クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

カテゴリ: グループレッスン



こんにちは!豊永よしこです。

7月30日のグループレッスン、先日募集を開始しましたが、13:00~の回が残りあと1名となりました。15:30~の回はまだ3名入って頂けます。

これまで5回グループレッスンを開催してきましたが、レッスンを受けたり見学した方から、よく言っていただく言葉は

「先生の少しのアドバイスでガラッと変わるんですね!」

レッスンでアドバイスする時は、生徒さんを観察する事から始まります。いったい何を観察しているかというと、色々あるのですが、その中でも一番注目しているのは

「頭と身体全体の協調性」です。(頭と脊椎とも言いますが、ここでは分かりやすく)アレクサンダーテクニーク独自の視点です。

楽器のレッスンというと、まずどんな音が出ているか?やアンブシュアや指の形などを観察しますが、私はそれだけでなく、それが生まれる大本、頭と身体全体がどう使われているか?を観察しています。

頭と身体全体が協調し、バランスして上手く働いていれば、自分の持っている力が自然と出てくるのです。

その結果「音の響き」「指の動かしやすさ」「身体の楽さ」「ブレスのしやすさ」「音楽性」などが「ガラッと変わる」になります。

「頭と身体全体の協調性」に注目して指導する事が、生徒さんの隠れた力を引き出せると実感しているので、私はこの視点を中心にアドバイスをすることにしています。

そのアドバイスは、すぐ理解できるものもあれば「それ演奏に関係あるの?」みたいな一見突拍子もない言葉もあります。

でも、それは口から出まかせではなく、生徒さん全体を観察して、より協調作用が働いてバランスが良くなるような言葉を選抜しています(^^)

また、アレクサンダーテクニークでは、生徒さんに手を触れて身体の方向性を示したり、自分の身体の使い方に気付いてもらったり、協調作用を引き出したりetc…という事もします。

私も実習中ですが、アレクサンダーテクニーク教師であるので、必要に応じて手による指導も行います。

レッスンで生徒さんの変化に立ち会うと、アレクサンダーテクニークってすごいな!と思いますが、それ以上に

「やっぱりみんな、もともと出来る力を持っている!」と強く感じます。

ただほんのちょっと身体の使い方や動かし方、考え方の方向が違うだけ、それがやりたい事を邪魔しているだけなんだと感じます。

もともと持っているから、私は邪魔を取り除くお手伝い、本来の流れに向かうお手伝いをするだけです。

レッスンでは何が起こるか分かりませんが(アレクサンダーテクニークはそういうものなんです)グループレッスンではご自分の可能性をもっと感じてもらえればとても嬉しいと思います。

もちろん心身の使い方だけでなく、奏法の誤解で上手くいっていなかったり、リードや楽器等に問題がある事も沢山あるので、クラリネット教師としての視点でもみるようにしています。

興味のある方はぜひグループレッスンにお越しくださいね(^^)

7月30日(日)
『少人数でじっくり!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村








こんにちは!豊永よしこです。
先日のグループレッスンの参加者の方の感想をご紹介します。


『他の方が吹いている所をこんなに間近で見られる事はあまりないので
とても勉強になりました。(自分の時も見られている感はすごくありましたが)
先生のアドバイスで音がガラッと変わる瞬間が全員の方にありました。(Tさん)』

『予想どおり男性一人という事で、オジサン的にはオイシイけど緊張してしまいました。
いくつかのメソッドを教えて頂きましたが、個人個人で違うんでしょうね。気付きのポイントが
なかなか思い出せそうにありませんが、色々と試してみたいと思います。(Eさん)』

『普段からレッスンの時に先生から教えて頂いている事(息、姿勢etc)を意識した方々の音が
確実に良くなっている様子を見て(自分自身では変わった事があまりよくわからない)
変化が自分にも起きているという安心感が生まれた。また実感できてうれしかった。
日常の生活習慣で、頭の重さ、背中の広さ、背骨の長さ等を意識していけば、
自然に演奏にも表れてくると思った(Kさん)』

『楽器を吹いている時の自分の身体の状態を改めて知る事が出来ました。いつも気を付けている事が実は自分に逆効果だったりする事もあるというのは、自分の中で結構大きかったので、これから練習する上で何か問題が生じた時は身体の中でやっている事を観察してみようと思います(Kさん)』

『皆さん、既に上手な方ばかりなのに、その中でも質が上がったところがとても分かりました。
先生のちょっとした(ではないですが)大切な?やっていなかった事をやるだけで?やってた事をやめるだけで?こんなに良い響きに変わる事にとても頷けました。(Kさん)』

『ほんの少しのアドバイスを頂いて、ほんの少し変えるだけで、別人にように音が変わるのを実際に見て聴けて、とても良い機会でした。いつも「(音が)良くなったよ!」と言われても半信半疑だったのですが、皆さんが本当に変わっていうのを聴けて、自分もこんな風に変われてるのかなと思う事が出来ました。人のレッスンを見学する事は、こんなにも勉強になるのかと思いました。やっぱり息。帰ってくるところはここだなと思いました。大変緊張しましたが、とても良い経験でした。ありがとうございました。(Wさん)』

『先生の一言一言で、どんどん変わっていくのがわかりました。変えていくためのポイントが、
今まで知っていた方法と違っていて驚きでした。(Eさん)』



また、これから生かせそうな事も書いてくださいました。
・リラックスの仕方。いつでも動けるように固めない事。
・倍音の練習
・緊張した時は「(お客様に)見られてる」ではなくて「(お客様を)見る」という事。
・本来の身体の長さのまま吹くための手順
・自分の身体の伸び縮みにいつも気付く事
・息の方向と身体の使い方


今回のグループレッスンが上達の大きなきっかけになるととても嬉しいです!
その場ではピンと来なくても、時間が経ってから腑に落ちる事も沢山あると思います。
練習の中で少しずつ気付き、ゆっくり身に着けて頂きたいと思います(^^)



 
レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





こんにちは!豊永よしこです。
昨日無事グループレッスンが終了しました。

今回も熱心な方が6名集まってくださいました。
グループレッスンの様子を
一部ですが写真&解説でご紹介します。

まず最初は、恒例の自己紹介です。
会場の様子を把握したり、参加者の方とお話する事で緊張を和らげる事が出来ます(^^)
P3200011


次にアレクサンダーテクニークの説明。
大事な頭と脊椎の接点の位置を説明しています。
P3200030

背中に触れて首~骨盤までの長さを体感してもらっています。
P3200034



そしてメインのお一人ずつのレッスンの時間です。
故障もおありとの事で、身体の使い方についてレッスンさせていただきました。
構える時や、音を出す時に背中の広さを思い出し吹いてもらうと
徐々に音が柔らかく響くようになっていました。
P3200047
P3200050


オーケストラのソロの一部を演奏しました。
空間を意識することと、身体全体が動ける事を思い出して頂くことで
徐々に音が無理なく響くようになり、自然な歌い方が引き出されました。
P3200057
P3200060


コンチェルトを演奏しました。
頭の事や背中の広さを思い出す事、吹いている時も腕が自由であることを
意識してもらうと、音が安定して音色も改善されました。
P3200069
P3200075


スケールを演奏しました。
吹きながら反省する事をやめ
自分がやりたい演奏をする為に必要な事をした結果
スムーズな流れや安定感が生まれ、意志のある音になりました。
P3200078
P3200082


スケールを演奏しました。
緊張している時の対策を少しアドバイス
息の事をメインに考え、予備練習の後吹いてもらったところ
楽に吹いているのに音量が別人のように増大しました。
P3200087
P3200086


スケールを演奏しました。
吹いている最中も身体が動けるように考える事と
吹きはじめや低音域等で身体を縮めるのをやめてもらったところ
音の質や全体の流れがとても良くなりました。
P3200096
P3200110


最後に倍音の練習をしました。A管をより鳴らす為に
とても役立つ練習です。
P3200113


最後に全員で。参加者全員の方に良い変化が表れて私も嬉しかったです!
P3200116


どんな方でも不必要な事をやめ、必要な事をしていく事で
本来の力が戻ってきます。
そして何より大事なのは、変化する勇気です。
改善して上手になる事は、未知の世界へ進むことです。
ある意味怖いですが、勇気を持ってトライしていけば必ず変化が訪れます。

今回も沢山お伝えしたつもりが、まだ伝えきれない事も色々ありました。
また参加して頂ける事を願って・・・(^^)
参加してくださった皆さま、ありがとうございました!



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





こんにちは!豊永よしこです。
10月10日のグループレッスンに参加された方のご感想です!



身体の使い方など、知らなかった事ばかりでとても勉強になりました。
自分が変わったかはよく分かりませんが、
周りの方が変わったのが聞けて驚きました。(Tさん)


今回のレッスンを受けて身体や息の使い方を学びました。
これからの練習に生かしていきたいです。ありがとうございました。(Iさん)


身体の使い方や、意識の仕方で音が変わっていくのが
とてもおもしろかったです。
また、他の方のレッスンを見学する事で、
より理解が深まったり変化を感じる事ができました。
教えて頂いた事を日頃の練習に少しずつ生かして身につけていきたいです。
本日はありがとうございました。(Yさん)


グループレッスンは初めてだったので、
他の方の吹き方、変わり方がわかって良かったです。
自分のことが一番分からず、他人の事ならわかることがありますね。(Iさん)


個人レッスンでは自分の変化に気づけない事もありますが
グループだと周りの方の反応で変わった事をより実感できました。
また、他の方のちょっとした動きの変化で響きや音量が変わるのを
自分の耳で確かめる事ができ、大変ためになりました。(Iさん)


個人レッスンで、アドバイスされた事とほぼ同じだったが
自分では変化があまりよくわからなかったりするが、
他の方のレッスンを見ると、確実に音に変化がみられる。
自分に同じことが起きているという確信を持って練習していきたい。
身体のエクササイズを行った後の音は、余分のいきみが取れて
自然な響きが引き出されるようだった
。(Kさん)


他の方の音を聴く事によって、
どういう風に吹いたらどういう風に感じるというのが分かった。
皆さん息を吐く事より吸う事に対して気を使っている。
思考や身体に理屈を覚えさせるのではなく
他の視点、イメージを使って演奏すると自然に吹ける。(
Uさん・見学者)



このような方におすすめというご意見も頂きました。
同じ楽団の方や
息や身体の使い方に悩んでいる方
個人レッスンで上達を感じられない方
基本を見直したい方
新たな気づきがほしい方
頑張っているのに伸び悩んでいる方
初心者、経験者関係なくすべての方

私も全く同感です。このようなお悩みの方
次回ご興味があればぜひご参加ください。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました(^^)






次回開催はメルマガで先行告知します。
ブログでは読めない情報満載

月1メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村


こんにちは!豊永よしこです。
10月10日に行われたグループレッスンの様子を
写真&解説付きでご紹介します!

まずは自己紹介・・・
緊張を解く為にちょっと趣向を凝らしました(^^)
今回は教室の生徒さん2名
はじめましての方4名でのレッスンです。
PA100009PA100010


最初にアレクサンダーテクニークの説明。
頭と身体の関係を手を使って体験しています。
PA100017


腕がどこから動くかを説明中・・・
PA100029


息の出し方、
吹く時に力が入る筋肉、
吸う時に力を抜く筋肉を触って体験中・・・
PA100034


知っておくといい身体の仕組みについて説明しています。
PA100020


構え方を練習します。腕の長さと背中の広さを思い出します。
PA100045



皆で吹いてみます
PA100037


座った時の吹き方を一人ずつ見ています
PA100028

PA100047


次は立ち方です。股関節を意識して椅子から立ち上がります。
PA100048


皆で吹いてみます。
PA100052


一人ずつロングトーン・・・
PA100057


次は一人ずつ時間を取って個人レッスンです。
アイヒラーを練習。
ほんのちょっと吹く瞬間の動作を変えると、
立ち上がりが良く音が出しやすくなりました。

PA100062


指を楽に動かすコツをアドバイスした後
あえて楽譜を離して吹いてもらうと、音の鳴りが変わりました。
PA100068


スロートトーンの練習をしました。
息の使い方を変えると音質が変わってきました。
PA100069


途中、背骨が1つずつ動く事を体験する動きをしました。
背骨はいくつもの小さな骨で出来ています。
PA100072



アイヒラーで高音の練習をしました。
音が鳴るようになる考え方をアドバイス。音量が出てきました。
PA100080


アイヒラーと曲を練習しました。
ある意図を持って普段と違う構え方で吹いてもらったところ
吹きやすくなり、音も無理なく響いていました。
PA100088


発表会の曲で練習しました。
やりすぎをやめ、本来の身体の大きさを思い出してもらったら
タンギングや指の動きが軽くなり、頑張っていないのに音が鳴ってきました。

PA100089


最後に質問タイム&今回印象に残った動きなどを
お話してもらいました。

PA100012





ご参加ありがとうございました!
盛り沢山の内容でしたが、少しずつ普段の練習に生かして頂けると
とっても嬉しいです。
PA100094





次回開催はメルマガで先行告知します。
ブログでは読めない情報満載
月1メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村




↑このページのトップヘ