アレクサンダーテクニーク&クラリネット~藤崎クラリネット教室 豊永よしこのブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

教室ではアレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

考え方

1d622f3fc1288d613de68b7b753609dd_s

こんにちは!豊永よしこです。
個人練の時は音もよく出てうまく吹けるのに、合奏になると音が出なくなってミス多発、楽しいはずなのに疲れてしまう…という方、生徒さんにも結構いらっしゃいます。

合奏では個人練とは環境がガラッと変わり、やることが劇的に増えるのでキャパオーバーのためにミスや疲れを誘発することもあると思います。でも、それだけじゃないかもしれません。

そんな方に質問です。合奏の時にこんなことを思っていませんか?

・音程を合わせなきゃいけない
・大きな音を出さなきゃいけない
・縦を揃えなきゃいけない
・遅れちゃいけない
・走っちゃいけない
・飛び出しちゃいけない


これらはもちろん必要なことで、これで演奏は一応整います。でも

「しなきゃいけない」という「強制」
「してはいけない」という「禁止」

この意識で演奏し続けると考えた時、どんな感じがしますか?そしてその音や音楽、お客様にはどう聴こえるでしょうか?・・・大体想像できますよね(^^)

人は「しなきゃいけない」と強制されたり「やってはいけない」と禁止されると、身体が縮み固まりやすくなります。

そんな状態では思うように吹けなくなるのでさらに頑張ってしまう…固まっているから出来ない…という無限ループにはまって、ミスが多くなったり疲れやすくなってしまいます。


ではこれをどうしたらいいか?
「しなきゃいけない」「しちゃいけない」を自分の中でこんな風に変換してみます。

例えば…
「音程合わせなきゃ」⇒「隣の人と音を溶け合わせてみる」
「遅れないように」⇒「音楽の動きを全身で感じてみる」
「大きい音出さなきゃ」⇒「リードをもっと振動させてみる」

「強制」「禁止」から、能動的に動ける言葉へ。それだけで心と身体は必要なことを準備し始めます。

固まったり縮んでいる状態では自分の力を出すことは至難の業です。本来の自分に戻って力を発揮する言葉の練習、合奏でも試してみてください(^^)/



普段の練習や合奏などでお悩みがある方はグループレッスンで相談してみてください(^^)/
お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村















2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s

こんにちは!豊永よしこです。
先生や先輩に習ったこと、考えたり練習してもピンとこない、出来ない…という事ありませんか?

私ももちろんあります。アレクサンダーテクニークを学ぶ場面ではそんな事ばかりです。分からない事は先生に話を聞いて沢山質問もするのですが、お腹の底から「分かった!」という感じが来ない事もあります。

私はそんな時、それを「棚上げ(一時置き)部屋」に置いておきます。考えても分からない時、出来ない時は、理解するのに必要なパズルのピースが自分の中に揃っていないのかも?と思うからです。

お腹の底から分かるために必要な経験や技術、それを実践できる受け皿がまだ準備出来ていないような感じです。

分からない事、出来ない事は一度棚上げしておいて、続けて勉強や練習をします。そうしているうちに「!」という瞬間が来て「あ~あれはこういう事だったのか!!」と分かるのです。

それは数時間後の事もありますし、数年後の事もあります。経験や勉強を続けているうちに足りなかったパズルのピースがちょっとずつ集まって、ある日1枚の絵になるような感じです。

分からない事に出会ったら考えて実践。
それでも分からなかったら「棚上げ部屋」に寝かせておく


分かる時が来たら、棚上げ部屋に寝かせていたものが勝手に飛び出してきます。

楽器は長い時間をかけて上達していくもの。それは、すぐには分からない事がある、出来ない事があるという事でもあると思います。

すぐに結果を出さなくていい、ちょっとずつ進めばいい、という姿勢で取り組むことをおススメしたいと思います(^^)



レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





↑このページのトップヘ