こんにちは!豊永よしこです。
先日、友人のピアノ教室のクリスマス会のお手伝いに行きました。
「プレゼント交換の時に、ジブリの『さんぽ』をリコーダーで吹いてね!」と頼まれ
ソプラノリコーダーを渡されたのですが
たしか最後に吹いたのは20年以上前・・・
あまりに昔過ぎて、指使いをほとんど忘れてしまったので
一緒に吹く小3の女の子に、指使いを教えてもらいました。

その時に教えてくれた順番が、こんな感じ。
最初に「じゃあ、簡単な指からね!」
親指と人差し指を塞ぐ「シ」を教えてくれて
そこから順番に、1個ずつ下がって「シ・ラ・ソ・ファ・ミ」と教えてくれました。
そのまま下がって薬指と小指を塞ぐ、下の「レ・ド」にいくのかな?と思ったら
「これは難しいから後でね!」と言われて
「シ」の上の高い「ド」「レ」を教えてくれました。
その後に難しい下の「レ・ド」を教えてくれました。

ドレミファ・・・」と順番に教えてくれると思いきや
簡単な指使いから順番に教えてくれたことに感動しました(^^)

「教えるときは、簡単な事から順番に」

教え方の基本です。
もしかしたら先生に教わったまま教えてくれたのかもしれませんが
もしそうでも、分かりやすく教えてくれてすごく嬉しかったです。
私もとても勉強になった出来事でした(^^)



毎月1日発行・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村