クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

A管

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

それでもA管が苦しい方へ…

FullSizeRender

前回、A管の記事で手や指について書きましたが、指が動けて広がるのは分かったけど力んで握ってしまうので動かない、広がらない方もいると思います。

力んでいるのに動かそう、広げようとするのはブレーキとアクセルを同時に踏んでいるようなもの。ますます消耗してしまいます。

A管が苦しい方はまずはA管に慣れること。慣れるだけで力みが少しずつ減っていきます。B♭管の時より休憩を多めに取り、休むときはスタンドに置いて身体の負担を減らします。


そして音が出る超基本を思い出してみましょう。音の発生源はどこでしょうか?一番最初の発生源はここです。
674f2001.jpg


下管でもベルでもありません。リードです。「ベルの方まで息!」とベルまで通そうと思って吹くと、意識と重心がどんどん下がり、楽器の重さが増してしまいます。

A管でもリードだけを振動させればいいという事を思い出してみてください。息の方向を身体の中を通る方向に変えて、息のゴールをベルではなくリードにして吹いてみてください。リードだけでいいと思って吹くと、余計な力みが抜けて支えやすくなるだけでなく音が響きやすくなります。


そして、またここでも出てきます。上下の歯(頭)と右手親指で楽器のバランスを取る!
FullSizeRender
(大分画像が古い…撮りなおしますね)


右手親指だけだと重いときは、右親指と右小指でバランスを取るようにしてみましょう。キーを押さえないときも、ちょっと右小指のことを思い出します。

親指は胴体の前側、小指は背中に繋がっています。親指1本だけでなく、小指を意識すると胴体全体で支えられるようになるんです。

これらを実践するとかなり楽になると思いますが、それでも大変だったり、疾患のある方はストラップの助けを借りてみてください。

ですがストラップに支配されると、もっと身体に負担のかかる姿勢になってしまいます。ストラップに自分を合わせるのではなく、自分にストラップを合わせます。

ストラップに頼りきるのではなく、あくまで身体の使いかたの改善がメイン、ストラップはサブ
と考えて使ってみてください。長さは固定しておくのではなく、練習のたびにその時の身体のバランスに合わせて微調整しましょう。


色々書きましたが、これらはA管だけでなくB♭管にも応用できます。全部実践するとだいぶ指が動けるようになると思います。楽器の重さを攻略して、より自由に楽しく演奏していきましょう(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



「A管はトーンホールの間隔が広くて構えるのが大変」という方へ

「A管は重いしトーンホールの間隔が広くて構えるのが大変!」というお話、これも結構聞きます。特に慣れていないうちは大変かもしれません。


でも、よくよく見てください。すごく間隔が広いようで、意外とそうでもないのでは?(B♭管と並べてみました)
FullSizeRender
思い込みが覆されるだけで構えやすくなることもあります。


また、指って自分が思うより広がるんですよね。広げるときは指の付け根からより…
FullSizeRender


手首から広がると思って構えてみましょう。小指キーが楽に届くようになるかもしれません。
FullSizeRender



指って手首からと考えるとすごーく長いんですよね。この骨が全部繊細に動けると思って構えます。
bone_hand



そして手の平は平らにもアーチにもなります。
FullSizeRender


手の甲から見てもアーチです。
FullSizeRender

そして、ヒジの回転や手首の動きを利用すると、こんなに動けます。





かなり自由自在!これらを総動員すると「なんかできそう!」と思いませんか?

私も手は小さい方でピアノもオクターブやっと届くぐらいですが、なんとかなっています。身体の機能を引き出していけばできることが増えていきます。ぜひ色々試してみてください(^^)/



このブログについて

★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場