クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

考えかた

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

基礎練で上達を感じられないとき、思い出したいこと



d0e6da9be6d8d157a099d37c2b1d2aeb_s


色んなロングトーン、スケール、タンギング、倍音の練習など、習慣化した基礎練、そもそもなぜそれをやっているんでしょうか?

これらはただこなすものではなく、色んな目的があるはずです。

・アンブシュアを柔軟にするため
・持久力を高めるため
・指の動きを速く軽くするため
・舌を速く動かすため
・表現力を底上げするため など

身体能力を上げるのが目的のようですが、そのさらに奥に本来の目的があると思います。本来の目的とは、おそらくこういうものではないでしょうか?

・もっと美しい音で表現したいから
・説得力のある演奏をしたいから
・バテずに最後まで自分の演奏をしたいから
・音楽の素晴らしさを伝えたいから など

基礎練で上達を感じられず、マンネリ化してきたり、なんとなくこなしている時は、奥にある本来の目的を思い出してみましょう。

本来の目的を思い出せれば、取り組む姿勢が変わり、練習方法や内容、質もおのずと変わってきます。

長い道のりの中では練習する意味がイマイチ分からなくなることもあります。ちょっと停滞してしまったときは根っこに戻る。よかったらそんな時間を取ってみてください(^^)




929ワークショップチラシ


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/







自分のパワーを奪うもの、パワーを与えてくれるものの正体

1c332410550816c3fd742c84843cb484_s

人間はもともとパワーの塊です。楽器演奏も、もともと持っているパワーを減らさないようにするだけでかなりの成果が出せるのではないかと思っています。

では自分のパワーを減らすものって何でしょう?たとえば皆と演奏するとき、誰かに演奏を聴いてもらうとき。

【自分のエネルギーをマイナスする要素】
・自分をよく見せようという意識
・人目を気にして遠慮してしまう意識
・間違えたらどうしようという不安
・怒られたらどうしようという恐怖
・自分なんてどうせダメという自己否定 など

仮に持っているエネルギーが100、パワーを減らすものが1つマイナス10とすると…こういう思いで演奏するだけでマイナス50ポイントです。

もともと100あるのに半分に減ってしまいました…半分に減っているのにそれ以上の演奏をしようとするわけですから、それは力むし失敗もしますよね。

だったらこれらを考えないようにすればいいのですが、考えないようにしようとしてもつい考えてしまうのが人間です。

「梅干しを絶対に思い浮かべないでください!」

…知らないうちに唾液が出てきますよね(^^;)マイナスを無くすには、その代わりに必要なことを思い出し実行します。

たとえば「美しいメロディーを豊かな響きで滑らかに吹きたい」というときは、何が必要でしょうか?

・全体のイメージを頭の中に作る
・力が発揮できる身体の使いかたをする
・身体が動きやすいような空間の意識をする
・必要な息を出す
・必要な指の動きをする など

これ以外にも沢山ありますよね。これを全部実行します。やることが膨大にあるので、マイナスを考える暇がなくなる=結果マイナスがなくなるのです。逆に考えると、マイナスにのまれてパワーを失っている時は、必要なことをしていないときかもしれません。

必要なことを考えて実行するだけで、少しずつ演奏が変化してきます。これを繰り返して、さらにやりたい音楽に必要な技術を磨いていくことで「こんな風に演奏したかったんだ!」という理想に近づいてきます。

「必要なことをする」で50マイナスを100に戻しましたが、さらにパワーをプラスにすることもできるんです。

【自分にパワーを与えてくれるプラス要素】
・共演者からのサポート
・お客様からのサポート
・空間からのサポート など

自分の周りにはサポートが溢れています。

たとえばオーケストラや吹奏楽、アンサンブルでソロを吹くとき、周りの人は自分の演奏をサポートしてくれる和音やリズムを演奏してくれます。もし楽譜に音があるのに共演者が演奏してくれなかったら…色んな意味でとっても怖いですね(笑)そう考えると強力なサポートだと気づけるのではと思います。

そしてお客様は自分の演奏を聴いてくれます。自分のために貴重な時間やお金を使ってくれて、座って聴いてくれる行為自体が強力なサポートです。

そして自分の音を増幅してくれる会場、自由に動ける周りのスペース、観客まで音を伝えてくれ、音を出すのに絶対に必要な空気が無尽蔵にあります。

これらのサポートを受け取るには…サポートが沢山あることを思い出すだけです。自分を強力にサポートしてくれるものを思い出し、思いを馳せてみる。視界を広くして実際に見てみる。そうするとたった一人で頑張っているわけではないことが実感できるのではと思います。

パワーをマイナス、プラスにするのに共通するのは意識を変えるということ。自分の外側や他人に対する意識を変えるということです。外側や他人に振り回されてどうにもならないと思いきや、実はどちらも自分でコントロールできるものなんですよね。

私も意識を変える練習を沢山して、結果本番の緊張をかなり減らすことができました。よかったら意識の持ち方の書き換え、トライしてみてください(^^)/


929ワークショップチラシ
お席残り4名!クラリネット以外の管楽器の方も大歓迎です。
【管楽器の方募集!9/29・知るだけで演奏が楽しくなる!変わる!心と身体の使いかた講座】


♪体験レッスン受付中♪
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/














注意されたり怒られるのが怖い方へ…自分の繊細さを守るために、思い出したい大切なこと

1142422

楽団や部活、レッスンなどで、指揮者や先生、先輩に注意されたり怒られること、結構あるかもしれません。音楽を創る過程や楽器の上達には必要なときもありますが、それはすべて受け入れなくてはいけないのでしょうか?

いつも注意されたり怒られている方がいいという方もいますが、そうではない方の方が多いのでは?特に音楽にかかわる方は繊細な心の持ち主が多いと思います。

自分の繊細さを「神経質」「細かすぎる」「敏感すぎる」「弱い」「扱いにくい」と否定的にいわれることもあるかもしれません。(私も小さいころ親に「神経質」とよく言われてきました)でも音楽を極める点では長所です。せっかくの長所にフタはしたくないですよね。

でも繊細だからこそ、何か言われると衝撃を受けたり、それをできない自分を責めてしまいがち。今日は繊細さを守るための考えかたを1つご紹介したいと思います。


「言われたことを全部受け入れなくていい
言われたことをどう受け入れるかは自分の自由」


「指導を受けてるんだから、自分のことを思って言ってくださってるんだから、全部受け止めて全部やらなくては!」上の立場から言われるとそう思いがちですが、実は言われる側がそれをどう受け入れるかは自由なんです。たとえば、何か言われたときは、こんな選択肢があります。

・その通りだと思うから受け入れる
・いうとおりにしないと怖いから受け入れる
・イマイチ腑に落ちないから保留
・もっともだと思ったけど、傷つけられた感があるから保留orスルー
・全然意味が分からないから保留orスルー
・ただ感情のままに怒ってるからスルー


少なくとも「受け入れる」「保留」「スルー」3種類あるんです。他には「攻撃」「逃げる」という選択肢もあります。これも自分を守る方法です。

上の立場の人(親や先生)の言うことを聞かなければいけない、言うとおりにしないと怒られる、言うとおりにしないと大変なことになる…大人の保護の下で生きる子供時代に植え付けられた習慣ですが、今もそれが必要かは「?」です。大人になってもそれをやり続けなくてもいい、そんな選択もあるはずです。

10代の子供であっても、選択の自由があるのは同じです。子供が何も選べないというのは誤解。教室の生徒さんに接していると、むしろ大人よりも自分の想いに沿ったものをクリアに選ぶことができるように感じます。

また「指導してくださってるんだから、何を言われても傷つけられた、腹が立ったと思っちゃいけない」と出てきた感情を抑えていませんか?

自分の感情にNGを出し続けるのは自分にNGを出し続けること。 結果自己否定で自分を傷つけてしまうことに。心の中は自由です。言われたことに対して何を思ってもいいんです。

自分がリラックスできる居場所…家や自分の部屋に招く人は選びますよね。そしてどう過ごすかも自由なはず。同じように自分の心の中に入れることも選んでいい。こう思っちゃいけない、という規則もありません。世界に1つしかない自分の感性を大切に守るための1つのやり方、よかったら試してみてください(^^)



お席残り4名!クラリネット以外の管楽器の方も歓迎します。
【管楽器の方募集!9/29・知るだけで演奏が楽しくなる!変わる!心と身体の使いかた講座】
929ワークショップチラシ
♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/








比較するなら他人とではなく…

a7d7d054db284ed6d21eeaba6598b2c1_s

上手な友達と自分を比べて落ち込んでしまったり、はては上手な後輩と比べて自分にダメ出ししてしまうこと、ありませんか?

他人と比べることがパワーの素になればいいのですが、多くはあまりいい方向に行かないような気がします。
そんな時に出るパワーは、何か不純物を含んだような、すぐガス欠になりやすいような印象があります。

もし人との比較でパワーダウンしてしまうのなら、代わりに過去の自分と比較してみましょう。

・30分前の自分と比べる
・半年前の自分と比べる
・新しい練習法を取り入れる前と後の自分を比べる
・レッスンに通う前と後の自分を比べる

意図をもち頭を使って練習していれば、必ず何か変化や上達を感じられるはずです。

全く変化が感じられない、上達なんてしてないと思う時は、自分に厳しすぎるのかもしれません。

また、練習する姿勢自体に改善点があり、見直す必要があるのかもしれません。

私たちは小さい頃から他人と比較されることも多々。それが当たり前になっていることも多いと思います。でももうそれに違和感を感じるなら自分で変えられます。

他人と比較するのに違和感を感じたら、過去の自分と比較することを選択してみる。それでやる気が出てくるならいい選択なのではないでしょうか?

思いグセを変える練習です。興味があったら試してみてください(^^)



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場