クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

アレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

9月29日のグループ講座・当日レポート&ご感想


929ワークショップチラシ
かねてからお知らせしていました「知るだけで演奏が楽しくなる!変わる!心と身体の使いかた講座」、昨日無事に終了しました。

当日は、クラリネット(6名)とトランペット(1名)の方が参加してくださいました。今回はトランペットのサトウトクヤ先生http://tokuya-tp.hatenablog.com/とのコラボ企画!

当日はこんな流れで進めていきました。まず受講生の方にやってもらったのはこちら。
FullSizeRender

吹奏楽あるあるクイズです。
そして問題の解説をしながら演奏に役立つ身体の使いかた、考えかたをお伝えしたり、アレクサンダーテクニークの基礎知識をお伝えしていきました。メインはトクヤ先生。

FullSizeRender

FullSizeRender

後半はミニレッスン!お一人5~10分、アレクサンダーテクニークの視点からのレッスンをさせていただきました。クラリネットの方は私、トランペットの方はトクヤ先生がレッスンしました。
FullSizeRender

FullSizeRender

最後は質疑応答の後、記念撮影!
FullSizeRender

真剣に取り組んでくださり、ありがとうございました!受講生の方の変化に沢山立ち会えてうれしかったです(^^)

ご感想もいただきました。
FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

ありがとうございます!嬉しいご感想が多く、こちらも励みになりました。また受けたいという方も多かったので、また機会を設けて開催したいと思います(^^)



♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/











【お席残り4名!知るだけで演奏が楽しくなる!変わる!心と身体の使いかた講座】

929ワークショップチラシ

先日お知らせした9月29日の金管、木管楽器の方向けのアレクサンダーテクニーク講座、お席残り5名となりました。

クラリネット、トランペットの方だけでなく、管楽器の方は全員ウェルカムですので、興味のある方にはぜひ来ていただきたいなと思っています。

部活や楽団で習ったことをやっているけどうまくいかない、逆に身体が辛くなってしまう、という事のある方、ぜひいらっしゃってください。たとえば

・ブレスの時は肩を上げちゃいけない
・重心を下に置かないといけない
・椅子には浅く座らなきゃいけない

こんなことに「?」と思っている方には、解決のヒントを持って帰ってもらえると思います。当日ご希望の方にはミニレッスンもします。質問もどんどんしていただきたいと思います。

お申込みは8月29日までは早割があります。その他学生さんは学割、お友達同士でのご参加はペア割、SNSでシェアしてくださる方にはSNS割も使っていただけます。全部の割引を使うことも可能です。

詳細、お申込みはこちらからどうぞ(^^)
【管楽器の方募集!9/29・知るだけで演奏が楽しくなる!変わる!心と身体の使いかた講座】


♪体験レッスン受付中♪
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






お盆の帰省にアレクサンダーテクニークを使ってみる


1109496

アレクサンダーテクニークは楽器演奏だけでなく、おはようからおやすみまで、あらゆる場面に使えるのはご存知でしょうか?今日はお盆の帰省にアレクサンダーテクニークを使ってみよう!という提案です。


【混雑した駅や空港での移動】
・コロコロ(スーツケース)を押すときに、通路の左右の幅や天井の高さに気づいてみる。

・コロコロと自分が一体化、自分の身体の延長がコロコロと意図してみる。

・自分の身長、頭の位置、肩幅、身体の厚みを思い出してみる。

・子供を肯定形で注意してみる(走らない!⇒ゆっくり歩こう! など)


【乗り物で移動中】
・背中を椅子の曲線に沿わせる。背骨が1つずつ動けると思ってみる。

・足・脚が動けるスペースがあるか?どれだけ動けそうか探求してみる。

・本やスマホを見るとき、自分の身体の方に本やスマホを近づけてみる。

・乗り物が動いているときと止まっている時の身体の様子を観察してみる。


【実家や親せきの家で】
・改めて部屋の広さや天井の高さを確認してみる。

・家族や親せきの身体の動きを観察してみる

・食べるとき、食べ物を迎えに行くのではなく、最後の最後まで自分の口に運んでみる。

・寝る時、全身の関節にスペースがあって動けることを思い出してみる。


試してみるとお休み明けの疲れ方が変わってくるかもしれません。自分で考えて試すのも面白いですよ。何が起こるかはお楽しみに(^^)/



♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/










身体の故障を防ぐために身に着けたいスキル

そこそこ歳を重ねてくると、関節に謎の痛みを感じることがあります。祖母と母がリウマチだったので、関節の痛みは恐怖です。

今日は先日感じた痛みについてシェアしたいと思います。なぜか数日、左の人差し指、中指、薬指の関節が痛くなったことがありました。観察していると、動かさないと痛みはなく、曲げ伸ばしすると軽い痛みがありました。

こういう時、病院に直行するという選択肢もありますが、私はしばらく自分について観察&実験をします。


【頭と脊椎の協調作用】
頭の重さは約5キロ。たとえると常に5キロのお米が身体の一番上に乗っかっているのですから、相当の負担です。この頭と身体全体をどうバランスさせていくかが指に大きな影響を与えます。

頭と脊椎、どんなバランスで動けているのかな?と観察しつつ、まずはアレクサンダーテクニークを使って、頭と脊椎の協調作用を身体にお願いしていきます。

これで改善されることも多いですが、今回は指の痛みは変わりませんでした。なので、次の観察&実験に移ります


【指を動かす時に何をしているか】

指の動きを観察していると、動かし方によって痛みが強くなったり無くなったりすることに気づきました。

●痛みが強い時
FullSizeRender

●痛みがない時
FullSizeRender

痛みが強い時は、指の付け根の関節を使わずに、指全体を縮めるように動かし、痛みがない時は、指の付け根の関節も使って指が長いまま、手首も微妙に動きながら関節を曲げて動かしています。

痛みの原因の1つは、全部の指の関節を使わずに、手首を固め指を縮めるように動かしていたことだと推測しました。この動きを無意識に何度もしていたのかもしれません。

それに気づいたので、日常生活で何かを手に取る時、握る時など、アレクサンダーテクニークで身体全体の協調作用をお願いしながら、指の動かし方にも気を付けてみました。

幸いにも数日で痛みは完全になくなりました。アレクサンダーテクニークは身体を直す、痛みを取るというものではないのですが、身体の使い方を見直す事で結果的に痛みが無くなるという事はとてもよくあることです。

緊急を要する症状でなければ、このように観察して動きかたを選んでいくのも1つの方法です。

これは楽器にも当てはまります。無意識に何度もしている動きが、故障を生んでいることが結構あります。自分の動きを観察&実験することは、身に着けておきたい重要なスキルです。

無意識すぎて自分では全く気づけない動きもあります。それはアレクサンダーテクニークのレッスンで先生と一緒に探求していくことをお勧めします。

手っ取り早く結果を出したい方には向かないかもしれませんが、根本から自分を見直したい方、興味のある方はぜひレッスンに来ていただきたいなと思います。観察&実験のスキルを一緒に学んでいきましょう(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
 

  
アレクサンダーテクニークレッスン
(クラリネット以外の楽器もOK)
http://fujisaki-alexander.com


  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  




力んで指が回らないときに試したいこと

曲の最初は良いけど、だんだん指が力んでしまうこと、ありませんか?特に難しい曲、休みのない曲、長い曲はいい状態のまま吹き終えるのは結構大変です。

そんな時は、これを試してみてください。他の楽器にも応用できます。


「楽器と自分の間のスペースを思い出す」
FullSizeRender
これを楽器を構える時から考えてみます。

指が力んでいるときは、指だけでなく、手首やひじ、肩の関節が固まって背中~全身が動きづらくなっていることが多いのです。

そんな時、楽器と自分の間のスペースを思い出すことで、固まり縮んでいた指や手首、腕や肩や背中のが本来の状態に戻りやすくなるので、指が動きやすくなります。

まずは基礎練のときに試し、曲に応用してみましょう。何か変化があると思います。いまいちピンとこない方はぜひレッスンにいらっしゃってください(^^)/



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  



楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場