アレクサンダーテクニーク&クラリネット~藤崎クラリネット教室 豊永よしこのブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

教室ではアレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

跳躍

こんにちは!豊永よしこです。
10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。

今回は跳躍でリードミスが出てしまう時に、忘れないでほしい重要ポイントを書いてみたいと思います。

お題はこちら 1小節目の1,3拍目や2小節目の1拍めの「ミ」に降りる形はリードミスが出やすいところです。
image




沢山気を付けたいポイントはありますが、まずはこの基本中の基本を思い出してみてください。


この2点ポイント。頭(上下の歯)と右親指のバランスです。この2点でバランス良く楽器が構えられていれば、跳躍の時にも楽器が安定して、不要なアンブシュアや指の力みを減らすことができます。結果的にアンブシュアの動きに自由度が出て、リードミス率がかなり減ります。 息の流れも良くなるので、滑らかにつながりやすくなります。

この2点ポイントは、跳躍だけでなくどんな時でも重要ですので、ぜひ身に着けてほしいと思います(^^)/

このフレーズの吹き方は、こちらにも違う視点で書いています。
下行形の跳躍の成功率を上げる考え方




グループレッスンではこのほかの重要ポイントもお伝えしていきます。
お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村














こんにちは!豊永よしこです。

10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。
ローズ32のエチュードの1番の吹き方、今回は下行形の跳躍です。お題はこちら。23,24小節です。

image

下に降りようとすると、リードミスが出たり、音が出るタイミングが遅れてしまうことがあるかもしれません。

指やアンブシュア、息の使いかたの細かい技は沢山あるのですが、今回はどう考えて吹いたらうまくいくのか?を書きたいと思います。

この楽譜は音符が上下デコボコを繰り返していて、吹いている人は想像以上にその高低差に翻弄されてしまいます。その結果、冷静に吹けば大丈夫な跳躍も失敗しやすくなってしまうのですが…これを考え方で上下デコボコをならしていきます。


この黄色い線をなぞっていくような気持ちで吹いてみましょう。

image
もちろんスラーは楽譜通りかけますが、大きななだらかな弧をなぞっていくような気持ちで吹きます。
すると、下行の時の心理的抵抗感や恐怖心が減り、吹きやすくなるんです。また、きちんと下げてその音を出さなきゃ!と小技を使いすぎ失敗することも少なくなります。

身体の使いかたの面でも、楽譜の上に書かれている弧を見ることで、目の高さ=頭の高さが高くなり、必要以上に縮まることが少なくなります。音が上下するたびに、身体が不自然に伸びたり縮んだりするのを予防することもできます。

ローズのエチュードは、沢山跳躍が使われていますよね。ちょっとやりにくいな~というときにぜひ試してみてください。跳躍で頑張りすぎてしまう方にお勧めです(^^)/



ローズ32のエチュードの「1番」で身体の使いかた、考えかたを学ぶグループレッスン
お席残り3名です。

10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村










image

こんにちは!豊永よしこです。
10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。

今日のお題はこちら
image

ワークショップの課題でもある「1番」の冒頭です。ここでは「3拍目のソードの跳躍」が気になる方、多いのではと思います。うまく繋がらなくて切れてしまう、ドが詰まってしまう、リードミスが出てしまうなど、レッスンでもよく見かける光景です。

この跳躍をキレイに繋げるためには色々なコツがありますが、今日お伝えしたいのは、跳躍自体ではなくそれより前!冒頭の「ド」の吹き方です。冒頭の「ド」の吹き方で跳躍の成功率が変わってくるのです

では、冒頭の「ド」どう吹いたらよいのでしょうか?身体の使いかたの観点からいくと
この場合は身体を縮ませたり小さくしないで、身体の大きさをそのままにして吹きます。視界を広く、部屋の広さや天井の高さなど、空間を意識することが大きな助けになります。

また、息の方向を考えるときは、身体の中を通る方向にします。胴体(肺)から気管を通って上あごの天井に向かってorリードに向かって息を出します。息の方向を上or斜め上と考えることで、身体を縮めることを予防することもできます。


冒頭「ド」の時に、身体を縮めたり小さくしてしまうと、なぜその後の跳躍が難しくなってしまうのでしょうか?

見た目は「よく集中してるな」「一生懸命吹いてるな」という風ですが、実際に起こるのは、身体が縮んでしまうことで指が力み動かしづらくなっていたり、息の入るスペースが狭くなっていたり、視界が狭くなって身体全体が固まっていたり・・という状態です。

この苦しそうな状態で冒頭を吹き始めると、跳躍に差し掛かったころにはどうなるか、大体予想がつきますよね。さらに吹き進めていくと、曲が終わるまで体力が持たないかもしれません。何とか吹いても余裕がなく、吹きたいように吹けないかもしれません。

自分の持つ本来の力を出すには、自分本来の身体の大きさで吹くことが大事なんです。身体を縮めて小さくしていると、出来るものもとても難しく感じてしまいます。

吹く時のちょっとしたクセが実は曲全体にかなりの影響を与えていることもあります。グループレッスンでは自分の邪魔をしているクセを少しでも改善するお手伝いが出来ればと考えています。

ブログではごく一部、しかも大雑把な情報しかお伝え出来ませんが、実際のレッスンでは、その方に合わせたアドバイスを情報数倍以上でお伝えできると思います(^^)/

興味のある方はぜひ一緒に練習しましょう♪
お席残り3名です!
「身体の使いかた、考え方で音楽が変わる!クラリネットグループレッスン」
詳細&お申込みはHPからどうぞ♪

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村











71407bf4fa812e711c4f188c5c5607ee_s

こんにちは!豊永よしこです。
跳躍を上手く吹くテクニックはもちろんありますが、今日は考え方からのアプローチを5つご紹介したいと思います。

1.上行なら下行、下行なら上行のつもりで吹く
人間の本能的な動きとして、音が上行する時は身体を縮めてから伸びる(反る)動き、下行する時は身体を縮める動きが起こります。この動きが身体の機能の邪魔をしている事があるんですね。
上行の時は下行のつもり、下行の時は上行のつもりで吹くと、その動きが起こりづらくなり、上手くいく確率が上がります!


2.「これ得意です!」とつぶやいてから吹く

「嫌だな~出来る気がしない」と思って吹くと、心と身体が縮こまり、出来る確率が激減します。
ウソでも「これ得意です!」とつぶやくと、脳と身体が本来の大きさを取戻して、上手くできる確率が上がります!

3.息を普段の2倍意識する。
跳躍は息が命ですが、出来ない時は、息が止まったり流れが悪くなっています。
跳躍する前から、跳躍する瞬間、跳躍した後までずう~っと息の事を思い続けてみてください。上手くいく確率が上がります!息の方向はもちろん・・・いつも書いている通りです(^^)

4.楽譜を見ないで吹く
人間は苦手な楽譜を目にしただけで、心と身体が縮む生き物。さらに楽譜をジ~っと見ながら吹くと、視界が狭まりさらに身体が縮みます。
苦手と感じている跳躍はすぐ覚えて楽譜を見ないで吹きましょう。上手くいく確率が上がります!

5.歌ってから吹く
出来ない跳躍は、頭の中のイメージがぼんやりしていて闇雲に吹いているだけ、という事があります。
吹く前に、まずは歌ってイメージをしっかり作りましょう。音域的に歌うのが難しい場合は、頭の中に完全に出来ているイメージをつくります。すると、上手くいく確率が上がります!


技術的には力があるのに出来ない時は、やりたい事がぼんやりしていたり、やりたい事を邪魔する動きが発動している時です。
こんな事で上手くいくの?と思わずに、よかったら試してみてください(^^)


毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

↑このページのトップヘ