クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

タンギング

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

雑音のないキレイなタンギングをするには?

先日、私の発信を読んで共感してくださった顧問の先生からご連絡いただき、中学校のクラリネットパートのレッスンに行ってきました。

生徒さんが習いたいことを中心にレッスンをしましたが、一番希望が多かったのはタンギングのことでした。

タンギングは初心者のうちから練習しますが、コツを得るのに時間がかかるテクニックだと思います。私もいまだに色々研究しています。

タンギングはザッ、ペッという雑音が出て音が汚くなってしまうのが多くの方のお悩みだと思います。

これらの原因は色々ありますが、舌をどうこうするよりも先に改善したいことがあります。


それは何かというと…「息」です。(…これもですか?と言う声が聞こえる(笑)


タンギングはどうしても舌に意識が集まってしまうのですが、舌はリードの振動を一瞬邪魔するだけの役割。

舌も大事ですが、いかに息でリードが振動させるかがタンギングの土台の質を決めます。

タンギングの時、息の存在を忘れて意識が「舌100%」になっていませんか?

もしそうなら意識を「舌20%、息80%」ぐらいにしてみましょう。舌の動きはしゃべる時と同じかそれ以下でいいので、少し考えるだけで十分なんです。

そして、音が出ている間中ずっと息のことを考えます。特に「タンギングの直前、タンギングの瞬間、タンギングの直後」

雑音が出るときはタンギングの直前に息が減っていたり、タンギングの瞬間に舌に集中しすぎていたり、タンギング直後に息が復活していないときが多いんです。


舌に気を取られて息のことを考えるのが難しい場合は、こんな練習をしてみましょう。
FullSizeRender
(ローズ:32のエチュードより)

1.タンギング(ミファミドララララララララ)を全部繋げて二分音符にし、息に意識を持ってクレッシェンド気味に吹きます。(ミファミドラーーーーーーー)

2.1の時と同じ息とアンブシュアで、息に意識を持って楽譜通りタンギングします。(1に舌の動きを足すだけという意識で)

1.2を繰り返します。


タンギングを全部繋げたりスラーにして、息のことを意識してからタンギングに進む練習です。手元にある基礎練や曲でやってみて下さい。

この吹き方ができるようになると、タンギングがキレイになるだけでなく、音の響きや音量も出て音の印象自体がキレイになります。

一石五鳥ぐらいのメリットがあるのでぜひ練習してほしいと思います😊




今日の楽譜はこちら。音大受験にも使われる、おなじみのエチュードです。
ローズ/32のエチュード (ISE Collection International S) [ シリル・ローズ ]
ローズ/32のエチュード (ISE Collection International S) [ シリル・ローズ ]


出張レッスンも承っています。教室のお休み(月・火)が中心になりますが、ご希望の方はまずはお問い合わせください。

無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。







タンギングの時、舌はリードのどの辺に付けていますか?

232859

タンギングの時に舌はリードのどの辺に付けていますか?リードの下の方?真ん中?上の方?先端?

結論から言うと、正解は人の数だけ&曲の場面の数だけあります。曲のどんな場面でも雑音なくクリアに音が出ていて、機敏に舌が動けていればどこに付けてもいいと思います。同じく舌のどこをリードに付けるかも人それぞれです。

マウスピースをくわえる深さや角度、舌の長さ、骨格、動きの機敏さは人によって違うので、先輩や先生と違って当たり前。上手な人がこうだから、正しい位置はここと言われたからと自分をそれに当てはめようとすると、無理な吹き方になってしまうこともあります。

ただ傾向としてリードの下の方に付けるよりも先端に近い方がクリアに音が出ることはあります。でも舌が機敏に動けていないと、あまりその効果は期待できないかなと思います。

舌の動きを機敏にするには、身体全体が動ける状態でいること…特に首、アゴが固まっていると動きが悪くなります。無理に音を出すような吹き方でも身体が固まりやすくなるので動きが悪くなります。アレクサンダーテクニークを使って練習するとタンギングは徐々にやりやすくなってきます。

あと、舌以上に大事なのは「息」!!

ブログでも何度も何度も息の大切さは書いていますが、タンギングでも息なんです。

舌を動かすので、どうしても舌にフォーカスがいってしまいますが、そもそもタンギングはリードの振動を舌で一瞬止める動作ですよね。まずはリードが充分振動していないと何も始まりません。

うまく行かないときは「舌」から少し遠ざかって「息」。息を出す意識で頭の中をいっぱいにしてリードを振動させ、タンギングしてみましょう。息を出すのも身体全体です。舌=身体全体の意識で練習をしていくと少しずつ変わってくると思います(^^)


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




タンギングやスタッカートの時にアゴが動いてしまう原因と対策

1132358

タンギングやスタッカートの時にアゴが動いてしまい、直そうとしてもどうしても動いてしまう、なぜ動いてしまうのかわからない…と困っている方、多いのではないでしょうか?(正確にはアゴ自体動くことは少なく、多くはアゴ周りの筋肉が動いています)

アゴが動くとアンブシュアが不安定になり、リードミスや音程が悪くなる原因になるので注意されるのですが、それ以上に基礎中の基礎「息で音を出す」の邪魔をするのでNG奏法とされるのです。(逆に言うとアゴが動いていても、豊かな響きで安定感があれば問題ではありません)

私もこれまでアゴが動く方を観察していても、なぜ動くのかがはっきりわかりませんでしたが、やっと原因や改善方法がわかってきたので、今日はアゴが動いてしまう原因と対策をざっくりと書いてみたいと思います。

タンギングでアゴが動いてしまう方は、こういう特徴があります。
 

「口やアゴ周りの筋肉で音を止めようとしている」


音の響きを止めるのは主に舌。リードを舌で触れば振動は止まるのに、さらに口やアゴ周りの筋肉で振動を止めようとするとアゴが動いてしまいます。

また、音は息でリードを振動させて出すもの。必要な息が使えていないと、息ではなく口やアゴ周りの筋肉でリードを一瞬押さえてから音をだす習慣が付きます。

また、もともと息でリードを振動させる意識が薄いとアゴが動いてしまう傾向にあります。音を出す瞬間から止める瞬間まで息のことを考えつづけるのが大事です。

アゴが動いて見えるときは、身体はこんな動きをしています。

1.舌でリードの振動を止めると同時に、口やアゴ周りの筋肉でもリードを押し付け振動を止める。
(アゴでリードを押し付けると同時に息も減らしすぎてしまう)

2.音を出す瞬間、舌の動きと共に押し付けが解除されアゴが下方向に動く。
(音を出すのに必要な息が用意されていない)

悪い意味で舌と口とアゴの動きが連動していますが、これを無意識にしているので直しづらいのです。また、こうすると息が足りなくても音が出て、発音がはっきりする気がするのでやめられないのかもしれません。

初心者の時、息が足らないけど頑張って音を出した習慣が残っているのかもしれません。リードを口やアゴで押し付ける動きがごくわずかなことも多く、自覚することが難しいのも関係していると思います。

また、タンギングやスタッカートでアゴが動いているときは発音でも同じことをしているので、音の出だしでもアゴが動く傾向があります。タンギングやスタッカートでアゴが動いてしまうときは、タンギングやスタッカートからではなく、音の出だしから取り組んでみましょう。まずは

「音を出す瞬間から、口やアゴでなく息で音を出す」

タンギングより音の出だしを練習する方がシンプルだし根本的な改善につながります。息で音を出す習慣が身につけば、口やアゴを動かす必要がなくなるため、発音のときだけでなくタンギングやスタッカートの時も自然とアゴが動かなくなります。

アプローチするのは口やアゴではなく「息」です。

音を出す瞬間から止める瞬間まで、息でリードを振動させる吹き方を練習していきましょう。

嬉しいのは、息で音を出せるようになると、音自体がガラッと変わってくるのです。アゴが動かなくなるだけでなく、音量、音色、響き、発音などが別人のように変わり、楽器を吹くのが楽しくなります。

簡単に書きましたが、息で音を出す習慣が身に付き、アゴが動かなくなるまでにはいくつもの段階があり、時間がかかります。レッスンでも色んな種類の練習をして改善していきます。詳しくはレッスンで取り組んでいきましょう。

基礎の基礎から見直す必要があるので、初心者に戻ったような感覚になるかもしれません。でもそれをやるだけの価値はあると思います(^^)/




クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






速いタンギングにアレクサンダーテクニークをつかう

FullSizeRender
(おなじみローズ32エチュードの4番です)

今日は私のアレクサンダーテクニーク(AT)体験を書いてみたいと思います。

テーマは速いタンギング。私はタンギングがあまり得意ではないので、タンギングの練習をするときは必ずATを使っています。

最初はATを使わずに、普通にタンギング。日ごろの練習で随分やりやすくなりましたが、長くやっているとだんだん舌が固まって動きづらくなってくるのを感じます。

次にATを使ってタンギングしました。

この時に感じたのは口の中が自然と広くなったこと。

そのおかげで舌が動ける空間が広くなり、タンギングが自然に速くできるようになりました。

ざっくり分析すると、こんな感じです。
1.ATを使うことで頭の押し下げが無くなり
2.頭の押し下げによって狭くなっていた口の中の空間が広くなり
3.頭の押し下げによって動きづらくなっていた舌も自由を取りもどし
4.タンギングがやりやすくなった

「口の中を広くしよう」「舌を自由に動かそう」と意識的にしたから起こったのではなく、頭の押し下げをやめたことで自然発生的に起こったところがミソです。

これまでにも意識的に「口の中を広く」「舌を自由に」と思って吹いたことはありましたが、それとは質がまっったく違ったのが印象的でした(^^)

アレクサンダーテクニークを演奏に使うと色んな事が一気に解決する!という印象もあるかもしれませんが、魔法でもなんでもなく、邪魔していること(ここでは頭の押し下げ)を取り除いているだけなんです。

邪魔を取り除くと何が起こるかわからないところも身体の面白いところです。

邪魔の取りのぞき方が無限にあるのもATの特色ではないかなと思います。もう10年ぐらい勉強していますが、こんなところも飽きずに続けている理由です。

アレクサンダーテクニークレッスン
クラリネットレッスンお申込みはこちらから

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







【ランスロ26のエチュード】雑音のないタンギングのために必要なこと

今日はランスロ26のエチュード「1番」をネタに書きたいと思います。
FullSizeRender

タンギングは基本的にスラーがないところ、スラーの頭でしますが、苦手な方はタンギングの時に余計な力が沢山入っていることが多いのです。力んでしまう順位は



第1位 舌
第2位 口
第3位 指


うまくいかないときは、舌をしっかりリードに付けていたり、人によってはリードに舌を押し付けて音を切ろうとしています。それに連動して口の周りアゴの筋肉など、口周り全体にも余計な力が入っています。

余計な力が入ると「ザッ」「ペッ」という雑音、リードミスも出やすくなります。また、タンギングのたびに音程や音色が変わってしまうこともあります。

指は意外かもしれませんが、スムーズに音が出ないと人間は指でも頑張りはじめるのです。指でも音をはっきりさせようとして、指の握りしめやバタバタが始まります。

じゃあ舌や口や指の力を抜けばいいんだ!…でもそう簡単には抜けませんよね。また、抜けたとおもったら必要な力まで抜けてしまうなど、力加減だけを調整しようとしても上手くいかないことが多いのです。

余計な力が入って抜けないときは、足りない何かをカバーしている時が多いんです。この場合は「息」です。

そもそもタンギングは、リードの振動を瞬間的に止めることで起こります。なのでまず起こしたいのはリードの振動です。リードが振動していないと何も始まりません。

舌、口、指の力の余計な力が抜けない時は、力を抜こうと思う代わりにリードを振動させることを考えてみましょう。

リードを振動させるためには息が必要です。舌や口や指に頼らず、息で音をだす習慣をつけると、自然と雑音もなくなり、発音も良くなります。

息のことを考えるのは、音を出す瞬間だけでなく、音が出ている間中です。タンギングの瞬間、指が動く瞬間、音が終わる瞬間までずう~っと息を出し続けます。

まず息でリードがちょうどよく振動している状態を体験することからスタート。その後タンギングをしながら力加減を見直していくと、力のバランスが少しずつ整ってくると思います。


力のバランスを整えるための実践的な練習方法は実際のレッスンでお伝えしています。雑音が消えない、タンギングになると別人になってしまう、一人ではうまくできない…と言う方はぜひ個人レッスンにお越しください(^^)/





★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村

















楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場