クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

効果的な練習法

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

習ったことができないのは練習方法を間違えているから?楽にできて再現性の高いやり方

581633

「レッスンで習ったことをしっかりマスターするぞ!」と練習しているのにうまく行かない時、
こんなことをしていませんか?



「動きの指さし確認」



たとえばタンギング。動きを分解すると「息を出しながら、リードに舌を付ける、離す」ですが、ここで

「息を上方向に」→確認!よし!
「舌をリードに付ける」→確認!よし!
「舌をリードから離す」→確認!よし!

確認することで頭は納得し安心するのですが、確認の時間がかかるので1つ1つの動きがどんどん重たくなり、タイミングがずれていってしまいます。

一番残念なのは指さし確認すると身体がどんどん固く縮こまってしまうこと。人間は感覚を探ろうと意識が中に入ってしまうと、視野が狭くなり身体が縮んできます。

身体が縮こまると持っている力が出しづらくなります。本来の力が出せない状態で無理に頑張るので結果はさらにイマイチになります。残念ながら良いとこナシ。


習ったことをマスターする時はこのようにやってみてください。

1.必要な動きとその手順を頭の中で整理
2.手順の通り動く

以上。できたか確認しないでどんどん動いていきます。うまく行かないときは必要な動きや動きの手順が違っている可能性があります。動きと手順を見直してリトライします。


確認しないと出来てるかわからない!と思うかもしれませんが、必要な感覚は確認しに行かなくても勝手にやってきます。「必要な感覚は来る」と信頼してやってみましょう。


この方法はアレクサンダーテクニークを学ぶ過程で習いましたが、聞いたこともないやり方だったのでかなり半信半疑でした。でもこの方がクオリティ高く労力少なくできるんですよね。しかも再現性もあります。

言葉ではわかりづらいと思うので、興味のある方はぜひ一緒にアレクサンダーテクニークのレッスンで練習していきましょう。近日中にグループレッスンもスタートする予定です!お楽しみに(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




どんな練習をしたら身体が故障してしまうのか?

1400438

たまに実験と称して、色々なことを試してみることがあります。どこかのYouTuberのようですが(笑)先日はこれを試してみました。


「どんな練習をしたら身体が故障してしまうのか?!」


もちろん故障するまではやりませんが、実際ちょっと身体が痛くなるまでやってみました。私の場合こうでした。


「何も考えないで吹く(意図のない練習、自動運転的な数稽古)」

「自分のペースを無視して吹く(他人や集団のペースにのまれて吹く)」

「過程を無視して結果を求めて吹く」

「キャパオーバーのことを短時間でこなすように吹く」

「休憩なしで吹く」


こんな感じで練習したところ、口がバテて息漏れが激しくなり、腰と腕が痛くなってしまいました。疲労の割に結果はイマイチでしたが「頑張ったぞ!」感はあったのでそれだけが収穫でしょうか(苦笑)

おそらくこんな練習を毎日続けていたら、確実に身体が壊れてしまうと思います。よい子は真似しないでください。

特に集団のなかで動くときは難しいこともあると思いますが、自分のペースを守る方法を考えてみましょう。故障してからでは大変です。できるだけ自分を大切に、長く楽しく楽器と付き合ってほしいなと思います(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








速いパッセージ練習で、私が中学生にやってもらっている練習法

夏のコンクール、千葉でも始まりました!教室の地域の中学生のレッスンもコンクール曲中心です。

コンクールでは速いパッセージが沢山ある曲に取り組むことも多いと思いますが、音が抜けてしまったり、音量ムラが出たり、転んだり走ってしまったり…きれいに仕上がらなくて困っている方も多いのではないでしょうか?

これも沢山練習方法がありますが、私が中学生によくやってもらうのはこれです。


「速いパッセージを全部ドレミで歌ってもらう」


FullSizeRender
(写真はイメージです)

たとえばこの楽譜だと「レミソシレミソシレ」です。

実音ではなく記譜上の音を全部歌います。♯♭まで歌うと速さが出ないので省略、頭の中だけで付けてみてください。

音程を付けて歌うのが大変なら、ただドレミをつぶやくところからでOK。テンポはスラスラ歌える速さから始め、インテンポまで上げられると良いですね。

音が抜けたりリズム通り並ばないときは、頭の中に出す音がインプットされていなかったり、頭と指がリンクせず、指だけが暴走したりフリーズしていることが多いんです。

実際に吹くパッセージを口で言うことによって、頭の中に音がインプットされて速いパッセージを吹く土台が出来上がります。

ここからいくつか練習段階を踏んで完成させていきますが、まずは「歌う」をやってみてください。

一応できてるけどちょっと不安、もう一段階レベルを上げたい時もここに戻ってきましょう。情報の整理&上書きインプットができて確実さが増すと思います。本番までカウントダウンに入っている方も多いと思いますが、ピンときたらぜひやってみてください(^^)/



自分に合った速いパッセージの練習方法が知りたい方には、パンパンに詰まっている私の「練習方法引き出し」からベストのやり方をお教えします(^^)/
8月14日・大阪出張レッスン受付中!詳細、お申込みはこちらからどうぞ!
https://www.fujisaki-clarinet.com/2019年8月14日-大阪出張レッスン/




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



【全楽器共通】曲を一刻も早く仕上げたい!というときに試したいこと

640435

「時間がないから一刻も早く出来るようにしなきゃ…楽譜をもらったら即音出し!」…忙しい時ほどそう思ってしまうかもしれません。

でも必要な練習プロセスをすっ飛ばしてしまうと、せっかくの練習時間が無駄になることもあるんです。たとえばこんな感じです。

本来は1~5までのプロセスが必要なのに、あせっているのでいきなり4から入ってしまい、4から始めたもののうまくいかない。4→5→4→5…と繰り返してみるけれどパッとせず時間切れ…

できないことをできるようにするには、面倒でも必要なプロセスを踏むのが実は早道なんです。

必要なプロセスを踏むには目的が必要です。目的が具体的なほどプロセスも具体的になります。どんな目的をもって取り組みますか?


この曲のここからここまでを
インテンポで追えるレベルまで譜読みする

苦手なアーティキュレーション
このテンポまで出来るようにする

速いパッセージのここからここまでを
止まらず吹けるようにする  など…


目的はその都度細かく具体的に設定していくと、達成感も得やすく、改善点もよく見えてきます。改善点が見つかったら次の練習につなげていきます。

達成できないときは目的自体に無理があったり、練習プロセスがちょっとズレているかもしれません。目的設定やプロセス作りにも練習が必要です。違和感が続いたら見直してみましょう。

実際練習するときに気を付けたいのは、目的以外のことに意識がそれて目的を達成できなくなってしまうこと。

今回は難しいパッセージを出来るようにするのが目的なのに、そうだ高音もやらなきゃ…と高音の練習を始めてしまうなど。

気になるのは分かりますが、他に目移りしては本来の目的が達成できません。(目的と関連した練習ならOK)


目的をもって必要なプロセスを踏む。考える時間がもったいなく感じても、ぜひやってほしいなと思います。

すぐできるようになりたいと思っている時ほど簡単なところから丁寧に。実際やってみると、遠回りのようで実は一番の近道と感じてもらえると思います(^^)/


ブログにもプロセスを踏んだ練習の仕方を書いています。参考にしてみてください。

カテゴリ:上達する練習法


レッスンでは練習のやり方やプロセスをお尋ねし見直していくこともしています。

「私の練習プロセスはどうかな?もっといい練習方法ないかな?」気になったらぜひレッスンへ(^^)/


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  


クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




楽器のレッスンを一年以上受けている方へ…習ったことを自分のものにする方法

1386101

レッスンを月数回、1年以上継続して受けていると、色々なことが身に付いてくると思います。レッスンを始める前と後では、音の出しやすさ、音色や音量、音楽のとらえ方など、世界が全く変わった方もいるのでは?

今日はレッスンで習ったことをさらに自分のものにするための、とってもおススメな方法を2つ書いてみたいと思います。(他の先生に習っている方は先生の方針に沿ってくださいね)


1.練習中に困ったことや疑問が出たら、自分の中に答えを探してみる
音が響いてない気がする、タンギングがうまくできない、指が思い通りに動かない…こんなとき、どうしてますか?

「次のレッスンで聞いてみよう!」とレッスンまで問題を保留したり、逆に即ネットで調べてしまう方もいるかもしれません。

これらも解決策の1つですが、1年以上習っている方は「こういう時はこうしたらうまくいく」といううまくいった経験が自分の中に蓄積されているのではないかと思います。

疑問が出たりうまくいかないことがあったら「こういう時はどうしたらいいのかな?」と自分に聞いてみます。1人二役、1人で先生と生徒をやるような感じです。

疑問を投げかけると「こうしたらいいんじゃない?」「これ忘れてるよ」「前こうしたらうまく行ったよ」などと浮かんでくるのではと思います。その時に浮かばなくても、ある時ふと浮かんできたりします。なにか浮かんだらそれを試してみます。

いいアイデアが浮かんでも浮かばなくても、それを試してうまく行ってもいかなくても、繰り返すことが大事です。

レッスンで先生に質問するときでも、自分で考えてやってみてから聞くと、学びの質が全く変わります。上達の秘訣は自分の中に先生を作ることなんですが、自分でも考えることは自分の中の先生を育てることにもつながってきます。


2.アウトプットする
習ったことや練習したことをノートやSNSなどに書いたり、友達や家族に話したりすると、習ったことが頭の中で整理され、何もしないよりも身に付きやすくなります。

一番おススメなアウトプットは教えることです。先生に習って身についたものを、周りの人に教えてみるんです。もし周りに習いたい人がいたら、少しでいいので教えてみてはどうでしょうか?(頼まれてもいないのに教えるのはいい迷惑なので注意)

教えることで自分がどれくらい理解できているかがわかるし、習ったことをさらに整理することができて、レッスンに通うくらい、いやそれ以上の学びが得られると思います。

まだ一人じゃ何もできない…才能ないからわからない…教えるなんてとんでもない…とやらないより、不完全でもやった方が自分の力が浮上してきます。

万が一自己流になってもレッスンで元の道に戻してもらえばいいんですから(^^)ちょっと楽しそうだな♪と思ったらぜひ試してみてください。


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  

クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場