クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

生徒さんの声、上達レポート

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」


♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

【参加者のご感想・その3】ステージで本来の力を発揮しよう!緊張対策グループレッスン

IMG_2051

緊張対策グループレッスンのご感想、最後はNさん(クラリネット愛好家)です。


先日は緊張対策レッスンありがとうございました。お陰様で色々考えるきっかけがあったと思います。

先ず緊張をほぐす為の対策ですが、いままで色々な事をやればやる程緊張してることに意識がいって逆効果になっていました。
 
今回緊張ではなく、身体をほぐす、楽器を持つ動作、など別のことに集中することで緊張を忘れる…とは、目からウロコでした。やってみます。

他の方達は、緊張しながらも演奏中にこうなったから、こうしましたと対策をキチンと取り演奏する冷静さがあって見習わなければと思いました。歩き方も優雅で落ち着いて見えました。

今回、演奏が自分の思うように吹けない…と思い、緊張が高まって対策のこと、切り替えの事すっかり飛びました。諦めが頭をよぎって演奏も音楽もどうでもよくなり、何とか最後まで吹く事だけ頑張りました。
でも、なぜか終わったあと気持ちが少し軽くなりました。何か解りませんが吹っ切れたものがあるような、ないような。何を諦めたのか…うまく吹くこと?

目標を低く定めるとは[とにかく最後まで吹く]このことかな?と考えています。ありがとうございました。


ご参加ありがとうございました!色々な気づきをされたようですね。その後演奏も日に日に安定してきているので、コツコツと積み重ねていきましょう😊 



ご感想にも少し書かれていますが、「目標を低く設定する」というのも緊張対策になります。理想が高くて「上手く吹こう」「完璧にしよう」と思ってもうまくいかない方に特におすすめです。(演奏のクオリティを低くして妥協するのとは全く違いますので念のため)

ごく当たり前すぎる「会場に行く」「ステージに立つ」「最初の1音を出す」など目標にしてコツコツ進んでいきます。これら小さな目標を確実に積み重ねていくことで望む結果がやってきます。ピンときたらぜひやってみてください☺️



体験レッスンはこちらから
クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com



★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


定期購読マガジンはこちら





クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




 

【参加者のご感想・その2】ステージで本来の力を発揮しよう!緊張対策グループレッスン

IMG_2051

ちょっと間が空きましたが、先週のグループレッスンで頂いたアンケートのご紹介です。クラリネット愛好家のKさんです。


●学んだこと、新しく知ったこと
発表会会場に着いてから出来ること、会場やステージを歩いて広さや空間を確認する、ゆっくり組み立てる等。自分の演奏を待つ間に出来ること、呼吸法や動きを伴うストレッチをする。

演奏する場所へはレッドカーペットを歩くようにする事で、あがって上半身が舞い上がってしまいがちになるのを地と足を感じる事が出来ることを学んだ。ステージでは自分だけの時間を贅沢に使っても大丈夫だということも確認できて安心できた。



●他の参加者の方から学んだこと
ステージに上がってから、柔らかい表情で余裕を持って演奏準備をするのを見ると、聴く方も準備ができるという事に気がついた。見ている側もあがらなくなる気がした。


●学んだことで実践できそうなこと
 ・ゆっくりと動作を確認しながら動いてみようと思う。
・レッドカーペットという言葉も印象深かったので実践しようと思う。
・演奏中はとにかく何をしなくてはならないかを考えるようにしようと思う。

今までの習慣とは違う事が多いので、なるべく普段から意識して行うようにして自然にできるようにしていきたい。また、曲の練習も本番を意識して周囲の空間を感じたり、お客さんがいるようなシチュエーションを想像して演奏していこうと思う。



ご感想ありがとうございました!楽しそうに学ばれていたのが印象的でした。発表会でもレッスンの成果が発揮できることをお祈りしてます😊







クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com



★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt




クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。


 

【参加者のご感想・その1】ステージで本来の力を発揮しよう!緊張対策グループレッスン

IMG_2051
ご参加いただいたUさん(クラリネット愛好家)からご感想をいただきました!


「過去の体験から未来の予測するのをやめる」「感謝できることを考えてみる」という点にかなりハッとさせられました。

変な事をグルグル考えて自分の演奏を妨げてしまうより、自分が演奏できる事について感謝する事を考える事の方がよっぽど建設的だと気付きました。感謝する対象は本当にたくさんありますので、プラスの考えで頭を満たせそうです。


他の参加者の方がやっていることも取り入れようと思いました
他の参加者の方がオリジナルの緊張ほぐしのストレッチをやっていることがわかりました。今までは腰をひねるくらいしかやっていなかったのですが、なかなか気持ちよかったので自分も取り入れてみようと思いました。

また先生が教えてくださった、それらの動作を自分で実況しながらやってみることで動作に集中できることも知りました。本番前に固まってしまった時に少しでも意識をずらすことはかなり有効だと思いました。

また他の方の演奏を聴いて自分の自信がなくなってしまった時にも「それでも自分は自分なりに作ってきた音楽がある」と気持ちを切り替えられるようになったという他の参加者の方の話を聞いて、これは自分も取り入れたいと思いました。

他にも参加者から、舞台まで歩く際に「レッドカーペットの上を歩くのを想像しながら歩く」というアイデアが出ましたが、舞台に向かう際のヒントになりました。本番は自信たっぷりに入場できそうです。


「自分より上手な人に笑われてしまうのではないか」思考をやめる方法を知れました。
癖で本番前に「自分より上手な人に笑われてしまうのではないか」という妄想を出してしまうのですが、それを逆の発想で「妄想は自由だからプラスの妄想に置き換えてしまおう」というのがなかなか衝撃的で、これは是非やってみようと思いました。


お話を聞いたり、参加者同士で意見を出し合って共感したり学んだ後で、実際に演奏してみるというのがとても良かったです。

人前で演奏する事によって本番前中のシミュレーションができたのは大きかったです。普段レッスンや一人で練習している際には感じなかった緊張ポイントがわかったので、「ここで息が苦しくなるな」とか「普段できているのに人前だとここが難しくなるな」などが先にわかったので、本番までの間少しでも自分なりに対策していこうと思えました。

また全てが対策できなかったとしても、極限状態で自分がどうなるのかわかったので、事前に何が起こるか知っているだけで本番でのパニックはかなり抑えられると思います。

あと、久しぶりに対面でのグループレッスンはとても楽しかったです。少人数の上レッスン室が広いので距離も保てましたし、安心して受講できました。

オンラインでもかなり対面に近い感じで受講できますが、やはり実際同じ場にいるのは共感度が高いと感じました。また次も本番前にこのグループレッスンを開催して欲しいです。まだグループレッスンに参加した事がない方にもかなりおすすめしたいです。

ご感想ありがとうございました!この体験が発表会に役立つと嬉しいです。ぜひまた一緒に学びましょう!



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com
 





★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




参加者の声その2『2月11日・アンブシュアの基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン』

FullSizeRender

参加された方からのご感想、その2です!その1はこちら



【Aさん クラリネット愛好家 男性】


1.レッスンを受けたご感想、学んだこと、
新しく知ったことはありましたか??

『頭の位置』について教わった事が一番印象に残っています。
今迄は『理想の姿勢』を意識しすぎて頭をかなり後ろに引く感じでいました。
そうすると気道が真っ直ぐなるのか息の通りが良くなり音も良くなるのですが、
その姿勢を保つ為に後頭部から首の後ろ、
背中にかけてかなり力まなければならず、
すぐに頭痛が始まり、息も普段の半分くらいしか吸えない状態でした。
それが『頭の位置』の説明を受けた後に吹いたら
同じような音質の音をかなり楽に出す事ができました。

2.他の方のレッスンを見学したご感想、学んだこと、
新しく知ったこと等ありましたか?

周りの空間を意識するだけで、格段に音が良くなるのには驚きました。
良い音なのに楽器の先2m位で煙のように拡散しまう感じのあった方が、
意識を変化させただけで、
音が存在感を持ったまま壁まで到達してるような感じになったのは驚きでした。
また、足を一歩前に出したり、
立ち上がったりする瞬間に音を出すと、
急に出だしがハッキリするのも驚きました。
あまりの変化に、ご本人も笑ってしまっていましたね。

3.今回学んだことで実践できそうなことはありましたか?
・「頭蓋骨と背骨がこの辺りで繋がってて…」
「腕が体に鎖骨で繋がってて…」等各部の繋がりを意識するようにすること。
・「息を吸う時に肩を上げちゃいけない」は忘れる事。
・周りの空間を意識する事。
・立ち上がる瞬間に息を出した時の感覚を掴む事。


【Iさん クラリネット愛好家 女性】
1.レッスンを受けたご感想、学んだこと、新しく知ったことはありますか?
アンブシュアグループレッスンへの2度目の参加でしたが、
前回教わったことが再確認できてよかったです。
一度目のレッスンの後、しばらく吹いているうちに新たな疑問が出てきたりもしたので、
みなさんの吹き方を見ながら再確認できた効果は大きいと感じました。
また多少ハッタリであっても、
考え方を前向きに変えるだけで音の方向性が変わったことに驚きました。

2.他の方のレッスンを見学したご感想、学んだこと
新しく知ったことはありますか?
どの方のレッスンにも、
自分にも当てはまる課題が少なからずありました。
(立ち上がりながら音を出すと芯のある音が出るのに、
動かずに音を出すと元に戻ってしまうなど。)
2度のレッスンを通して繰り返し練習方法を確認でき、
実践しやすくなりました。

3.今回学んだことで実践できそうなことはありますか?
音を出す瞬間の動作(立ち上がる、または前に踏み出す)
合奏で吹く時の意識の持ち方。



【Aさん クラリネット愛好家 男性】


1.レッスンを受けたご感想、学んだこと、

息の流れが安定すると
アンブシュアも自然に安定することが体験できた。
トータルバランスの一部として
アンブシュアを捉えることが大事だと思った。
空間を意識して、
周りの人や物を共鳴に利用するという
アイデアがとても参考になった。

2.他の方のレッスンを見学したご感想、学んだこと、
同じ楽器だとより変化がわかりやすく、
楽器歴や習熟度に関係なく
いい方向に変化する瞬間を体験できた。

3.今回学んだことで実践できそうなことがありましたか?
動きながら吹く、を
普段の練習に取り入れようと思った。
空間を意識し、
周りの人や物との共鳴を意識しようと思った。



ご感想ありがとうございました!今後の内容についても色々アイデア頂きました。高音やダイナミクス、エチュード、アンサンブルなど扱うものも順次開催していきたいと思います。また是非ご参加ください(^^)


次回は2月23日のATグループレッスンです。クラリネットの方はもちろん、他の楽器の方、生活改善したい方、大歓迎です(^^)



★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



参加者の声その1『2月11日・アンブシュアの基礎から見直してみよう!グループレッスン』

FullSizeRender

参加者の方から頂いたご感想です!2回に分けてご紹介します。




【Oさん クラリネット愛好家 男性】

1.レッスンを受けたご感想、学んだこと

楽器の構えからアンブシュアをつくる動作までの
体の動きと関連する筋肉がどう動いているかというのが
具体的に学べたことが新発見でした。

今までの自分のアンブシュアは
ほぼ間違っていたということに気づけたばかりでなく
無理なく吹けるアンブシュアを
見つけることができたので良かったです。

また、音を響かせるためには
「自分の周りの空間を意識すること」
「合奏で一緒に吹いている仲間は
音を増幅させる役割を担っていること」
の2点が重要であることを学べ、
意識しながら演奏することの重要性に
気づかされました。


2.他の方のレッスンを見学したご感想、学んだこと
普段は個人レッスンを受けているので
他の方の動作や音色が良い方向に修正していく様子を見れて
自分なりに色々と勉強できたのが良かったです。

他の方のレッスンの時に同じ動作をとったりすることで
動きについても具体的なイメージを持てるのは
グループレッスンの良さだと思いました。


3.今回学んだことで実践できそうなことがありましたか?
自然に吹けるアンブシュアを見つけれたので
リードやマウスピースなどの
仕掛けを見直すことができると思いますし、

改善前までバテやすいアンブシュアが悩みの種でしたが
無理なくクラリネットを吹くことができると思いますので
今までより練習に取り組みやすい環境になると思います。



【Iさん プロ奏者、指導者 女性】

1.レッスンを受けたご感想、学んだこと

一歩前に進んで吹くだけで、
こんなにも息のスピードが変わるのかと
ビックリしました。

音のイメージを頭の中だけではなく
実際に体を動かすことで、
さらにはっきりと描くことができたと思います。


1.他の方のレッスンを見学したご感想、学んだこと
下の歯は自分が思っていたよりも噛んで良いことや、
下の歯の役割については眼から鱗でした。
普段から噛んではいけないと
口酸っぱく言われてきたので、
噛まないことに意識がいき過ぎていたなと思い、
あらためて下の歯の役割の大切さを知りました。

3.今回学んだことで実践できそうなことはありますか?
立ったり座ったりしながら吹く



【Kさん クラリネット愛好家 女性】
1.レッスンを受けたご感想、学んだこと
グループレッスンっていいなと思いました。
初心者でもベテランでも
大事なことは同じなんだと思いました。

2.他の方のレッスンを見学したご感想、学んだこと
演奏する人が自分のの意識を変えるだけで
音が良い音になるのは、
自分自身の演奏時には分かりづらいのですが、
他の方の演奏時には
冷静に音を聴くことが出来るので、
とても分かりやすかったです。


3.今回学んだことで実践できそうなことがありましたか?
演奏前と演奏中の意識の持ち方
音の出だし
楽器の構え方
アンブシュア


ご感想ありがとうございました!お役に立てたようで嬉しいです。これからもまたぜひご参加ください。

次回はアレクサンダーテクニークを使ったレッスンです。クラリネットはもちろん、他の楽器の方、動きを見直して生活をもっと楽しくしたい方も大歓迎です。



★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com



★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
楽天市場