クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

カテゴリ:上手くなる練習法 > スロートトーン

こんにちは!豊永よしこです。
スロートトーンについての記事、第2弾です。
第1弾はこちら

スロートトーンは、楽器をしっかり鳴らそう、と思って吹くと
雑音が増えたり、まとまりのない音になったりとコントロールが難しい音域です。
楽器を鳴らそうと考えて上手くいかない時は
ここを意識してみてください。オレンジ色に塗りつぶした部分です。

(左は顔を正面から見た図、右は横の断面図です。)
image
手作り感満載ですが(^_^;)オレンジ色の部分は副鼻腔、鼻腔(鼻の穴の中)。
どちらも空洞です。
この空洞・・・副鼻腔、鼻腔を利用して音を響かせてみましょう。
「鼻の中や副鼻腔を響かせよう!」と頑張るよりは
「鼻周りや上あごの天井の上に空洞があるんだな~」と軽く考えるぐらいで
息の方向を考え、音を出してみてください。

特に音を長く伸ばす時や
他の音域とのギャップを減らしたい時におススメです。
スロートトーンだけでなく、他の音域でも効果は同じですので
ぜひ試してみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村











こんにちは!豊永よしこです。
解放のソ周辺の、いわゆる「スロートトーン」
もともと鳴りづらく不安定で音色もイマイチですが
吹き方で改善する事も出来るんです。

色々なコツがありますが
基本は、キーをギュッと押さえつけない事。
知らず知らずのうちに、キーを押さえつけていませんか?
時々キーを押さえつけながら楽器を支えている人もいますが
それはNGです。

キーをギュッと押さえつけて吹くと
その力みがアンブシュアにまで影響を与え
音色や音程にかなり影響を与えてしまうんです。
指の動きも悪くなりますし
時にはリードミスの原因にも・・・
キーを押さえつける弊害はいくつもあります。

キーを押さえる時は、タンポが上がるだけでOK。
完璧に上がりきらなくても大丈夫です。(大抵きれいに上がっています。)
BlogPaint
また、トーンホールに指が覆いかぶさらないように
リングキーに触らないようにしようと
気を付けている人もいますが、音程が変わるほどでなければ
あまり気にしなくてOKです。
それよりも、指でギューッと押さえつける方が音に影響があります。

キーを押さえつけないためには、構え方も見直してみてください。

「右手親指と上下の歯でバランスを取って楽器を構えられている」

これが基本です。左手が自由になっていれば「ギュッ」の必要はありません。
どうしても「ギュッ」がやめられなかったら
構え方もチェックしてみてください。
(構え方についてはこちらの記事を参考にしてください。)

スロートトーンも良い音で鳴らしたいですよね。
他にも色々コツはありますが、
まずは基本のキーの押さえ方、試してみてください(^^)



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村









↑このページのトップヘ