クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

カテゴリ: 上達のヒント


こんにちは!豊永よしこです。
今日は、右横キー(正面から見ると左横です)の押さえ方についてです。一番下のキーは良く使いますね。上3つもトリルや替え指で使います。

楽に素早く、確実に押さえる方法!
今回提案したいのは、腕や指の動かし方。キーを押さえる時は、こんな感じに動かしますよね。
image image

この時私が考えているのは、キーをしっかり押さえよう!ではなく
ヒジから腕を回転させようという事。(手首ではありません。手首は回転しないので念のため)
image
キーを押さえよう、と頑張りすぎると、力みで動きが鈍ったり、楽器が斜めに傾いてしまう事もありますが、押さえたいキーを決めて、動きの事を考えれば、自動的に指はキーに届きます(^^)
動きのプランとしては「ヒジから回転」だけでなく
「手のひらを水平に」
「小指リードで腕を回転させる」
「右手親指を支点に回転」
などがあります。
色々試して、自分でもプランを考え、ピンと来たものを採用してみてください。

また「ヒジから回転だけじゃ一番上のキーに届かない!」という場合は、これも思い出してみましょう。
2017-06-14-12-37-02 2017-06-14-12-37-16
親指と人差し指の間は広げる事が出来ます。この広がりを使うと、ほとんどの場合、一番上のキーまで届くようになると思います。

広がるのは指の股からではなく、手首のあたりからです。
image
良かったら試してみてください!また、この動きをスムーズにするには、頭と身体全体がバランスして動ける状態である事が大事です。

また、こちらの記事に書いた「3点バランス」もとても関係してきます。
      
部分的な練習をする時も、身体全体。ヒジや指だけでなく、その動きに合わせて身体がバランス&微妙に動く事を許してあげましょう。ぜひ試してみてください(^^)



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村     
    
    
    
    
    
    
   

e86fd5f11e902c0b9efba06bd578a8e5_s

こんにちは!豊永よしこです。
楽団や部活で活動していると色々な事がありますね。たとえば、先生や先輩、仲間に「音が鳴ってない」「汚い」「うるさい」となどと言われて落ち込む事もあると思います。

教室の生徒さんでも「周りの人にこう言われたんです…」とお話される方も多いです。

周りは自分では分からない事を教えてくれる存在。周りの一言がきっかけで練習を頑張ったり、気持ちが切り替わったり、モチベーションが上がる事もあるでしょう。

でも、その反面、自分に役立たない意見があることも忘れないでおきたいもの。それが尊敬する先生や先輩、世界的プレイヤーの言葉であっても同じです。

周りの一言に振り回されてしまう時は、軸足が自分にない時。自分の外(周りの人の意見)に軸足が乗ってしまっている時ではないかな?と思います。

どんな意見をもらっても、軸足は自分に。自分は影響されやすいな~と思ったら「半信半疑」「話半分にきく」「参考にさせてもらう」で行きましょう(^^)

それでは独りよがりで成長がなくなってしまうのでは?と心配してしまうかもしれませんが、人の意見も取り入れる姿勢があり、繊細で柔軟な性格だからこそ振り回されやすいのではと思います。


また、時間はかかりますが、自分に置く軸足を太く強くすることも必要だと思います。

色々な音楽や演奏に触れて、自分の中の基準や好き嫌いを育てる。色々な経験や知識を得て、自分が周りに意見を言えるくらいにしておく。そうする事によって、周りの意見を冷静に聞けるようにもなります。

周りの何気ない、良心から発せらているけれど無責任な(!)一言や、あふれかえる情報に振り回されてしまう事、毎日のようにあります。私も以前はグラグラで苦しい事も沢山ありました。今もたまにありますが、そんな時は我に返って自分に軸足!と思っています。よかったら試してみてください(^^)



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村














こんにちは!豊永よしこです。
演奏の時に身体が固まると、指が動かなくなったり、息が吸えなくなったり、ミスしたりと、色々なトラブルが起こりやすくなります。できれば固まらずに自由に演奏したいものですよね。

そもそも「身体が固まる」って、なんで起きるのでしょうか?
主に考えられるのはこの3つです。

・筋肉の頑張りすぎ、頑張り方のズレ    

・気持ちの頑張りすぎ、
頑張り方のズレ    

・恐怖、不安から身を守るため


これらを見て気づく事があります。
固まるって実は
演奏レベルを上げようと頑張ったり
恐怖、不安から身を守ろうとして起きる事
なんです。       

固まるのはイヤですが、必死に頑張った証でもあるんですね。固まってしまったら、まずはその頑張りをねぎらってみませんか?                              

「固まる⇒ダメ!」から「固まる⇒よく頑張ってる!」に、とらえ方を変えてみます。

その上で、じゃあどうやったら心や身体がうまく使えるようになるかな?とアレクサンダーテクニーク等で探究を始めてみましょう。
       
とらえ方を変えるだけでも心身の様子が変わり、結果が変わってきます。些細な事ですが変わるんです♪興味があったらぜひ「とらえ方の変換」やってみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村         
        
        
        
        
       



こんにちは!豊永よしこです。

色々な方を教えてきて、感じる事・・・自分に合ったリードを付けている方が少ない!
もちろん毎回自分にピッタリのリードを使うのは難しいですが、リードの傾向からして合っていないものを使っている方が結構いる事に気付きます。

私が感じるのはこんな傾向です。
(厚い=固い 薄い=柔らかい)

★週1~2回吹く大人の方
筋力や体力に合ったものを選ぶせいか、薄すぎるリードを付けている傾向
薄めのリードの吹き方で吹いていればむしろOKなのですが、厚いリードの吹き方でリードの振動を消してしまっていて鳴らなくなっていたり、息の通り道が狭くなって苦しくなっている方が多いです。

★ほぼ毎日吹く大人の方
耳元で音源のような綺麗な深みのある音を作り出そうとしているせいか、反応の悪い厚めのリードを付けている傾向
スタッカートや細かいニュアンスを付けるのが難しくなっています。

★部活で沢山練習している学生さん
痛い音、うるさい音を避けるせいか、かなり厚い反応の悪いリードを付けている傾向
長時間練習でリードの消耗が激しいのと、体力があるせいか厚めのリードを吹いている子が多く、強弱やニュアンスを付けづらく、音が響かなくなっています。


もちろん例外もありますので念のため(^_^)
自分の体力や吹き方、好みに合ったやりたい事ができるリードを付けるのがベストですが、周りに言われてモヤモヤしながらも、合わないリードを付けている場合も多いように感じます。

また楽器の吹き方の理解や音への認識がズレている事で、合わないリードを選んでいる場合も結構あります。(「リードがよく振動して鳴っている音=うるさい音」「鳴っていない音=キレイで良い音」と考えている等)

自分がどうなっているかは意外とわからないもの。分からないと良い方向に向かう事も出来ません。

よく分からない時は専門家を頼ってみましょう。リード問題は奏法の問題とも繋がっていますので、奏法からの根本的な改善が必要かもしれません。
自己判断や仲間内で相談する範囲とは全く違う、新しい発見&発展があると思います(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







128280
こんにちは!豊永よしこです。
先日暗譜で曲を練習していて、苦手なところである身体の動きをしている事に気付きました。

それは「目線が下に向かい、目が伏し目がちになる」です。
伏し目がちが起こるのは「ちゃんと出来るかな?」の心の反映
また、目線が下がったり、伏し目がちになると
身体が縮んだり固まったりしやすくなります。(私の場合)

「これだけ毎日気を付けてるのに、習慣って根強いな~(^_^;)」と思いつつ
苦手箇所に差し掛かっても、目線はそのまま、目を開け続けて吹いてみました。


・・・できました(笑)あっけなく。


この「苦手箇所でも目を開け続ける」は何人もの生徒さんにやってもらった時も
効果があったのですが、今回改めて効果を感じる事ができました(^^)

目には身体の状態や何を考えているかが
はっきり出るので、どう使っているかを観察すると面白いですよ♪
興味のある方は色々研究してみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





↑このページのトップヘ