クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

カテゴリ: 上達のヒント

d9f8157da7b6465574ba40f0db98624e_s

こんにちは!豊永よしこです。
楽器を身体のつくりに則して吹く。効率的に吹く。これってどういうことなんでしょうか?私が思うに、無駄な苦労をしないで吹くということだと思います。

たとえば、ビンに入ったジャムを食べたい時。ビンを初めて見た人はどんな行動を起こすでしょうか?

フタを逆に回してみたり、引っ張って開けようとしたり、割って中身を出そうとしたりするかもしれません。筋力がないからだ!と思って筋トレを始めてしまうかもしれません(^_^;)

でも、実際はフタを左に回すだけでフタが開き、食べる事ができます。ビンの作りを知って、それに則して開ければ、楽にジャムが食べられます。身体のつくりに則して吹く、というのはそういう事だと思います。

レッスンではそんな事を教えています。いやもっと苦労しなくちゃ!と思うかもしれませんが、身体のつくりに則した吹き方を身に付けるのも、人によっては苦労を感じますのでご心配なく(^^)フタを開けるよりはるかに複雑ですから。

そして本当の楽しみはその先にありますよね。楽器で音楽を奏でる事!その手前でエネルギーを使い果たしてしまうのはもったいないと思います。その先の楽しみを味わいたい方、ぜひレッスンを受けてみて下さい(^^)




レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







aa6d10572ef6d6db4990dcdf40cf2a0b_s

 こんにちは!豊永よしこです。
楽器演奏にかなり重要な役割を果たしている小指。いつも思い通りにならない、もっと動けばなあ~と思っていませんか?

今日はヒマな時にいつでもできる、簡単で効果的なエクササイズをご紹介します。


片方の指で小指の動きを補助しながら、指先の関節から順番に、ゆっくり曲げたり伸ばしたりします。痛みや違和感があったらやめてください。

手のひらを上だけでなく、向きを変えてもやってみてください。時間のある時は、全部の指でやってみましょう。

慣れてきたら、こんな事を考えながらやってみましょう。
・指の周辺も視野に入れる
・身体全体を考えながら
・指先は手首、ヒジ、肩、背中~全身に繋がっている事を思い出す
・関節の1つ1つにスペースがある事を思い出す


この動きをしているうちに、存在が希薄な小指が認知されてきます。動きの悪い部分って、普段からあまり意識されていない事も多いのです。意識される事によって、脳からの指令もとどきやすくなる気がします。

レッスンでも時々やってもらいますが、指が繊細に動かせるようになったり、キーに指が届きやすくなったり、指の突っ張りが緩和される方が結構います。

簡単すぎて拍子抜けするくらいですが、効果は結構あります♪よかったら試してみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村








こんにちは!豊永よしこです。
合奏をしていると「音程が悪い!音程もっと合わせて!」とよく言われると思います。でも「そんな事言っても出来ないよ(>_<)」と思う事ありませんか?

音程を良くするためのポイントはざっくり3つ。この3つがクリアされれば、音程問題のストレスはかなり減るのでは?と思います。ではその3つについて書いていきたいと思います。


1.楽器とマウスピース等をととのえる(すぐ改善できる)
楽器の調整をしていないと、キーバランスの崩れや、トーンホールの汚れで、音程が悪くなります。音程ばかりでなく、音も出しづらく、雑音が増える事もありますので、思い当たる事があれば調整に出しましょう。

マウスピース等も音程が悪い原因になります。キズや変形のある学校の備品や、スクールモデルの付属のマウスピースを使っていたり、試奏しても吹きやすい!音が良い!だけで選んでしまうと、あとで音程に困る事があります。専門の先生に選定して頂くか、試奏する時は音程もチェックして買いましょう。

楽器やマウスピースによって音程のクセもあります。楽器を新しくした時は、1からクセを知って調整していきます。


2.吹き方を改善する(時間がかかる)
クラリネットは吹き方によって音程が変わる楽器です。アンブシュアや息、姿勢、意識の持ち方、気温でも音程が変わってきます。

まずは基礎的な吹き方を練習すること。音程に特化した練習をしなくても、基礎的な吹き方が身に付いてくると、自然と音程も良くなり、合わせるのが楽になってきます。また、毎瞬変わっていく音程を調整する技術も付いてきます。レッスンに通うのが一番ですが、自分でも出来る事を練習して行きましょう。

また、音程が変わりやすい楽器なだけに、ただ漠然と吹いているだけでは、音程が定まらなかったり、リードミスが出てしまいます。出したい音を歌って、頭の中で歌いながら吹く、という習慣を付けていきましょう。


3.吹きながら周りの音を聴く練習、音程調整の練習をする(時間がかかる)
音程を合わせるには、まず吹きながら周りの音を聴くことが必須。でも最初は自分が吹くので精一杯、聴けても自分が合ってるのか、高いのか低いのか分からない。分かってもどれくらい調整したらいいのか分からないと思います。

これは経験を積むしかありません。まずは少人数で同じ音や和音を吹きながら聴く練習をし、音程の調整の練習をします。2人で、3人で、4人で・・・基礎合奏で、曲の合奏で練習を積み重ねます。

音程練習については書ききれないので次に譲りますが、出したい音程を出す為の練習はこちらにも書いていますので練習してみてください。


1はすぐ出来る事、2,3は時間がかかる事です。部活などでは、楽器を始めて数か月で音程をうるさく言われる事も多いと思いますが、そもそも数か月で音程まで何とかなるほど簡単なものではないのです…(2.3は普通数年はかかると思います。)

基礎が無いうちに音程メインで練習すると、細く固い音になったり、無表情な演奏になりがちです。この辺りは何とももどかしいのですが、今できなくても少しずつ出来るようになろう、という言う気持ちで合奏に取り組んでほしいなと思います。



レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村












こんにちは!豊永よしこです。
今日は半音階で使う指づかいです。意外と知られていないようなので、書いてみたいと思います。
image

矢印の音、どの指づかいで吹いていますか?「シ」と「ファ♯」です。半音階で使う場合は、上行下行共にこの指で吹きます。
2017-07-07-18-55-47

この指づかいの方が、なめらかに素早く動かせるんです。音の変わり目に違う音も入りにくいいです。

また、この指づかいは安定した音が出るので、メロディーをキレイに繋げて吹きたい時にあえて使う事もあります。

ちなみに2段目3拍目の高い「レ♯」も、中指の代わりにこの指を使います。


指づかいで一番最初に習うのは、これですよね。
2017-07-07-18-56-01


この指づかいは、こんな音階の時に使います。
image

この指づかいの方が滑らかに動かせませすよね。


たいてい1つの音に何種類かの指づかいがあります。使い分ける事で、指の動きが良くなったり、滑らかにつなげやすくなったり、音が良くなったりと色々よい事があります。

楽器を買った時に付いてくる運指表や、こんな本でベストの指づかいを探してみましょう。
角田 晃

その時々に合った指づかいを使い分けることで、演奏の質が上がってきます。ぜひ少しずつ色々な指づかいを覚えてほしいなと思います(^^)




レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





796aac2c099e8da9ea9f672901d7fa4e_s

こんにちは!豊永よしこです。

本番での思いがけない失敗。失敗して嬉しい人はいないし、一時的に落ち込んでしまうのは普通の事です。でもしばらく立ち直れないぐらい深く落ち込んでしまったり、生活に影響が出るぐらいになると、何か奥底に原因がありそうですね。

思い当たる方は、こんな思考回路になっていませんか?

「自分の存在価値」と「失敗」をダイレクトに結びつけている。

失敗する自分は何の価値もないと思っている。


でも、自分の存在価値って、本番での失敗で一瞬で無くなるもの?根底から揺るがされるものなんでしょうか?

最近思うのは、自分の価値は何かによって上がり下がりするものではないのでは?ということ。

例えば、生まれて間もない赤ちゃん。歩けるようになるまでには何度も何度も失敗しますが、赤ちゃんの存在価値は下がりませんよね(^^)

「失敗しても自分の価値は変わらない」

「何をしても自分の価値は変わらない」


これが根底にあると、心が安定して本来の力を出す大きな助けになるのではないかな?と思います。

音楽が大好きで大事に思っていればいるほど、失敗は自分の存在価値を揺るがすものに感じてしまいがち。コンクールやオーディションではよりそう感じてしまうのではないでしょうか?

でも本当は、どんな演奏をしても自分の存在価値は揺るがないはず。自分の存在価値を上げ下げしているのは、失敗を自分の価値とイコールでとらえている自分自身かもしれません。

考え方や捉え方は演奏にも大きな影響を与えます。健康的に楽器や音楽と付き合うために、時には深く考えておきたいことの1つです(^^)





レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





↑このページのトップヘ