クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

カテゴリ: ボディマッピング

こんにちは!豊永よしこです。
スロートトーンについての記事、第2弾です。
第1弾はこちら

スロートトーンは、楽器をしっかり鳴らそう、と思って吹くと
雑音が増えたり、まとまりのない音になったりとコントロールが難しい音域です。
楽器を鳴らそうと考えて上手くいかない時は
ここを意識してみてください。オレンジ色に塗りつぶした部分です。

(左は顔を正面から見た図、右は横の断面図です。)
image
手作り感満載ですが(^_^;)オレンジ色の部分は副鼻腔、鼻腔(鼻の穴の中)。
どちらも空洞です。
この空洞・・・副鼻腔、鼻腔を利用して音を響かせてみましょう。
「鼻の中や副鼻腔を響かせよう!」と頑張るよりは
「鼻周りや上あごの天井の上に空洞があるんだな~」と軽く考えるぐらいで
息の方向を考え、音を出してみてください。

特に音を長く伸ばす時や
他の音域とのギャップを減らしたい時におススメです。
スロートトーンだけでなく、他の音域でも効果は同じですので
ぜひ試してみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村











  こんにちは!豊永よしこです。
ブレスの時、身体をどう使っているか自覚はありますか?
とても重要なのに、意外とスルーされている下アゴ。
ブレスの時、少し動くのは知っていますか?

下アゴはこんな風に動きます。

TEAMLABNETよりお借りしました。

まず下アゴの骨が動き、さらに大きく開く時に、頭が後ろに動きはじめます。
ブレスの時は、そこまで口を開けなくてもいいですよね?
という事は、アゴだけちょっと動けばいいんです。


でも、力んでいると、アゴが動かずに
いきなり頭が後ろに動いてしまう事があります。
頭の重さは体重の約10%。
ブレスの時にこの動作を何度もやると
支える首や背中、腰に大きな負担が(>_<)
この動作を演奏中何十回、何百回もやったとしたら・・・
肩コリ首コリ、息が吸えない、指が動かない等のトラブルの原因にもなりえます。
ほぼ無意識なだけに、気付きづらいのも厄介なところです。


ブレスの動きは演奏の中でもかなり影響がある動きです。
首を楽に・・・と思いながら
「顎が動く」でブレスをしてみてください。

(「頭を動かさずに」は言わない方がベターです。頭は常に繊細に動き続けているので)

何が起こってるか自覚がない時は、動画に撮って確認してみましょう。
思わぬ嬉しい変化が起こるかもしれません(^^)





レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





こんにちは!豊永よしこです。
初心者の時は「アンブシュアは動かさないで」とか「固定させて」と
よく言われますが、
取り組む曲が難しくなってくると、
それに限界を感じる方も多いと思います。

跳躍の時、メロディーを滑らかにつなげたい時
音色、音量、音程を変化させたい時などは
リードを押さえる圧力や、位置など
アンブシュアを微妙に変化させることが必要です。

アンブシュアを微妙に変化させるには
口の周りだけモゴモゴ動かしたり、くわえる角度を変えても
上手くいかない事もあります。
そんな時は、アゴの事を思い出してみてください。

アゴはオレンジ色の骨。下顎骨です。
bone_skull_side

口を開くとアゴの骨(下顎骨)が下前に下がります。
耳の前やアゴの骨全体に手を当てて、
アゴがどのように動くか観察してみましょう。
下前に下がるだけではなく
前後、左右にも少しずつ動く事もできます。
(疾患のある方は無理をしないでください)

アゴが微妙に微細に動く事によって、リードにかかる圧力や位置を変え
色々な変化に対応する事ができます。

もちろん口の周りの筋肉も微妙に動かしますが、
アゴも同時に微妙に動くと
よりスムーズにやりたい事ができるようになります。

演奏の時にアゴを動かせるようにするには
普段から噛みしめに気付いたらやめる事
長めの休符や吹きはじめの時に
アゴの力をOFFにしておく事が大事です。

吹く時はアゴの力は自動的にONです。
アゴや口の周りの筋肉が動かせる・・・と思いながら吹いてみます。
(アゴを動かそう!というよりは、あくまでも微妙に繊細に動く事を許す感じ)
アレクサンダーテクニークでよく使う声掛け
「頭が動いて自分の全部が付いてきて、〇〇が出来る」
「首を楽に」「頭が身体の一番上にのっかてバランス」等の
声掛けも同じ効果があります。

身体の使い方が改善されて
アゴが微妙に動かせるようになると
うまく行かなかった跳躍や、高音、音程に変化を付ける事などが
スムーズに出来るようになるかもしれません(^^)
ぜひ試してみてください。




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

こんにちは!豊永よしこです。
時々「立って吹く時、足の裏の重心はどこにすればいいですか?」と聞かれます。

bjoint_foot

これは膝から下の骨格図です。
構造から考えると、
体重は主に足のすねの太い方の骨(脛骨)に乗るので、
重心はその骨の真下です。
自分の足で確認してみましょう。

でも、身体は常にバランスを取り続けているので
重心は足の裏の前方、真ん中、後方、足指、横など、微妙に変化します。
重心がずうっと一緒だと、すぐ倒れてしまいますし
倒れなくても、倒れないようにと足が固まってしまいます。

大事なのはどこに重心を置き続けるかより
動きに合わせて重心も微妙に動き続ける事です。
股関節、膝、足首も動かせることを思い出して、バランスを取りながら吹いてみてください(^^)






3月20日「A管をもっと響かせてみよう!グループレッスン」
お席残り1名です。
詳細、お申込みは
こちら


レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






↑このページのトップヘ