アレクサンダーテクニーク&クラリネット~藤崎クラリネット教室 豊永よしこのブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

教室ではアレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

音色、音質

389203

こんにちは!豊永よしこです。
ロングトーン、何のために練習していますか?先輩に言われたから?基礎って聞いたから?ただ何となく?

ロングトーンを練習する目的は色々ありますが、その一つは

「それぞれの音の個性を知って伸ばすため」

クラリネットは全部同じように吹いていても、音によって音色や音質、音の出しやすさが違います。注意深く練習していればわかると思いますが、1つ1つの音に個性があるんです。

曲を思い通りに演奏するには、2つの吹き方を身に付ける必要があります。
・その音の個性を生かした吹き方
・どの音も均一に聴こえるような吹き方

この2つの吹き方をマスターしていくには、まずロングトーンで1つ1つの音の個性を知っていく事が必要です。そして

・音の長所を伸ばすような吹き方
・音の短所を補うような吹き方

これらをロングトーンで研究していきましょう。たとえば音が鳴りすぎる音なら「より鳴らせる吹き方」「鳴りすぎを抑える吹き方」を練習します。

吹く時の姿勢、構え、音を出す前の準備、出したい音のイメージ、息の出し方、音を出してからどう音を聴くか?など沢山の事を考えながら練習して行きます。

このスタンスで練習を続けていくと、音をコントロールする技術が付いてきます。音がコントロールできれは、自分の出したい音が出せるようになるのはもちろん、作曲家の意図や指揮者の意図に合った音が出せるようになります。

ロングトーンは何時間練習しても飽きないくらい奥深く面白いものです。今回の目的以外にも、ロングトーンを練習する目的は沢山。やらなければならないルーティンから意識をちょっと変えると、楽しさが増えますよ!ぜひ練習してみてください(^^)



★グループレッスンでは、ロングトーンの時に気を付けたい事や、それぞれの音の個性を生かした吹き方を学ぶ事も出来ます。音を一から見直してみたい方、ぜひいらっしゃって下さい(^^)

7月30日(日)
『少人数でじっくり!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村








091650

こんにちは!豊永よしこです。

教室に体験レッスンに来た方に「どんな音を出したいですか?」と聞くと、かなりの確率でこんな答えがやってきます。

「まっすぐで揺れない音」


部活や楽団でよく言われる事ですよね。皆さん不安定で揺れてしまうのに悩んでいるようです。でもこれ、一歩間違えると方向性も響きも無い、音が硬くて周りとも合いづらい「死んだ音」になりかねないんです。そんな音では演奏したくないですよね。

「まっすぐで揺れない」だと動きのない音になりがち。表現をちょっと変えて「安定感のある音」ととらえた方が演奏に使える「生きた音」に近づくのではと思います。(ピンとこない方はしっくりくる言葉を探してみてください)

では「安定感のある音」で吹く為の方法です。

「自分にしか分からない位のクレッシェンドで吹く」


自分が出したい音量で「息を意識して自分にしか分からない位のクレッシェンド」をジワジワとかけていきます。

息を意識してこのように吹くと、音に推進力が出ます。息のお陰で音に張りが出て、揺れにくくなり減衰しません。結果生き生きとした「安定感のある音」「まっすぐで揺れない」音に聴こえます。重要ポイントは「息」。

息の方向はもちろんいつも書いている身体の中を通る方向です。肺から上方向。楽器に息を吹き込もうと思わなくてOKです。

色々やっても揺れて不安定になってしまう、揺れないけど響きがない、音が死んでると感じる方にぜひ試してもらいたいと思います(^^)



 
グループレッスンでは、曲に使える音を出すノウハウも細かく指導していきます。
お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







↑このページのトップヘ