こんにちは!豊永よしこです。
今日は低音の吹き方です

image

image

上のフレーズは低音から始まるもの、下のフレーズは向かう先が最低音でクレッシェンド、アクセントも付いています。ここはどう息を使って吹くでしょうか?よく聞くのは

ベルまでしっかり響かせるように息を吹き込む
気合を入れて気持ちを込める etc

それでうまくいけばOKですが、音が荒れたり、音程が不安定になりがち。今日は私がおススメする息の方向を提案したいと思います。

ブログを読んでいる方は耳タコ(笑)かもしれませんが、息の方向は低音を吹く時も「身体の中を通る方向」です。初耳の方はこちらをご覧ください
アレクサンダーテクニークで学んだ、これまでの常識を覆す息の方向

この息の方向だと、気合を入れなくても息に勢いが出るので、リードの振動や楽器自体の振動を邪魔しないかぎり「楽器に息を吹き込む」と考えるよりも楽に「f」を出すことできます。「口や指ではなく、息で音を出す」と思いながら吹いてみましょう。

息を出すときに「腹筋に力を入れよう、お腹で支えよう」とも思わなくてもOK。息の方向を考えて「息を必要なだけ出し続けよう」と考えると勝手に必要な筋肉が使われ、結果的にお腹で支えていることになります。

また、これがあっけなくできるためには、姿勢や構え方もとても関係してくるのですが、これは実際のレッスンの範囲なので個人的に見させていただきたいと思いますまずはこれをヒントにぜひ練習してみてください(^^)/







★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村