クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

成功率を上げる方法

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

上手くいかない時は「逆」をやってみる

今日は、上手くいかない時は「逆」をやってみよう、という提案ですが…実はこれをやるのはとても怖いです。自分の枠から出たくない人はここで読むのをやめた方が良いかも・・・

では、勇気のある方に提案したいとおもいます。練習では上手くいくのに、本番では上手くいかない
何度練習しても上手くいかないという時、どんな言葉が頭の中にあるか、観察します。そしてメモしてみましょう。
どんな言葉があるかが分かったらその逆を口に出して言います。そして吹きます。

たとえば
「間違わないように!」が頭の中にあって失敗しているなら
「間違ってもいい!」

「苦手なとこ来た!」なら
「得意なとこ来た!」

「上手いと思われたい!」なら
「どう思われてもいい!」


口に出すのがはばかられる場所なら心の中で逆の言葉をつぶやきます。簡単なようですが、逆の言葉をいざ言おうとすると、なぜか「ウッ」と言葉が詰まってしまうのです。

いつも同じ場所でグルグルにうんざりしたら、勇気を持って逆の事をしてみましょう。よかったら実験のつもりでやってみてください。私はこれで上手く行った方を沢山見ています。あなたにも何か起こるかもしれません(^^)




毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村


曲中で迷子にならない為にやっておきたい2つのこと

アンサンブルや合奏で吹いている時、途中でどこを吹いているのか分からなくなって迷子になってしまう事、ありませんか?

慣れない時によく起こることですが、複雑なリズムやアンサンブルだとよりその危険度は高まります。
迷子になりやすいのはこんな時ではないでしょうか?

・フレーズの最後の伸ばしや休符を適当に数えたとき
・休みの小節数を適当に数えてしまったとき
・吹くのに夢中になってしまったとき
・分かりづらい入り方や掛け合いをするとき
・拍子や調、テンポが変わるとき
・ソロや難しい所が終わって安心したとき
・隣の人や前に入る人を当てにしていたとき etc・・・


迷子にならない為にしておきたい2つの事。
1つ目は、当たり前ですが準備を十分にしておくことです。

・吹く前に楽譜を読んで歌う
・スコアや音源で自分と全体の動きを把握する
・頭の中で沢山シュミレーションする
という吹かない練習を沢山すると良いと思います。

拍を数える時は、メトロノームのようにデジタルに数えるより、心と身体全体で音楽の波に乗るように数えると数えやすいし吹きやすくなります。


2つ目は、身体の使い方です。
迷子にならない為には、
「吹く」「数える」「周りの音も聴く」「楽譜を見る」合奏の場合は「指揮も見る」という、いくつかの事を同時にやらなければなりません。それらをやるには、身体が自由に動かせる方が断然やりやすいのです。

楽譜とその周りの景色も視界に入れ、自分の周りの空間(前後左右、天井、床)を思い出しながら吹くと
身体が動かしやすくなり、とっさの変化にも対応しやすくなります。


・準備を十分に
・身体の使い方を気を付ける
この2つでたいていの迷子は回避できます。迷子の不安が無くなると、吹くのが楽しくなりますよ。ぜひ試してみてください(^^)



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村
楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場