722341
こんにちは!豊永よしこです。
曲を演奏する時は、1人で練習している時でも
何拍子かを意識して演奏するのは基本中の基本です。

でも、難しいリズムやパッセージ、アーティキュレーションに精一杯だと
何拍子かが飛んで行っていませんか?
楽器歴が長い方でも、意外と意識出来ていなかったり
二の次になってしまっている方、けっこう多いんです(^_^;)

何拍子が意識出来ていないと、こんな事が起こります。
・聴いている人に何拍子か伝わらない
・メリハリがなく、平坦に聴こえる
・曲の流れが悪いorそぐわない流れになる 
・テンポが不安定になる
・リズム感が無く聴こえる
・皆と合わせづらくなる etc・・・

一言で言うと、聴いている人に曲の内容が伝わらなくなるんです(T_T)
楽譜をキレイに吹いているのは分かるけど   
どんな曲かイマイチ分からない・・・という残念な感想になってしまいます。

では、拍子を意識しながら演奏するにはどうしたらいいのでしょうか?
一番シンプルな練習方法をご紹介します。    
   

まず、楽器を置いて、指揮しながら曲を歌ってみましょう。       
・自分の付いていけるテンポから始める
・難しい所でも止まったり遅くならないで指揮しつづける
・指揮はデジタルな動きではなく、流れのある動きで   
・身体全体で(と思って)指揮する。(無理に身体を動かす必要はありません)
・楽しんで出来るようになるまで練習(余裕が出てくると楽しくなってきます)
・メトロノームは常時使わない。(たまに確認する程度に)    
   
指揮しながら歌えるようになったら、頭の中で指揮をしながら楽器で演奏します。   
演奏しながらの指揮が難しく感じたら、付いていけるテンポまで落としてみましょう。
それでも難しければ、もう一度歌に戻って練習します。    
   
慣れないうちは指揮できなかったり、途中で消えてしまうかもしれませんが   
短いフレーズからでいいので、ゆっくりから根気よく練習してみてください。
この練習を続けていくと、拍子を意識する習慣が出来てきます。
   
「出来てるんだけど何か物足りない、でも何が原因かわからない」…という時は
何拍子かが意識出来ていない事も多いのです。
キレイに音符が並んだ演奏から、数ランク上の演奏をする為に
ぜひ練習してみてください(^^)



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村