クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

タンギング

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」


♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

note更新『タンギングには2つのやり方がある』

031442



タンギングをするには「リードに舌を付ける」「触る」「突く」などが一般的ですが、これとは違う動かし方があるのです。



続きはこちらからどうぞ!定期購読マガジンを購入すると読めます。



定期購読マガジン




こちらもお忘れなく!お席のこり2名!
2/27『スケール1オクターブ持って集合!オンライングループレッスン』




インスタライブはこちら。
過去の配信も保存してあります。
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/ 



こちらも良かったら教えてください。





★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





note更新『タンギングの雑音の原因は舌じゃない!?』

FullSizeRender
タンギングの出だしの「ザッ」「ペッ」。この雑音で悩んでいる方はかなり多いのではと思います。

雑音が出ると「舌をつける面積を少なく」「つける時間を短く」「位置はここ」「こう動かす」など、舌だけにフォーカスして練習することが多いです。

もちろん舌も雑音の原因になりますが、私はむしろこっちの方が重要じゃないかなと思っています。


続きはこちらからどうぞ。定期購読マガジン(有料)の購読で読めます。今回は息の話ではありません😄



他の記事も沢山入っています。全80記事❣️定期購読マガジン。
クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com




クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。


 

note更新『タンギングの超基本!タンギングの瞬間、直前直後にやるべきこと』

FullSizeRender



今日はタンギングの超基本。タンギングの瞬間と直前直後にやるべきことです。強制力のある「…べき」はあまり使いたくない言葉ですが、あえて使うのは本当に大事だからです。

これができると雑音や音の立ち上がりや不安定さがほとんど解決され、アゴの余計な動きなアンブシュアの力みも減っていくのです。

しかしこれはかなり無意識の領域のことなので、出来ているか把握すること自体が難しいかもしれません。

タンギングの瞬間、直前、直後には何をやるべきなんでしょうか?単刀直入に言います。

・・・続きはこちらからどうぞ!  



舌のお話ではなく、もっと根本的な話を書きました。舌の動かし方のノウハウはたくさん出ていると思いますが、意外とこういうお話は触れられないんじゃないかなと思います。 根本的にタンギング改善したい方にお勧め❗️


定期購読マガジンにも入っています。



 
クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。


 

タンギングが汚いときに無意識でしていること

762092

タンギングすると「ザッ」「ペッ」と雑音が入ってしまう、破裂音やリードミス、低い音が混ざってしまうなど、タンギングは一筋縄ではいきません。タンギングが汚くなるときは無意識にこんなことをしているからかもしれません。



「タンギングの直前で息を減らしている(弱めている)」



「え~しっかり息使ってるのに!」と思っていても、雑音が混ざっているのなら無意識でしている可能性大です。無意識だから改善しにくいんですよね。(無意識を見つけるのが先生の役割です)

無意識にしてしまう原因は色々。苦手だから怖がっていたり、用心しすぎていたり、舌に意識が集中して息がお留守になっていたり…ちょっとした意識の持ち方が息を変えてしまいます。


タンギングの瞬間に息が十分送られてリードが振動していれば、舌がリードに触れてもすぐ振動が回復し音がキレイに立ち上がります。

タンギングの直前に息を減らしてしまうと、息が減った分アンブシュアの締め付けでバランスを取ろうとするのでリードの振動がさらに減り雑音が出たり、立ち上がりが悪くなってしまうんです。


息以外にも原因は沢山ありますが、まずは「タンギング=舌」から「息」に意識を変えてみましょう。本気でマスターしたい方はレッスンでじっくり練習していきましょう(^^)/



タンギングの集中レッスンもOK。
基礎を見直すなら今のうちです(^^)/


このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla




「タンギングすると指と舌が合わない」というお悩み~指編

前回こちらで舌についての身体の知識を書きました。今回は指編です。

指は沢山の骨からできています。
bone_hand
全ての関節にスペースがあって指が繊細に動けることを思い出しましょう。

楽器を置いて、指を1本ずつゆっくり曲げ伸ばししてみましょう。このような感じで全ての指を動かしていきます。

指をゆっくり動かしたら、実際に楽器でゆっくり指を動かしてみましょう。沢山の骨が同時に動き協調してキーやホールを塞いだり離す動作をしています。

「動かした感」はいりません。確実に動いているかを感じたくて「押さえた!塞いだ!上げた!」とやっていると、余計な力が入り繊細で機敏な動きがしにくくなってしまいます。

すると、微妙な調整が難しくなって指と舌の動きがズレてしまうんですね。私達がやることは動きの確認ではなく、指へ動きの指示を出し続けること。

脳からの指示をスムーズに再現できる動かしかたを色々試してみましょう。頭と身体全体を思い出しながら。

「このパッセージをこう吹きたい」という事を決め、それに必要な準備ができていれば指は動いてくれます。2つの記事を参考に練習してみてください(^^)/




★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。










楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
楽天市場