クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

指の動かしかた

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

力んで指が回らないときに試したいこと

曲の最初は良いけど、だんだん指が力んでしまうこと、ありませんか?特に難しい曲、休みのない曲、長い曲はいい状態のまま吹き終えるのは結構大変です。

そんな時は、これを試してみてください。他の楽器にも応用できます。


「楽器と自分の間のスペースを思い出す」
FullSizeRender
これを楽器を構える時から考えてみます。

指が力んでいるときは、指だけでなく、手首やひじ、肩の関節が固まって背中~全身が動きづらくなっていることが多いのです。

そんな時、楽器と自分の間のスペースを思い出すことで、固まり縮んでいた指や手首、腕や肩や背中のが本来の状態に戻りやすくなるので、指が動きやすくなります。

まずは基礎練のときに試し、曲に応用してみましょう。何か変化があると思います。いまいちピンとこない方はぜひレッスンにいらっしゃってください(^^)/



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  



キー操作のときに楽器がグラグラしてしまう6つの原因

キーを操作すると楽器がグラグラ動いてしまう、というお悩みを時々聞きます。主にこのあたりのキー操作で動いてしまうようですね。
FullSizeRender


今日はよくある原因を6つ書いてみたいと思います。

1.キーを操作するときに力が入りすぎている。
基本的にキーは押さえるだけ(関連しているタンポが開閉するだけ)、トーンホールを軽く開閉させるだけでOK。必要以上の力でキーを押さえつけていたり、勢いよく離すクセがあるとグラグラしやすくなります。グラグラするときは力加減をチェックしてみましょう。


2.右手親指の支えを忘れている

吹くときに右手親指の支えを忘れていると、楽器が不安定になりグラグラの原因になります。また、右手親指と上下の歯(頭)で楽器がバランスして支えられていないと、キーを押さえたりトーンホールを塞いでいる指で楽器を支えることになり、それらの指を動かすときにグラグラが起こりやすくなります。常に右手親指の支えを意識してみましょう。


3.上の前歯がマウスピースの上で滑っている
上の前歯がマウスピースの上で滑ってしまったり不安定になるときは、構える角度や、右手親指を押し上げすぎていないかを見直してみましょう。また、歯並びによっては安定しづらいことがあるので、自分に合ったマウスピースパッチを探してみましょう。


4.噛みすぎないようにしよう、柔らかくくわえよう、と思いすぎている

「噛まない、柔らかくくわえる」という思いが強すぎると、必要な力まで抜けてしまい楽器がグラグラするだけでなく、リードミスも多発してしまいます。アンブシュアの力加減を見直してみましょう。


5.指を始め、身体全体が固まっている
人間の身体は関節で衝撃を逃がすようになっていますが、身体全体がカチカチだと、キー操作の時に発生する衝撃がダイレクトに楽器に伝わり、楽器がグラグラします。指だけでなく身体全体を柔らかく使えていると、多少勢いよくキー操作をしても衝撃は楽器には伝わりません。身体全体の使い方を見直してみましょう。


6.楽器のジョイント部分の不具合
コルクが緩くなっていたり、乾燥で楽器が収縮していると、楽器のジョイント部分が不安定になり、少しの力でも楽器がグラグラしてしまいます。放置しないでリペア屋さんに調整してもらいましょう。


楽器のグラグラも他のトラブルと同じく、色んな要素が絡み合って起こるものです。ここに書いていない原因もまだ沢山あります。自分で分からない場合はぜひ専門家のレッスンを受けてほしいなと思います(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  




指の力みに気づき、力加減や動きをアップデートする練習


今日は指の力みに気づき、力加減や動きをアップデートするための練習を書いてみたいと思います。これは他の楽器にも応用できます。


まずは、あらためて指の動きや力加減を体感してみましょう。

そもそもキーってどれくらい上下するのでしょうか?指でキーをゆっくり上下させてみましょう。
IMG_0967

クラリネットの場合、キーの動きは約2~3ミリ。どれくらい上下するかが確認できたら、構えて音を出さずにキーを上下させてみましょう。

この時、こんな手順で動かしてみてください。
【キーを下げるとき】
1.指先がキーに触る
2.キーに触れながらゆっくり指先を下げる

【キーを上げるとき】
1.キーに指先が触れている状態でゆっくり指先を上げる
2.指先をキーから離す

どれくらいの力でキーが動くでしょうか?観察してみましょう。この時は直接指を見ないで指先の感触を頼りにします。動きを見たい場合は鏡を使いましょう。

また、指先だけに意識を集中するのではなく、身体全体、自分の周りの空間も意識してみてください。

次に実際に音を出してみましょう。最初はゆっくりで1.2の動きの質のまま動かしてみます。慣れてきたら簡単なフレーズやスケールを吹いてみましょう。指の動きや力加減は変わってきたでしょうか?

指の力が抜けない時は、そもそもどんな動きをするのか?どれくらいの力を使ってキーを動かすのかがあいまいな時が多いのです。それがわかるだけで動きや力加減が変わってきます。

キーが必要なだけ動けば、トーンホールは自然に塞ぐことができます。トーンホールがうまくふさがらないときは、力が弱すぎたり、逆に指の力みがあることが多いです。

うまくいかないときは構え方や姿勢に原因があるかもしれませんが、指の動きや力加減を丁寧に見直すことも役立ちます。

練習の合間にぜひやってみてください。何度もやっていくうちに、動きの質が変化してくると思います(^^)/



クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com    
    
    


毎月1日配信 無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

メルマガバックナンバー

https://note.mu/clarinet
  



にほんブログ村










【動画】指の動かし方で音が変わる!~ローズ32のエチュードより

こんにちは!豊永よしこです。

10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。
今日は指の動かし方、力の入れ方で音楽が変わることを動画でご紹介したいと思います。
お題はこちらです
image

ローズ32のエチュードの1番の4~5小節目です。(譜面では5小節目は映っていませんが、動画では吹いています。)携帯で簡単に撮ったので、どこまで参考になるかわからないのですが…


まず1つめ。指をバタバタ動かしてみました。
 
滑らかさがイマイチで、デコボコして聴こえます。 吹く前から力んでいるので、発音にも雑音がはいっています。



2つめ。普段の2~3倍指に力を入れてみました。


音の響きがもうひとつ。特に後半は音がつぶれて聴こえます。




3つめです。 音楽の流れを考えてみました。

指をなめらかに動かすことができて、音も響いて聴こえます。


いかがだったでしょうか?指の動かし方が変わると音や音楽の流れも変わってきます。考えかたも大きな影響を与えます。自分はどんな音楽を奏でたいかな?と考えて色々試してみると面白いと思います(^^)/




グループレッスンでは、音楽に合った指の動かし方、自分のやりたいことに近づくための考え方、身体の使いかたをレッスンします。お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







指をもっと快適に動かすために、思い出したいあの部分

793430

アレクサンダーテクニークは、レッスンの時や楽器を吹いている時だけでなく、日常すべてが練習の場です。

私も朝ベッドから起き上がるときから、朝食の用意をするときもアレクサンダーを実践するようにしています。(もちろん時々さぼります(笑)

その毎日の実践や、先生とのレッスンで気づいたことがあります。

なんと身体の超!重要なあの部分を忘れがちだったんです。必ず毎日使うところなのに無意識に使っていて、その結果動きが荒くなったり、余計な力が入って疲れやすくなっていたことに気づきました。




それは、指の先端から第一関節の部分。
image
ここは演奏にとても影響がある部分ですよね。ここの意識が薄いということは、動きのコントロールが甘くなってしまうということ。すると曲にふさわしい動きが難しくなってきます。

そしてこの部分の意識が薄いことで、身体の他の部分が頑張らなくてはならなくなり、力みを誘発してしまうんですね。

「あ~思い出せてよかった!!」と、日常の動きや、楽器の組み立ての時や演奏のときに指先から第一関節までの存在を思い出して動かしてみました。

結果はご想像の通り。動きが繊細になり、指の動きも楽になりました(^^)/指も長くなったような感じです。忘れていた身体の部分を思い出すだけで改善されることも結構あるんです。

指先から第一関節までを思い出す練習として、先日upしたこの動画も参考にしてみてください。


私もまだまだ伸びしろがあることが嬉しかったです♪よかったらぜひ実践してみてください。





クラリネット個人レッスン、アレクサンダーテクニーク個人レッスン
お申し込みはこちら
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村   
   
   
   
  



楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場