クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

カテゴリ: 本番対策


こんにちは!豊永よしこです。

本番では練習の通りに、音の間違いなく外す事なく
キレイに演奏したい・・・みんなが願う事かもしれません。
でも残念ながら「本番では練習の通り」という事自体、不可能な事ではないでしょうか?
多くの場合、本番は練習とは違う会場、時間、天気、体調
しかも練習の時にはいないお客様がいるのですから
ここで練習の通りというのは、無理があると思います。

本番を1度でも経験した事がある方なら
良くも悪くも、何が起こるか分からないのはお分かりですよね(^_^)
そんな時、準備しておきたいのは非常口です。
行き止まりになってしまっても、非常口があれば、持ち直す可能性が高まります。

「これが起こったらどうしよう(>_<)」ではなく、
「これが起こったらこうしよう(^_^)v」とあらかじめ考えておく事を
おススメしたいと思います。


例えば、本番でこういう事ありませんか?

●息が吸えない、息が続かない(>_<)
もしこうなってしまったら、練習よりブレスの回数を増やします。
あわててやみくもに吸うのではなく「続かなかったらここで吸おう」とあらかじめ決めておくのが非常口。
苦しくなったら吸っても良いんだ、と思うと、気持ちに余裕が生まれると思います。

●指が上手く動かない(゜o゜)
こうなってしまったら、身体の使い方を思い出します。
指以外の所、例えば息にフォーカスを変えて吹くのが非常口。
指が固まってしまった=指をどうにかしよう、よりも
必要なのに忘れている事にフォーカスを当てると
指の負担が減って、指が自由に動きやすくなります。


●ネガティブな雑念が湧いて集中できない(ーー;)
「上手く出来なかったらどうしよう?」「いつも出来てるとこ失敗しちゃった!」と
ネガティブな雑念が出てきたら、たった今演奏している事に立ち戻るのが非常口。
過去や未来の事を考えている間も音楽はどんどん進んでいきます。
たった今の音楽をどう演奏しようかを考えましょう。

●身体が固まってしまった(゜_゜)
緊張で身体が固まってしまったら
周りを見回して自分のいる所を確認するのが非常口。
首を楽に、頭を動けるようにして、視線を動かして周りを見てみましょう。

また、身体の中で動ける場所を探しましょう。手首や足首、足の指は動かせるかもしれません。
また、固まるのは、身体がやる気を出し過ぎて筋肉活動が振り切れてしまった時。
固まるというのは、自分が頑張っている証拠なんだ、と事前に分かっていると
パニックは避けられるかもしれません。

他にも色んな非常事態があると思います。
自分が陥りやすい非常事態ではどんな非常口がいいかな?と
自分にしっくりくるものを探してみてください。
私も本番の時はいくつか非常口を用意しています。
「もしもの時はどうしたらいいかな?」と考えておくのは
安定した演奏をするための助けになります。
良かったら試してみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





こんにちは!豊永よしこです。
練習では出来るのに、
いざという時にネガティブな雑念が出てきて上手く吹けない…という方に
おススメの練習方法をご紹介します。
とっても簡単にできます。それは


「演奏している所を録画する」


通常、録画や録音をするのは、
演奏を客観的に知り改善するのが目的ですが、
ここでは

「演奏中のネガティブな雑念を無くす」
のが目的です。

本番や合奏の中でのソロ、苦手箇所
合奏中に一人ずつ当てられる時など、こんな気持ちが湧いてきませんか?
「間違えないで吹かなきゃ!」
「上手く吹かなきゃ!」
「出来てるかな?」
「高音こわい!」
「跳躍こわい!」
「pこわい!」
など

これは全部演奏を邪魔する雑念なんです。
この雑念が湧いてきている間は、
成功するために必要な事を考え実行するモードから離れてしまうので
その結果、失敗しやすくなってしまいます。


でも、この雑念、無くそうと思ってもなかなか難しいですよね。
なのでその代わりにこんな事をします。
録画中は本番と似たような精神状態になるので
いい練習になるんです(^^)

録画中、雑念が出て上手く吹けなかったら

一旦止める

どんな雑念が湧いて上手く吹けなかったのかな?を確認する

本当はどう吹きたかったのかな?と考える

思い通りに吹くために必要な考え、アクションを考える

再録画。
雑念が出てきそうになったら切り替えて
必要な考え、必要なアクションを実行し続ける。


これを繰り返していくと、
少しずつ雑念の代わりに、必要な事を考える習慣が身に付いてきます。
録音でもいいですが、「見られている緊張感」があった方が良いので
録画の方がお勧めです。
最近はスマホで簡単に出来ますよね。
誰かに見てもらう前提でやるとより効果的。
ピンときたらぜひやってみてください(^^)





 
レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





ab9c53139fa19a6d85f244d2d9fb2243_s

こんにちは!豊永よしこです。
週末、大事な本番を控えている方も多いと思います。本番対策の記事、沢山書いていますので、読み返してみてくださいね。

本番対策カテゴリ
http://clarinet.blog.jp/archives/cat_65461.html
http://ameblo.jp/fujisaki-clarinet/theme-10050322657.html


本番前はワラをも掴みたいもの(^^)ちょっとしたワラになれば幸いです(^^)



ブログでは読めない情報満載
月1メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

こんにちは!豊永よしこです。

本番で上手くいくか気になる事の一つに
ブレスがあると思います。
音楽の流れを途切れさせないために、
ブレスはあらかじめ決めたところで吸いたい
と思う方は多いんじゃないでしょうか?

でも、練習と本番では、状況が全く違うので
練習では続いていたブレスが続かなかったり
身体が固まって上手く吸えなかったり
あせって何回も吸い過ぎてしまったり、という事も多いです。

そんな時の為に、ブレスが上手くいかなかった時の
「もしもの時の対処法」を決めておきましょう。

理想とするブレスの位置だけでなく
もしもの時のブレスの位置もあらかじめ決めておくんです。


もしここでブレス出来なかったら?
少ししか吸えなくて持たなかったら?
⇒次のフレーズの切れ目で吸う
⇒次の長い音の後で吸う

あせって吸い過ぎて苦しくなったら?
⇒次の休符で余った息を吐く
⇒次のブレスでは吸わない

状況によってはスラーの途中で吸うのもアリです。
慣れればその場で対応できますが
最初のうちはあらかじめ考えておきましょう。
ブレスの取り方を考える事で
音楽をより理解する事も出来ます。

このように、もしもの時の安全策を決めておくと
緊張も少し和らぐのではないでしょうか?
ちなみに豆知識として、楽譜をジーッ見ないで吹くと(ボーっと見る)
なぜかブレスが続きますよ!
(理由は長くなるので書きませんが)ぜひお試しください(^^)

不安を少しでも取り除くのも本番対策。
安心して本番に臨めるように、準備しておきましょう(^^)





毎月1日発行・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村







こんにちは!豊永よしこです。
本番中は色々なハプニングが起こることもあります。
今日は「やらかしちゃった(>_<)」と思っている自分にかけたい言葉をご紹介します。

それは・・・



「ま、いっか!次!」です。



この言葉、前は怠け者の投げやりな言葉のようで、
あまり好きではありませんでしたが
でも実は最強の自己肯定言葉なんじゃないかなと思い始めました。

リードミスしてしまった(>_<)⇒「ま、いっか!次!」
音を間違えちゃった(゜o゜)⇒「ま、いっか!次!」
緊張して力を出せなかった(T_T)⇒「ま、いっか!次!」

すごく抵抗があるかもしれません。
「いや良くない!」と思うかもしれません。
でも、起こってしまった事はこう思うしかないと思います。

結構練習したのに、本番対策もしたのに
ハプニングが起こってしまう。
これはどんなに準備しても100%防げるものではありません。
好き好んでハプニングを起こしたわけではありません。

本番が終わった後だけでなく、演奏している途中でも
「ま、いっか!次!」と思ってみてください。
(本番中にダメ出し反省会している人いませんか?)

「ま、いっか!次!」には
「やっちゃった事はしょうがない!次はこうしよう!」
「すぐ切り替えて音楽に集中しよう!」
が含まれています。
投げやりな言葉ではなく、前向きな言葉として使ってみませんか?



それでも抵抗のある方に・・・
たとえばこんな言葉が頭の中を飛び交っていたらどうでしょうか?

リードミスしちゃった(>_<)⇒「何やってんの?」
音間違えちゃった(゜o゜)⇒「なんで今?」
緊張してダメ(T_T)⇒「メンタル弱すぎ!」

ダメ出し反省会で身体が縮こまり
ミスの連鎖が起こってしまうかも(*_*)

過去の失敗を引きずるのって、
やった人は分かると思いますが、
ものすごいエネルギーを消費してしまうんですよね。
貴重な時間も無駄にしてしまいます。

もちろんこれで奮起できる人はどんどん言ってください。
でもこんな言葉で自分を見失ったり、元気が無くなってしまうなら
「ま、いっか!次!」が良いんじゃないかなと思います。

まずは安全な練習の場で
「あ!やらかした!」と思ったら試してみてください(^^)
面白い変化が起こるかもしれません。





毎月1日発行・ブログでは読めない情報満載
月1メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

↑このページのトップヘ