クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

本番対策

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」


♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

note更新『初めての録画審査』


4355618_s
(実際の現場ではありませんが、こんな感じでした)

毎年させていただいている小中高生ソロコンテスト地区大会の審査、今年は録画での審査になりました。
参加者の演奏をスクリーンに映し、それを見ながらの審査です。録画を公平に審査するには、ライブとは聴くポイントを変えなければいけませんでした。今日はそれらについて書いてみたいと思います。(あくまでも私個人の考えです)


続きはこちらからどうぞ!定期購読マガジンを購入すると読むことができます。


定期購読マガジンはこちら。
録画審査、この情勢でかなり広く採用されるようになりました。限られた情報の中で公平に審査できるように、普段とは視点を変えて審査したお話を書いています。よかったら読んでみてください。



こちら10日後に迫りました!聴講もできます。なんと小中高生は聴講無料。パートの仲間や顧問の先生と一緒に参加すると良いかもしれませんね〜レッスンを受けたい方は受講枠にお申し込みしてください。お待ちしています!


お席残り2名!
2/27『スケール1オクターブ持って集合!オンライングループレッスン』
詳細・お申し込みはこちらからどうぞ。

 

インスタライブはこちら。
過去の配信も保存してあります。
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/ 



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com



★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt




クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



実践的緊張コントロール法(2/1メルマガメイン記事)

194549

メルマガのメイン記事を書こうとしたら家のWifiが死んでしまい・・スタバで書きました。

今年は試験やコンクールを受ける生徒さんが多いので、緊張対策講座と予行練習をしているのですが、そこで配った資料をリライトして結構良いものがメルマガに書けた(自分比)ので、改めてお知らせです!

試験やコンクールを受ける方やそのご家族にはぜひ読んでいただきたいなと思います。メルマガ登録はこちらです。今日20時に配信されます。(教室にレッスンに来られた方は登録しなくても届きます)

★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt




内容は少し違いますが、こちらにもかなり詳しく書いています。




前の人も同じ曲、しかもめっちゃ上手だったらどうしますか?




これらの記事は定期購読マガジンを購入すると読めます。




必要な方はぜひ読んでみてください😊

 

基礎を極めたい方は2/27のオンライングループへ!
クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com
 



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。


 

note更新『コンクールや試験で、自分と同じ曲を前の人が演奏していたら・・』

194549



コンクールや試験の進行表を見たら、同じ曲をやる人が前にいる!しかも何人も!どうしよう・・比較される・・すごく上手だったらどうしよう😭と弱気になる。この状況で動じない人の方が少ないのではと思います。

教室の生徒さんが実際にこうなっていたそうで、どうしたらいいですか?と聞かれました。

え!どうしたらいいんだろう・・何の策もない・・心の中で思いました。私も同じ状況だったらきっと動揺するだろうし・・でも、ふとこんな考えが浮かびました。




続きはこちらからどうぞ。定期購読マガジンを購入すると読めます。




定期購読マガジンはこちら。 




コンクールや試験では課題曲が決まっていたり、決まっていなくても曲がかぶることが多いですよね。私が審査員をしているコンクールでも3人連続コンチェルティーノな年もあります。

リハーサル室から上手な演奏が聴こえてきたり、部屋が同じだったり、舞台袖で聴こえてくるとそれだけでプチパニックに陥ってしまうかもしれません。耳栓をしたところでうっすら聴こえて逆に気になってしまいます。

私もきっと動揺するからアドバイスできないな・・と思ったのですが「そうかこういう風に考えればいいんだ!」と閃いたのでシェアです。アドバイスの半分は閃きかもしれない…🤣




2/27 【1オクターブ持って集合!オンライングループレッスン】も受付中です。
http://fujisaki-clarinet.com


こんなマガジンもあります。


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt




クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。






 

note更新『またあの失敗したらどうしよう・・』の恐怖から脱出するには


FullSizeRender


「この間と同じミスしたらどうしよう」「この間みたいに指が動かなくなったらどうしよう」「ミスったら威厳を保てない」「プライドズタズタ」・・・

色んな恐怖がつきまとうものです。この記事でも書いていますが、私も大学時代に大きな失敗(と思い込んでた)をした後、また同じ状況になったらどうしようと恐怖と戦っていました。  


でも、色々経験したり学んでいるうちに、こう考えると我に帰れることがわかりました。私に役立ったのはこの2つの考え方です。


続きはこちらから!
考え方のアップデートって本当に大事!ちょっと視点を変えるだけで楽になれるんだから👍



あとはこれもすごく役立っています。
 



全部こちらからも読めます。クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com



★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt




クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。


 

note更新『人前での演奏を楽しみたいけど・・やっぱり無理!と思ってしまう時』

169995

演奏会や試験やコンクール、オーディションなどで人前で演奏する前に、よく「楽しんで演奏しよう」と言ったりしますが「そうは言ってみたけど、どう楽しんだらいいのかわからない」「緊張するから楽しむなんて無理」と思うこと、ありませんか?

演奏の楽しさは、楽しもうと思うから感じられるというよりは、勝手に湧いてくるものではないかなと思います。では勝手に楽しさが湧いてくるようになるには何をしたらいいのか?書いてみたいと思います。



続きはこちらからどうぞ!




演奏会はまだまだ少ないですが、これからの時期は学内試験や入試、コンクールなどが沢山あります。ちょっとでも記事が役立てば嬉しいです😊


こちらにも入っています。



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


オンラインピラティス続いてます!筋肉大事💪
IMG_2315


楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
楽天市場