クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

アレクサンダーテクニーク

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

アレクサンダーテクニーク教師でもある豊永よしこと一緒に練習しましょう。
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

身体の仕組みを学んで一番驚いたこと


こんにちは、豊永よしこ(とよながよしこ)です。今日は身体の仕組みを学んで一番驚いたことを書いてみたいと思います。

アレクサンダーテクニークでは身体全体の協調作用を働かせる一助として、解剖学の基礎を学びます。(解剖学を学ばない流派もあります)

その学びの中で特に目からウロコ…今でもその時のウロコの取れようは忘れられません。それは…ガイコツさん出番です~
FullSizeRender


内臓が股の方まで動ける
ということ。

身体全体が協調して動けている状態だと、肺に空気が入るとその下の内臓が押されてお腹が膨らみますが、それと共に押された内臓がお腹のさらに下、股の方まで動くんです!(股には骨盤底筋群があるので、もちろん有限ですが)

股の方まで使えると、必然的に肺が動けるエリアが広がり、息がより多く吸えるようになります。時々レッスンで「上半身は股関節まで、骨盤まで」とお話していますが、その意図もあるんです。

かといって「内臓を股まで下げよう」と意識的に頑張るのは逆効果。おかしな力みを生んで苦しくなってしまいます。

これも勝手に起こる部類のことです。頭と脊椎、そして骨盤の協調作用が働いていれば胴体はウエストまでではなく、股のところまで使えるんです。

胴体を十二分に使うには、立ち方、座り方、構え方がめちゃめちゃ大事なんですよね~。7月26日のオンラインのテーマです。まずは「内臓は股まで下がる可能性がある」こと、頭にメモしておいてほしいなと思います(^^)/



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


内容は同じですが段組みなどが時々変わってしまうので買い足しました。表紙と中身が全部微妙に違います。時々表紙の色まで変わる自由な出版社。
FullSizeRender


これは最新版ですね。オーソドックスなスケールです。
[クラリネット教本] 「アルバート 24の種々の音階と練習課題」 Carl Fischer社 【追跡メール便OK】
[クラリネット教本] 「アルバート 24の種々の音階と練習課題」 Carl Fischer社 【追跡メール便OK】


クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。






頑張らなくても勝手に起こること


こんにちは、豊永よしこ(とよながよしこ)です。必要な事をしていれば勝手に起こるのに、わざわざ起こそうと頑張っていることって沢山あるんです。

勝手に起こることは自然に任せた方が余計な力も要らないし、余った力を他に回すことができます。

わざわざ起こそうと頑張っていることって何?その最たるものはこれだと思います。



『楽器に息を入れる』



「楽器に息を入れる」は勝手に起こることです。

肺から空気(息)を上に移動させる
→空気(息)は上あごの天井に当たる
→上あごの天井に当たった空気(息)がリードに向かう
→空気(息)が楽器に入る
……勝手に起こりますよね(^^)


FullSizeRender

実際は「息を上方向に」「身体の中を通る方向だけ考える」「息を上あごの天井orリードに向かって当てる」などと伝え、しっくりくるものを試してもらいます。沢山の生徒さんに試してもらいましたが、明らかに音の立ち上がりや響きが変わります。


「実際にやること」を自分に指示するか「やることによって起こること」を自分に指示するかの違いです。

「実際にやること」にフォーカスを当てると、起こることが変わってきます。


力みが抜けないときは、勝手に起こることをわざわざ起こそうとしてるのかもしれません。まずは必要なことをやり続け、勝手に起こることを信頼する。

最初は違和感があって「こんなのでいいの?」と思うかもしれませんが…どう変わるかはお楽しみに。レッスンでもお手伝いします(^^)/


姿勢や構え方を変えると息の出しやすさも変わります。息についてお悩みの方ぜひ(^^)/



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



「力まない」を誤解するとこうなる

1781280_s


「楽に吹きたいから力んじゃダメ、力まない力まない…」こう思って吹く方は沢山いると思いますが、下手するとこんな方向に行ってしまいます。

・トーンホールに隙間ができてリードミス

・音程が悪くなる

・高音が出せない

・アンブシュアが不安定

・不安定な音になる

・音に芯も輪郭もない

・沢山息がいるのに吸えない

・息漏れ

・音量が出ない

・跳躍できない

・音楽的に吹けない

・力んでいないつもりなのに疲れる などなど


やりたいことがほぼできなくなってしまうんです。これは望んだことではありませんよね。

自分の力を最大限発揮するためには、身体全体を思い出しながら、必要な時に必要な力を使います。

必要な力を使うことで結果的に不必要な力が抜け、最小限の力でやりたいことができるようになるんです。結果「力まない」で吹けるようになります。


また、身体の一部分だけ力を抜こうとしても難しいもの。

「指の力を抜く」と思っても楽器を握っていたらすぐ戻ってしまいます。「喉の力を抜く」と思っても喉から下の身体を忘れていたらすぐ戻ってしまいます。

部分にこだわるのをやめ、全体に戻る。そのうえでやりたい演奏をやるというプロセスを教室ではコツコツと練習します。上達していく過程で色々な気づきがあって面白いですよ(^^)/


ちなみに私の脱力失敗談はこちら。真似しないように(笑)




クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



自粛で身体がガチガチと感じたら、試したいこと

206630

自粛生活は色々な変化を私たちに与えています。普段できていることができなくてストレスを感じたり、マッサージや整体にも行けなくて身体がガチガチ、不安と恐怖で心もガチガチ…という方も多いのではないでしょうか?

私も目に見えない自粛圧や外出して気晴らしができなくなっているので、だんだん身体がガチガチになってきたように感じます。

アレクサンダーをはじめ結構セルフで色々しているのですが、それでも未だかつてないこの状況は手強く…

何とかしたいと思い、やってみたのが寝る前に身体の様子を観察すること。

布団に仰向けに寝て頭と身体全体を思い出し、身体からの声が来るのをボーっと待ちます。

まず気が付いたのは背中の緊張です。背中を緩めて布団に100%体重を預ければいいのに、90%ぐらいしか預けていませんでした。極端にいうと布団からほんのちょっと身体を浮かすような感じに緊張していました。

背中の緊張をやめていくと、呼吸が深く楽にできるようになりました。

他にも目やアゴ、手の緊張がありました。気づいたら「この緊張をゆるめたらどうなるかな〜」と時間をかけて実験していきます。

緊張に気づき、やめていくだけ。

「誰かに身体を調整してもらう」から「自分で調整する」時代に入ってきていると思います。すごく簡単なので、寝る前に思い出したらやってみてください(^^)/




クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


近所のイオンに体温測定器?が設置されていました。ちゃんと測れるんですね~
FullSizeRender







クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



アレクサンダーテクニーク的マスクの付け方

1921596

今日はアレクサンダーテクニーク的マスクの付け方です。ただマスクを付けるといっても、色んな付け方があります。今日は2種類やってみます。




①マスクに照準を合わせ、顔でマスクを迎えに行きます
FullSizeRender



②腕と指を動かし、顔の方にマスクを持っていきます
FullSizeRender



実はこれをやってみたとき、心理面ですごい違いがありました。

①「あ~うっとうしいな~なんで嫌いなマスク付けなきゃいけないんだろ」

②「私が感染防止のために付けているんだ、付けることが周りの役に立つんだ」


①はやらされている。②は自らやっている。笑っちゃうほど違いました。


①何も考えず、マスクの方に顔を持っていく。

②広い空間にいることを思い出して、頭も身体も動いていいことを思い出して、指先が動いて顔にマスクを当てる。耳にかけおわるまで指先を使う。


色んなマスクの付け方があります(今回紹介したものが正しい間違ってるとかはありません)。こんなこと考えてるのはATをやっている人だけかもしれませんが、探求してみると面白いですよ(^^)/





結果はブログで発表します。


もっと詳しく学びたい方はオンラインへ(^^)/


ATのご相談もメールでできます!



このブログについて

★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場