クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

リードミス

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

タンギング、スタッカートのリードミスを減らす構え方

このあたりの音域、タンギングやスタッカートが連続するとリードミスが出やすくなる方も多いと思います。
FullSizeRender
(クローゼ:クラリネット教則本より)

他の音域では大丈夫なのに、このあたりの音域が不安定になるときは構え方を見直してみましょう。
FullSizeRender
上下の前歯(頭)と右手親指でバランスを取って構えます。このバランスがうまく行くと、リードを押さえるポイントや圧力が決まり、リードミスが出にくくなります。

リードミスが出てしまう時は、このバランスではなく楽器を握って支えていたり、左手親指と上の前歯で支えていたり、唇の筋肉が力んでいることが多いんです。

だったら指の力を抜こう、唇を緩めるでいいじゃない?と思うかもしれませんが、このバランスで楽器を構えることができてはじめて指やアンブシュアの力みをやめることできます。まずはこのバランスで楽器を構える練習をしてみましょう。

この構えをしたうえで、出したい音と息の方向を考えて音を出してみましょう。うまく行っていればリードミスが出ないだけでなく、音の立ち上がり、音抜けや音量もガラッと変わってくるはずです。

この構えは演奏の基礎ですが、意外と知られていないことの1つです。また、この構えを「固定しよう」と思うとうまく行かなくなります。音楽と同じ、姿勢も構えも全て微妙な揺らぎの元にあります。この辺りはなかなか難しいのでレッスンでお伝えできればと思いますが、まずはこの構えを試してみてほしいと思います(^^)/


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



クラリネットで望み通りの音を出したいときの意識の持ちかた

FullSizeRender

クラリネットは同じ指使いで色々な高さの音(倍音)が出る楽器です。(この楽譜は一例です。写っていませんが左にト音記号があります)
出したい音より上の倍音が出るといわゆるリードミス、低い音が出ると不発音になり、目指す音は音が遅れて出てしまいます。

色んな音が出てしまうクラリネットで出したい音を出すとき、テクニックはもちろん必要ですが、意識の持ちかたがとても影響を与えます。音を出すのはそれほど繊細なことなんです。

たとえば上の楽譜の第3倍音「ソ」を出したいのに「第5,7,9倍音(リードミス)が出ないように…」と吹くと、「ソ」に必要な息や動きが伴わずリードミスしやすくなってしまいます。

また「鋭く飛び出さないように‥」と考えると、息が十分用意されず、必要な動きも遅れてしまうので第1倍音が最初に混ざったり、発音が遅れやすくなります。

この考えかたが残念なのは「ソを出す」と決めていないところ。ソ以外の音は出したくないと思っているけど、肝心の「ソ」を出す意識が薄いんです。

この意識では、せっかく練習でテクニックを磨いても、成功確率が低くなってしまいます。

やりたいことをはっきりと肯定形で考える。リンゴを買いたいのに「ミカンを買わないように」ではリンゴは買えませんよね。「ソの音を出す」と決めて吹くことは本当に大切なんです。

これもまた実験です。よかったら「リードミスを出さないように」から「ソの音をだす」と決めて音を出してみてください。普段とは違う体験ができるかもしれません(^^)/




★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com










リードミスを毛嫌いしている方へ…リードミスにも大切な役割があります

1154450

自分も周りもドキッとしてしまうリードミス。特に楽器を始めて数年は悩まされることも多いと思います。
音を出すコツがつかめていないとき、コントロールが上手くいかないとき、構えが安定していないとき、緊張したとき、難しいパッセージに付いていけないときはより沢山出てしまいますね。

でもこのリードミス、本当はとってもありがたい存在なんです。リードミスは「ちょっと吹き方違うよ!」「必要なこと忘れてるよ!」と教えてくれるシグナルなんです。

よくリードミスを出さないために、部活で自分に合わない厚いリードをすすめられたり、自分でどんどん厚いリードにしている方もいます。

自分に合わない厚いリードは反応が悪いので、その時はリードミスが減るのですが、長い目で見ると頑張って吹いているのに力みグセが付きやすく、頑張っているのに音が遠くに響かない、音の表情も乏しい残念な方向に進んでいってしまうんです。

吹き方のノウハウが蓄積されて安定してくれば、必ずリードミスは減ってきます。

レッスンでも、基礎練の一環として「リードミスではなく、出したい音を出す練習」をしてもらっています。

クラリネットは一生かけても足りないくらい奏法研究が必要な楽器。早く何とかしたいのもわかりますが、リードミスが教えてくれるシグナルを大切に、長い目で練習を続けていってほしいなと思います(^^)/


一人ではよくわからない!という方、お手伝いします。

クラリネットレッスン・アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-clarinet.com

  


毎月1日配信・無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  


" target="_blank" title="">http://fujisaki-alexander.com


毎月1日配信・無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  


" target="_blank" title="">http://fujisaki-alexander.com


毎月1日配信・無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  



今すぐできる!リードミスを減らす簡単な習慣

ドキッとするリードミス、出来るだけ減らしたいですよね。今日はリードミスを減らすためにぜひやってもらいたいことを書いていきたいと思います。

ちなみにこういう楽譜、見たことありますか?
FullSizeRender

クラリネットは同じ指使いで違う音をいくつも出すことができます。この楽譜のように、一番左の「ド」の指使いで「ソ」「ミ♭」「ラ♭」「ド」が出せます。

リードミスは一番左の「ド」を出そうとしているのに「ド」以外の音が出てしまっている現象です。同じ指使いでいくつもの音が出てしまう楽器なので、ある意味他の音が出てしまうのは仕方ないことかもしれません。

でも、あきらめても何も変わらないので、すぐできる、しかも簡単な習慣をご紹介します。

それは「出したい音を心の中で歌う」

出したい音を歌うことによって、その音を出す準備が自動的に行われるので、その結果リードミスの確率が減っていきます。特に楽器に慣れている人には有効な方法です。

逆に何も歌わずに吹いてしまうと、身体はどう準備していいのかわからず、リードミスの確率が高くなってしまいます。

また、心の中で歌っていても恐怖心があると、身体が固まり細かい自動制御が利かなくなってしまうので、リードミスの確率が高くなります。

この時はリードミスにフォーカスするのをやめて、心の中で歌いながら息にフォーカスすると変わってきます。

色々な対策がありますが、まずは今すぐできることから習慣にしてみましょう。やったことのない方はぜひ試してみてください(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  






順調に良い音が出ていたのに、音の最後でリードミス!の原因

050b4e229c4b4c1f7cf100a204f2c35d_s
 フレーズの最後や、ロングトーンの最後、リードミスが出てしまう事、ありませんか?特に高音ではよくある事ですよね。原因はいくつかありますが、その中でもかなりの人がやってしまっている事があります。それは・・・


音の最後で意識が消えてしまう(>_<)


音を出す時は、この2つを意識します。こういう音を出したいと思い続け、それに合った息を出し続ける

でも、リードミスに出る時は、音の最後でこの意識が消えてしまっているんです。また「リードミス出ちゃうかも(>_<)」「こわい!」の意識が入ると、息や音に対する意識が消えてしまいます。

すると、必要な息が出なくなってしまい、それに伴いアンブシュアが不安定になり、必要以上にリードに圧がかかってしまったり、押さえるポイントがずれてリードミスが出てしまうんです。

「だったらアンブシュアを固めればいいんじゃない?」と思いがちですが、アンブシュアが不安定になるのは、音と息に対する意識が消えた事で起こった「結果」。

原因をスルーして、アンブシュアを動かさないように固めようとすると、リードの振動も必要以上に押さえられて、音が響かなくなってしまいます。

また、口が固まり噛んでしまう事で音程が上ずったり、次の出だしが遅れたり、さらにリードミスが出たりという二次災害も起こりやすくなってしまいます。

音の最後のリードミスに困ったら
基本中の基本!

音の最後の最後まで
出したい音と
息を出し続ける意識を持つ。


ぜひ思い出してくださいね(^^)







★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場