クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

全音域の音がきれいに響いている人は何をしているのか?

126331

低音域からスロートトーン、高音域までどの音域もきれいに音が響いている人は一体何をしているのでしょうか?

どの音も安定して聴こえ、しかも生き生きした音。なぜそう聴こえるのかというと、音域によって息を変えているからです。息の太さ、息の勢い(風速)などを微妙に変えています。

それだけでなく、アンブシュアや身体の使い方、考え方など、あらゆることを微細に変えています。それは職人芸の域です(^^)

均一に聴こえるからといって、息の勢いを均一にはしていません。まっすぐ安定して聴こえるからといって、息をまっすぐ勢いを固定させる感じでは吹いていないんですね。クラリネットは音域ごとに息を微細に変化させる楽器なんです。

「いい音だな~私もあんな音出したい!」と思ったら、その音を真似する前にその人が何をやっているかを観察して考えてみましょう。必ず微細な動きがあるはずです。そして自分でもやってみる。結果である音はその後についてきますよ。

レッスンでは演奏の時の動きもみていきます。固まっている身体が緩んできたり、動きの質が変わってくると音はおのずと変わってきます。

身体の動きと音、あまり関係がないようですが、切っても切れないほどつながりがあるのです。音を根本から見直したい方、ぜひレッスンに来ていただきたいと思います。





楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  





肝心な時ほど忘れてしまう、音を出す基本

IMG_1185

先日、ダニエル・オッテンザマーさんのマスタークラスを見学してきました。彼がレッスンで何度も言っていたのは「息」のこと。

レガートがつながらない時、速いパッセージの流れが滞ってしまう時、音を抑えた時にかすれてしまう時、生徒さんに息のことを言っていました。

難しいところは他のことに気を取られがちですが、難しいところこそ「息」のことを考えるんです。


息が必要なのに忘れがちなのはこんな時です。

・「f」や「ff」、「p」や「pp」のとき
・跳躍のとき
・レガートのとき
・高音のとき
・ブレスの直前
・難しいパッセージ、速い動きのとき
・強弱の変化があるとき
・音の出だし、音の終わり
・長いフレーズを吹くとき
・タンギング、スタッカートのとき etc

こんなとき、無意識に息が減っていたり、流れが止まってしまったり、息のことを考えることを忘れてしまうとうまくいかなくなってしまいます。

うまくいかないときは、音を出す瞬間から音が終わる最後の最後まで息のことを考えつづけてみましょう。

そしていつも提案していますが、息の方向は身体の中を通る方向です。

管楽器の音源は「息」です。どんなにいい道具を使って色々な勉強をしても息がないと何も始まらないんですよね。基本すぎて忘れがちですが、うまくいかないとき、ぜひ思い出してほしいと思います(^^)/



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  




音が細く貧弱、不安定になってしまう…というとき考えたいこと

741258

こんにちは!豊永よしこです。
先日のグループレッスンでは、参加者の方がたくさんお悩みを話してくださいました。今日はその中でも多くの方に共通するのではないかというお悩みについて、私の考えを書いてみたいと思います。

今回は「音が細く貧弱で不安定になってしまう」というお悩み。

これは多くの方が悩んでらっしゃると思います。音を安定させて響かせる身体の使い方、リードの振動を生かす吹き方のノウハウは沢山ありますが(過去記事にも沢山書いてます)今日は意識の持ち方について。

意識の持ち方で、息の出方がかなり変わるのです。息が変わると音も変わります。特にクラ歴が長い方には効果が高いように感じます。

練習しているのにいつもイマイチ、練習ではいいのに合奏や本番で力が出せないとき、こんなことを考えていないでしょうか?

・リードミスや不発音が怖い!
・音が飛び出しそうで怖い!
・周りにどう思われるか怖い!
・先輩や先生に怒られそうで怖い!

一言でいうと「恐怖」。豊かに響く音を出すには息が絶対必要ですが、恐怖心があると身体が縮んで固まり息が出せなくなってしまうんです。

息が出せないと、音はフラフラ不安定、出だしもモヤモヤ、リードが振動しないので音も細く固くなります。

本当は出来るのに、恐怖心のせいで力が出せないなんてもったいないですよね。


もし恐怖心が出てきたら一歩立ち止まって、代わりにこの2つのことをやってみてください。


1.息を出すために必要なことを思いだす

2.怖いまま思い切って息を出す!周りにどう思われても出す!と思って吹く


1で実際に必要なことを思い出すと、リードミスや不発音、飛び出す確率が下がります。

2で恐怖心はそのままに勇気をもってバンジージャンプです!


幸いなことに思い切って息を出しても、命の危険にさらされることはありません。上手くいかなかったら微調整して再トライするだけ。めげずに繰り返しているうちに、怖さに慣れてコツもつかめるようになってきます。

失敗したからと言って楽団を追われたり、周り全員から罵倒されることはまずありませんよね。(もしそんな環境なら即その場を去っていいと思います

自分の心が満足する演奏はある意味、勇気の連続で作られているといえるかもしれません。

出したい音を出すために、自分の力を生かすために
自分を大切にするために、勇気をもって息を出していきましょう(^^)/




アレクサンダーテクニークレッスン
クラリネットレッスン
お申込みはこちらから

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






アレクサンダーテクニークで学んだ、これまでの常識を覆す息の方向

5a867a34b4ebb046bd40100a2b0d8683_s

こんにちは!豊永よしこです。
管楽器奏者にとって、響いた音や雑音のないタンギングやアタック、なめらかな指回し、跳躍、自由な表現など、思いどおりの演奏をするために何よりも大切なものは何でしょうか?

それはです。

上手く吹く為には息の使い方が重要なので、息の方向を色々言われます。こんな風に習った方、多いんじゃないでしょうか?

・ベルの先まで息を届かせるように
・ベルの先のろうそくを吹き消すつもりで
・ベルから息が出て、床に跳ね返るくらいに

斜め下方向、楽器に息を吹き込むイメージです。巷ではこの方向が一般的です。アレクサンダーテクニークを学ぶまではほとんどこの方向しか聞いた事がありませんでしたし、私も当たり前のようにそう考えていました。

でもこのやり方は力みや身体の押し下げを助長してしまうんです。

このように考えて吹いている方を観察すると、身体が縮まって固まり息の方向に頭が落ちています。口や指が力んで音も固く細くなっていたり、指もキーに届きづらくなっていたり、動かしづらくなっています。

アレクサンダーテクニークで学んだのは
身体の外の息の方向を考えるのではなく
身体の中を通る方向を考えよう、という事。

はじめて聞いた時は新鮮すぎてよく分かりませんでしたが、その通り吹いてみると頑張らなくても勢いのある息がスッと出て、拍子抜けするくらい楽に音がでます。そして音もとても良いのです。

これを自分で試してとても良かったので、レッスンでも指導していくと明らかにこちらの方が効果がありました。多くの方のテキメンな効果を目の当たりにして「身体の中を通る方向だけ考えれば良いんだ!」 と確信するに至りました。

息の方向を考える時は、肺から気管を通る方向。
「上方向、もしくはやや斜め前上の方向に息を送りつづける」    

そう思い続けるだけで息は勝手に上方向に流れ、一瞬で上あごの天井に到達して勝手にリードを振動させてくれます。    

色々試しても上手くいかない時は、口から外の方向ではなく  身体の中の方向を考える。うまくいくといろいろな悩みが一気に解決しますよ!良かったらぜひ試してみてください(^^)




より楽に息を出すための身体の使いかたもレッスンしていきますよ!
お席残り3名です。

10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






 

もっといっぱい息を吹き込んで!と言われるけど、本当に息が足りないの?

649710

こんにちは!豊永よしこです。
音が鳴らなかったり小さい時、よくこう言われませんか?

「もっといっぱい吸って!」
「もっと息を吹き込んで!」
「もっとお腹から息を出して!」

でも、私が思うのは、
ある程度練習を積んでいる人なら、もうすでに必要な息を出せているのでは?という事。

ではなぜ必要な息が出せているのに、息が足りない、もっと吹き込んで!と言われるのでしょうか?

おそらくリードを振動させるだけの息は出ているのに、リードの振動を口やアゴ等の力みで消してしまっているから。

リードが振動していない
⇒音が鳴らない
⇒もっと息を要求される

ブレーキ(口周りの筋肉の使いすぎやアゴの力みすぎ)が効きすぎているので、さらにアクセル(息)を踏むように言われてしまうのです。

アクセルが効かないくらいブレーキがしっかり効いていたら、いくらアクセルを踏んでもリードは振動しませんよね。続けているうちに身体も故障してしまいます。

頑張っているのに音が鳴らない方は、息(アクセル)と、口やアゴの力(ブレーキ)のバランスを見直してみましょう。アンブシュアにこだわりすぎていたら、一度忘れてみましょう。アンブシュアは結果です。アンブシュアを意識的に作るのをやめて、息に合わせて口やあごが働いてくれることを信頼してみましょう。

この辺りは色々な思い込みや全身の使い方が関わるので、改善には時間がかかります。でもコツがつかめれば、別人のように音が響きだします息とアンブシュアの力のバランス、ぜひ見直してみてください(^^)



自分のアクセルとブレーキのバランスを知りたい方はぜひレッスンへ
お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場