クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

低音

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

アレクサンダーテクニーク教師でもある豊永よしこと一緒に練習しましょう。
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

低音の出だし、クリアに出せますか?

FullSizeRender

こんにちは、豊永よしこ(とよながよしこ)です。低音から始まる曲やエチュードやスケール、沢山ありますね。低音は高音より楽と思いきや、そうではないのはご存知の通りです。


・遅れる
・つぶれる
・響かない
・音量が出ない
・別の音が出る(リードミス)
・音程が悪い

こんなことが沢山起こりますが、こうなってしまうのは、必要なことをしていないから&余計なことをしているからなんです。必要なことをして余計なことをやめればスッと響く音がクリアに出てくれます。では必要なこととは何でしょう?



【必要なこと】

・出したい音を頭の中で鳴らす
・上下の歯(頭)と右手親指(&小指)で楽器をバランスさせる
・指でトーンホールを軽く塞ぐ
・発音のタイミングで必要な圧力、速さの息を出しリードを振動させる
・息を出すタイミングでリードに圧を加える
・↑これらを音を出す前に準備
・これらが出来る身体の使い方をする
・コンディションの良い楽器、マウスピース、リードを使う

ざっくり言うとこんな感じ。これがすべて整うと勝手に良い音が出てくれます。



これでスムーズに音が出ないときは、余計なことをしている可能性があります。


【余計なこと】

・塞いでいる指で楽器を支える
・口先で音を出そうとする
・ベルを響かせようとする
・基礎の奏法の見直しはせず、小技で何とかしようとする(アンブシュアなど)

他にもありますが、この4つをしっかりやると確実に音は出にくくなります。


必要なことをやり、余計なことをやめる。これだけです。うまくいかないときはこれを忘れているからかもしれません。できない時こそ基本に戻る。上達の鉄則です(^^)/




夏休みだけの単発レッスン受講もOKです。学校では解決できないお悩み大歓迎(秘密厳守)(^^)/
クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


今回の楽譜はこちらから。シンプルで練習しやすいスケールです。




クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



よく響く低音の「f」を出すためには?~ローズ32のエチュードより

こんにちは!豊永よしこです。
今日は低音の吹き方です

image

image

上のフレーズは低音から始まるもの、下のフレーズは向かう先が最低音でクレッシェンド、アクセントも付いています。ここはどう息を使って吹くでしょうか?よく聞くのは

ベルまでしっかり響かせるように息を吹き込む
気合を入れて気持ちを込める etc

それでうまくいけばOKですが、音が荒れたり、音程が不安定になりがち。今日は私がおススメする息の方向を提案したいと思います。

ブログを読んでいる方は耳タコ(笑)かもしれませんが、息の方向は低音を吹く時も「身体の中を通る方向」です。初耳の方はこちらをご覧ください
アレクサンダーテクニークで学んだ、これまでの常識を覆す息の方向

この息の方向だと、気合を入れなくても息に勢いが出るので、リードの振動や楽器自体の振動を邪魔しないかぎり「楽器に息を吹き込む」と考えるよりも楽に「f」を出すことできます。「口や指ではなく、息で音を出す」と思いながら吹いてみましょう。

息を出すときに「腹筋に力を入れよう、お腹で支えよう」とも思わなくてもOK。息の方向を考えて「息を必要なだけ出し続けよう」と考えると勝手に必要な筋肉が使われ、結果的にお腹で支えていることになります。

また、これがあっけなくできるためには、姿勢や構え方もとても関係してくるのですが、これは実際のレッスンの範囲なので個人的に見させていただきたいと思いますまずはこれをヒントにぜひ練習してみてください(^^)/







★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村









楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場