image

こんにちは!豊永よしこです。
アイヒラー、おそらく日本で一番有名なスケールの本ですが・・・(写真は年季の入った2代目です)

[クラリネット教本] 「アイヒラー クラリネットのためのスケール」 【ネコポス不可】
[クラリネット教本] 「アイヒラー クラリネットのためのスケール」 【ネコポス不可】

これをやるの忘れてませんか?31ページの右下。(各自ご覧ください(^^)
(d-mollの次に掲載されているものです。出版時期によって掲載されていなかったり、ページが違うかもしれません。)

全調制覇なんて無理!!という方も、これだけなら出来ると思います。これを真剣にやるだけでも指の動きが変わってきます。

ぜひお持ちのアイヒラーで、押し入れに眠っている方も!練習してみてください(^^)






レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村