こんにちは!豊永よしこです。
ロングトーン、スケール、タンギングetc・・・
テクニックを付けるための
基礎練習は何の為にあるんでしょうか?

それは「私はこう演奏したい!」を実現するためです。

ともすると基礎練はこなすものになったり
やらなきゃいけないものになっていたりと
本来の目的を見失いやすいもの。

でも、ただのウォーミングアップでもなく
ルーティンのつまらない練習でもなく
自分のやりたい事を実現する為に練習するものなんです。


「私はこう演奏したい!」をかなえる為には
色々な技術が必要です。
その技術を一番シンプルな形にしたのが基礎練です。

例えば、「p」のソロを静かにかつ響いた音で吹きたい時
いきなり曲の中で吹くと、「p」で吹く以外にも沢山の事をしなくてはならず
とても難しくなってしまいます。
なのでロングトーンで「p」の練習をして
「p」の吹き方を身につけるわけです。

先日の「音をまっすぐに揺れないように吹く」練習
「まっすぐに揺れない」がゴールではありません。
いつでも安定していて、かつ方向性のある音を出せるようにする
活きた音を吹けるようにするための練習。
音楽表現の為の練習なんです。

最初は言われるがままに基礎練をしているかもしれません。
「私はこう演奏したい!」が分からないかもしれませんが
色々な音楽に接して
感動の貯金を殖やしてもらいたいと思います。
貯金が殖えてくると、自然と「こう演奏したい!」がやってきます。

楽器の上達は時間がかかるもの。
自分の「こう演奏したい!」も時間をかけて育ててみてください。
基礎練がより意味のあるものに感じられてくると思います(^^)



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村