クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

ローズ32のエチュード

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

【ローズ32のエチュード】「ここってどう吹くんですか?」一番質問を受けるフレーズの吹き方&練習方法

今日は生徒さんから「ここってどう吹くんですか?」と質問を受ける回数No1のフレーズについて書いていこうと思います。そのフレーズはこちら

image


この1小節目。アクセント&スラーが付いています。こういう表記は意外と見ないですよね。ここは私の知っている限りでは2通りの解釈をされているようです。

1.楽譜の通り、タンギングをせずに息の強さを調整してアクセントをつける
2.スラーはフレーズのまとまりを表現していると解釈して、アクセントは軽くタンギング+息で表現する。

先生によって解釈が違うようですが、私は今現在は1を採用しています。(2も確かに一理あるので、2を採用していた時もあります。)

今回は1の吹き方を書いてみたいと思います。タンギングなしでアクセントを表現するには、息の圧を瞬間的に上げることが必要なので、まずはテンポをゆっくりにして「フッ、フッ、フッ、フッ」と瞬間的に息を出して音を出す練習をします。楽譜通り吹くのがが大変なら、最初は出しやすい音でまず息の練習だけします。

息の方向は身体の中を通る方向です。下行形&アクセント&クレッシェンドという、身体を押し縮めてしまう要素満載なフレーズなので、息の方向を考えることを大事にしてください。 

またこの時は、息でリードを振動させ音を出すという意識が大事です。アクセントを付けるときに必要以上に口やアゴ、指が力んでしまうと音が響かなくなったり、きつい音になりがちです。

ゆっくりの練習では音と音は切れてしまってOK。この息の出し方に慣れたら、テンポを少しずつ上げ、インテンポに近づけていきます。

インテンポに近づけていくと、音と音の間は自動的に繋がってくると思います。音と音をどれくらい繋けるか、前後のメロディーや全体の曲想を踏まえて吹き方を研究してみましょう。

また、アクセントの付け具合も研究してみましょう。アクセントを付けすぎると、前後のメロディーから浮いてしまうし、音楽の流れも重くしつこくなってしまいます。アクセントが軽すぎるとアクセントがついて聴こえないこともあります。どれくらいがちょうどいいか、色々試してみるとよいと思います。

息で表現する要素が中心のフレーズだけに、普段からどれくらい息を使って吹けているかがはっきり出てくると思います。このフレーズ以外にも数か所スラー&アクセントのところがありますね。基本的な吹き方は一緒ですが、それぞれ微妙にニュアンスを変えていく必要があるかもしれません。

それぞれの場所で、どれくらいの加減で吹いたらよいのか、研究してみるのも練習の楽しみの一つです。ぜひ色々な吹き方を試して研究してみてください(^^)/




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村








「p」の音を最後まで美しく吹くには~ローズ32のエチュードより

こんにちは!豊永よしこです。

10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。
今日のお題はこちらです
image


ローズ32のエチュード、1番の最後の部分です。全体を「p」で、スラーの変わり目でタンギング、強弱をつけるところがあります。

この部分を吹く時、どんなことが頭に浮かびますか?
・怖い…
・できるかな…
・かすれないで出るかな?
・音程大丈夫かな…
・リードミス出そう…
・噛まないように…
・強弱付けられるかな…
・高音のタンギング苦手…
・息が足りるかな…

「p」のこの音域はちょっと怖いですが、これらの雑念が足を引っ張ります。恐怖感を感じると、それだけで身体が固く縮まりやすくなります。また、雑念を考えると必要なことが考えられなくなってしまいます。まずこの「雑念」を全部ごみ箱に捨てましょう(^^)/

代わりに考えたいのは「自分ならこう吹く。」ただ何となく吹くだけでは成功率もイマイチ、説得力もあまり出てきません。「この部分、自分ならどう吹きたいかな?」と思いを巡らせ、理想の音やフレーズ感やスピード感、強弱、方向性などを頭の中に創造します

そして、それを実現させるには何をしたらいいのかな?と考えます。色々やるべきこと、考えることはありますが、この場合一番考えたいのは「息」です。高音の「p」、タンギング、強弱、音程などを思い通りに吹く為には「息」が絶対に必要なんです。

音を出した瞬間から音が消える瞬間まで「息」のことを考えます。途中で息の意識が消えると、アンブシュアが力んでリードミスが出たり、音程が上ずったり、音がかすれたり、と思い通りの音とは遠ざかってしまいがちです。

息でリードが振動していないと音が出ないのに、ちょっと難しくなるとなぜか肝心の息のことを忘れてしまうのが人間ですが、そこを超えて「息」を最後の最後まで考える。これが鉄則です。


まとめます。
「p」を最後まで美しく吹くには
1.雑念を捨てる
2.「こう吹きたい」という理想を頭の中に創る
3.理想の演奏をイメージしながら、
発音~音が消える瞬間まで息のことを考えて吹く

今日のお題だけでなく、全てに使える基本なので色々応用してみてください。きっと何か変わると思います(^^)/



グループレッスンでは、息のことはもちろん、その他必要なテクニックもお伝えしていきます。興味のある方はぜひお越しください!
お席残り3名です。


10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村








【ローズ32のエチュード】ゆったりした曲のテンポを安定させるには?

image

10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。
ゆったりした曲は指の速い動きがないから楽~!と思いきや、実は別の難しさがあるもの。

安定したテンポで吹いているつもりが、気が付いたらこんなことが起こっていませんか?
・最初のテンポより速くなってしまう
・難しいパッセージやトリルや装飾で遅くなってしまう
・ややこしいリズムやパッセージの前後のテンポが安定しない

上の楽譜は、ローズ32のエチュード「1番」の一部分ですが、テンポが迷子になりやすいところです。

テンポが安定しなかったり、テンポを見失っている時はこんなことが起きているかもしれません。

・曲の拍子(「1番」なら4分の4拍子)を意識せずに吹いている
・ややこしいリズム、トリル、装飾などにとらわれて拍子が頭の中から消えてしまう
・楽譜通りに吹くので精一杯で拍子にまで頭が回らない
・休符や長い音符の長さを適当に吹いている
・曲の全体を把握せずに、最初のフレーズが吹きやすいテンポで始めてしまう etc

こんな時は、吹くのをやめて楽譜を歌ってみましょう。特定な箇所だけ出来ない場合はその部分を中心に、全体が出来ない場合は曲をいくつかに区切って練習します。(この練習ではテンポを安定させることが目的なので、アーティキュレーションや強弱等は付けません。)

まずは単純に
・「リズム」だけ歌えるテンポで歌う(ターター、ラーラーなど)
・「音名」だけを機械的に読む

リズムや音名がスラスラ読めていないと、吹いたときにテンポが不安定になるので、まずは単純に読む練習です。

これが出来たら、止まらず歌えるテンポで「リズム」と「音名」を一緒に(楽譜通り)読みます。音程は取れるところだけでOKです。取れないところはピアノなどで音程を取って歌う練習をしてみてください。

次に、指揮をしながら歌います。普通に指揮してもいいし、教室ではこんな感じでホワイトボードに書きながら歌ってもらうことが多いです。指揮するときは、音楽の流れを止めない動きをするのがコツです。
image


歌いながら拍子を感じることに慣れたら、頭の中で指揮ができるようにします。まず音を出さないで楽器に息を送るだけで、頭の中で指揮をしながら楽譜通り指を動かしてみます。指揮が消えずにずっと続けることが出来ればOKです。

それが出来たら頭の中で指揮をしながら、音を出して楽譜通り吹いてみます。ここまでできると、自然な音楽の流れの中で旋律が吹ける下地が出来てきます。この練習を繰り返しやっていくと、ゆったりした曲を吹くコツがつかめるようになると思います。

手順はこの6ステップ。
1.リズムだけ歌う
2.音名だけ読む
3.リズムと音名を合体させて楽譜通り歌う
4.実際に指揮しながら、楽譜通り歌う
5.頭の中で指揮しながら、音を出さないで楽譜通り指を動かす
6.頭の中で指揮しながら、楽譜通り吹く

止まらないでできる速さから始めます。難しく感じたら前の番号に戻ります。


また、ゆったりした曲は細かく数えることもお勧めします。4分の4拍子なら4分音符で数えるのが普通ですが、16分音符で数えてみるのです。そうすることで、細かい音符や長い音符、休符が正確にとらえられるようになり、不自然なテンポの揺れが減ってきます。この時もデジタルに数えずに、自然な指揮で動きの流れがある数え方をしてみてください。

最終的には拍子を一生懸命カウントせず、音楽の流れを感じながら吹くことがゴールです。
マイケル・ジャクソンがこんなことを言っていたそうです。
「観客にカウントしていることを悟らせてはいけない」音楽も一緒だと思います。

水面下ではあらゆる注意を払っていても、表に出ている部分は優雅な音楽しか聴こえない…練習を重ねて湖面を滑る白鳥のようになっていたいものですね(^^)/





★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村












【ローズ32のエチュード】下行形の跳躍の成功率を上げる考えかた

ローズ32のエチュードの1番の吹き方、今回は下行形の跳躍です。お題はこちら。23,24小節です。

image

下に降りようとすると、リードミスが出たり、音が出るタイミングが遅れてしまうことがあるかもしれません。

指やアンブシュア、息の使いかたの細かい技は沢山あるのですが、今回はどう考えて吹いたらうまくいくのか?を書きたいと思います。

この楽譜は音符が上下デコボコを繰り返していて、吹いている人は想像以上にその高低差に翻弄されてしまいます。その結果、冷静に吹けば大丈夫な跳躍も失敗しやすくなってしまうのですが…これを考え方で上下デコボコをならしていきます。


この黄色い線をなぞっていくような気持ちで吹いてみましょう。

image
もちろんスラーは楽譜通りかけますが、大きななだらかな弧をなぞっていくような気持ちで吹きます。
すると、下行の時の心理的抵抗感や恐怖心が減り、吹きやすくなるんです。また、きちんと下げてその音を出さなきゃ!と小技を使いすぎ失敗することも少なくなります。

身体の使いかたの面でも、楽譜の上に書かれている弧を見ることで、目の高さ=頭の高さが高くなり、必要以上に縮まることが少なくなります。音が上下するたびに、身体が不自然に伸びたり縮んだりするのを予防することもできます。

ローズのエチュードは、沢山跳躍が使われていますよね。ちょっとやりにくいな~というときにぜひ試してみてください。跳躍で頑張りすぎてしまう方にお勧めです(^^)/






★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村










【ローズ32のエチュード】上行形の跳躍をキレイにつなげるには?

image

こんにちは!豊永よしこです。
10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。

今日のお題はこちら
image

ワークショップの課題でもある「1番」の冒頭です。ここでは「3拍目のソードの跳躍」が気になる方、多いのではと思います。
うまく繋がらなくて切れてしまう、ドが詰まってしまう、リードミスが出てしまうなど、レッスンでもよく見かける光景です。

この跳躍をキレイに繋げるためには色々なコツがありますが、今日お伝えしたいのは、跳躍自体ではなくそれより前!冒頭の「ド」の吹き方です。冒頭の「ド」の吹き方で跳躍の成功率が変わってくるのです

では、冒頭の「ド」どう吹いたらよいのでしょうか?身体の使いかたの観点からいくと
この場合は身体を縮ませたり小さくしないで、身体の大きさをそのままにして吹きます。視界を広く、部屋の広さや天井の高さなど、空間を意識することが大きな助けになります。

また、息の方向を考えるときは、身体の中を通る方向にします。胴体(肺)から気管を通って上あごの天井に向かってorリードに向かって息を出します。息の方向を上or斜め上と考えることで、身体を縮めることを予防することもできます。


冒頭「ド」の時に、身体を縮めたり小さくしてしまうと、なぜその後の跳躍が難しくなってしまうのでしょうか?

見た目は「よく集中してるな」「一生懸命吹いてるな」という風ですが、実際に起こるのは、身体が縮んでしまうことで指が力み動かしづらくなっていたり、息の入るスペースが狭くなっていたり、視界が狭くなって身体全体が固まっていたり・・という状態です。

この苦しそうな状態で冒頭を吹き始めると、跳躍に差し掛かったころにはどうなるか、大体予想がつきますよね。

さらに吹き進めていくと、曲が終わるまで体力が持たないかもしれません。何とか吹いても余裕がなく、吹きたいように吹けないかもしれません。

自分の持つ本来の力を出すには、自分本来の身体の大きさで吹くことが大事なんです。身体を縮めて小さくしていると、出来るものもとても難しく感じてしまいます。

吹く時のちょっとしたクセが実は曲全体にかなりの影響を与えていることもあります。グループレッスンでは自分の邪魔をしているクセを少しでも改善するお手伝いが出来ればと考えています。

ブログではごく一部、しかも大雑把な情報しかお伝え出来ませんが、実際のレッスンでは、その方に合わせたアドバイスを情報数倍以上でお伝えできると思います(^^)/


★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村











楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場