クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

鼻抜け

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

アレクサンダーテクニーク教師でもある豊永よしこと一緒に練習しましょう。
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

色々わかってきた、鼻抜けの原因

343346

2年前に書いたものですが、いまだに検索で辿り着いて読んでくれる方が多いのが「鼻抜け」の記事。


鼻抜けとは、演奏中に空気が鼻に抜けて音が出せなくなり、ひどくなると楽器演奏をあきらめざるを得なくなってしまう深刻なトラブルです。

この記事では主に「過剰な力みが原因」と書きましたが、他にも色々な原因があると考えるようになりました。




1.「力みを抜こう」という意識がある
音を出すにはある程度の力が入り、口の中の圧力も高まるものです。しかしこれを余計な力みや圧力と判断して力を抜こうとすると、軟口蓋も緩んで鼻抜けする可能性があります。


2.曲中で筋肉を休ませる習慣がない
休符や数小節の休みに吹くときに使う筋肉を休ませると、その都度疲れがリセットできるので良い状態で長く吹くことができます。

休むチャンスがあるのに口やアゴや口の中(舌)やお腹周りを緊張させたままでいると、筋肉を緩められないのですぐバテるようになり、鼻抜けも起こりやすくなります。

(休むと次の動きが遅くなると思うかもしれませんが、実は逆なんです。頭が働いていて息が使えていれば瞬時に動くことができます)


3.小技駆使で身体を固めながら頑張る
身体全体を忘れ意識的に色々な小技を駆使すると、身体が固まり鼻抜けに繋がることもあります。

「喉を開ける」「口の中を広くする」「アンブシュアを固める」「舌は根っこを固めて動かす」「頬は膨らませないで固める」…などなど首から上を固めて頑張っていませんか?

この固まった状態で「もっと息を吹き込まねば!」と頑張ると、口腔内の圧力が許容範囲を超え、堤防が決壊するように軟口蓋が耐えきれず鼻抜けしてしまいます。



鼻抜けしているからといって、鼻周りだけにフォーカスしても結果はイマイチな場合が多いです。原因が多岐にわたるからです。

身体全体の使い方と考えかたを見直し、音を出す基礎の基礎に戻って練習すると変化してきます。また、自分の体力に合ったリードやマウスピースに変えるのも改善に役立ちます。


先天的に鼻抜けしやすい方もいらっしゃいますが(この場合は医師の診断を受けることをお勧めします)、身体の使い方や考え方を変えるだけで改善に向かう方も多くいらっしゃいます。

アレクサンダーテクニークも改善の助けになると思います。気になる方はアレクサンダーの先生のレッスンを受講してみてください(^^)/


今回のテーマは「立ち方、座り方、構え方」です。もちろんこれも鼻抜けと関係があります。7月26日開催、お席残り3名です。



こんな感じでオンラインレッスンしています(^^)/
FullSizeRender


このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



演奏のときの鼻抜けについて

343346

演奏中に鼻から息が抜けて楽器が吹けなくなってしまう現象…鼻抜けで悩んでいるというお話を時々聞きます。

レッスンでもこれまでに何人もの鼻抜けしてしまう方に会ってきました。今日は鼻抜けについての今の時点の私の考えを書きたいと思います。


私が会った鼻抜けの方に共通しているのは、全身の力み。特に口やアゴ、喉、首などに強い力みがある場合がとても多いです。鼻抜けしている方を観察すると、このようなことが起きているように見えます。

力みが強い状態で楽器を吹く

息の出口(口)が強い力みによって
狭くなる

口の中の空気圧が高くなる

本来は息が鼻に空気が抜けないように
閉じられている軟口蓋に強い圧力がかかる

軟口蓋が圧力に負けて機能しなくなり
息が鼻に抜けてしまう

口から息が出なくなり、楽器が吹けなくなる


この鼻抜けの解決策は、息が通るのを邪魔している不必要な力みをやめて、息が100%口から出せるような吹き方に改善すること。

必要なところには力を使い、必要のないところの力みをやめるような身体の使いかたを練習をします。

また、息の出しかたが原因のことも多いので、身体や楽器のつくりに即した吹きかたを練習したり、必要な知識を得てもらいます。

力まないと音が出ない吹きづらいリードやマウスピースも鼻抜けの原因の1つ。自分に合った吹きやすいものに変えてもらうと力みが減ります。音が出しにくい楽器も同じです。調整でコンディションを整えます。

このような練習&対策をしても効果がない場合は、吹き方が原因でない可能性があるので、医師に相談することをお勧めします。


鼻抜けで練習に支障が出たり、恐怖感を抱えたまま本番を迎えたり、最悪楽器をやめざるをえなくなることも結構あるようです。

医学的問題は手が出せませんが、奏法や身体の使いかたからの改善ならお手伝いできますので、お悩みの方は一度レッスンに来ていただきたいなと思っています(^^)



♪体験レッスン受付中♪


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/








楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場