クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

演奏の基礎

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

「音が割れないように」ってどう吹く?

FullSizeRender

今日は10代の頃にやったエチュードの書き込みシリーズ第2弾!下行形のクレッシェンドです。(テンポはAllegro)

10代の私は「音が割れない」と書いています。力が有り余っていたのでバリバリに割れていたんでしょうね~

まず10代の私に言ってあげたいのは「〇〇しない」はやめようということ。「〇〇しない」の指示は脳が理解できない否定形。また漠然としすぎてどう吹きたいのかが分かりません。

どう吹きたいのかがはっきりしないと結果もぼんやりしたものになります。理想通り吹けたのかもわかりづらい。

「『音が割れないように』は分かったけど、じゃあどういう風に吹きたいのかな?」

これをはっきりさせておきましょう。ここでは2小節目の1拍目に向かってクレッシェンド、豊かに音を響かせたいと思います。


ではどうやったら「音が割れずに豊かに響くようになるのか?」

よく聞くのは「ベルに向かってしっかりと息を吹き込む」ですが、これが音が割れてしまう原因の1つなんです。自分では鳴らしてる感が味わえますが、オーバーブローになり音が割れるだけでなく、音程も悪くなりやすいんです。

ここでちょっと立ち止まって考えてみましょう。音の発生源はどこでしょうか?ベルに向かって息を吹き込むとベルが音を出すのでしょうか?

音の発生源はリードですよね。管を長く使う音も短く使う音もリードを振動させればいいだけなんです。ここを冷静に把握できると、息の量や圧、速さなどが適切に変わってきます。

また、このような下行形はつい息をベルに向かって吹き込みたくなりますが、これも要注意。下行形を無意識に吹いていると重心が下がりすぎて身体が縮んでしまいます。身体が縮むと息も出しづらく、アンブシュアもきつくなり音質が悪く…と残念な結果に。

どんな音形でも、どんな音域でも息はリードに当て続けます。音を出す瞬間から音が終わる最後の最後までです。リードに息を当てた後の方向は考えなくてOK。息の方向は身体の中を通る方向です。そうすると結果的に豊かに響く音になるんです。

音の割れが直らなくて困っているときは、この3つを見直してみましょう。

1.どういう表現をしたい?
2.音の発生源はどこ?
3.息の方向

頭の中が変わり、やることが変われば音が変わります。予想以上に楽でシンプル!ぜひ試してみてください(^^)/


*習っている先生や先輩に「しっかりベルまで吹き込んで」と言われていたら、その奥の意図を考えてみましょう。「もっと息を使って吹こう」という意図が隠れているのではと思います。


譜例はこのエチュードから!
輸入楽譜/クラリネット/カヴァリーニ:30のカプリス
輸入楽譜/クラリネット/カヴァリーニ:30のカプリス


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


オンラインでピラティス習い始めました!たのしい♬
FullSizeRender


クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。






よく分からなくなったらここに戻ろう

1877003

先週、母校Bodychanceでアレクサンダーテクニークのグループレッスンを担当しました。前回は自粛直前だったのですが、自粛をへて学校は変わっていました!

スタジオの生徒さんと、液晶大画面に映るオンラインの生徒さん両方の世界を行き来し教えるという、数か月前では考えられなかったスタイルに変化していたのでした。なかなかハードル高かったです。(そのせいか写真を撮るのを忘れました)

レッスンは生徒さんのやりたいこと、探求したいことにアレクサンダーを使う実践で進んでいきますが、望みは1つとして同じものはありません。

「マスクで楽に呼吸したい」「本の内容を頭に入れたい」「腕の疲れをなんとかしたい」「教え方を探求したい」「雑音なく声を出したい」「リュックを楽に背負いたい」などなど…本当に様々。それぞれ原因は別々に見えます。

別々に見えますが、全てATの基本に立ち戻ると変化が起こってきます。頭と脊椎の協調作用が働き身体の動きに自由が戻ってくると、身体が本来の力を発揮し始め、やっていることの質が変わってくるのです。


楽器も同じです。「指が~舌が~ブレスが~音が~バテが~‥etc」一見全く違うにお悩みも、身体の使い方の基本に戻り練習していくと、あっけなくしかも複数のお悩みが同時に解決してしまうことがよくあります。

部分的なことをいじると研究してる感はあるのですが、頑張った割には結果はイマイチなんですよね。

教室では基本に戻ることを沢山やります。これはクラ歴半年でも数十年でもプロもアマも同じ。時には音を出す以前の楽器を手にする過程に戻ることも(ここまで戻るのはアレクサンダーならでは)。

一見遠回りで何をやっているか分からないように感じるかもしれませんが、実は近道を通っているんです。興味のある方は体験してみてください(^^)/

クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


日米食べ比べ(^^)
FullSizeRender



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





「軽く」ってどう吹く?

FullSizeRender
(10代の頃にやったエチュード。「軽く!!」と書いてあります。全然軽く吹けてなかったんだろうな〜)

Allegroでこんなアーティキュレーションの曲は「軽く吹いて」とよく言われます。ではどう吹けばいいのでしょうか?

「ポンポンポン!って感じ」「羽根が舞うように」「とにかく軽く」など、漠然とした指示は結構聞きますが、それだけだと余計な力が入りやすくなってしまいます。実際何をどうすればいいのかはっきりしないからです。

実際にどういうことをすると「軽く」聴こえるのかを考えてみましょう。やることを分解してみるとこんな感じです。

1.4分の3拍子に乗り続けながら
2.上下の歯と右手親指で楽器を支えながら
3.音の出だしから息のことを考え、息を出し続けながら
4.スラーの尻尾とスタッカートは音が出たらすぐ舌でリードの振動を止めて
5.結果出る音はかなり短く
6.リードに舌が付いているときも息のことを考え続け
7.リードから舌は一瞬で離し
8.舌が動いてもアンブシュアは平常運転
9.指はリングキーを下げる、上げる力だけで十分 などなど

ざっとあげても9個出てきました。(まだ沢山あります)これらを同時にコントロールしながらやり続けると「軽く」聴こえるようになるんですね。

イメージや雰囲気だけでは片手落ち。物理的に何をどうしたらいいのかを整理して、フレーズを極力短くして根気よく練習します。すると少しずつ軽く吹けるようになります。

同じような曲やエチュードは沢山あるので、キモがつかめればあとは応用するだけ。一生使えるテクニックになります。(もちろんアップデートは頻繁にしますが)

必要な動きを分解して考えるのは主にアレクサンダーテクニークで学びました。理屈で考えると楽になること、沢山あります。もしイメージや雰囲気だけで頑張ってイマイチな時はぜひ試してみてください(^^)/


このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


楽譜はこちらです。受験生必須!
輸入楽譜/クラリネット/カヴァリーニ:30のカプリス
輸入楽譜/クラリネット/カヴァリーニ:30のカプリス



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








「合奏に参加すると音が荒れてしまう」というお悩み

3b20abb79fb28fb4c607f1a557feca8a_s

「今まで1人で練習していた時は大丈夫だったけど、合奏に参加したら音が荒れてしまったように感じる」という方がいらっしゃいました。

個人練習と合奏では環境がかなり違うので、吹き方も自然と変わります。また合奏ではやることが格段に増え、細かい表現や音色に気を配れないこともあるかもしれません。

無意識に周りに対抗して音を出していたり、自分の音が聴こえないからと必要以上に大きな音を出してしまうこともあるでしょう。これが続くと音が荒れてしまうかもしれません。

合奏に参加すると音が荒れると感じたり、合奏だとすごく疲れるという方は、吹き方が変わっている可能性があるので、吹き方を個人練習の時に近づけることをお勧めします。

「あ、ちょっと頑張りすぎてるな」と感じたらその都度個人練習ぐらいの吹き方に戻します。

また、合奏の部屋の広い空間を意識しておくだけでも自然と音は広がっていきます。力で音を出すというよりはこう考えてみましょう。

「息によってリードが振動して音が生まれ、楽器と自分の身体が振動し、そして空気や部屋全体、空間にいる仲間や仲間の楽器も共振する」

音の発生源は自分ですが、その音を周りのあらゆる力を借りて増幅させてもらうのです。

合奏後にクールダウンの時間を取るのもおススメです。15分でも静かな環境で個人練習して戻しておくと、音が荒れることも少なくなると思います。

音が荒れると感じるのは、普段から自分の音を丁寧に聴けている証拠。合奏から得られることは計り知れません。自分の世界も持ちつつ合奏も楽しめるといいですね(^^)/



このブログについて

★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








自分を助けてくれる楽譜の書き込み、足を引っ張る書き込み

09718117b9fb0cd6eed4ec48a60365fb_s

なにげなく書いている楽譜の書き込み。これにも演奏をサポートしてくれる書き込みと、足を引っ張る書き込みがあるんです。



自分をサポートしてくれるのはこんな書き込み

・小説番号、印刷ミスを訂正するもの
・わかりづらいリズムのガイド
・他のパートのガイド
・ハーモニーの移り変わりのガイド
・初めて目にした楽語の意味
・忘れがちなブレス記号
・フレーズのまとまり
・盛り上がりや収束を示すもの
・間違えやすい♯♭、音名 など



自分の足を引っ張ってしまうのはこんな書き込み

・脊髄反射的に何も考えず書いたもの
・強い筆圧で書いた消しにくいもの
・練習していないうちから書いてしまうブレス記号、強弱記号
・もう必要ないのに消していないもの など


特に自分の足を引っ張る書き込みがたまってくると、どんどん読みづらくなり楽譜の意味が無くなってしまいます。書き込みが原因で間違える確率も増えます。

また、よくわからない書き込みを目にしながら演奏すると、迷いが増えて演奏に説得力が無くなってくるんです(以前話題になっていた真っ黒い書き込み楽譜は問題外です)

消えると困る小説番号や訂正箇所は消せないペンで、それ以外はいつでも消せるもので書くことをお勧めします。

合奏中などに急いで書いたものは後で見直します。書き込んだらそのままにしないで、時々断捨離して要らないものは消していきましょう。

自分のサポートになる書き込みも、練習していくうちに必要がなくなって消せるのが理想です。スッキリした楽譜で、スッキリした演奏を目指していきましょう(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場