クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

アンブシュア

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

リードミスが止まらない&跳躍が出来ないとき、やってほしいこと

練習してるのにリードミスが止まらない、跳躍がスムーズにできない…やり方はわかってるのにうまく行かないときは、練習の合間にこれをやってみてください。


1.楽器をスタンドに置く

2.頭と身体全体が繋がり動けることを思い出しながら、水平線を見るような感じで、アゴの筋肉部分を手のひらで包み、ふわ~っとゆるめる
(緩んで身体が変わるには時間が必要です。時間を取ってふわ〜っと緩むのを待ちましょう)

FullSizeRender
アゴの主な筋肉は、側頭部と奥歯~耳の前あたりのエリアにあります。緩むと下アゴがふわ〜っと動きます。

リードミスはリードにかける圧力や位置、面積が適切でないと出やすくなります。跳躍も圧力、位置、面積とそれらを変化させるタイミングがズレるとうまく飛べません。

圧力、位置や面積の調整は下の前歯で行われますが、下の前歯を微妙にコントロールするのはアゴの筋肉です。アゴの筋肉が繊細に動けると、わざわざアゴを動かさなくても色々なことができるようになります。

リードミスが多発したり跳躍がうまく行かないときは、アゴ周りの筋肉が固まっていたり動きが鈍っているのかもしれません。アゴを動かす筋肉を緩め、柔軟さを取りもどしてからもう一度練習してみてください。

ちょっと休ませ緩ませただけなのに、全然できなかったことがあっけなくできることも。(レッスンでも沢山目撃します)

演奏中にやりたいときは、休符等で楽器を構えたままやってみてください。手のひらは当てられませんが、やらないよりやった方が成功率が上がります。

休ませ緩ませることで、本来の身体の力が発揮されうまく行くようになるんです(^^)/下手に練習するより効果的です。難しいことにチャレンジするときに特におすすめ。ぜひやってみてください。

*今回息の事は一言も言いませんでしたが、ここでも息は超重要。息が使えている前提でのお話です!


★豊永よしこ プロフィール


このブログについて


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



音を柔らかくするには、噛まずに柔らかくくわえて吹くといい?

3446141_s
(肉球でマウスピースを柔らかく包むイメージなのかな?!)

柔らかい音を出したいという望み、色んな方から100回以上聞いたと思います。多くの方は柔らかい音を出すために「噛まずにマウスピースを柔らかくくわえる」を実践されています。

でもそれ、申し訳ないけど違うんです。それだと願いは叶わないんです…!!噛まずにマウスピースを柔らかくくわえると、何が起こるんでしょうか?

・音に芯が無くなる
・輪郭が無くなる
・出だしがモヤモヤ、遅れる
・雑音が増える
・音程や音色、音量がコントロールしづらい
・音の方向性が出しづらい(音楽を作りづらい)
・高音が出にくい
・遠くに届かない
・スタッカート、タンギングが難しくなる

音に芯や輪郭が無くなるので柔らかい音と感じる方も多いですが、裏を返すと単調でツヤがなく、不安定な音。実際の現場では完全に埋もれてしまいます。

じゃあどうしたら?
これまでも沢山書いてるこのポイントです。

歯を使う



マウスピースとリードを上下の歯(下の歯はもちろん唇をかぶせる)で軽く挟んで準備し、息がリードに到達する瞬間にリードに歯でピンポイントに力を加えます。するとリードが充分に振動するようになります。


そしてこれをやるのにどうしても必要なのが


息!!!


息があって初めて歯が使えるようになります。息はベルではなくリードに向かって出し続けます。肺からリードまで0.1秒!瞬間移動レベル!(息を忘れて唇で余計なことをすると出だしが爆発するので注意)

これができるとかなりのことが自由になるのです。芯と輪郭があり伸び伸びと響く音になります。

全然分からん〜1人じゃできない!と思ったらレッスンへ。これは本当に重要なので、これだけ習得しに来るだけでもOKです。(といっても結構時間がかかります)レッスン室で2メートル離れてお待ちしています(^^)/



*他の先生に習っている方は先生の方針に沿いましょう。「噛まないで!」の裏の意味は息のことが多いですよ。違うことを言っているようでもゴールは一緒のはず。

★豊永よしこ プロフィール


対面&オンラインどちらもやっています。
クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


我が家にもついに来た!エイプリールフールに発表されたし、どうしても壮大なドッキリの小道具に思えてしまいます…
FullSizeRender



★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



上唇の裏に空気が入って困ったら

ここに空気が入って困ったことありませんか?(緑色部分)
FullSizeRender


上唇と歯の間にプクーッと。生徒さんから時々相談を受けたり、私もたまに入ることがあります。

いつもは大丈夫で時々そうなってしまう場合は、練習不足やブランク明けの筋肉の衰えが原因なことがほとんど。少し練習頻度を増やしていけば元に戻ると思います。

すぐ直そうとアンブシュアをしっかり作ろうとしたり、歯に唇を密着させるなどの小技を駆使するのは力みグセが付くのでおススメしません。練習で筋肉が戻ってくるのを待ってみてください。

練習の時は吹く前、ブレス時、吹いた後に口周り&アゴを緩める習慣を付けてみましょう。吹くときに必要な力がきちんと入るようになり、しかもバテにくくなります。

しばらくやっていても直らないときは、他に原因があるのかもしれません。(リードやマウスピース、腕の使い方や足の踏ん張りなど、思いもよらないところに原因があることも)

また、歯に原因があったり疾患の可能性もありますので、気になるときは医師に相談してみてください。


オンライン&対面両方OK!
クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com



このブログについて

★豊永よしこ プロフィール

久しぶりに外でお茶。自粛中はこういうことが出来なくてしんどかったです。
IMG_1440



★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt




クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。






マウスピースをくわえる深さや角度を決める基準

0b61707649b92140cf5205bd29acbeb6_s

マウスピースをくわえる深さや角度、何を基準にして決めればいいのでしょうか?

まずくわえる深さ。
くわえる深さはリードやマウスピースの特徴や歯の生え方、アゴの自由度が大きくかかわってきます。

息を沢山通そうと深めにくわえる方もいますが、リードやマウスピース、自分の身体に合っていなければ負担になるだけ。

やたらと体力を消耗したり、アゴが疲れたり、歯が滑ったり、息が詰まったり、音が開いてぶら下がっていたり、特定の音域だけ異質な音がしたり出しにくいときはくわえる深さを見直してみましょう。

この3つをチェック。
・長時間吹いていても違和感がないか
・疲労感が少ないか(アゴ、口、 身体全体)
・全音域音がよいか、出しやすいか



次はくわえる角度です。
これは歯の生え方や噛み合わせが影響しますが、もう1つ影響するのは腕の使い方です。

特に腕の長い方はオーボエのような構えになりやすいようです。違和感なく吹けているなら問題ないですが、苦しかったりアゴが上がってしまう時は角度を見直してみましょう。

この4つをチェック。
・身体が動きやすいか(ブレス、腕、指)
・疲労感が少ないか(腕、手指、身体全体)
・歯が安定しているか
・全音域音がよいか、出しやすいか

くわえる角度は姿勢や腕の使い方で調整がききます。身体全体の使い方を変えるとガラッと角度が変わることもあります。

これらを見極めるのは一人では難しいと思います。身体の使い方を勉強している先生やアレクサンダーテクニークの先生のレッスンを受けたり、どうしても難しい場合は鏡を見て観察していくとヒントが得られると思います。



くわえる深さ、角度がわからない方はグループレッスンへ!個人レッスンタイムでみていきます。

来年2月11日に追加開催!





このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com

★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。









すぐ口が疲れるときは、ここを使っていない!?

吹いていると口周りがすぐ疲れて息もれしてしまう、形が崩れてしまう、梅干しアゴになってしまう…というときは、ここをあまり使っていない可能性があります。


それは「歯」です。


歯を使わず「噛んじゃいけない、噛みすぎないように、口周りで柔らかくくわえて…」としていると、こんなことが起きやすくなります。

「出だしが遅れる」
「高音が出ない」
「音が開く」
「音に芯がない」
「音に輪郭がない」
「音程がぶら下がる」
「音程が不安定になる」

必要なだけ歯が使えているとこれらは解消されていくのですが、噛むのがいけないと思っているとなかなか抜け出せないのです。

上下の歯は楽器を安定させるだけでなく、音を出すのにかなり重要な役目をしています。

また歯を使えていないと、口周りの筋肉が歯の代わりをするのでとっても疲れます。口周りの筋肉の役目(息が漏れないように密閉する、音に合わせて微妙なコントロールをするなど)をしているだけならそれほどでもないのですが、それ以上のことをしているんですから疲れるのも不思議ではありません。

上下の歯、イメージは例えるとこんな感じです。かなりざっくりしてますが…
FullSizeRender
洗濯ばさみです。

上下の歯でマウスピースを挟みます。(「噛む」より「はさむ」ほうがイメージ的によいので私は「はさむ」といっています)

歯は頭蓋骨と下あごに付いていて、演奏中超精密に0.1ミリレベルで動きの調整をしています(洗濯ばさみの動きとは比べ物にならない(笑)。その調整にはアゴを動かす筋肉やその周辺の筋肉、そして身体全体が関わっています。しかしアゴや首、身体が固まっていると、この超精密な動きができなくなり、思い通りに演奏しづらくなってしまうんです。

だったらどうしたらいいの~?と疑問に感じた方はぜひ2月11日のグループレッスンへ!グループレッスンに来れない方は個人レッスンや単発レッスンで練習しましょう。見直すのはいつからでも遅くないです。基礎の基礎から少しずつ練習していきましょう(^^)/

2月11日追加開催!お席残り4名です。




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。









楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場