クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

上達のヒント

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

音の出だしが汚くなってしまう原因

879990

音の出だしで、こんな風になってしまうこと、ないでしょうか?

・破裂音のような音がする
・ザッ、ぺッという雑音がする
・詰まってスッと出ない
・音程が高くなる(か細く響きのない音)
・音程が低くなる(芯のない開いたような音)

色々な原因がありますが、音を出す時の力みが原因のこともあります。
出だしが上手くいかないとき、こんなことをしていないでしょうか?

・音を出したいタイミングに、息が出ずに口やアゴでギュッと噛んでいる
・吹く前にアンブシュアをしっかり作っている
・しっかり素早く沢山吸おうとしている
・ベルまでしっかり息を通そうとしている

きちんと発音したいがあまり、しっかりアンブシュアを作ったり、ベルまでしっかり息を入れたり、遅れないように素早く吸ったり、長持ちさせるために沢山吸ったり…

1つ1つの目的がはっきりしているのは良いのですが、そのやり方がズレていると、余計な力みを生み、リードの振動を消してしまったり、力みが微細なコントロールの邪魔をして、思い通り音が出ないことがあります。

良かれと思ってやっていることが、やりたいことの邪魔をしていることも結構あるんです。

力みは身体の使い方、考えかた、周りの人や環境との関係で起こることが多いです。道具も工夫して練習もしているのに思うように発音できないとき、力みとその原因を探求してみるのをお勧めしたいと思います。

力みを卒業して丁度良い力加減で吹く。レッスンでもお手伝いしています(^^)




楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  



自分のよいところを見つけるコツ

835540

練習していても、できていないところ、ダメだと思いこんでいるところはすぐ発見できても、出来ているところ、よいところは見つけられなかったりスルーしてしまいがち。

出来ていないことを発見しても、客観的に認識し、考えて練習できれば上達につなげることができます。でも「出来ない=ダメ」とジャッジして自己否定に走るとあまり役立ちません。

自己否定に入ると気分が下がり、気分が下がると身体も固まり押し下げられます。するとそれを補おうと力みが発動しますが、気分が上がらない上に身体が固まって動きが悪いので、あまりいい成果は期待できないでしょう。

自分のよいところを見つけるには、ちょっとコツがいります。こういう意識でいるとよいそうです。


「都会の夜空で星を見つける気持ちで」


都会は夜でも明るく、空気も淀んでいるのですぐに星を見つけることが出来ません。でも時間をかけて夜空を眺めていると「あれ?あのぼんやりした光は星かな?」となんとなく見えてきて、さらに見ていると、それ以外にもいくつも星が見えることに気づきます。

以前メルマガでも紹介しましたが、この本に書かれていました。腰痛でない方にもお勧めです。自分との付き合い方を学ぶのにとてもいい本だと思います。



考え方や気持ちの持ち方で演奏がガラッと変わってしまうのは、多くの方が経験されていることだと思います。特に自分との付き合い方、周りとの付き合い方はその基本。

練習の方法やどんなリードを使うかと同じぐらい、考えかたや気持ちの持ち方について興味を持ってみてもいいのではないかなと思っています(^^)/







楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  



「きれいな音」を出したいのにうまく出せない方へ

1084454

体験レッスンなどで「どんな音を出したいですか?」と聞くと「きれいな音」という回答が沢山返ってきます。

でも「きれいな音」を出したいとおっしゃる方々は、こんなことで悩んでいることが多いんです。

・音が小さい
・音が響かない
・音が詰まる
・ダイナミクスの幅が小さい
・よく鳴る音域が狭い
・高音域が出しづらい
・音の芯がない
・雑音が多い
・発音、タンギングがはっきりしない
・遠くまで音が届かない 
・吹くのが苦しい など

きれいな音を目指しているうちに、響きも抑えられてしまったのかもしれません。「きれいな音」というより「うるさくない音」になっています。

音の理想形は人それぞれなので、どんな音を目指すのも自由ですが、理想とする音を目指す前にやってほしいことがあります。

「リード、楽器、自分の身体、そして空間が振動する音を出すこと」


「うるさくない音」になっている方を、レッスンでリードや楽器、身体が振動する音に導いていくと、ちょっと不安そうな顔でこう聞かれます。

「この音うるさくないですか?」
「汚くないですか?」

いや、それが「鳴っている音」「響いている音」なんです。

鳴っている音、響いている音にはこれまで抑えられていた響きが沢山含まれているので、自分がいいと思っていた音とはかけ離れているかもしれません。

でもここが基本です。ここから自分の好みの音…落ち着いた音や、明るい音、柔らかい音、硬質な音などに創り上げていくのです。

練習もしてるし、イメージもはっきりしてるし、道具も工夫しているのに音が鳴らない…というときは、色んな音が出ることを許して、まずはすべてを振動させてみよう!と音を出してみてください。

これまで嫌っていた音が出てしまうかもしれませんが、それも1つの過程です。ちょっと勇気がいるかもしれませんが、ぜひおすすめしたいと思います(^^)


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  




がんばらなくても勝手に音が響くようになる、意識の持ち方

この超有名な曲。出だしがちょっと苦手な方も多いのではないでしょうか?
FullSizeRender
                          (クラリネット名曲31選 ドレミ出版より)


その原因の1つは意識の持ち方。ほぼ全部の指を塞ぐ音は、ここに意識が集まりやすいんです。
FullSizeRender

「え?楽器全体を響かせるには必要な意識では?」と思うかもしれませんが、楽器の下の方に意識が集まると、身体全体もそれにつられて下に押し下げ縮められ、身体が動きづらくなり、結果ブレスや運指、アンブシュアコントロールに制限がでてしまうのです。

そしてそもそも、楽器自体にどんなに息を吹き込んでも音は出ませんよね。音はリードがないと出ません。管全体を使う音でも、リードを振動させる、と思うだけでOKなのです。
FullSizeRender


そうすると身体が下に押し下げられて起こっていた余計な力みが取れ、勝手に音が響いてきます。音は頑張って響かせるというより、条件がそろえば勝手に響いてきてしまうものなんです。

このあたりの音から始まる曲、沢山ありますよね。そんな曲に出会ったら

「楽器の下の方に意識を持っていかれたら、意識をリードに戻す!」

ぜひ試してみてください(^^)/



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  





思い込みで自分の可能性を狭めていませんか?

684244

「指が回らないんです」「音量が出ないんです」「年齢のせいかすぐ疲れてしまって」

レッスンでよく聞く言葉です。多くの場合は吹き方や練習方法を変えていくとかなり改善されるのですが、本当にそう思い込んでしまっていると、改善の邪魔になってしまいます。

前にも書いたことがあるのですが、ある生徒さんが「左利きだから右手の動きがぎこちなくて」とおっしゃっていました。私は全然気にしたことないけどそういうものかな?と実験のつもりで「私は右利きだから左手の動きが苦手」という意識で練習してみました。

すると、それまで全く気にしていなかった左手が固くなり、動きが悪くなってしまったのです。これはいけない!と思い、すぐ思い込みを外しました。数十分練習しただけでしたが、ここまで思い込みの力は強いのか~と逆に感心してしまったほどです。

「私は指が回らない」と思い込んでいると、指の動きはぎこちなくなります。できないので「難しいパッセージはやっぱり苦手…私指回らないから」とそこでストップしがちです。

それよりは「指が回らないのは思い込みかも。練習方法を考えれば回るようになる」と考えた方が上達しそうではないですか?頭の中では何を考えても自由です。

自分に対する思い込みは、これまでの経験や周りに言われたことで作られるものだと思います。でもそれが今現在もそうだとは限らないんですよね。

自分に対する思い込みに気づいたら「それ本当かな?」「ほんとにほんとかな?」と見直してみることをお勧めします。思い込みで自分の可能性を狭めているだけ、ということも結構ありますよ(^^)/




楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  




楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場