ブランク前に練習していた高音や難しいパッセージに差しかかった時、何を考えましたか?どう感じたでしょうか?頭に浮かんだこと、それが普段の考えグセです。

思考が必要な身体の動きを生み、動きが音や音楽を生みます。思考が演奏に影響を与えることは、ブログの読者の方ならおわかりだと思います。

でも、普段練習しているときは思考も無意識になりがち。普段気づかない思考のクセは、ブランク明けの新鮮な感覚のときだからこそ気づきやすいものです。


自分がしている思考…たとえばダメ出し、自己否定、恐怖心に気づいてもうやめたいと思ったら、代わりに何ができるか考えてみましょう。

・ダメ出しの代わりに、その瞬間できることを考える

・ダメ出しの陰に隠れている、できていることを探す

・高音に恐怖心が出たら、代わりに出すために必要な準備をする

などなど…沢山できることはあります。ブランク明けのぼんやりしている時にこそわかる思考のクセ。今年は更新して新しい自分に!という方、ぜひ試してみてください(^^)/



♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






高音を無理なく出すために気を付けたい意外なこと

高音をキレイな響いた音で出す、スッと一発で出したいときに気を付けたいことは沢山ありますが、その中でもあまり気にされない、でもとっても大事なことを今日は書いてみたいと思います。


それは…左手の使いかたです。
楽器は右手親指と上下の歯(鼻から上の頭)でバランスを取って支えます。
FullSizeRender

このバランスで高音も吹くのですが、指に余計な力が入ってしまうと、このバランスが崩れてしまい音に影響が出てきます。

特に左手はアンブシュアに近いこともあり、力を入れすぎると簡単にバランスが崩れて、左手親指を前に押し出すような構えだとさらにバランスは悪化します。

指はトーンホールを塞ぐだけ。力が入りやすい方は上下の歯(頭)と右手親指のバランスを確認してから、指でリングキーを下げる程度の力加減で吹いてみましょう。

指の力が抜けない原因も沢山ありますが、恐怖心や苦手意識も原因の1つです。人間は不安だと近くのものを握りたくなるとか…一番近くにあるものと言えば…楽器ですね(^^)高音を出す恐怖心や苦手意識を軽くするには、高音を出せたという成功体験を積むことが必要です。一人で修業もいいですが、専門の先生のサポートを受けることをおススメしたいと思います(^^)/




♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/












楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場