クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

クラリネット練習法・高音

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

高音をキレイに吹く為に必要な3つの段階




FullSizeRender


スケールなどの高音について、レッスンで時々お話していることですが、こちらでもシェアしたいと思います。高音を吹くときにこんなお悩みがある方、いらっしゃいませんか?

・音が汚い、うるさい
・出したい音が出ない(当たらない、リードミスなど)
・音程が悪い
・出しづらい
・口やアゴが痛くなる

高音をキレイに出すには段階があるのです。その段階をすっ飛ばしてしまうと、上のようなお悩みが絶えなくなります。

その段階をざっくりいうと…

1.手探りでとにかく音を出す時期
2.息でリードを振動させ音を出すコツをつかむ時期
3.キレイな音を目指す時期

高音でお悩みの多くの方は2をすっ飛ばして1⇒3にいっていることが多いです。なんとか音が出せたその先の練習方法がわからなかったり、2を練習する暇もなく周りからキレイな高音を要求されるからではないかと思います。

でも息でリードを振動させ音を出すコツがわかっていないと、とりあえず口やアゴを力ませて音を出す方向に走ってしまいます。その結果音が出しづらく、音質も音程も悪く、音が当たるかもわからない…色んな場面で困ることになり、高音が嫌い、高音恐怖症に陥ってしまいます。

逆に2の時期でコツをつかんでいると、高音が当たりやすくなり響いた音を出すことができるので、怖さがかなり軽減されます。また、音量を抑えた時も音が痩せたり音程が悪くなることが少なくなります。

2の息でリードを振動させる練習では、その過程で音がうるさく感じたり、他の音域とのアンバランスさが目立ってくることもあります。また、大きな音を出す恐怖感や嫌悪感も出てくるかもしれません。

しかしこの過程ではある程度仕方ないのです。でもしばらく練習していくと、息で高音を出すコツがつかめるようになるので、3のキレイな音を目指す段階に行けるのです。

高音だけに限らず、みんなが悩んでいるような難しいことに取り組むときは、段階を踏み時間をかけて練習することがとっても大事です。今のスピード時代にそぐわないのですが、人間は機械ではないので仕方ありません。楽しみながら、時には休みながらじっくり取り組んでいきましょう(^^)




お席残り4名!金管木管全員大歓迎です(^^)
【管楽器の方募集!9/29・知るだけで演奏が楽しくなる!変わる!心と身体の使いかた講座】

929ワークショップチラシ


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/







「p」の高音の出だしを成功させたいとき、考えたい言葉

b8de9499f1327814254eaee0d255b773_s


今日は「p」の高音の出だしを成功させるにはどうしたらいいのかについて書きたいと思います。出だしを綺麗に吹きたい、というのはクラ吹き全員の望みですが、吹く前にこんなことを思っていないでしょうか?


『音が飛び出さないように』



『音が飛び出さないように』で吹いてみた時、どんなことが起きるでしょうか?

・出るタイミングが遅れる
・下の倍音が出たり、リードミスになる
・出だしがはっきりしない
・か細く響かない音になる

経験者の方はうなずいているかもしれませんね。リードミス以外は音は飛び出していない状態で皮肉にも望みは叶っています。

でもこんな音を望んでいるのではありませんよね。では、どういう言葉を使ったらよいのでしょうか?

『〇〇しないように』ではなく『〇〇する』に言葉を変えてみます。

『音が飛び出さないように』なら『自分の出したいタイミングに出したい音を出す』です。

「〇〇しないように」だと「音が飛び出したくないのは分かったけど、じゃあいつどんな音を出したいの?身体はどれくらいどう動いたらいいの?」と脳が迷って身体への的確な指令を出せなくなってしまいます。

すると必要な身体の動きが起こらなくなり、残念な結果になってしまうんです。

『〇〇する』だと「希望のタイミングで希望の音を出すために身体をこう使おう」と身体は迷いなく働いてくれます。結果『自分の出したいタイミングに出したい音が出る』が叶いやすくなります。


アレクサンダーテクニークの恩師がこういうことをおっしゃっていました。
「目黒に行きたいのに「恵比寿に行かないように」じゃたどり着かないでしょ(笑)」

確かにそうなんですよね。「こうなりたくない」ではなく「こうしたい」を積極的な言葉で考えてみる。身体は期待に応えてくれますよ。ぜひ試してみてください(^^)



レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






覚えられない高音の指使いを定着させる方法


高音の指使い、どう覚えていますか?多くの場合、音を出して練習していると思います。

でも、音を出して練習していると、出てくる音に頼って結局あまり覚えていなかったり音を出す事で精いっぱいで、覚える前に口や耳が疲れて効率が悪くなりがちです。

前回のブログでも書きましたが指使いを覚えるには、脳がしっかり指使いを覚える事が大事です。その為には音を出さない練習。音名を言いながら、指を動かす覚え方をお勧めします。

自分の脳と指が付いていける速さから繰り返し練習すると、しっかり覚える事が出来ますよ。

また、指使いを覚える以前に高音の楽譜に慣れる事。「線がいっぱいで何の音かすぐ分からない!?」では苦手意識が取れません。1日3分で良いので、高音が沢山出ている楽譜を読む練習をしてみましょう。

また、覚えた事をさらに定着させる方法があります。アウトプットです。

覚えた指使いを他の人に教えましょう。インプットした知識をアウトプットする事で、自分のものになります。

SNSなどに手元の画像と説明を載せてupしたり、動画をupしても良いですよね。人に伝える事と自分で見直す事も出来て一石二鳥です。

どうしても覚えられない、すぐ忘れてしまう・・・と悩んでいる方ぜひ試してみてください(^^)







毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!





レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村




毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村


楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場