クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

楽器上達のヒント・練習法

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

曲とスケールを直結させて上達ループをつくる!スケール練習法

FullSizeRender
(私の歴代アイヒラーです。初代は高校生の時に使っていたもの)

スケールやらなきゃ!と思ってるけど時間が無くて曲だけで精いっぱい、買ってみたけど活用できずに本棚で冬眠…という方へ

今日は「スケール→曲」という教科書的なやり方ではなく、「曲→スケール」でスケールを活用させていく練習方法を提案してみたいと思います。日本で一番有名なスケールを例にしますね。



この練習を続けていくことで、少しずつ曲を仕上げるのが早くなり→よりスケールに時間を割けるようになり→基礎力が付いてさらに曲が楽に吹ける…という上達ループに入ることが出来ます。



【曲と同じ調のスケールを練習】
曲をもらったら、曲と同じ調のスケールを練習してみましょう。スケールでその調になじんでおくと♯♭を落とす確率が減ります。

調がわからないときは調号が同じ数のスケールを吹きます。2オクターブでも覚えておくと曲の練習前にサッと吹けて便利です。



【曲の傾向にあったスケールを部分的に練習】
まず曲のどこが難しそうか、練習したいかをピックアップします。そうしたらその部分に近い音域、音型のスケールを練習しましょう。部分的に1小節でもOK。まずは超ゆっくりで、最終的には曲のテンポで吹けるようにします。

跳躍が大変そうなら2.3.7を練習。なだらかな音階をベースにしたパッセージは、1.5.6を練習します。

歌う曲やゆったりした曲なら、曲に近いテンポで滑らかに吹く練習をします。漠然と吹くより、目指す音(1オクターブ上の音や最高音など)を決めると歌う練習の下地になります。スケールをメロディの1フレーズと思うだけでも違います。跳躍のない1から始めると段階的に練習できると思います。


【自分の苦手をピンポイントで練習】
曲を吹いているといつもつまづく、指摘されるテクニックをピンポイントで練習します。

指がばらけてしまうなら、まず右手か左手かどちらがばらけやすいのかを思い出し、気になる部分の音域を練習します。2~7まで、跳躍の幅の狭い番号から段階的に練習しましょう。

指の力が抜けないなら1を練習します。1で抜けないなら他の番号はもっと力が入ってしまうからです。音を出さないで息を楽器に流しながら指を軽く軽く動かす練習をお勧めします。力加減がわかったら同じ要領で音を出す。これを交互に練習します。

ダイナミクスを付けるのが苦手なら、好きな番号の出しやすい音域を1オクターブ程度取り出して希望の音量で練習します。出しやすい音域で慣れてきたら、曲中に出てくる音域で練習しましょう。

スタッカートやタンギングが苦手なら、跳躍の幅の狭い番号(1.5.6)で出しやすい音域からスラーで練習しましょう。スタッカートやタンギングも息がポイントなので、スラーで息を流せるようになってからスタッカートやタンギングを練習しましょう。(跳躍の幅の狭い番号から始めるのは、その方が息が通しやすく指の難易度が低いからです)



書き出すとキリがないですが、このように曲に直結させて使うことも十分可能なんです。スケールは曲によく出てくるパターンの集大成なので、とても使い勝手がいいんですよね。

全部の調暗譜していつでも吹けるようにが理想ですが、そうもいかない方が多いと思います。出来ないことに罪悪感を持つよりも、自分のできることを細く長く続けるのをおススメします。練習を工夫するのも楽しいですよ!気軽にトライしてみてください(^^)/




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



「せっかく教えてもらってるのに出来なくてすみません」…と思っていませんか?

683537

せっかく意を決してレッスンを受け始めたのに、習ったことがすぐできない、忘れてしまう、できてもすぐ戻る…これが続くと先生に申し訳なく思ったり、自分を責めたりがっかりしてしまうかもしれません。

でも思い出してください。人間は忘れる生き物、一度で覚えられない生き物、繰り返し練習しないとできない生き物なんです。私自身もこの3点、完全網羅してます(笑)

生徒さんがすぐできない、忘れてしまう、元に戻ってしまうは完全に想定内。そうなった時はどうやったら身に付けてもらえるかな?と他のやり方を考えるだけです。

せっかく教えてもらってるのに申し訳ない、恥ずかしい…なんて1ミリも思わなくて大丈夫。何度もやりましょう。忘れたら思い出しましょう。思い出せなかったら繰り返し教えます。

日々の歩みは見えなくても、そうしてるうちに1年後には別人になっていると思います(^^)/



2月23日アレクサンダーテクニークグループレッスンはこちら!
興味のある方はご参加ください。AT楽しいですよ♪




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室
http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





練習の強い味方!おススメグッズ

今日は私も愛用しているおススメグッズをご紹介します。もうご存知の方も多いと思いますが、これは本当に便利です!
FullSizeRender

スマートロッドです。弾力のあるワイヤーと吸水性のある布で出来ています。

マウスピースを付けたままでベルから入れて管内の水分を取れるので、楽器屋さんがおっしゃるスワブを通すお勧め頻度「10~15分に1回」が気軽にできます。合奏中や急いでいる時、集中したい練習中もサッと通せるのでとっても便利。

コンクールや入試前の控室での短い音出しの時にもサッと通せるので、音出しの時間が少し長く取れますね。持ち運びも丸めるだけでコンパクトになり、ワイヤーなのですぐ元に戻ります。

回し者でもなんでもないのですが、昨日も生徒さんにおススメしたのでここでもご紹介してみました。こちらから買えます↓





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



B♭クラリネット用スワブ スマートロッド
価格:2673円(税込、送料別) (2020/1/31時点)

一日どれくらい練習したらいいですか?

f677451b587a076d49e07d25aa4dadef_s

上達したい方が一番知りたいことの一つではないかなと思います。色んな方を教えてきたので大体の目安は言えますが、一番誠実な答えは「個人差が大きいです。どれくらい練習したらいいかはあなた自身が一番よく知っているのでは?」ですが、もう少しヒントを。




「練習したいことを、練習したい時に、練習したいだけ練習する」




雑誌で読んだある世界的ソリストの言葉です。理想論だといったらそれまでですが、これが真実なのではと思います。ご参考までに(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。






習ったことができないのは練習方法を間違えているから?楽にできて再現性の高いやり方

581633

「レッスンで習ったことをしっかりマスターするぞ!」と練習しているのにうまく行かない時、
こんなことをしていませんか?



「動きの指さし確認」



たとえばタンギング。動きを分解すると「息を出しながら、リードに舌を付ける、離す」ですが、ここで

「息を上方向に」→確認!よし!
「舌をリードに付ける」→確認!よし!
「舌をリードから離す」→確認!よし!

確認することで頭は納得し安心するのですが、確認の時間がかかるので1つ1つの動きがどんどん重たくなり、タイミングがずれていってしまいます。

一番残念なのは指さし確認すると身体がどんどん固く縮こまってしまうこと。人間は感覚を探ろうと意識が中に入ってしまうと、視野が狭くなり身体が縮んできます。

身体が縮こまると持っている力が出しづらくなります。本来の力が出せない状態で無理に頑張るので結果はさらにイマイチになります。残念ながら良いとこナシ。


習ったことをマスターする時はこのようにやってみてください。

1.必要な動きとその手順を頭の中で整理
2.手順の通り動く

以上。できたか確認しないでどんどん動いていきます。うまく行かないときは必要な動きや動きの手順が違っている可能性があります。動きと手順を見直してリトライします。


確認しないと出来てるかわからない!と思うかもしれませんが、必要な感覚は確認しに行かなくても勝手にやってきます。「必要な感覚は来る」と信頼してやってみましょう。


この方法はアレクサンダーテクニークを学ぶ過程で習いましたが、聞いたこともないやり方だったのでかなり半信半疑でした。でもこの方がクオリティ高く労力少なくできるんですよね。しかも再現性もあります。

言葉ではわかりづらいと思うので、興味のある方はぜひ一緒にアレクサンダーテクニークのレッスンで練習していきましょう。近日中にグループレッスンもスタートする予定です!お楽しみに(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場