クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

跳躍

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

ロングトーンやスケールを曲やエチュードにつなげて生かす方法

ロングトーンやスケールなどの基礎練習、曲やエチュードに生かせていますか?今日は基礎練をエチュードにつなげていく練習の例を書いてみたいと思います。

今回のお題はこちら。ローズの32のエチュード、25番の1フレーズです。跳躍のあるメロディーをいかに滑らかにつなげるかが鍵になります。ロングトーン、スケールで練習したことをこのエチュードにつなげていきましょう。
FullSizeRender



まずはロングトーンです。ここでの目的はできるだけ長く音をもたせることではなく、生きた音を創ることです。

拍は決めずに、一息で吹ける長さで練習します。曲中に出てくる音を中心に練習するとよいでしょう。

音を出す瞬間から音が消える最後の最後まで息で音を出すこと、出だしから音の最後の最後まで息の方向(息が身体の中を通る方向)を考えて吹きます。

拍を決めたロングトーンをやりたい場合は、これができてからでよいと思います。意図のない拍設定は悪い意味で息を節約するクセが付いたり、棒吹きや力みの原因になります。


次にスケールです。今回はこのような跳躍系のスケールを練習。
FullSizeRender
全部スラーで、まずはゆ~っくり練習します。今回はメトロノームで16分音符60。余裕を持って色々なことを考え、準備しながら吹ける速さで練習しましょう。

スケールは最終的には曲につなげていくので、機械的にやるよりも、曲のつもりで練習するとより効果が出てきます。

ロングトーンで気を付けた息のことをもちろんスケールでもやります。「息を出だしから最後まで出し続ける、息の方向を考え続ける」

練習していると音の高さによって息の勢いを変える必要があることに気づくと思います。跳躍ではどのように息の勢いを変えていけばよいのか、研究してみましょう。

音の変わり目では息が弱まったり、息が一瞬止まってしまうこともあります。これはブツブツ切れてしまう原因になるので、音の変わり目は特に息のことを考えてみましょう。

また、アンブシュアが固まった状態だとなめらかに繋がりません。跳躍の時に、いつどれくらいアンブシュアを柔軟にしていくとスッと繋がるのかを研究してみましょう。

跳躍は指がばらけ、間に違う音が入ったり、指のタイミングがズレて音がスムーズに出なくなることもあります。指はトーンホールを塞ぐ、キーを押さえる力があれば十分、指がせりあがった構えになっていたら、両手小指を意識しながら動かしてみましょう。

右手親指の存在が希薄だと、楽器を握って指の自由が制限されるので、右手親指&上下の歯(頭)の支えの確認も忘れずに。

また、指の動きの質も滑らかさにとても関係しています。自分の完成形のイメージに合った指の動きも研究してみましょう。音を出しながらだとうまくいかなかったり、よくわからない場合は、音を出さずに息だけで空吹きで指の動かし方を研究してみます。

※できないときは負荷を出来るだけ減らすのが練習のコツです。負荷が軽い音を出さない練習やゆっくりで出来るようになったら、音を出したり、テンポを上げて負荷をかけていくと良いと思います。


そしていよいよエチュードにつなげていきます。
FullSizeRender

ロングトーンで練習した「息の出し方」とスケールで練習した「指の動かし方」「音が動いていく状態での息の出し方」「アンブシュアの柔軟さ」をここで集結させます。

気をつけることが多いので1つできると1つ忘れる状態になりがちですが、忘れたらその都度必要なことを思い出してリセット。考えながら何度も繰り返し練習します。フレーズを細かく分けて練習したり、2音、3音ずつでさらに細かく練習するのもお勧めです。

出来るようになってきたら、技術的なことと同時に、全体の構成やフレーズのまとまり、和音の移り変わり、音の向かう先などを考えていくと、音楽的に吹けるようになるだけでなく、より吹きやすくなります。

基礎練では出来たのにエチュードになるとできなくなる時は、もう一度基礎練に戻って練習します。行ったり来たりしていくうちに、少しずつ質が上がってくると思います。


今日は1つの例を書きましたが、どんな曲、エチュードでも必ず基礎練につながっています。普段から基礎練のなかに曲やエチュードとの共通要素を探しながら練習することをおススメします。

基礎練をただのウォーミングアップや機械的な練習にせず、曲やエチュードに生かしてどんどんレベルを上げていきましょう(^^)/


ローズ32のエチュードはこちら。名エチュードなのでぜひ練習してみてください。





♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/










なぜか男性に多い!?高音域からの跳躍のNGグセ

145511b

高音域の下行形や、高音域から中音域、低音域への跳躍。
これらはアンブシュアや息、身体の使い方や考え方など、色々なことを変化させ工夫しながら行う高難度の技です。

こんなときについしてしまうクセ、ありませんか?なぜか男性に多いような印象です・・・

「音を変えるときに、喉で一瞬息を止めてしまう」

難しい跳躍を力技で乗り切ってしまうのです。

自分でも喉を操作して息を止めている感覚があったり「ウッ」「クッ」「グッ」という小さな音がしている時は、このクセで吹いている時。

喉で止めると、とりあえず音は出るのでいいようですが、音がつながっていなかったり、音が出るタイミングが遅くなっています。

さらに危ないのは、喉の力みを助長してしまうこと。喉の力みが習慣化すると、出す音全部が細くて固い貧弱な音になってしまいます。

また、のどの力みは全身の力みにつながるので、身体を自由に動かすことが難しくなり、吹くこと自体が大変になってきます。

喉で息を止める操作がクセになっていても「喉で止めるのをやめて、息を出し続けてみてください」とアドバイスすると、ほとんどの方はすぐ出来るようになります。

クセが出たら新しいやり方でやり直してみる。完全に変えるまでに時間はかかりますが、良い音が出るようになるのでぜひ練習してほしいなと思います(^^)/




楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  





跳躍でリードミスが出てしまう時に気を付けたい重要ポイント~ローズ32のエチュードより

こんにちは!豊永よしこです。
10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。

今回は跳躍でリードミスが出てしまう時に、忘れないでほしい重要ポイントを書いてみたいと思います。

お題はこちら 1小節目の1,3拍目や2小節目の1拍めの「ミ」に降りる形はリードミスが出やすいところです。
image




沢山気を付けたいポイントはありますが、まずはこの基本中の基本を思い出してみてください。


この2点ポイント。頭(上下の歯)と右親指のバランスです。この2点でバランス良く楽器が構えられていれば、跳躍の時にも楽器が安定して、不要なアンブシュアや指の力みを減らすことができます。結果的にアンブシュアの動きに自由度が出て、リードミス率がかなり減ります。 息の流れも良くなるので、滑らかにつながりやすくなります。

この2点ポイントは、跳躍だけでなくどんな時でも重要ですので、ぜひ身に着けてほしいと思います(^^)/

このフレーズの吹き方は、こちらにも違う視点で書いています。
下行形の跳躍の成功率を上げる考え方




グループレッスンではこのほかの重要ポイントもお伝えしていきます。
お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村














跳躍を上手く吹くための5つのアイデア

71407bf4fa812e711c4f188c5c5607ee_s

こんにちは!豊永よしこです。
跳躍を上手く吹くテクニックはもちろんありますが、今日は考え方からのアプローチを5つご紹介したいと思います。

1.上行なら下行、下行なら上行のつもりで吹く
人間の本能的な動きとして、音が上行する時は身体を縮めてから伸びる(反る)動き、下行する時は身体を縮める動きが起こります。この動きが身体の機能の邪魔をしている事があるんですね。
上行の時は下行のつもり、下行の時は上行のつもりで吹くと、その動きが起こりづらくなり、上手くいく確率が上がります!


2.「これ得意です!」とつぶやいてから吹く

「嫌だな~出来る気がしない」と思って吹くと、心と身体が縮こまり、出来る確率が激減します。
ウソでも「これ得意です!」とつぶやくと、脳と身体が本来の大きさを取戻して、上手くできる確率が上がります!

3.息を普段の2倍意識する。
跳躍は息が命ですが、出来ない時は、息が止まったり流れが悪くなっています。
跳躍する前から、跳躍する瞬間、跳躍した後までずう~っと息の事を思い続けてみてください。上手くいく確率が上がります!息の方向はもちろん・・・いつも書いている通りです(^^)

4.楽譜を見ないで吹く
人間は苦手な楽譜を目にしただけで、心と身体が縮む生き物。さらに楽譜をジ~っと見ながら吹くと、視界が狭まりさらに身体が縮みます。
苦手と感じている跳躍はすぐ覚えて楽譜を見ないで吹きましょう。上手くいく確率が上がります!

5.歌ってから吹く
出来ない跳躍は、頭の中のイメージがぼんやりしていて闇雲に吹いているだけ、という事があります。
吹く前に、まずは歌ってイメージをしっかり作りましょう。音域的に歌うのが難しい場合は、頭の中に完全に出来ているイメージをつくります。すると、上手くいく確率が上がります!


技術的には力があるのに出来ない時は、やりたい事がぼんやりしていたり、やりたい事を邪魔する動きが発動している時です。
こんな事で上手くいくの?と思わずに、よかったら試してみてください(^^)


毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場