クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

スケール、音階練習

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

アイヒラーは○○してからがスタート!

FullSizeRender
(歴代のアイヒラーです。一番左は高校生の時に使っていたもの。レッスンで使うのでボロボロになったら買い替えています)

前回の○○に続きまして、今日の○○とは…


「暗譜」です。

「アイヒラーは暗譜してからがスタート!」


スケールは覚えて自分のものにすることで、はじめて曲にも応用できるようになります。

「楽譜を読みながら音符を並べて終了」では身に付くものがとっても少ないんです。一応吹いたけれど「自分のものにした」実感は薄いのではと思います。


また、楽譜を見ないで吹くことで初めて気づくことが沢山あります。

音色や音量音程、音の出だし終わり、テンポと息の関係、音高と息の関係、拍子感や調性感、リズムの正確さ、アンブシュアや指の動き、ブレスの仕方、身体の状態などなど…

気づくことが多いということは、改善点が沢山発見できているということ。気づいた改善点に取り組んでいくことで全体の質を高めることができます。

先日も生徒さんが、頑張って覚えてみましたと報告してくださいました。覚えるのは大変だったそうですが、楽譜を読んでいた時とは違う気付きがあったそうです。

いっぺんに沢山じゃなくていいんです。まずは1小節から。自分のできる範囲+α、ちょっとだけ頑張って暗譜してみましょう。

覚えるコツは色々ありますが、まずはこの2つ。

「スケールを曲のように捉えて吹くこと」
「無意識ではなく意識的に練習すること」

財産を増やすつもりでぜひやってみてください(^^)/


☆アイヒラーは日本では音大受験の課題にもなっているバイブル的存在。
[クラリネット教本] 「アイヒラー クラリネットのためのスケール」
[クラリネット教本] 「アイヒラー クラリネットのためのスケール」



☆アイヒラーはまだ手が届かない…という方はこちら。
【輸入楽譜】アルバート, J. B.: 24のスケールと練習曲 [ アルバート, J. B. ]
【輸入楽譜】アルバート, J. B.: 24のスケールと練習曲 [ アルバート, J. B. ]


☆いや、もっともっと基礎から見直したいという方はこちら。これも音階練習です。
ランスロ/クラリネットの初歩 / プリマ楽器
ランスロ/クラリネットの初歩 / プリマ楽器




無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



スケールってどう吹くの?

1248988

このブログの前はアメブロで書いていたのですが、アカウントはそのまま残しているので「過去にこんな記事書いてますよ~」というお知らせが時々来ます。今日はその過去記事をご紹介したいと思います。

スケールをやっているものの、どう吹くのかイマイチわからないという方、ぜひ読んでみてください(^^)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


(2016年1月20日)
先日のグループレッスン(基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン)の感想で
「スケール(音階)の吹き方が参考になった」と仰っていた方がいらっしゃいましたが「スケールってどう吹くんだろう?」「どう吹いたらわからない・・・」という方結構いるのではないでしょうか?


たまに、スケール本の音源があればいいのに、と聞く事もあります。でも、そんな音源が無くてもスケールのお手本はいくらでもあるんです。そもそも、スケールを練習する目的の1つは、曲を吹く技術を磨く為なのですからお手本は曲の中にありますグッド!


クラリネットの曲で言うと


・モーツァルト:クラリネット協奏曲、五重奏曲ほか、すべての作品

・ウェーバー:協奏曲第1番2番ほか、すべての作品


まだまだ沢山ありますが、これらを聴きこむだけでも十分スケールのイメージが膨らませられると思います。

アイヒラーやアルバート(アルベール)、ランスロや3Dの音階練習をやっている方も多いと思いますが、機械的に音を並べるだけの無味乾燥なスケール練習はあまり役に立ちません。


どう吹いていいか分からない時は、曲の中にお手本を探してどう吹いているか研究してみます。


自分で吹く時は練習する調の雰囲気を感じながらどんな音でどう吹きたいかを先にイメージし曲中の一節を吹くつもりで練習してみてくださいねニコニコ


元記事はこちら

https://ameblo.jp/fujisaki-clarinet/entry-12117658416.html








クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場