クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

本番対策

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

本番で成功するには絶対的にこれが必要です。

1378087

本番で成功するには絶対的にこれが必要です。


「練習で沢山失敗すること」


練習は実験の場です。練習で失敗することで今の自分の状態を把握し、どうしたら出来るようになるのかを考え、そこから色々な方法を試し、コツをつかんで、それをさらに洗練させて出来るようにしていくんです。


練習でも失敗を恐れていませんか?


汚い音を出したくない、リードミスを出したくない、変な音程で吹きたくない…色々なことを試すなかで変な音が出るのは当たり前。なのにそれを恐れて練習していると、その分いい音を出すコツをつかめないまま本番になってしまいます。

大昔から「失敗は成功の母」と言われていますがその通り!

失敗は失敗というより「プレ成功」なんです。練習でどんどん失敗して成功の足掛かりをつかんでほしいなと思います(^^)/




★お席残りわずか!10月12日『本番で力を発揮したい人のための実践的!グループレッスン』
★教室のアレクサンダーレッスンも今なら1,000円で体験できます!

クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン




★豊永よしこ プロフィール



★無料メルマガ登録



★メルマガの過去記事が読めるようになりました



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。









私が本番で緊張しづらくなった理由

1550311

今日は私の緊張ストーリーを簡単に書いていきたいと思います。

メルマガなどでも書いたと思いますが、大学2年までは本番では緊張しませんでした。音大入試も、学校の試験などもほとんど緊張せず、練習とほぼ同じクオリティで演奏ができていたと思います。

それが180度変わってしまったのは大学2年の時。大学内の勉強会で手が震えてうまく吹けなくなり、穴だらけの演奏をしてしまったんです。思えば一番天狗になっていた時でした(苦笑)

その後だましだまし本番に臨んでいたものの、手の震えが再現されるのが怖くて本番はストレスそのものとなってしまいました。

今はアレクサンダーテクニークを学んで、そこからはほぼ脱却でき本番は面白いものとなりましたが、以前の思考状態を分析すると、緊張でボロボロになってしまう時はある共通点があることに気づきました。それはズバリ


「余計なことばかり考えて、演奏に必要な事を考えていなかった」


人の目や結果のことばかり考えて、演奏に必要な事をほとんど考えていなかったんですね。気合と運頼みで出たとこ勝負。こんな状態で緊張するのは当然です。

今はそれが大きな原因だとわかったので、本番中だけでなく本番前から演奏に必要なことをみっちり考え、準備するようにしています。そうすると余計なことを考える暇がなくなり、結果緊張の症状がなくなるのです。

もちろん人間なので時々余計なこともよぎりますが、これが命取りなことを知っているので、1秒でバッサリ切るようにしています(^^)


10月12日のグループレッスンでは、実際に演奏していただき、その状況からその方に合った緊張対策をアドバイスしていこうと思っています。頭の中から身体の使い方まで幅広く網羅していきます。

「本当は私、もっと吹けるのに…」と悔しい思いをしている方、具体的な対策がわからなくてつり橋を渡るような気持ちで本番に臨んでいるという方、レッスン受講は残り1名、聴講は残り4名です。ピンときたらぜひ参加してみてください(^^)/


詳細&お申込みはこちら
『本番で力を発揮したい人のための実践的!グループレッスン』
クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン



★豊永よしこ プロフィール



★無料メルマガ登録



★メルマガの過去記事が読めるようになりました



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。









周りの人がどんどん失敗してしまう中、自分の順番がやってきた!そんなときどうする?

993040

ある生徒さんから聞いたお話です。このシチュエーション、結構あるあるだと思うのでちょっと書いてみたいと思います。

学校で楽器の実技テストがあったそうです。同じ部屋でみんなで待機していて、自分の順番がどんどん迫ってきます。

緊張する…大丈夫かな…と思っていると、一人が失敗!次の人も失敗!その次の人も!と前の人たちが連続して失敗してしまいます。

これはかなりピンチ!しっかり準備が出来ていてもつられて失敗しそうです。案の定生徒さんも失敗してしまったそうですが、力が発揮できずとても残念そうでした。

こんなとき、どうしたらいいのでしょうか?


私が提案したいのは「自分は本当はどうしたいか?」に戻ること。


空気に呑まれて周りに影響されまくっているそのさなかに、自分に問うのです。


「○○(自分の名前を入れてください)、本当はどうしたい?」


「練習の成果を発揮したい」
「今持っている力を発揮したい」
「演奏を楽しみたい」etc…


真剣に取り組んでいるなら、心の中にはこんな望みがあるのではと思います。「どうせ下手だから失敗でいい」「自分だけ成功したら気まずいから失敗でいい」という思いが出てくるかもしれませんが、これは本当の本当の望みでしょうか。「でも」「どうせ」「だって」はシャットアウトして、本当の望みを問うてみてください。

本当の自分の望みを思い出したら、望みをかなえるために必要な状況を整えるだけです。

頭と身体全体が動けることを思い出し、空間の中で自由に動けることを思い出し、呼吸を思い出し、周りのサポートを思い出しながら…自分のやりたいことをやる。

自分の本当の望みを思い出し、それを叶えられる身体に戻れたら結果は付いてきます。私も弱気になって我を忘れたら毎回こうしています(^^)/ピンときたらぜひやってみてください。




緊張対策がテーマになるかもしれません。
8月14日・大阪出張レッスン受付中!詳細、お申込みはこちらからどうぞ!
https://www.fujisaki-clarinet.com/2019年8月14日-大阪出張レッスン/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。














楽屋でみんなが上手に見えて自信をなくしてしまう時

PB190006
(今回の発表会会場です)

早いもので明後日は教室の発表会です!出演者の方はこの日のために、自分のできることを精いっぱい準備してきていると思います。でも当日、楽屋で他の方の演奏を聴いていると、こう思ってしまうかもしれません。


・みんないい音…
・本番慣れしてそう…
・落ち着いててすごいな…
・指がすごい回ってる…
・え!そんな難しい曲やるの?


…そして自分を振り返ると「練習も足りないし出来てないところもまだある…自信なんて全然ない…みんないっぱい練習してきてるんだろうな…こんな上手な人達の中で吹くの?!緊張しいだし、本番大丈夫かな(泣)」と逃げ出したい気持ちになってしまうかも。

でもでも…みんな一緒です。レッスンやピアノ合わせではこんな声を沢山聞きました。


「忙しくて楽器吹くの3日ぶりです」
「練習したけど出来ません」
「忙しくて時間が取れない」
「習い事の掛け持ちでいっぱいいっぱいです」
「間違わないか心配」
「ちゃんとブレスができるか心配」
「変な音が出ないか心配」


…皆さん大なり小なり不安を抱えているんです。自信満々な方は一人もいらっしゃいませんでした。そんな不安の中でも「演奏したい!好きな曲を吹きたい!」という気持ちを大切にして行動に移している皆さんを尊敬します。

明後日はどんな体験ができるでしょうか?不安になったら、その時自分に出来ることを実行していくだけです。当日はその瞬間にしかできない体験を楽しんでいきましょう(^^)/




♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/










個人練習ではできるのに、合奏でうまく力を発揮できない方へ

90b8a3183181f43e782b6e661b272201_s

何人かの生徒さんから、こんなお話を聞きました。

「個人練習では調子がいいのに、合奏に参加したとたんにできなくなる」

「合奏になると音が出なくなる」

「目立つパートになると、リードの調子が悪くなってしまう」

「合奏になると頑張りすぎてすごく疲れてしまう」

個人練習のときと合奏では周りの環境が全く違います。同じようにできないのは当然ともいえますが、せっかく練習したのに成果が発揮できないのはもったいないですよね。

今日は個人練習の時にできる、合奏で力を発揮するための練習を紹介したいと思います。

これにはちょっと想像力を使います。個人練習の時に、合奏中の様子を頭の中でイメージするのです。

・練習場の広さ

・合奏中の雰囲気

・自分と譜面台の距離、隣の人との距離

・前後左右に誰がいる?どんな人?

・仲の良い人、苦手な人の様子

・指揮者の様子 など


頭の中でイメージ出来たら、そのまま合奏の曲を吹いてみます。合奏の様子をイメージしながら吹くと何か変わってくるでしょうか?


・窮屈な感じがする

・身体が固まる感じがする

・吹くのが苦しい

・視界が狭まった

・ブレスが浅くなった


など、演奏しづらさを感じたら身体や意識の使い方を変えてみます。


・自分の周りの空間に気づく

・楽譜の周りの景色もぼんやり視界に入れる

・狭い場所でも全身の関節が動けることに気づく

・楽器が自分をサポートしてくれることに気づく

・椅子が身体を支えてくれていることに気づく

・周りの人がサポートしてくれることに気づく


など、ピンときたことを1つ実行してみましょう。やってみて身体が動かしやすくなったり、吹きやすくなったら実際の合奏でも試してみます。


「リラックス」「力まない」「周りを気にしない」などと思っても上手くいかない事の方が多いのではないでしょうか?そんなときはこのようなやり方をおすすめします。

これは、困っている事(うまく吹けない、音が出ない等)には直接触れず、身体の使い方や考え方を変えて間接的に状態を改善させる1つの方法です。

なにが起こるかはお楽しみ(^^)実験のつもりで好奇心を持って試してみてください。





♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場