クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

本番対策

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

アレクサンダーテクニーク教師でもある豊永よしこと一緒に練習しましょう。
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

ブラインド審査で力を発揮するには?

306816

審査員と受験者の間にカーテンや仕切りを挟み、誰かわからないようにして演奏するブラインド審査。入試やコンクールだけでなく、最近は部活のオーディションでも採用されているようです。

自分の前にカーテンがある違和感、向こうが見えない不安感、カーテンに阻まれて音が届いていないじゃないか、伝わらないんじゃないかという心配も出てくるかもしれません。普段の演奏ではあまりない状況ですね。

さて、ブラインド審査で力を発揮するためにはどうしたらいいのでしょうか?演奏している間中、これを意識するだけです。


「カーテンの向こうとつながる意識を持つ」


普段のステージと全く同じです。審査員は見えないけれど「一緒に私の演奏聴いてもらえませんか」「この曲ってこんなに素敵なんです」とつながり伝える気持ちを持って演奏します。

そこまで余裕がないなら「カーテンの向こうってどうなってるのかな?」と興味を持つだけでも違います。「どんな空間が広がってるのかな?カーテンの向こう側の空間も自分のエリアにしよう」という意識をもつと演奏が変わってきます。


これは私がアレクサンダーレッスンを受けた時に、先生からもらったアイデアです。先生の「隣の部屋で何してるか興味を持ってみようか?」の一言で音の拡がりが変わったんです。自分でも変化が分かり、聴講の方からも驚きの声が出たほどでした。

なかなか慣れないブラインド審査ですが、1つのアイデアとして試してもらえると嬉しいです(^^)/



7月26日のテーマは「立ち方、座り方、構え方」家で気軽に受けられるオンラインレッスン、試してみてください。



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


ミントを買いました。自家製ノンアルモヒートで猛暑を乗り切る所存(^^)/
IMG_1558



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。







他人にどう思われるかが気になると、失敗率が上がる

1200216

「自分の演奏、どう思われるかな…」と気になってしまう方、沢山いると思います。私もかなり人の目が気になる人間でしたが、少しずつ変化できました。そのからくりが分かり、頭の中と行動を変えたからです。

そもそもなぜ他人の目が気になると失敗率が上がってしまうんでしょうか?それは



「他人の目を気にするのにエネルギーを取られ、必要なことをやるためのエネルギーが激減するから」




結構練習したつもりだけど「どう思われるかな」にエネルギーの大部分を持っていかれてうわの空、そうしているうちに難しいパッセージや絶対決めたい高音がやってきます。どうなるでしょう?

ギャンブルのように一か八かで吹いてしまったり、恐怖で腰が引けてしまったり、準備ができていないのに吹いてしまったり…

それで失敗すると「みんなに下手って思われる…厳しいあの人、どう思ってるかな」とさらにうわの空、失敗の連鎖がやってきてしまうかも。

心当たりないでしょうか?(私は全部あります)では代わりに何をやったらいいのでしょうか?


それは「演奏に必要なことのみを考え実行すること」です。


「音を出す前の心と身体の準備」
「身体への指示はいつどれくらいする?」
「どう音楽を運んでいきたいか」
「誰と一緒にハーモニーを作るか」
「お客様とのコンタクトは?」
「音程はどう取るか」
「空間をどこまで捉えるか」
「音を出す瞬間の息はどうするか」
「音の処理はどうするか」
「難しいパッセージの手前の準備」
「息の配分」
「リセットはここでしよう」
「身体が固まってきたらこうしよう」
「スタッカートの息はこうする」などなど…100個以上書けるかも。

演奏前、演奏中には沢山沢山やることがあります。これらを考え実行していると、人の目を気にする余地が無くなってきます。エネルギーの全てを演奏に使うので、結果成功率が上がります。万が一失敗しても、やることはすべてやったという思いと経験値は確実に残っていくでしょう。



「必要なことを必要な時にやり続ける」



以上。シンプルですね!他人軸にブレたら自分軸にすぐ戻し、必要なことをやり続ける。頭の中と行動を変えるだけです。ぜひやってみてください(^^)/




このブログについて

★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


自粛が緩んだらまたピアノもやりたくなってきました。季節に合わせて「雨だれ」(^^)
FullSizeRender


クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。










わが家の夫に学ぶ、動じない秘訣

今日は年の瀬ですし肩の凝らない感じで。我が家のメンタル最強夫について書きたいと思います。

周りの人からも「メンタル強いね〜」と言われ、ほとんどの事に動じない夫。(今年のイブの夫)
FullSizeRender


「なんで?」と聞いたらこんな答えが返ってきました。


「いつも最悪の事態まで考えて、もしそうなったらどうするか考えてんねん」


大抵のことは予測済みだから動じないようです…さすがメンタル強(笑)

実はこれ、アレクサンダーテクニークで言うところの「バックポケットプラン」を用意することと同じなんです。

演奏にも応用できます。こちらに書いてあるのでよかったら読んでみてください(^^)/








このブログについて



★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録

https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました

https://note.mu/fujisaki_cla


クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



演奏を失敗させてしまう最大の敵とは?

1425948

ある生徒さんが、所属する楽団のコンサートで起こったことをお話してくれました。

「間違ったらどうしよう…止まったらどうしよう…入れないと絶対怒られる…と思っていたら、いつも出来るところも間違って、絶対吹かなきゃいけないところも入れずに落ちてしまいました…」

こういう経験した方、多いのではないでしょうか?しっかり準備をして個人練では出来ていたのに、合奏になると失敗してしまうという…

何が失敗の原因かはブログの読者の方ならお分かりですね。演奏に必要ないことで頭がいっぱいで、必要な準備ができなかったからだと思います。

練習が足りなかったのではなく、意識の持ち方の問題なんです。

意識の持ち方は自分が変えると決めないと変えられません。逆を言うと自分の意識を変えると決めれば本番で成功する確率が上がるんです!

演奏を失敗させる最大の敵とは「自分」。自分の意識です。
他人はコントロールできないけれど、自分はコントロール可能。成功して最高の気分を味わいたいですか?それならどんな意識で臨みますか?


本番対策の記事、沢山あるのでぜひ読んでみてください。







このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



本番対策は色々あるけれど…最終的にはこれです。

本番で力を発揮するためには色々な対策があり、また普段の過ごし方から自分との向き合い方なども大きく影響してきますが、最終的にはこれだと思います。
FullSizeRender
(先日のグループレッスンの板書です。ぼかしたところは参加者だけの特典です)

ついよぎってしまう「うまくできるかな」「失敗しないように」「どう思われているかな」「みんなに迷惑かけるかも」…は全部雑念。これらに持っていかれると緊張度が爆発的に上がります。

今週末本番がある方も多いと思います。「どんな音でどう歌いたいかな?」「お客様に何を伝えたいかな?」「そのためには何をしたらいいのかな?」音楽に関係することだけ考えてみる。ぜひ試してみてください(^^)/




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。







楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場